読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

撮り下ろしセミヌードをゲットだぜの巻

f:id:mangokyoto:20160804230543j:plain

高円寺の蚕糸の森公園を抜けて家に帰ろうとしたら、公園の中はポケモンGOをする人で賑わっていた。拡張現実の世界を愉しんでいる人達は目の前の細部を殆ど見ていないのかもしれない。なんと幸運なことにセミヌード現場に遭遇。でも誰も気にも止めない。

 

 

こんなに可愛いのに、みんな画面の中の芋虫やら雀を捕まえる方が楽しいのか。

 

f:id:mangokyoto:20160805085943j:plain

セミファイナル、競技生活も最後の本気のイナバウアー。「静香に負けるかっ 見てこの反らし!」

 

 

f:id:mangokyoto:20160804230908j:plain

本音は三脚を立てて、一眼レフカメラで長時間露光で撮ってみたり、至近距離であらゆる角度から粘着して撮りたかった。

 

f:id:mangokyoto:20160804230632j:plain

ライムグリーンの縁取りの純白な翅を広げ始めた。こんなに美しいというのに。

 

f:id:mangokyoto:20160804230704j:plainf:id:mangokyoto:20160804230758j:plain

 

「ミニリュー出てきた」と叫ぶ人の傍らで「セミヌード、ゲットだぜ!」と心の中で呟いた。

気づいたら4箇所ぐらい蚊に刺されていた。蚊は蚊で「血液ゲットだぜ」「これで卵産めるわーでもこの血液ドロドロでイマイチかな」なんて思ってたのだろうか。

 

 

 

f:id:mangokyoto:20160805090635j:plain

幻想的な盛夏の夜22時。