読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Le Brevent

旅 遠出


同僚達はさらに車を走らせてイタリアのミラノまで買い物に行くというので、ブランド物に興味のない自分はシャモニーに独り残った。


ジュネーブまで電車で戻るとなんと5時間かかるという。バスならば2時間弱。のんびり車窓を眺める旅も魅力的だったがやはりバスで帰ることにした。


バスは17時発。時間はたっぷりある。そこでMont Blancの対岸にあるLe Brevent 2525mに登ることにした。これもケーブルカーで楽に上がれてしまうのだが。



こちらはさらにリゾート然としており、テラス席にパラソルの立った展望レストランがある。アイゼンを穿きピッケルとロープを持った雪山重装備の本格登山者とTシャツ短パンサンダルの散歩客が混ざって何とも不思議な感じだ。


頂まで登りきるとMont Blancだけでなく反対側には隆起する荒々しい地層や氷河に削られた標高2000mの台地など迫力のある景観が広がり舞い上がる。雲の下の街で買ってきたクロワッサンをかじりながら眺望を楽しんだ。


絶景の中をパラセーリングする人、絶壁をボルダリングする上級者、氷壁を登る冒険家。果てにはTシャツやタンクトップで絶景を見ながら食事をし、日向ぼっこする人達まで。楽しみ方の幅が広く、多様で上手だと思う。筋肉質の体力自慢から太ったおっさんまで、自分の身の丈に合った無理のない楽しみ方。それでいいのだろうね。


自分なりの楽しみ方の抽斗を増やしていきたいものだ。