ん、美味い。高円寺に復活「なんでんかんでん」

f:id:mangokyoto:20180903212747j:plain

最盛期には年商5億、6億円を数え、マネーの虎という素人の事業プランへの投資審査番組の審査員もやっていたという川原ひろしさんのラーメン屋「なんでんかんでん」。

 

f:id:mangokyoto:20180903212736j:plain

6年前に全店舗閉店してしまい、社長は借金を負い、催眠術士をしたり、「あの人は今」的なテレビに時折、取り上げられたりしつつも着々と再起を図っていた様子。そして満を持して高円寺PAL商店街の入口、高円寺駅南口徒歩2分の好立地に復活オープン。初日は21時の時点でも20人ぐらいが店外に列をなしていた。

 

f:id:mangokyoto:20180904142315j:plain

ちなみに自分はラーメン評論家でもない、単に時折ラーメンを食べるそこらの客でしかない。高円寺にできたから足を運んだだけで、これが新宿か荻窪ならば興味を示さなかったかもしれない。その程度の客だ。

 

普通のラーメン770NDを普通の麺の固さで頼んだ。NDはおそらくは通貨単位「なんでんかんでん」で実効レートは1ND=1JPY。インフレしないかな。

 

 

f:id:mangokyoto:20180904152505j:plain

麺の固さは「普通」を頼んでも、なかなか固い。その上には「固め」、「バリカタ」、「ハリガネ」、「粉落とし」と固さを選べる。案外、もちもちと噛み応えがあって麺が美味しい。

 

スープは豚骨ラーメン。私の中には「ばりこて」の博多とんこつラーメンしか比較対象がないのだけれども、「ばりこて」のものより濃厚というか、こってりコクがあるように感じる。その脂質の高そうな味でもってジャンキーなモノを食べたい時の満足度は高い。食後5時間経っても腹にずっしりと重い。ダイエット腹には重すぎたか。

 

替玉は150NDと良心的な値段。

 

高円寺駅前にいて、こってりラーメンが食べたくなったらこれからは「ばりこて」まで足を運ばなくても良くなる。十分満たされる味だ。その逆も然りで東高円寺、中野からはわざわざ「なんでんかんでん」までいかなくとも「ばりこて」で満足。博多とんこつラーメンの美味しい店が高円寺界隈に増えたということは確かだ。

 

ふと見ると、プラスチックどんぶりの「なんでんかんでん」の印刷は擦れて掠れているのに気付く。6年前に閉店した後も保管していたのか。再度店を持つときも2018年のラーメン業界の流行りに合わせて全く新しい店名やコンセプトで再開業するのではなく、あくまで「なんでんかんでん」を復活させたかったのだな。泣かせるじゃないか。

 

乗ってる海苔はしくじり先生に出演時に作られたものなのか。それとも、再度作ったのか。

 

ところで、復活に伴ってメディアに記事が出回っていた。とある媒体で、1月には本人が「近年、新規オープンした店の多くがスープを工場から仕入れているの。要するに「店でスープを作ってない」ということ。「どこどこの店と同じようなスープを作ってほしい」と頼むと、そこそこ似たようなスープを入手できる。私は30年間、店でスープを炊いてきたので、残念な気もするけど、否定はしない。なぜならば、スープ工場のレベルも上がっていて、正直「美味いい!!」なんです。」と語っていた。最近の復活の告知インタビューでは「自社のスープ工場を構えることができた。これで全国にフランチャイズ展開できる環境が整った。」とも語っている。最近のスープ工場で事前に作り置きしたスープは昔に比べて遥かに美味しいらしい。でも、そんなこと、おおっぴらに語る必要はあったのだろうか。

 


「客はラーメンを食っているんじゃない。情報を食っているんだ」

「人はマスコミやインターネットに載った裏付け情報があって初めて、『美味しい』という感想を持つ」

漫画『ラーメン発見伝』(小学館)に出てくるラーメン店の店主のセリフだそうだ。

セントラルキッチンでスープを大量生産し、現場では固めやバリカタの麺をさっと茹でて出すとなると提供の時間は早くなるし仕込みも楽だ。それで美味しいのならば文句言う筋合いもないのかもしれない。しかしスープ工場で安定して大量生産したスープは川原さんが店頭で炊いて作れる最高のスープに比べて同等かさらに美味しいと言えるのだろうか。

 


「よりフランチャイズ化して儲けられる体制を整えての再勝負」が「さらに美味しい最高のラーメンで再勝負」に勝ってしまってる気がする。まあ、ラーメンは美味しいし、店頭で炊いた最上のスープとの比較もできないので、これこそ情報を食ってるのかもしれないけれども、夢を見させてくれ。

f:id:mangokyoto:20180904142647j:plain

水餃子もモチモチとして、タネに臭みもなく、味もしっかりして美味しかった。この袋のタレはどうにかならんのか。餃子のタレに拘らないならそれでもいいけれども、客にとって袋を切って入れるのは外食としては興醒めだし面倒だから醤油差しのような容器に入れて欲しい。


f:id:mangokyoto:20180904143241j:plain

ほぼ「博多屋台よかたい」を居抜きで利用しているようで内装もお金をかけて改修してはいない。ラーメンの味だけで勝負するという覚悟や良し。一風堂や麺庄とは違ってても良い。あとは人の好みとターゲット顧客の問題だもの。

f:id:mangokyoto:20180904143151j:plain

店員さんはとても迅速で元気な接客で心地良い。5人もいるのは、開店ラッシュ対応もあるのだろうがもう2店舗目を見据えたトレーニングのような気もする。案外、2店舗目は早いのではないだろうか。

f:id:mangokyoto:20180904143253j:plain

 

11:00〜01:00

定休日は。。。無し。固定費をしっかり稼働させる様子。日曜の深夜までやっているラーメン屋は貴重だ。覚えておこう。

 

高円寺 閉店リスト更新。 なんでんかんでん復活

f:id:mangokyoto:20180828102920j:plain

何年も続く老舗と数年で入れ替わる新規店が二極化している印象のある高円寺の飲食店。

f:id:mangokyoto:20180829123606j:plain

駅前のPAL商店街入口そばの「博多屋台よかたい」が閉店。2年も持たなかった。まあ、チェーン店が閉店しても悲しくはないのだが、その後に興味深い張り紙が。

f:id:mangokyoto:20180828103018j:plain

なんでんかんでん」は世田谷の羽根木にもともとあった有名店。6年ぶりの復活店はどうだろうか。テレビでしか見たことのない有名ラーメン店、とても気になるところ。


チェーン店といえば北口純情商店街の入口そば、モスバーガーの隣にある店が変わり続けている。ここ3年間の間でもタイガー餃子会館、虎春屋、富士力食堂と変わっていて、その富士力食堂も8月末で閉店だそうだ。どれも紅虎餃子房有する巨大チェーン「際コーポレーション」の業態で、また同グループの店に変わるのだと思われる。いっそのこと、餃子ラーメンの類は諦めてトンカツの「富士㐂」か「葱や平吉」あたりでも持ってきてくれた方が多様性が増してありがたいのだけれども。内装は好き。


〜〜〜〜〜
2016年6月
蝋燭の火が立ち消えるように、ふっと消えていくお店たち。営業を終えてしまうと語る店主もおらず、静けさだけが残る。「⚪︎⚪︎年間ご愛顧ありがとうございました」という張紙がポツンと貼られているのも寂しいが、「何月何日をもちまして営業を終了しました」という張紙だけに至っては少しばかりの投げやりさを感じる。

f:id:mangokyoto:20161225083905j:plain

 

f:id:mangokyoto:20161225084004j:plain

お笑い芸人「上島竜平会」が開かれ、有吉、土屋、劇団ひとりといったメンバーが集うことで名の知られた東高円寺駅前の「野武士」のように37年間も続いて惜しまれながら閉店する店もある。後継がいないだとか高齢化したからだとか店側の供給の問題の場合だ。しかし圧倒的多数は客が思うほど入らないという需要の問題。
 
高円寺閉店リスト。気づいた店だけで、それ以外にもあると思う。
 
小料理屋やよい 早朝営業

Bo-Ma's Cafe 2013-7.2016

餃子バル 7.2016
焼鳥 野武士 7.2016 37年の歴史に幕。
漫画空間 7.2016
バッカス 8.2016閉店 6.2011開店
龍華園 9.2016
ベリーベリースープ 9.2016
タイガー餃子会館 →虎春屋→富士力食堂
ラレーヌ
ベルゲン 10.2016 療養中
テキーラハウス 11.2016
大久保通り環七東入ル 汚なシュラン中華 11.2016
JUN HONMAの隣の立ち飲み居酒屋
ペペルモコ 3.2017
ジークリフ 5.2017 19年の歴史に幕
台湾料理 ワンユウ 6.2017 店主交代
キッチン南海 6.2017 駅前に移転
晴れる屋 ⇨ まぐろんち
天すけの向かい。伏龍 石沢亭
海千山千番長
牛繁 ⇨ たまには焼肉
おとど 9.2017 テナント契約切れ
おとど裏の串カツ
Bugreen 9.2017
カレーハウス コロンボ 10.2017 22年 高齢
Planet3rd 10.2017
ひもの屋 不明
ファッツ 10.2017→ブラチョーラ
どて子 8.2016〜11.2017
せんだい屋 8.2016〜12.2017
カニワ 8.2016〜12.2017
ワッフルプラスデコ 1.2018
炭火焼肉 三勝 7.2018
万福 8.2018 牛乳ラーメンの老舗
富士力食堂 8.2018 
博多屋台よかたい 8.2018 なんでんかんでん
 

f:id:mangokyoto:20161225084158j:plain

チェーン店が不採算店を閉めるだけならば、気にならない。しかし高円寺はオーナーが切り盛りする一国一城の店が多いから切なくなる。立地や店のコンセプトを改めて他の場所で再挑戦するのだろうか。店を畳んで飲食業から足を洗う人も多いのだろうか。
 
王妃のロールケーキで有名だったケーキ屋「ラレーヌ」も閉店した。東高円寺のニコニコロードにはまだ看板の跡から「ラレーヌ」と読める移転前の昔の店舗跡が残っている。元店舗の入居が決まらぬうちに、高円寺駅にほど近い移転先の店も閉まることになったわけか。

f:id:mangokyoto:20161225090257j:plain

そして高円寺駅そばの既に改装工事が行われ、新しい看板が取り付けられていた。なんと「JUN HONMA」。ラレーヌの元オーナーパティシエで「ラレーヌ」を有名ケーキ屋に育てた人であり、なんらかの理由で「JUN HONMA」という店を吉祥寺、そして高円寺に出した人だ。ラレーヌの出資者か何かと揉めて袂を分かったのか。それとも単に別ブランドとして自分の名前を冠した店を立ち上げ、ラレーヌよりも「JUN HONMA」の方が順調なので看板替えするのか。
 
もし、ラレーヌにもう関わりがないのだとしたら、古巣の潰れた店舗を改装するという皮肉な話になる。単に自身が今も経営するラレーヌのブランド替え新装開店なのか、それとも昼ドラのような背景があるのか。ラレーヌの経営は泉屋というクッキー屋という情報もあるので、後者かもしれない。店舗の大家が本間氏を元々気に入っており、ラレーヌが出て行くならば居抜きで本間氏が戻ってこないかと声をかけたという話も聞く。
 
評判を聞いて「王妃のロールケーキ」を食べたことがあるが、甘くてくどい味で評判になるようなシロモノではなかったので、本間氏が去って味が維持できなかったのかもしれない。本間氏あってこそのラレーヌだったのだろう。新装開店したJUN HONMAの「高円寺ロール」は絶品だった。これこそがラレーヌを有名店に押し上げた「王妃のロールケーキ」なのかもしれない。
 
 
幸い、私が贔屓にしている飲食店はどこも閉店していない。どこも安く、美味しく、個性があり、店長に親しみを持てる店だ。それだけ隙がなく魅力が揃ってないと生き残れない激戦区なのだろう。
 
油断はできない。気に入った店、街に残って欲しい店は通ってお金を落とすべし。
 
店が消えていくのは寂寥感が残る。仕方のないことだけれども。
 

2018年阿波踊り。踊りの連に入るには

f:id:mangokyoto:20180826180952j:plain

実家の両親が来たので、連れ立って高円寺阿波踊りを観に行った。

 

f:id:mangokyoto:20180826180134j:plain

編笠の女衆は爽やかで凛々しくて

f:id:mangokyoto:20180826184023j:plain

袖の紋が手を伸ばすたびに綺麗に現れる瞬間が好きだ。椿が素敵。

 

f:id:mangokyoto:20180826185646j:plain

f:id:mangokyoto:20180826190329j:plain

お気に入りは舞蝶連。踊りも本格派。徳島遠征もしていたり、かなりの熱量で日頃から練習している連。

 

 

f:id:mangokyoto:20180826184827j:plain

爪先をチョンチョンやりながら掌をひらひらさせる踊り。そんなイメージでいると実際には男踊りのダイナミックさに驚かされる。3日間に渡って2時間、3時間、3時間と真夏に踊りまくる訳だから鍛えていないと続かない。

 

連で踊っている人はジムに行く必要がないな。インナーマッスル鍛えられて、有酸素運動で、仲間とやるからいざ嵌れば継続しやすいのかもしれない。

f:id:mangokyoto:20180826184832j:plain

連に入ろうか、最近悩んでいる。息子も来年、小学生に上がれば踊れる。本格的な連は加入者募集要項に年齢35歳までとなっているところが多い。しかし無数な連から探すと、35歳以上でも子供と一緒に受け入れてくれるところはある。鳴物でもいい。せっかく高円寺に住んでいて、数ブロック先に拠点を置いている連があるというのに、これからも沿道から観るだけでよしとするのか。


逡巡も多い。出張やらでお休みが多いと申し訳なく思うし、陶芸ですら時間確保が困難なのにさらに連で練習する時間などもてるだろうか。

真面目に参加して馴染めれば地域のコミュニティに入れて楽しいのかもしれない。様々な職業の人と地域を通じて繋がる、そんな輪に子供を入れるのも社会性を育てるのに良いかもしれない。その反面、連帯感が強そうで敷居の高さも感じる。


練習頻度

練習場所

衣装や道具の頻度

徳島や他の祭りへの遠征の有無

もちろん、気が合いそうか


一度、息子と見学に行って調べてみようか。 

f:id:mangokyoto:20180826185038j:plain

ノーマル

 

f:id:mangokyoto:20180826185101j:plain

ハイ

 

f:id:mangokyoto:20180826185058j:plain

マックス

 

鳴物の太鼓も見せ場を作れてしまう。

 

f:id:mangokyoto:20180826192950j:plain

ところで高円寺の阿波踊りも観覧席チケット収入では運営は赤字だが幸い、スポンサー収入が多いということもありそれなりに確保できて成り立っている。100万人という観光客が押しかけるらしいが祭を見るのは無料だし、せいぜい沿道の屋台からビールやツマミを買うぐらいで飲食店以外に別段、お金が落ちるわけでもない。そのくせ警察も大動員して救護センターも設け、大勢の誘導員や警備員を雇わなければいけない。大勢のボランティアは生命線だ。

 

安全で快適な祭運営を続けてもらうためにもルミナリエのように、駅前かどこかに巨大な寄付金箱を設置して1人100円でも500円でも投げ銭できたら良いのではないかと思うのだがどうだろう。

 

 

 

高円寺阿波踊り始まる

f:id:mangokyoto:20180824184506j:plain

 1万人が踊り、100万人の観光客がこの数日に訪れるという高円寺の一大イベント高円寺阿波踊りが今年も始まった。

f:id:mangokyoto:20180824185302j:plain

 カッコいい。相変わらず良い表情してみんな踊っている。

f:id:mangokyoto:20180824185349j:plain

 今日は土日よりも短い「ふれ踊り」。狭い商店街をお披露目するように踊り行く。見物客との距離はとても近いが、踊り自体はとてもおとなしめ。

f:id:mangokyoto:20180824184542j:plain

大通り一杯に使う明日の本踊りは躍動感に溢れ勇壮、雅。

 

f:id:mangokyoto:20180824190955j:plain

良い味だしてる兄ちゃん。高円寺阿波踊りは元は「ばかおどり」という名称で同じ阿呆なら踊らにゃ損々なものだったわけだ。

f:id:mangokyoto:20180824185927j:plain

情熱的に、でも格式張らずに。


純粋な日本人だけでなく親のどちらかが外国人であろう子も増えた。多様化して賑やか。

f:id:mangokyoto:20180824190338j:plain

 

f:id:mangokyoto:20180824190727j:plain

 PAL商店街がエトワール商店街と交わるあたりを起点にルック商店街を踊り歩いて新高円寺へと向かって行く。

f:id:mangokyoto:20180824191250j:plain

 

金柑大福が美味。和の装いの山桜桃屋(ゆすらや)

地方都市には数はあるけれども、都心にはなかなかない。 

f:id:mangokyoto:20180819145147j:plain

高円寺北の中通り商店街にある小さな小さな和喫茶が前から気になっていた。たった6席なのでうるさくする子供を連れて行くわけにもいかず、今まで行きそびれていた。店先には「氷」の水色の暖簾がたなびく。

f:id:mangokyoto:20180819145041j:plain

3人ほどの作家の器が入り口横に展示販売されている。どれも自己主張しすぎない、滋味にあふれた器。

 

f:id:mangokyoto:20180819144328j:plain

少し旬を外しているのだけれども、金柑大福を抹茶とともに頂いた。

 

f:id:mangokyoto:20180819144425j:plain

金柑はシロップ漬けのようだ。しっかり浸かってくれているようなので、むしろ今が大福としては旬か。酸味が爽やかで、大福に合う。苺大福のほかに大福の中に入れて本音で合う果物に出会ったのは初めてかもしれない。

 

昨今の名物はかき氷だそうだ。滋賀の和菓子の老舗から取り寄せた金柑シロップのかき氷が美味しいらしい。宇治抹茶のかき氷も気になる。

 

f:id:mangokyoto:20180819144030j:plain

客に出される器はどれも使い込まれた器ばかり。こちらも売って欲しいものだ。

 

f:id:mangokyoto:20180819143956j:plain

中通り商店街から店内に数メートル入っただけで、静かでゆったりとした時間が流れる。思えば、自宅の書斎をこんな木と麻と陶器で構成される素朴で少し懐かしい内装にしたかったのだよな。


一見客がふらりと入って店内で見聞きできるよりも遥かに豊かなコンテキストを店はもっていたりするもんだ。商いという観点から考えたら6席の喫茶店なんてものはどう成り立つのか。算盤勘定を超えた拘りや思いがなければやれない。


桐の女下駄をカランコロンならしながら小さな厨房と客席を行き来する30代と思しき若店主。どんな思いや経緯があったのか聞いてみたい。最近、他人に興味が出てきたような気がする。


良い店を開拓した。

 

火曜、水曜定休日。

12:00〜20:00まで営業。

日曜日に作陶の帰りに立ち寄るのに丁度良い。

 

f:id:mangokyoto:20180819172859j:plain

駅前まで戻ると阿波おどりの準備で忙しそうだった。祭を観終わるともう夏も終盤。もう、エアコン無しでも全く快適に夜が寝られるほど暑さも和らいでしまった。夏の終わりがあっという間に近づいてきて、少し寂しい。

 

たまの贅沢にラピュタ阿佐ヶ谷「黒猫軒」

f:id:mangokyoto:20180723234936j:plain

平日のランチだというのになかなか予約をしないといけないほど人気の店だという。

 

ラピュタ阿佐ヶ谷という単館系、アート系やリバイバル映画を上映している施設の最上階に入っているレストラン「黒猫軒」。いままで住んでいた街にも何軒か同名の店があったが、どれも共通して人気の老舗だったように思う。

f:id:mangokyoto:20180723235044j:plain

焦茶の煉瓦に木目の卓。余計なものが何もない、寛げる空間。一品、一品が待ち遠しくなる。

 

f:id:mangokyoto:20180613115444j:plain

 夏らしいスターター。ガラスの器は食事の素材だけが見えてこれも素敵なものだな。

f:id:mangokyoto:20180613122513j:plain

 もう1ヶ月前にもなると、写真を見ても何を食べたのか覚えていないが、忘れないように記録しておこうと思うぐらい美味しかった印象はある。小蝦や白身魚フリットだったように思う。

 

f:id:mangokyoto:20180723235339j:plain

真紅の赤ワイン煮込み。もうみたまんま、柔らかい。本格的なやつは、ほんのり苦い。

 

f:id:mangokyoto:20180723235424j:plain

 そしてデザート。ショートケーキがボリュームも多く、さらにソルベもついていて一番満足度が高かったように思う。

 

f:id:mangokyoto:20180723235457j:plain

 パッションフルーツ好きにはこちらのパンナコッタ。

 

f:id:mangokyoto:20180723235536j:plain

ちょいとばかり贅沢な3900円のランチコースだった。子供抜きのランチとなると、貴重な機会だから財布の紐は緩みがち。

 

静かな店内、程よい空調。食べ終わると、何やら爽快な気持ちになった。少し贅沢にリフレッシュできるランチを楽しめる店。

 

11:30~15:00(L.O.14:00)/18:00~22:30(L.O.21:00)

月、第1第3火曜定休 

 

 

本格スパゲティとライブ「SMOKIN FISH」

高円寺の南側ガード下を中の方向へ歩いた先にあるイタリアンとアートと音楽の店。夜の徘徊で見つけた今年できた新しい店だ。

f:id:mangokyoto:20180728102557j:plain

薄暗く落ち着きのある店内。革の椅子、木のテーブル。高円寺らしくない洒落た雰囲気。

f:id:mangokyoto:20180725201740j:plain

 

一角からはライブが頻繁に行われていることが察せられる。マスターがギターを生演奏してくれたりもするそうな。

 

f:id:mangokyoto:20180725201711j:plain

ライブのない日にも高出力のスピーカーからジャズや懐かしのロックな音楽が流れる。

 

f:id:mangokyoto:20180725201719j:plain

 

f:id:mangokyoto:20180725201637j:plain

店内にそこかしこかけられている油絵も必見。内装の雰囲気、世界観と合って良い感じ。

 

f:id:mangokyoto:20180725201944j:plain

壁には金箔が貼られていたり、和風な花札モチーフの絵画が飾られていたり、和洋の混ざった好みの装飾。

 

f:id:mangokyoto:20180728102414j:plain

で、肝心の料理なのだが、かなり美味い。

ボロネーゼ1680円と高円寺相場よりも高いが、納得させられる味。もっとシンプルなペペロンチーノは880円、アラカルトは480円から。予算は2500〜3000円ほどか。そこらへんの安いイタ飯屋よりも贅沢したい時に良いかもしれない。グラスワインも美味しかった。

 

パスタ以外の煮込み料理もとても期待できそうだ。ここにはまた来るだろう。

 

SMOKINという店名だけあって全面喫煙可だそうなので嫌煙家は留意。

 

Dinner 18:00〜22:00 Bar22:00〜26:00