読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家族写真は旅行先や記念日ではなく、代わり映えのしない日常を

家族

オーストラリアの幼なじみが来月、訪日するというので、実家のアルバムを漁って彼との写真を探しつつも自分が幼少の頃からの写真を眺める。


週に2度はお互いの家を行き来してた幼なじみの写真は殆ど見つけられなかった。旅行先や特別な日の記念写真は多いのだけれども、日常の写真が少ない。


9割以上の時間を過ごした家の寝室や風呂、台所、車庫や庭など、あれば懐かしくて嬉しいであろう写真は無く、半日立ち寄った観光地や年に1回会うかどうかの来客との集合写真ばかり。


妻と子供との写真。毎日顔を合わせているとあえて写真を撮るまでもないと思うが、その日々こそが生活の大半を占める思い出深い瞬間に後からなる。代わり映えのしない我が家でのイベント性のない日常の中から息子の小さな変化に眼をとめて写真で切り取る。そういうことなのだな。

土曜日は家に居ることが多いので、土曜日に意識的に写真を撮ろう。