読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

次回出張の為のムンバイ備忘録

ホテル送迎はとても高く3000INR近く取られる。PrePaidタクシーでも問題ない。

 

到着ロビー出口右手のPrePaidタクシーはエアコン無しで400INRだった。他は1000や1400と値段はバラバラ。

 

国内便に乗る際には必ず事前e-check inしておくこと。

 

市内移動はUberが圧倒的に便利。エアコンの効いた比較的新しい黄色のナンバープレートをつけた白いセダンで料金は決まっているし、回り道もしないし、タクシーよりも安い。値段交渉の煩わしさもないし、道がわからなくて目的地まで辿り着けないこともない。タクシーはメーターを使わずに割高固定料金で乗せようとしてくるし、到着後に高値で吹っかけてくる。行き先を知らなくて道を間違えたり、目的地周辺であたりのタクシーに道を聞いたりウロウロ迷ったりと非効率。

f:id:mangokyoto:20170502122222j:plain

ホテルからやインド人が一緒にいる際には会Uberが利用できるが、目的地から帰る際にUberが利用できない。会社携帯にアプリを入れるよう準備しておくべき。

 

調子に乗って辛い物は食べないように。赤いカレーが辛いとは限らない。気をつけるべきは黄色や緑のカレーに潜む緑の唐辛子。

f:id:mangokyoto:20170502122032j:plain

欧米人は辛さへの耐性が日本人以上にないのでビジネス会食はイタリアンが無難。リゾットはどこも比較的美味しい。

 

国内を旅をする時もトイレットペーパーを持参する必要はなかった。ホテルで必ず済ませるべし。

 

酷暑の中は水をこまめに飲み、昼御飯は慣れないものを口にするぐらいならビスケットや柿の種をつまんで凌いだほうが体調は管理しやすい。

 

現地の人と食事のご相伴にあずかり親交を深めるならば、腹痛に倒れても支障無いように国内旅行は出張日程の最後に組むべし。

f:id:mangokyoto:20170502122416j:plain

 

笛ラムネは最強。言葉が通じなくても伝わるし、子供と遊べるし、食べて消えるし、宗教上懸念もない。延泊して史跡観光するならばたくさん持っていくべし。

 

ムンバイ国際空港のGVKラウンジの食事はけっこう美味しい。外で食べるよりはラウンジで食べるべし。