読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天龍寺の苔

天龍寺の庭園は見事だ。少しでも草木に興味がある人にとっては、草木と立て札に書かれた和名を見比べて楽しむことができる。風変わりな和名も多く、なぜこんな名前がつけられたのか想像するだけでなんとなく面白く感じる。



「杉葉苔」、「大和鞭苔」、「枝艶苔」、「小葉の提燈苔」など聞いたことも無い苔が多い。



銀閣寺にも幾種もの苔が紹介されているが、そこにあるのは銀苔、這苔、杉苔、細葉翁苔など市街のどこでも見かける定番の苔ばかりなので、こちらのほうが好奇心を掻き立てられる。



育種もの苔が混ざり合ったところに立て札があり、どの苔が何なのかわからなかったりもする。初めて見聞きする苔は苔好きには違う楽しみを提供してくれる。