読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

辰砂筒杯

陶芸

筒杯の植木鉢が焼けた。

辰砂を掛けて酸化焼成。辰砂といえばあの還元による赤だけれども、酸化の緑も爽やかで良い。土灰なんかと比べてガラス質ではないしっかりとした緑色になるし、適度に流れて下地の色も出てくれる。

あまり整いすぎない無造作に造った感じにしたかった。いや、実際にザクザクと無造作に削ったそのままでしかないが。

縦の鎬だけではなく、もっと複雑な模様に器の表面を削って辰砂を掛けてみても面白いかもしれない。象形文字とか、いろんな紋様なんぞ、を。


さて、なにを植えようか。リトープスか。十二の巻か。