夏日


徐々にではなく突然に夏。午後、友人の車は36℃を示していた。



怒り狂ったように湧き上がる積乱雲。あたり散らすように雷雨を降らせるかと思いきや、天気予報は外れて30℃以上の蒸し暑い夜が来ただけだった。



京都駅舎は温室になる。