読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

卓上コースへと進歩したプラレール

家族 植物

 

 

f:id:mangokyoto:20160625233254j:plain

 

ローテーブルを立体的に活用した、なかなか冒険心溢れるコースを組んだのだが、1歳児には頑健さが欠ける。4歳児にはまだ修復も難しい。

 

さらに、部屋の掃除にルンバを稼働させられないと嫁さんから苦情が来る。卓の上で完結するコースが望まれている。

 

 

f:id:mangokyoto:20160625233244j:plain

 

そんな訳で、卓上コース作りに精を出している。正方形の卓の一辺はプラレール直線パーツ4つということも分かった。

f:id:mangokyoto:20160625233223j:plain

1階から2階へ、2階から3階へ、3階から1階へ。異なる階でそれぞれの列車を走らせられるので喧嘩せずに2人が遊ぶことができる。卓の周りをグルグル回りながら飽きることなく遊ぶ。

 

さらに陸橋などのパーツを買い足して3階、4階の立体的交差コースを組み上げたい。

 

 

f:id:mangokyoto:20160625233232j:plain

 2階建てのコースは長男も既に作れるようになった。異なる階への移動経路を作るのがまだ少し難しい。

 

小生が子供の頃にプラレールで遊んだ記憶はない。あれば夢中になっただろうな。