読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

民宿 品野

厨温泉にできてまだ3年ほどの民宿だという。展望露天風呂があるわけでも、重厚な部屋があるわけでもない。しかし旬の越前蟹を目一杯楽しみ、温泉で体を温め、簡素だが新しく清潔な部屋は泊まるには申し分ない。コストパフォーマンスに優れていて満足度は高い。


タグ付きの越前蟹を4杯頂ける蟹三昧宿泊プランで一泊二食1万8千円。蟹の季節外は一泊二食8千円。春秋の気持ちの良い季節に武生あたりを車でまわりながらまた立ち寄れたら良い。


2杯を茹で蟹で。身が目一杯入っており、肉を吸うとぷるんと塊が口の中に飛び込んでくる。


1杯を焼き蟹で。熱いうちが美味い。


1杯を蟹しゃぶで。今回の驚きの一品。

そして焼き蟹と蟹しゃぶの肩部分を鍋にして。蟹の身から味は抜けてしまうが、なんとも濃厚な出汁が鍋に残る。日常ならこの鍋だけで身を食べ、雑炊にしてとあれこれ楽しめるのだろうが、主役級の料理を頂くだけで腹が膨れてしまう。贅沢。


さらに焼き蟹の甲羅を味噌焼きにして。生よりも一層、こくがあって美味い。これだけで美味い白御飯を一杯いけるだろうに。


さらには鰈の一夜干し。この晩餐では明らかに目立たない存在だが、これとて美味い。


蛍烏賊の沖漬けも付く。貧乏人は生食できる鮮度の良い魚介類は刺身で食わねばもったいないと思うが、煮付けも焼き物も鮮度の良い素材だからこそ美味い。

宿の男風呂、女風呂、家族風呂の三つ。別段風情のないタイル張りの風呂だが、とろりとした泉質で気持ちよかった。家族経営の店で、訛り言葉で娘さんが料理を説明してくれたり、お婆さんが店を発つ際には水仙や来年のカレンダーをくれたりと肩肘張らないおもてなしも良い。夜は大量の漫画を読みながら過ごした。子供連れに良いかもしれない。

0770-22-4528