陶虫夏草 団子虫 X ツルビニカルプス ミニムス

f:id:mangokyoto:20170326175459j:plain

団子虫の死骸が焼きあがった。雌雄のつがいということにしておこうか。

 

f:id:mangokyoto:20170326175524j:plain

白い結晶が析出する周囲は深い緑青に発色するのが魅力。結晶が黴に覆われたような風情で気に入っている。団子虫だから黒土で作る方がそれらしかったのだろうが、蝉に合わせて続編という位置づけなので良しとする。

 

f:id:mangokyoto:20170326175634j:plain

 

ワガママを言うと、結晶周辺の流れた部分ができの悪い黄瀬戸のようなので、これが白や緑ならばなお良いのだが。

 

池袋の西武百貨店屋上にある鶴仙園で物色するも、お目当ての「小人の帽子」や「月世界」といった白サボテンはどれも群生株で手の届かない値段。

f:id:mangokyoto:20170401162933j:plain

 

そんななかでピンときたのがツルビニカルプス属の「ミニムス」という北米産の小さなサボテン。しかも1000円という安さ。

f:id:mangokyoto:20170401161913j:plain

早速、翌週末に植えてみた。サイズのバランスも良い。これがさらに上方に伸びていってくれるのが狙い。

 

f:id:mangokyoto:20170401162041j:plain

内臓を苗床にして湧いて出た感が適度に出ているのではないか。

f:id:mangokyoto:20170401162106j:plain

もうひとつの閉じかけの団子虫はどうしようか。こちらには「緑蛇」を植えてみた。

f:id:mangokyoto:20170401172843j:plain

これもこれで悪くない。こんな冬虫夏草は実際にありそうだ。

 

f:id:mangokyoto:20170401172921j:plain

 

蝉の抜殻の続編として今回は団子虫を作った。さて、次回冬虫夏草シリーズは何にしようか。黄金虫か、芋虫か。兜虫を作りたいと思ったこともあったっけ。