新高円寺 フランスパンの「ソンカ」

 

f:id:mangokyoto:20161002003412j:plain新高円寺を抜けて五日市街道を交通公園近くまで走ったところにある。

f:id:mangokyoto:20161002003344j:plain

「フランスパンとジャムとジャズ」という看板のかかったサーモン色の外壁の店。この窓の上に掛けられている人面フランスパンがなんとも良い味わいを出している。
 
そうだ。陶器で多肉植物を作り人面をつけてみようか。気持ち悪くなるか、味わいが出るかは際どいところ。

f:id:mangokyoto:20161002003443j:plain

店内にはカウンター席が4つほど。そして背面のスピーカーとラジカセの置かれたテーブル前に4席。シンプルで快適。店内で食べる人もいれば注文してパンを買って帰る客も多い。

f:id:mangokyoto:20161002003710j:plain

丁寧に作ってくれているのだろう、注文から出されるまでにけっこう時間がかかる。夫婦と思われる二人だけで回しているのだが、客が重なると20分ぐらい待たされることもある。そんなわけで奥には子供がおもちゃで遊べる小上がりがあって助かる。

f:id:mangokyoto:20161002003511j:plain

ここのフランスパンは北海道産小麦粉、水、塩、酵母というシンプルな材料で作られている。表面は固く香ばしい。噛み続けると甘味が滲み出てくる。素朴だけど胸を張って美味いと言える。人に紹介したくなる。

f:id:mangokyoto:20161002003539j:plain

ランチセットはスープとドリンクがついたセットで、サンド2種類をつけると1300円。選べるサンドからは生ハムとクリームチーズ、ホットドッグを選んだ。

f:id:mangokyoto:20161002003615j:plain

軽食としては少し高めな価格設定に思うが、フランスの物価でフランス品質のバゲットを食べられると思ったら良いのだと思う。交通公園からの帰りには立ち寄りたい店だ。
 
珈琲は堀口珈琲のブレンドNo.5を使ってらっしゃるそうだ。万人受けの美味しい珈琲だと思う。
 
かなり偏見と余計なお世話で失礼なことを書く。旦那がやりたくて始めた店だというのは十二分に伝わってくる。バゲットには「今の僕の全てです」と売り文句が描かれている。「今の私たちの全てです」ではない。内装や小物もオシャレだし全体を見ると理想的な店だ。夫婦で営む、パン職人の旦那とそれをバゲットにしたりスープを調理して出す奥さんが営むオシャレな店。奥さんは綺麗な人でテキパキと動く。しかしなんとなくなのだが、奥さんからは気が張った雰囲気が出ていて、余裕の無さが伝わってきて心配になる。他人からは憧れの夢のような街のオシャレパンカフェなのだが、本人がやりたくてやっているのか、愉しんでいるのか、そういうのが見えなくて不安になる。いつ行っても、笑顔がないこと、他の客とも旦那とも雑談も軽口も交わされないこと、強い自分を持ってそうな女性に見えること。事実は知らないし、私の妄想は悉く的外れかもしれない。事実だとしても、「会社勤めの大多数の人だって望むと望まざると働くものじゃない」と言われてしまうかもしれない。本当に余計なお世話だし、自分の心配をしろよ、な話だ。
 
客の我儘でしかないが、もう少し、気楽さのような雰囲気が伴えば完全無欠。
 
【営業時間】10時〜18時
【定休日】 火曜日、木曜日、年末年始
【電話番号】03-5913-8551
【住所】  〒166-0015 東京都杉並区成田東2-33-9