料理屋

新高円寺 フランスパンの「ソンカ」

新高円寺を抜けて五日市街道を交通公園近くまで走ったところにある。 「フランスパンとジャムとジャズ」という看板のかかったサーモン色の外壁の店。この窓の上に掛けられている人面フランスパンがなんとも良い味わいを出している。 そうだ。陶器で多肉植物…

濃厚な広島空間「おこのみ村」

友人が美味しいと言っていた青梅街道沿いのイタリアン「ガラクッタ」。そこの店員のお兄さんが美味しいと言っていた東高円寺のニコニコロードを抜けた先の店、「おこのみ村」。美味しいと紹介された店の店員が美味しいというのだから、とても美味しい店との…

高円寺穴場の隠れ家カフェレストラン「こころみ」で特別な書院和室で二人だけの記念日ランチを

・高円寺の隠れ家感満載の穴場 ・1時間千円で二階の和室を貸し切れる ・細工障子や葡萄の蔦が絡む広縁、床の間、茶道具など贅の詰まった室礼内装 ・旬の素材を手間暇かけた美食 ・完全予約制のコースディナーは昼にもお願いできる ・和でも洋でも好みで頼め…

高円寺の異国 エル ポルテゴ

店員さんが皆、英語に堪能。ロシア人、オーストラリア人の女性の店員もいて、みんなが気さくに接客してくれる。 だからいつも多くの外国人が溜まっている。もちろん、日本人も。日本語が流暢なペルシャ人とか、幾人かと知り合いになった。初対面でも言葉を…

高円寺 饂飩・天婦羅の名店 てんてこ

美味い。もっと早く来店すれば良かった。 なにせ、雲呑麺「はやしまる」、大陸バー「彦六」、パンカフェ「Leaven」のすぐ隣ということもあり、ドーナツ屋「フローレスタ」からもほど近い。そんなわけで、視界に入っていたが足を踏み入れずにいた。 なんだか…

父子で江ノ島散策

嫁さんの実家に子連れかつ嫁さん抜きで初めてお泊まり。次男を実家に預け、長男を連れて江ノ島散策へ。石段が多いのでベビーカーでは難しいし、おぶって歩くのもこの初夏ではしんどいので、預かってもらえるととても助かる。 太平洋の景観の良さ、由緒ある神…

テキーラハウス

前から気になっていたメキシカンバーレストラン「テキーラハウス」 実は店内は3階まであり、ルック商店街の角地にあるので2階の窓辺席から往来を眺めながら飲み食いするのも暇潰しに良い。 「デ ロス ムエルテス」、訳すと死者の日と呼ばれるメキシコならで…

シュワルツカッツ 昼訪

家族では来ずに、私と愛犬マンゴーだけの隠れ家にしようとも思っていたが、息子にここのハンバーグを食べさせたいという思いもあり、初めて昼に訪れた。もはや家出しても、探し出されてしまう可能性が高まったことになる。 古い道具類が垂れ下がる鬱蒼とした…

高円寺麦酒工房

住宅街の中に突如出てくるマイクロブリューワリー。小さなタンクで店を回す程度のビールを作っている。 しかし、美味いんだ。そして悩ましいことに、行くタイミングで同じ銘柄でも味が違う。ジョッキ一杯400〜600円というのも安くて有難い。 前回、オースト…

名家の旧宅 こころみ カフェ

高円寺南2丁目でまだ開店して1年も経っていない「こころみ」カフェへ。 三越の家系で、今のオーナーのご両親の時代に建てられた築80年超の元ご自宅だそうだ。名家の旧宅を利用したカフェということになるのだろうか。 普段は高円寺駅前のエステサロンを経営…

高円寺南 シュワルツカッツのカツオ漁船話

前回から随分ご無沙汰してしまったがやはりこの店は最高だ。 青梅街道と環七の交差点近くの住宅街の中にある店は相変わらず、入口はアンティークショップのようでレストランには見えず、一見さんには敷居が高い。しかしいざ入ってみればマスターの人柄が良く…

美術と美食の御岳山宿坊 山楽荘 食事編

・門から神社のような佇まい・画聖川合玉堂や北村西望の書画があふれる・御岳産の山菜や野菜、鮎、猪や鹿を用いた美食・朝に宿坊で参加できる神道式お勤め。・神札や一人一人に描いた色紙付き・気さくな神主があれこれお話をしてくれる・蔦で覆われた廃墟・…

豪州人夫婦の高円寺おもてなしプラン

オーストラリア人夫婦のもてなしメニュー 我が家で家族と対面。日本の甘い白桃なんてのはどうだろうと思って出したのだがあまり食べなかった。ううむ、残念。白桃の甘みには馴染みがないのだろうか。和梨ならばどうだろう。要再検討。 食事処に向かう途中で…

彷徨った末に「古本酒場」の文士料理

いつだったか、勤務先の最寄駅で晩飯を食べる気になれず、高円寺駅につき、あずま通り商店街と純情商店街を歩くも入りたい店が無く、庚申通り商店街を歩いて入ったのは「古本酒場」だった。 新しい店を開拓しようと思っていたのに、また同じ店に来てしまった…

犬を連れて萬感

萬感は高円寺南口から徒歩数分。15種程度の地ビールをそろえているこじんまりとした店なのだが、春から秋にかけて店先に三席ほどテラス席を出してくれている。目の前の道も車の往来はほとんど無い通りなので排気ガス臭くもなくて気持ち良い。 テラス席は犬連…

高円寺メタル飯

やばい。高円寺がますます好きになる。 1年ほど前に開店したという「高円寺メタル飯」。料理勉強家でブログで人気を博し、メタル飯の本も出されているマスターが満を持して独立開業された店。 店内にはメタルが常時、マーシャルのスピーカーから流れ、壁には…

九州みくに

たてがみの真下の肉「コウネ」 歯応えのあるバラ肉「フタエゴ」 赤身肉の「モモ」 差しの入った「ラムイチ」 都内に何店もある店らしいが、熊本産馬刺しやモツ煮込みを売りにしている。馬しゃぶは作れるかを聞いた。可能だが、高円寺価格ではなくなってしま…

Yo Ho's cafe

YoHo's cafeというハワイアンの店を訪ねた。なんでも「孤独のグルメ」で放映されたらしい。 13時開店という不思議な営業時間。名物のオックステール煮込みが間に合わないからかわからないが昼には遅い開店時間だ。 開店前には既に行列ができているが予約をし…

桜の哲学堂公園とフェリーチェ

-来年の4月第1週の昼はフェリーチェを予約しよう。 桜が満開の貴重な週末なので、天候は雨がやんだ程度の曇天だが出かけることにした。 中野駅前通りの桜並木の下をひたすら北へ哲学堂まで。昇り下りがあるので桜並木が遠近法で延々と続く角度が時折あって楽…

まんまじぃま

魚介類を食べ慣れた外国人を連れてくるのに良い。 一般的ではない変わり種の高知の鮮魚 目の前で焔を立てる派手な藁焼き 美味しい日本酒 値段が割安 高円寺駅南口、スーパーOKの斜向かいの半地下にある居酒屋。 美容室の店主が美味しくてオススメだと以前言…

茅葺合掌造りで炉端焼き 山麓園

引っ越してから初めて圏央道を走り、河口湖へ。まずは大月インターを降りてすぐにある山麓園という炉端焼き屋に入る。 飛騨から築150年になるという茅葺合掌造りの建物はなぜこんな市街地に、と違和感を覚えるほどに豪壮。店の前の苔むした手水舎など大昔か…

美食

プルーンの赤ワイン漬。 ケーキ各種。 牡蠣の赤ワインビネガーエシャロット掛け。 黒豚の生ハム。 ブルゴーニュ エスカルゴ。 鴨のフォワグラ赤ワインソース 子牛のポルチーニソース掛け。 道端のバゲットサンド。玉葱と鶏肉。絶品。 メゾンドショコラのトッ…

Le Severo

とあるミシュラン三ツ星店と同じ肉屋から仕入れているという巷の人気店。 6時半に店に行くと、白髪交じりの初老の男が一人、椅子に座って新聞を読んでいた。開店時間の7時半に再度来いという。予約したいというと、目で見たという仕草をして予約は受け付けた…

鴨のグリルにフォワグラ赤ワインソース

Anneという若い子に、明日死ぬとしたら今晩何を食べたいかと聞いた。 難しい質問ね、と深刻そうに悩み始める。かなり乗り気で悩んでいる。食いしん坊が多いフランス人には鉄板の質問かもしれない。 答えは分厚く柔らかい鴨肉に、フォワグラの赤ワインソース…

生牡蠣

知らなかった食べ方。 レモンを絞ってまずは食べる。これだけでも十分に美味しい。そこからさらに、ワインビネガーと刻んだエシャロットをかける。赤い色が加わり、正直に言うとグロテスクな牡蠣が食欲の湧く見た目になる。味はというと、飛躍するというかな…

古本酒場 コクテイル まったりと

前回に店に入ろうとした時には満席で断念した。 今日は他に客もおらず。主人と雑談しながら大正コロッケ、牡蠣の山椒煮、スペアリブと馬鈴薯を頂く。夏目漱石が愛飲した白牡丹と谷崎潤一郎が愛飲した本醸造の酒を燗につけてもらう。白牡丹の方が好みか。 今…

七面鳥

こんな店が近くに欲しかった。子供らが小さいうちは家族で通い、時には子守を任された父が息子を連れて行き、やがては腹を空かせた息子が学生のうちから一人で通いだす。そんな客の親子の成長を店側も代替わりしながら見守ってくれる。 何十回と目の前を通り…

シュワルツカッツ

もともとはアンティークショップの倉庫だったそうな。天井から壁から所狭しとモノが飛び出している玩具箱のような店。 そして置かれているモノには東欧の香りが漂う。ハンガリー、ルーマニア、チェコとかそこらへんの少しバロックで陰のある感じ。口髭を蓄え…

天すけ

週末はいつも大行列なもんで食べる機会に恵まれなかったが平日の20時以降ならば10席のカウンターも半分が埋まっている程度。ようやく来られた。カウンター越しに目の前で揚げているのを見ながら食べられるのも嬉しい。 天婦羅定食は天婦羅を数種類ほど個別に…

古本酒場コクテイル再び

ルーマニア人6人にルーマニア人を夫に持つマレーシア人を連れて古本酒場コクテイルへ。 焼肉を食べた後なのでおでんに大正コロッケを摘みながら、好き好きに酒やウィスキー、ビールなどを飲んだ。 店内に流れる沖縄民謡の音色と男性とも女性とも判別できない…