読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活に溶けこむインドの動物達



f:id:mangokyoto:20170429013318j:plain

聖なるわけでも不浄なわけでもないから食用。

f:id:mangokyoto:20170429013408j:plain

f:id:mangokyoto:20170429013450j:plain

教会の下で眠る犬。

f:id:mangokyoto:20170429013248j:plain

 黄昏てみる犬。

f:id:mangokyoto:20170430021212j:plain

野良犬はやがて世界各国共通の型に辿り着いていく不思議。歪みが少ない平均に近い顔が美人の顔ならば、この野良犬の容姿こそが美しい犬の姿とも言えまいか。

 f:id:mangokyoto:20170502035443j:plain 

野良猫は野良犬に比べて少ない。ベジタリアンが多いインドでは動物性たんぱく質の含まれる残飯にありつけにくいので猫には不利なのだろうか。

f:id:mangokyoto:20170430020819j:plain

Holy COW!なんて叫ぶインド人はいまだ会っていない。

f:id:mangokyoto:20170430020920j:plain

 インド人の顔の違いより牛のほうが識別しやすいような気もする。

 

f:id:mangokyoto:20170430021044j:plain

 栗鼠が西瓜が好きとは知らなんだ。縞栗鼠だね。鎌倉の鶴岡八幡宮に住まう栗鼠は実は渡来の台湾栗鼠。こいつはどうだろう。


f:id:mangokyoto:20170430021126j:plain

何種類かのサルがいる。こちらの手長猿のほうが原始的な振る舞い。

 

 f:id:mangokyoto:20170502034143j:plain

ガジュマルの下で手下にノミをとってもらうのは極楽至極。

f:id:mangokyoto:20170502034225j:plain

おーそこそこ。人目も憚らず気持ち良さげ。

f:id:mangokyoto:20170502034301j:plain

あ。。。(目を逸らす子猿)


f:id:mangokyoto:20170502034439j:plain

最後の晩餐、一人で淋しくホテルで食事していたらフリーダがご一緒してくれるというから期待したらおまえかよ。何代目フリーダだよ。


f:id:mangokyoto:20170502034348j:plain

牛「ゴー ホーム!」


 インドは人と動物の距離が近い気がする。人の日常のすぐ脇に動物が暮らしているのだが、でも犬猫にすら名前は付けられていない。なんだか不思議。