読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

陶芸 皿の水挽き

轆轤の回転台の上に板を置き、その上で平皿を作る。


板が傾いてしまった。中心が取りづらくなる。板の上で乾かす際にも歪むことになる。


紐で回転台と板の間を固定する際、糸で水平に切ってから固定すると水平が取りやすい。
外周近くに土紐を乗せる。ケチらない。


板がずれた後で土殺しで中心が取れなかった。
土が固すぎるとのこと。必要な柔らかさの感触を判断できなくなっていた。先生をして腱鞘炎になる硬さとのこと。


土殺しは右手で垂直に近く加圧し、左手で土が水平に膨らまないように抑える。先生の腕を見ると太くがっしりとしている。職人の腕だ。