濃厚な広島空間「おこのみ村」

 

友人が美味しいと言っていた青梅街道沿いのイタリアン「ガラクッタ」。そこの店員のお兄さんが美味しいと言っていた東高円寺のニコニコロードを抜けた先の店、「おこのみ村」。美味しいと紹介された店の店員が美味しいというのだから、とても美味しい店とのいい加減な論理。ちょうど博多ラーメン屋「ばりこて」の向かいにある。

f:id:mangokyoto:20161001213957j:plain

入りづらい雰囲気があってこれまでの一年間、目の前を素通りし続けた。店内はわからないし、店外の有吉のドヤ顔は威圧感があるし、私が広島県民ではないことを自覚させられる。暖簾の結界の先はアウェー。敵地。僻地。

f:id:mangokyoto:20161001214042j:plain

店内は素朴だが赤が多い。広島カープカープカープ。店内には大きなテレビがあって、いつだって中継がある日には野球の試合が映されているようだ。
 
私はカープファンではない。しかし貧乏球団が金満球団を打ち負かして25年ぶりの優勝を飾ったことは知っている。痛快だ。人生に何度あるかわからない慶事だから前からのファンにはたまらんだろう。その日の店はすごい盛り上がりだっただろう。
 
幸い、カープファン以外の一見客にも店は優しい。特に居心地の悪さは感じなかった。

f:id:mangokyoto:20161001214116j:plain

お好み焼きスペシャルという餅やそばの入った1000円のものを頼んだ。2畳ほどもあろうかというカウンター席の前に長く広がる鉄板の上で焼いてくれる。作る手際が良くて小気味好い。この女性が店主のようだ。
 
で、肝心のお好み焼きの味というと。なるほどな。どう表現したら良いのかわからないが美味い。お好み焼きなんて、家庭でも作れるし、食べるし、味なんて大差ないと思っていた。風月などの店で食べたこともあるが、多少出汁が効いているなあ、という程度。外食のお好み焼きにさほど期待していなかった。
 
この店の味は何が違うのだろう。この味はこの店に来ないと得られないと思わせる。コクと甘味と旨味というか。餅の溶け具合も絶妙、そして満腹になる量。
 
この店はまた来るだろうな。大好きな「ばりこて」のよりによって真向かい。これからはどちらにしようか悩ましくなる。どちらかが満席ならば反対側に行けば良いという便利さもある。
 
豚バラチャーハン450円も気になる。次に外食できるのはいつだろう。
 
水曜日定休日
18:00〜24:00ラストオーダー