読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

獺祭 純米大吟醸 磨き三割九分

好みの料理


機会あって久しぶりに飲んだ。


しかしそもそも自分は大吟醸吟醸香が強すぎてあまり好きではないはずだ。しかも獺祭は今やブランドとしての俄か人気が出過ぎて値段が釣りあがっている。取り敢えず人気があって高いから飲みたい、飲んだと言いたい。そんなドンペリを重宝するようなノリに近いものを感じる。取り扱っている店も少なく、インターネットだと倍近くまで値段が高騰している。だから心情的には好きな銘柄では無い。


しかし、こうして呑むと旨い。頭では貶したくとも旨いのだよ。何かの食事や肴と合わせることなく、この酒だけを飲んで楽しめる味だと思う。フルーティーで甘く飲みやすい大吟醸。噎せるような香りのきつさも余韻もない。ブランド化して値段が釣り上がるのも、万人から美味しいと思われる実力があるからなのだな。


基本的には辛口純米吟醸酒が好きだが、こんな獺祭のような大吟醸も良いな。似た系統の身近な手頃な銘柄を探したい。