上海人民広場 贅沢マッサージ「伊都按摩」

次回上海に来た際に有用な情報として書き留めておく。


毎朝片道50分かけてホテルからオフィスまでタクシーに乗り、1日に9つ会議が入り、それから会食。根暗で無口で引きこもり気質で皮肉な人間が快活で謙虚でヤル気のある前向き人間を演じなきゃならない。きつい。ありのままの自分を見せたら酷い事になることぐらいは人生で学んだ。儀礼として演じなければならない。


少しぐらい自分にご褒美をあげても良いだろう、と自分を甘やかす口実を見つけるのは得意だ。


盲人按摩に行きたかったが、行き方がよくわからなかったので人民広場駅の近くの「伊都按摩」へ。ここはガイドブックやネットにたくさん紹介されている店で、おそらく日本人御用達。市価よりはだいぶ高いのだろう。

f:id:mangokyoto:20170421004508j:plain

自分でローカル向けの店を開拓せずに、外国人観光客向けの店に安易に飛びつくのもひとつの堕落だろう。昔の自分では考えられなかった。

f:id:mangokyoto:20170421004713j:plain

値段は足裏マッサージ1時間、全身マッサージ1時間の合計2時間で310CNY(5,000円)。物価の高い上海といえどもマッサージは安く、質から比較すると日本の半値、三分の一と言える。


足裏マッサージ用の快適なソファと全身マッサージ用のベッドが置かれた個室に案内される。まずは寝間着のような按摩着に着替える。6種類ぐらいから選んだ生姜とレモンの茶を飲みながら按摩師を待つ。清潔で静かで快適至極。

f:id:mangokyoto:20170421004745j:plain

程よい熱さの足桶に脛まで足を浸しながら肩や背中を揉んでもらう。足を拭いた後はようわからんクリームを刷り込みながら本格的に足裏マッサージへと移行。痛すぎず、弱すぎず。

f:id:mangokyoto:20170421004830j:plain

タイ、フィリピン、中国、バリから欧州の高級スパまで幾度となく試してきたマッサージ好きの自分で言うのだから間違いない。伊都按摩の按摩師は上手だ。少なくとも、今日施術してくれた男性は合格点を軽く超えていった。


按摩師は男性に限る。女性だと指が細く点の刺激が強くなりがちだが、男性だと指の腹の面で押してくれる度合いが強く気持ちがよい。どうせ按摩されている間は大抵、目を瞑っているので綺麗な若いお姉さんに按摩されていると脳内補完置換できるぐらいにはなった。世界は実態がどうかよりも己がどう知覚するかなのだ、と偉い坊さまがどこかで言っていた。確かにその通りだろうが、このスキルを極めると相当な聖人かヤバいやつにしかならないだろうから按摩の時ぐらいにしか活用しないことにしている。


全身マッサージも、そこは強く押されると痛い、という点を痛くなる手前の絶妙さでじんわりと押す。相当気持ちが良い。探るように一二箇所押し、ここぞとばかりに押してもらいたい狭いツボをぐっと押してくると、「そこだよ、そこ。あんたわかってるじゃないか!」と心の内で叫びたくなる。通って指名したい。ホストクラブ通いする女性の気持ちはこんなだろうか。


他の店を開拓するのが面倒になった。もう、毎回ここでよい。しんどい上海出張にも来る楽しみができた。次回は会食を仮病でサボって、一人で伊都按摩にくるかもしれない。


JWマリオットからならばタクシーも拾いやすくて便利。VISAクレジットカード払いもできて安心。


住所上海市黄陂北路227号中区広場1階106単元
電話番号021-6386-3101,
営業時間10:00-翌1:00
休業日年中無休