読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫ジオラマ - 青梅 昭和幻燈館




なぜここまで猫尽くしかというと、映画看板で町興しをしようとした青梅が映画看板画家でもあった赤塚不二夫の協力を仰ぎ、ついでに赤塚不二夫の愛猫がテレビCMで絶大な人気を博していたので、加えて猫の街を自称し始めたという「これでいいのだ」な作為的な所縁だったりする。


青梅 昭和幻燈館にて