鎌倉 苔巡り 杉本寺 報国寺

 

 

八幡宮から東へさらに進んでいく。面倒ならばバスで鎌倉駅前から杉本観音前まで行くと楽だ。ここまでくると観光客は一気に少なくなる。

f:id:mangokyoto:20170731001143j:plain

さすが、鎌倉三十三箇所坂東三十三箇所、双方の第一番の札所だけあって風格がある。伝創建734年なので1200年近くにもなる。

 

f:id:mangokyoto:20170731001212j:plain

ここの仁王様、とりわけ阿形の顔の凛々しいこと。目に精気を宿しているように見える。

f:id:mangokyoto:20170731001109j:plain

ほんの数ミリの造形の差が全く異なる存在感の差となって表われるのだろう。好みで言えば、この造形のまま色を塗り替えたい。

 

f:id:mangokyoto:20170731001043j:plain

そして苔を愛する参拝者にとっての白眉がこの正面石段。石がすり減り苔が生して現在は通行できないが、それがまた苔の保護育成につながりなお美しい。

 

f:id:mangokyoto:20170731001255j:plain

苔の石段の脇の階段を上がる。背後にはかつて杉本城があり、足利方の武将鎌倉府執事を務めた斯波家長が、南朝方の北畠顕家に攻められ、この寺で自害した。それらの慰霊塔だそうだ。700年経った石塔は風化し藻苔類が根深く活着している。

 

f:id:mangokyoto:20170731001332j:plain

 

f:id:mangokyoto:20170731001501j:plain

中央石段を上から見下ろしたところ。一部、苔が発光しているのではないかと思えるぐらいの緑の鮮やかさ。

 

f:id:mangokyoto:20170731001430j:plain

苔の選別をしているわけではなく、場所によっては銭苔が繁茂している。

 

杉本寺の苔の石段を堪能した後は、歩いて数分の報国寺へ。

 

 

f:id:mangokyoto:20170731001728j:plain

ここの苔床もこれまた素晴らしい。枝一つ落ちていない、毎朝、丁寧に掃き清められたであろう苔の絨毯。

 

f:id:mangokyoto:20170731001802j:plain

 

f:id:mangokyoto:20170731001655j:plain

 

f:id:mangokyoto:20170731001549j:plain

こちらは竹林が有名な寺でもあり、奥では竹林を眺めながらお抹茶をいただくことができる。

 

f:id:mangokyoto:20170731001621j:plain

京都まで足を運ぶことのできない旅行者にとって京都の苔寺と嵐山の竹林を代替する景色がここで得られる。さらに鎌倉内のどこかに千本鳥居でもあれば、外国人の目指す日本的な絵面が揃うのだけれども。

 

電車好き幼児と遊び尽くす 江ノ電と線路沿いカフェ

  • 江ノ電の眺められる甘味どころ
  • 江ノ電の眺められるカフェ
  • 江ノ電を横切って鳥居をくぐる神社
  • 江ノ電の描かれた御朱印
  • 気分転換に海と砂浜と江ノ島と富士山
  • 最後に非売品の江ノ電グッズを頂く
  • そんな鉄道好きの大人も子供も愉しめる1日コース

 

藤沢、鵠沼江ノ島、稲村ガ崎、長谷、鎌倉の各駅でスタンプラリーの台紙にスタンプを押すと非売品の江ノ電ゆるキャラ「えのん」のハンカチタオルが貰える。そんな1日フリーパスを600円で購入して藤沢駅から出発。

f:id:mangokyoto:20170730185312j:plain

 途中、通行人や車が入り混じる区間があってほのぼのとする。都営荒川線のような路面電車としての一面もある江ノ電

f:id:mangokyoto:20170730194616j:plain

早朝ならば稲村ガ崎で降りて、線路沿いから江ノ電を間近で眺められる「ヨリドコロ」で7:00〜9:00の間に注文できる朝食を食べるのもありかもしれない。そしてその後、駅から数分の距離の海に出て、運が良く天候に恵まれれば江ノ島と富士山が眺められるかもしれない。

f:id:mangokyoto:20170730190641j:plain

長谷駅で降りて殆どの人は長谷寺鎌倉大仏を見に行くけれども、電車好きの子連れならばここは御霊神社へと足を伸ばしたい。

f:id:mangokyoto:20170730190618j:plain

何せ、踏切を渡って参拝するという珍しい神社。探せば紫陽花などの季節の花と江ノ電、鳥居を収められる絶好の写真構図が見つかるはずだ。できれば額縁に入れて飾れるような、神社と江ノ電と息子の写真を撮りたかったが息子に何枚も写真を撮らせてくれるような辛抱は無い。一瞬の好機をモノにできる腕が無いと難しい。

 

f:id:mangokyoto:20170730193140j:plain

 

 

f:id:mangokyoto:20170730203544j:plain

ここの目玉は江ノ島電鉄の描かれた、参道から鳥居を眺めた構図が織り描かれた御朱印帳。折角ならば鎌倉三十三か寺巡礼や鎌倉七福神巡りはこの御朱印帳で集めたら良いかもしれない。猫の後ろ姿がいい味を出している。

 

f:id:mangokyoto:20170730203612j:plain

達筆。書道としての優劣は知らないが、デザイン性に優れた御朱印の崩しは好きだ。随分と若い女性が書いて下さった。書道部や書道で志す若い人の定番人気バイトだったりするのだろうか。

 

f:id:mangokyoto:20170730203511j:plain

鳥居のすぐ前をまた江ノ電が通り過ぎていく。参拝者にとって踏切と線路がもう一重の結界のように感じる。踏切の手前という俗世に踏切の奥の神域。

 

f:id:mangokyoto:20170730201424j:plain

ここら周辺の町並みが面白いのが踏切を渡らないとたどり着けない玄関を持つ家がちらほらとあること。立ち入り禁止と言われてもね。友人の家を訪ねに行くのも少し緊張する。家人が徘徊老人にでもなったら生死に関わる。

 幼稚園の先生が家庭訪問する時はどうするんだろうね、引越しする時は引越し屋さんは電車が通るたびに作業を止めないといけないかもね、と好き勝手に想像を膨らませたお喋りを息子としながら歩く。

f:id:mangokyoto:20170730193215j:plain

 

f:id:mangokyoto:20170730185340j:plain

和田塚駅に到着。プラットホームに降りてすぐ、線路の前に木造の古めかしい茶屋がある。

 

f:id:mangokyoto:20170730185403j:plain

本当に柵も何もない。ボケっとイヤホンで音楽を聴きながら出たら危ない。そのぐらい生活の中に電車が溶け込んでいる地域だということでもある。

 

f:id:mangokyoto:20170730224233j:plain

 

f:id:mangokyoto:20170730185431j:plain

甘味処「無心庵」から眺めた江ノ電

 

f:id:mangokyoto:20170730190742j:plain

店内は落ち着きのある和室で古いながらも清潔で冷房が効いていて真夏日にはありがたい。

 

f:id:mangokyoto:20170730192737j:plain

伝統的なあんみつや汁粉が中心。この高台の器が貫入が細かく入った深い青緑色で綺麗だった。高杯多肉鉢を量産したくなる。

 

f:id:mangokyoto:20170730193057j:plain

 

糖分も補給して再度、江ノ電に乗って移動。鎌倉駅で降り、杉本寺や報国寺を回った。

 

八幡宮周辺や鎌倉駅までの間には飲食店も多いが混んでいる。本日のテーマは江ノ電を満喫し尽くすことだったので、また長谷駅に戻り、これまた長谷駅から徒歩数分の駅裏手にある線路沿いカフェへ。

 

f:id:mangokyoto:20170730190109j:plain

カフェの軒先に座ると、もう駅が見える。

f:id:mangokyoto:20170730224315j:plain

タコライス1100円。まあ、鎌倉価格だけれども江ノ電ビューだし、他に客はおらず落ち着けたし、普通に美味しかったのでよしとしよう。

 

f:id:mangokyoto:20170730192659j:plain

大仏ビールを飲みながら、目の前を行き交う江ノ島電鉄を眺める。ちなみに大仏ビール、日本酒「天青」の蔵元である熊澤酒造の売り出している湘南ビールの1製品でなかなか暑い中で飲むのに重すぎず爽やかで美味かった。

 

f:id:mangokyoto:20170730192533j:plain

さようなら。君のことは忘れないよ

 

カールおじさん

もうすぐ見納め。

f:id:mangokyoto:20170730192557j:plain

江ノ電沿いの見所はどこも駅から近いので、さくさくと回れる。鎌倉駅から杉本寺などを回った時間も含めても10時から14時までの合計4〜5時間ほどだから幼児の体力でも無理が無い。大人だけならば稲村ガ崎の温泉に入るなり、もう少し長居できるだろう。


大人が幼児に付き添っても愉しめるし、大人だけでも愉しめるコースなのではないか。

 

 

上醍醐寺 五大力不動明王

西国三十三ヶ所霊場で最も険しいと言われる十一番霊場上醍醐に登ってみた。待ち合わせの都合上、往復二時間半と言われる道程を一時間半で行く。参道は整備されているものの、全て速歩で登ろうと息込んだがすぐばててしまった。結局かかったのは往路45分、帰路20分。下りの方が足に負担が大きいというが、足りないのは筋力ではなく心肺機能であることがわかる。


上醍醐は寂れていた。准胝堂が落雷で消失して以来、入山料が600円もかかるようになり女人堂意外のルートがほぼ閉鎖され、巡礼者の御朱印も上醍醐に登らずとも下醍醐で授けるようになった。上醍醐のうち幾つかの堂は閉ざしていて仏像は拝めない。保安の為か、仏像の多くは麓の霊宝館に移してあるようだ。


それでも登った甲斐があったと思わせてくれたのは五大力堂の明王群だった。くぐって堂に入ると、身の丈以上の不動明王の憤怒形の中に浮かぶ金色の眼が暗さに慣れる前にこちらの眼に飛び込んでくる。入口正面中央の不動明王の金を塗られた瞳が射し込む光をうまく反射して劇的な効果となっている。目が慣れると、堂内には彩色豊かな壁画が広がり、その前に五体の明王が並んでいることに気付く。どれも造形が素晴らしい。


その後、霊宝館や仏像館に移されて展示された仏像を拝見したが、本来安置されていた山上の堂を離れてガラスケースの中に並べられてしまうと信仰の対象から切り離されて単なる美術品になってしまった感が強く、残念だ。


三宝院、伽藍、霊宝館、上醍醐を全て回ると2000円以上のチケット代がかかる。その上で賽銭を入れる気は起きない。足繁く通う場所ではなく、数年に一度訪れる観光地の仕様と料金設定にしたら、宗教離れしても仕方ないのでは。


そうして生活に馴染みのないものになっていき、仏教美術に対しても現代に生きたものではなく過去の遺跡を見物するような感覚になっていくのかも。

荒れた岩間寺


折角の週末。千本の梅が綺麗な寿長生の郷というところへ車で出掛けることにし、その前に西国三十三ヶ所の観音寺の一つ、岩間寺に寄った。


最寄り駅を聞かれても困ってしまうような山奥で、エンジンを唸らせて登らないといけない。誰がこんな辺鄙なところへ来るのやらと訝しむが、いざ辿り着いてみると駐車場には思いの外たくさんの車が停まっている。流石は三十三ヶ所の巡礼寺、と熱気を感じる。


いざ入山しようと車を降りると、異様な雰囲気に気付く。岩間寺住職を批判する立て看板の数々。何か揉め事に巻き込まれているらしい。こちらで入山料を払って下さいと声を掛けられたその声色にも険を感じ、あまり気分が良くなかった。


御参りをするも、特に心動かされる文化財も無し。ここには松尾芭蕉が古池や蛙飛び込む水の音、と詠んだ縁の古池があるそうでそれを探して歩き回ったが見つからず、まさか観音堂前のしょぼくれた池ではないかと引き返すと、悪い予感はあたり、比較的新しい石碑が殺風景で変哲もない池の前に建っていた。直感的に嘘臭さを感じた。


御参りを済まし、御朱印をもらうことにした。私は御朱印に信仰的意味合いは求めておらず、一重にそのデザイン性とたまに出逢える流れるような筆跡の美しさに期待してもらって回る。スタンプラリーだと謂われても言い返せない。しかし、ここの御朱印は酷いものだった。筆を鉛筆のように傾けて書き、筆先は揃わず汚く掠れる。さらにしくじった箇所を二度書きして誤魔化すという雑さ。御朱印を授ける人が僧侶でないといけないとも達筆でなければならないとも言わない。字が下手なのが嫌なのではなく、雑なのが嫌なのだ。不思議なもので心が入っていない筆跡はなんとも無様だった。


直筆には心がけが如実に表れると再確認した。たとえ悪筆だろうと丁寧に書いたそれは、その心積もりが筆跡に現れる。字は下手なのだがいつも心のこもった年賀状や手紙をくれる友人を思い出す。不思議と下手な人の丁寧な筆跡も達筆な人の整ってはいるが雑な筆跡も判るときが多々ある。
そして達筆な人が心を砕いて書くそれは、なんとも見事で何度も見返してしまうほど美しかったりする。欲しいのはそんな御朱印だ。経験上、それはにこやかに参拝御苦労様でしたと声をかけて下さるような女性に多い。御礼状と年賀状は直筆で書こうと改めて思った次第。


境内はどことなく荒れていた。まだ木々も芽吹いておらず、冬の装いだからか。

穴太寺


穴が太いってネーミングがなんだかねえ。読み方はアナオオジ。アナフトデラではありませぬ。立派なお寺なんだけれども。



西国三十三ヵ所の巡礼寺ということで近くの駐車場には大型バスが二台も停まっていたのに寺の中には団体はおらず。まわりには店など殆ど無いので、あの人達はどこへいったのか。寺の中には涅槃仏の撫仏があり、病気治癒の信仰を集めているとのこと。熱心に仏の胸と自分の胸を交互にさすっている老夫婦がいらっしゃった。



なかなか中国的な彩色の内装に思える。


蘆山寺

世の中は漆器ブームだったらしい。若い男性用ステテコブームでもあったらしい。ほんとかよ。アヒル口ブームというのだけは少しわかる。だったら実は今、御朱印ブームが来ていると言ったら信憑性は有るだろうか。


いや、実を言うと若者の車離れよりも若者の海外旅行離れよりも若者の御朱印離れが深刻なのではないかと疑っている。御朱印界における若者の市場へのPoint Of Entryはどこなのだろう。若者の取り込みに失敗したら御朱印に未来はあるのか。それとも中年、壮年期に自然と彼らは御朱印に親しみ始めるものなのか。


蘆山寺は京都御所の東にある古刹で、紫式部が執筆した地だと言われる。ここで頂ける御朱印には元三大師の護符に描かれる悪魔の形が印で押される。


この悪魔の印は角大師の降魔の護符として新年に新しいお札を玄関や家の戸口に貼ることで、疫病や厄災を退けるとされ京都の人々に親しまれ、比叡山を始め元三大師ゆかりの寺で手に入る。小生の中では愛宕山の「火廼要慎」と書かれた火伏札と並び、京都の民家必須の二大札だと思っている。意匠に漂う愛嬌が好きだ。

ピルグリム 清水から

日本人は宗教色が弱い国民だとか言われるが巡礼にいそしむ人の数を目の当たりにするとその認識は改まる。リベラルな大都会のアメリカにしか日本人は馴染みがないから保守派のキリスト教徒が強い影響力を持つことに違和感を持つように、あるいはイスラムやキリスト原主義者達の凶行が理解できないように。普段、自分が接点をもっていないからといって彼らがいないわけではない。


で、だ。京都をうろついていると思いの外たくさんの人が霊場巡礼だとか家が帰依している宗派の総本山にお参りに来ている。彼らが布教じみたことも声を上げることもせず黙々と回っているので他の観光客に紛れて気付かないだけだ。


宗教はよくわからんし、自分の信仰心も疑わしい。ただ、自分を省みたり家族や異国の友人の健康や平穏を願いながら、もろもろを思案したり本を読んだりして旅する道中の時間は好きだ。


清水寺で西国巡礼の御朱印帖を新たに買い求めた。廻ってみるか。

松風や音羽の滝の清水をむすぶ心は涼しかるらん