読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理想の家 二

苔むしたこじんまりとした庭があって、楓の木漏れ日が疎らな日差しを作る。 蜂やら、蝶やら、鳥やらが迷い込んでは去っていく。時折、風向きによって蚊取り線香が香ってくる。 縁側に腰を掛け、何か甘味でもつまみながら茶を喫っして本でも読む。その目の前…

ふてくされ犬

糞尿の始末に始まり糞尿の始末に終わる日々。恐れていたが、赤ん坊が来てからマンゴーの様子がおかしい。今日もいじけて、遠く階段の上から一匹、この通り。そしていやがらせ小便を目の前で見せつけるようにする。 義母が手伝いに来てくれたのだが、今までな…

濡烏

濡烏あるいは烏の濡羽色という色がある。雨に濡れたカラスの青みを帯びた黒で美しい女性の髪の色の代名詞ということになっている。今時、濡れたカラスみたいな色しているねなどと言われて褒められたと思う人よりもむっとする人のほうが多い気がするが。 Wiki…

猫対犬

マンゴー「遊ぼうぜい」 野良猫「はぁ?室内飼いの腑抜けワンコロが気安く声掛けるな。」 野良猫「後ろ肢でひっかいたろか。Suck my assってなもんだ」 マンゴー「あんただって人に餌貰って生きてるクセに野性ぶるなよ」 そんな嫌な会話はしてないと思うけれ…

将軍塚

山頂は桜の海のようだった。 車でしか行けない為、さほど観光客は訪れない将軍塚。リードを放しさえしなければ犬も連れ込んで自由に散策して良いので散歩するのに気持ちが良い。春京都の犬散歩の穴場に認定。 和気清麻呂が桓武天皇をこの山頂に連れて来て、…

御室成就山遍路

御室の仁和寺は御室桜という遅咲きの背丈の低い桜で有名な門跡寺院だが、その裏手の成就山の八十八箇所巡礼道はあまり知られていないようで足を運ぶ人は少ない。文政10(1827)年に仁和寺第二十九世門跡済仁法親王の願いから寺侍が四国八十八箇所霊場から土を…

赤犬

だんだん暖かくなってきたものだからそろそろ、九条山越え散歩に連れて行けるかと思っていた矢先の週末の雨。そんなわけで山散歩はお預けとなってしまった。 代わりに比叡平の犬に優しいドッグカフェへ連れて行ってやった。ミニチュアピンシャーやトイプード…

マンゴー横顔

目を輝かせた新顔達

友人に次々と子供が生まれていく。主人公は彼らの代へ。そして小生らは彼らを育む側へとまわる。 腹が減って泣けばミルクをあげ、ぐずって泣けばあやし、自分の時間なんてものはなくなって赤ちゃんの為に忙しく立ち回る。保育所に入れられなくてどうだとか、…

ドッグラン

マンゴー「ちょ。。。まって、写真撮らないで」

Rカフェ

滋賀県志賀駅の近く、琵琶湖を臨むドッグカフェ。「海の家」+「犬」+「ハワイ」。ここにもオーナーの夢を実現したようなカフェが。 牝のレオンベルガー犬種の看板犬がいる。キャンキャンと吠える小型犬には一瞥もくれずに寝そべっていた。それにしても、大…

鬼犬

マンゴー「悪い子はいねがぁー」 飼主「友人の家の床の豆を拾い食いしてむせた悪い子はおまえだ」 マンゴー「すみません」

犬種誤認

チャウチャウちゃうんちゃう? そう言いたいが為にこんなに毛を伸ばしているわけではない。寒がりな愛犬を思ってのことだ。ああ。くだらない飼い主だ自分は。本音は面倒だから。 今日も一日が無為に過ぎていく。。。

不細工と客観性の欠如

寒くて最近は存分に散歩に連れていけていなかったので、買ったばかりの車で大津京の琵琶湖大津館にマンゴーを連れて行った。デッキのテーブル席があるのだが、現在は犬の同伴は不可とのこと。犬の糞を放置する客でもいるのだろう。迷惑な話。 琵琶湖沿いの芝…

ほんまでっか 子育て

3歳までは徹底的に甘えさせたほうが良い。抱く。抱き癖が付くというのは迷信。 一度も親から殴られない子も虐待レベルの不満を持つ。怒るべきときにこづくのは問題ない。体で理解し善し悪しを学ぶ。 授乳中にも赤ちゃんは母親の言葉を待っている。テレビを見…

畜論

武士というのは究極の社畜だという論を数ヵ月前に読んだ。石高で給与をもらい、隠居して家督を譲るまでは終身雇用だ。重要なのは住居も基本的には職制に応じて長屋から屋敷まで与えられる。しかし本人の所有には消してならない。つまりキャピタルをもたずキ…

横綱

玉はとられど、漢なら強さに憧れるもの。土佐犬の立派な綱飾りをテレビでみて、いつかはおいらもと夢想していたら親分が綱をつけてくれた。 これって玄関に飾ってあったやつだよね。

毘沙門堂の散紅葉

敷紅葉が奇麗なのは秋というよりは初冬、12月の初週や二週目だったりする。いつも思うことだが東京や遠方からの観光客は11月中旬に大挙して訪れて、最盛期を迎える前に帰ってしまう。11月下旬の大混雑はなんだったのかと思うほど今日は閑散としていた。今の…

蜘蛛と犬と秋の空

犬「蜘蛛の大将、調子はどうですか」 蟲「いやあ、秋も暮れると収穫はさっぱりですわ」 犬「紅葉で腹は膨れませんよね。。。おやつ欲しい」 蟲「全くですわ」 そんな会話はたぶんなかった。 この雄の女郎蜘蛛もあと数週間の寿命。冬に向かって多くが命を閉じ…

犬の褒美

我が家ではマンゴーがトイレプレートの所定の位置で糞や尿をしたらおやつの御褒美をやる決まりだ。定番はキューブジャーキー。 しかし、したことに気づかないでいると、これ見よがしに目の前でトイレプレートの臭いを嗅ぐ。気付いてくれ、さあ、おやつをくれ…

不貞寝

最近、山に散歩に連れて行ってくれない。 おいらは飾りでも室内愛玩犬でもないのだよ。

南極大陸の犬橇

ドラマ南極大陸を視聴中。 マンゴー、テレビから流れる犬橇隊の犬の吠え声に大興奮なう。

どうりで最近調子が悪いわけだ。。。明日は休もう。。。 というのは嘘でこれはマンゴーの平温。この季節、膝に乗せるとポカポカと温かいし、低温火傷の心配もない。 婆「温かいわあ」 マンゴー「婆ちゃん、肌冷たすぎっ」

祖母とマンゴー

震災後に人生三度目の疎開をしに京都の我が家に滞在して以来、大の動物博愛者になった96歳の祖母。痴呆が始まり小生の嫁さんの名前は覚えもしなかったのに、マンゴーの名は無数の記憶が失われ行く中で新たに書き加えられたらしい。春以降、度々犬を飼いたい…

モテキ

おいらマンゴー。 中国出張だの、新嘉坡の上司が来日していただの、お偉いさんへの報告会議だの、小難しい言い訳を重ねておいらを放置し続けていたのでこの三連休には目一杯埋め合わせてもらう。昨日は九条山、今日も丸一日連れ出してもらった。 親分よりも…

新秋のマンゴーカット

トリミング前。もう、たんなるじゃれついてくる毛の塊でしかない。 トリミング後。やはりプロの肉球まわりの処理は流石。今回は可能な限り甘くかわいらしくならないように、おっさんっぽいシュナウザーテイストでカットしてもらいました。目の上の眉毛のよう…

中華犬

酒店の門番をする白犬 バーの門番をするプードル犬 水泳しているおっちゃんを見守る犬 故宮の門番をする金属犬 みな艶があって大事に手入れされているのだな、と感じる。中国人も犬好きが多いのだね。

流儀

おす。おいらマンゴー。生まれはフィリピン、育ちは京都。好きな食べ物は和梨に干柿。 最近は雨の日が多くて山道散歩に連れて行ってもらえない悶々とした日々を過ごしています。一応ちょこっと家の周りを散歩はできるんだけど全く物足らないです。 坂道で小…

賀茂窯から大文字 

友人が16日に大文字山に登ろうかと言っていたのは覚えていたのだが、仕事が一番忙しい時期なはずでまあ無理だろうなと思って賀茂窯のバーベキューに参加することにした。しかしその後に登らないかというお誘い。やっちまった。正直大文字山に登りたかったが…

夏の寝相

台風は暑さも連れて去っていった。ここ1週間は窓を開けるだけで快適な日々だったのだが一気に暑さが戻ってきた。 我が家では基本的に冷房はつけない。風が止むと暑さは籠るが毛を短く夏仕様に刈り込んでいる犬にはもう脱ぐものがない。 そしてひっくり返る。…

夏風

爽快ナリ

さくらんぼ

義母から佐藤錦が送られてきた。アメリカンチェリーやダークチェリーのほうが甘味は強いぐらいなのだけれども、さくらんぼの甘さには豊かな香りがある。そしてさくらんぼには格別の思い入れがある。 祖父母は山形県庄内地方の農家だったのだが、子供の頃には…

賀茂川渡り

猛烈な日射しの下、どこに散歩に行くのも気だるいがそれでも犬は連れ出してやらんといけない。涼をとるにはもう水浴びしかない。賀茂川横断に挑もう。今までは、飛び石を跳ねて渡るのも川に入って渡るのもマンゴーは怖じ気づいてできなかった。今日こそは克…

丸柴

九条山越え

週末の晴れた朝は山科疎水から九条山を越えて南禅寺に抜けるのが最適なマンゴーの散歩道。出発地は山科疎水のトンネル。 木の根が張り巡らされ、手頃な階段になるが、疲れてくると足が引っかかる厄介なやつ。こういうのは邪魔だと撤去せずに大事に残してほし…

南禅寺

確かにここは広く知られる南禅寺の水道橋なのだけれども、部分だけを切り取ると東南アジアの熱帯林に一度は埋もれた遺跡の雰囲気がある。 どこか憂いのある表情。何百年もの歴史を讃える古刹にて、変わらぬ世を儚んでいるのか。いや、主人が写真に夢中で右下…

ホリエモヒカン

モヒカンは頭だけを指すのだろうか。番犬マンゴーの首から尾までをモヒカン調にしてみた。今日、収監された一世を風靡した元IT社長へのオマージュである。マンゴーのホリエモン仕立てとでも呼んでおく。 「金で買えないものはない」は流石に言いすぎだったと…

峠越え

最近はマンゴーの散歩に御陵から南禅寺までの九条山越えをすることがある。山中の急勾配を前にすると嬉しそうに駆け上っていく。 途中、日向大神宮の橋を渡り外宮や内宮を拝みさらに山を登っていく1時間半ほどの起伏に富んだ道のりである。こんな山道が地下…

誕生日

我が家の犬も5月15日で満二歳となった。家族とはいえ犬は犬。そこの線引きは日頃からしっかりしようとしているつもりだが、一年に一度のことなのでペットショップから犬用のケーキを買ってやった。 床に置くとそこらをクリームでべとべとにしそうだったので…

皇宮警察犬に憬れて

なんてかっこいいのだろう。欲しい。 多くの愛玩犬の憧れだろう。逞しく賢く厳しい訓練を受けたシェパードが纏う皇宮警察ロゴ入りの犬用服。その鋭い眼差しと滲み出る責任感に、愛玩犬と職業犬の間には雲泥の隔たりを感じさせる。 まあ、マンゴーに警備犬は…

鎧ダム

好きなだけ走れる山中のドッグラン。

堂山

友人にお誘い頂いて滋賀県瀬田の堂山に登った。石川駅からバスで湖南アルプス停留所で降り、そこから鎧ダムを通って登れる384mの手頃な低山。 そんなわけでマンゴーの登山散歩デビュー。今までは水を極度に嫌っていた水鳥狩猟犬だが、よほど嬉しいのか天神川…

鴨川の週末

よく晴れた週末の鴨川は多くの家族連れで賑わっていた。あちらこちらで凧揚げをしているのがみられる。高いビルも無く大きく空が開けていて鴨川は気持ちよい。 鷺が至近距離を飛んでいった。この飛び姿がなんとも美しい。首、翼、足で囲まれた空間に見事な真…

犬の性癖

愛犬は1歳の頃に去勢してある。腰を振る「マウンティング」もしなくなって久しい。 この前、干柿を顔の上に揺らしたら腹を仰向けにしておねだりの仕草をした。なんと勃起して紅いのが伸びている。 干柿に性的に興奮するって。。。大丈夫か、この犬。

肉球とうんこさん

犬の体表および犬用トイレの細菌汚染実態調査 ライオン分析技術センターおよびライオン商事は、犬の体表および犬用トイレの細菌汚染実態について調査を行った結果、 犬の足裏には犬のおしり周りや犬用トイレ表面と同程度の細菌が付着していることを明らかに…

ミッキー

ミッキーはパグである。 以前、1時間半ほども離れた友人宅にマンゴーを連れて行った際には、3時間近くも追いかけっこをして夜には身動きしないほどに満足の中で疲れ果てていた。 やはり犬は犬同士で遊ぶのが一番楽しいようである。歩いて行ける近所で似たよ…

南禅寺

1ヶ月経ち、ようやく修理に出したカメラが手元に戻ってきた。 やはりコンパクトデジタルカメラと比べて描写力が違う。 所詮、自己満足なのだから本人が撮っていて楽しくなければな。 ちょっと嬉しいから、写真のサイズを大きくする。

秋散歩

我が家の周囲を、マンゴーと秋を歩く。 古刹の寺だろうと民家の庭先だろうと紅葉は華やか。 紅葉を前に澄まし顔のマンゴーだが、初めての冬仕様の為、毛を切っていないので目が埋没してきた。 あちらに柘榴、 こちらにアケビ。 陽だまりの中、ささやかな心温…

浜大津

嫁さんが犬を運動させるのに最適な穴場を見つけたと教えてくれたので、下見しにいった。 人が非常に少ない 全速力で駆けられるほど広々としている コンクリート、芝生、砂利と様々 これならば石畳の狭く中途半端なドッグランなんぞに行く必要は一切無い。 浜…