高円寺の癒し「椿」

f:id:mangokyoto:20240209221144j:image

帰国したら食べたくなる大将が蕎麦を手打ちしている山形料理専門店。地酒も山形のもの。
f:id:mangokyoto:20240209221150j:image

お通しの玉子綴じも身体が温まる味。

f:id:mangokyoto:20240209221137j:image

この日は生牡蠣、牡蠣の酒蒸し、牡蠣の天麩羅と牡蠣尽くし。
f:id:mangokyoto:20240209221140j:image

ベニズワイ蟹コロッケも美味しい。
f:id:mangokyoto:20240209221153j:image
f:id:mangokyoto:20240209221147j:image

シメは無論、蕎麦。

 

しばらくはお酒を断とうと思っているのに来てしまった。高円寺になくてはならないお店の一つ。

作陶再始動

f:id:mangokyoto:20240210223813j:image

ようやく赤土4号が手に入った。鉢部分をマットな粉吹のような風合いにするには弁柄の入った鉄分多めの赤土でないといけない。
f:id:mangokyoto:20240210224046j:image

取り敢えずもりもり菊練りしていく。冬は粘土の水分が冷え切っており練るだけで手先の体温を奪われてかじかむ。
f:id:mangokyoto:20240210223816j:image

取り敢えず18鉢を水挽きした。全て大小さまざまに変化をつけている。半年ぶりだろうか。思い通りにいかなすぎてショック。こんなに私は下手だっただろうか。せめて毎週、毎月挽かないと上逹もしないし維持もできない。

 

さらに鉢に乗せるべく陶蟲を4体を使った。

ミカヅキツノゼミ

ヨツコブツノゼミ

ダンゴムシ上半身

ダンゴムシ半開仰向け

 

1日の作業としてはなかなか満足の出来高轆轤が下手だと飾り作業に時間がかかるけれども仕方がない。シアトル出張前に削りまで終わらせておきたい。

 

1ヶ月ぶりだが工房に引き篭もると良い気分転換になる。

白馬生活

f:id:mangokyoto:20240209221926j:image

白馬と東京に二拠点生活する友人宅に2泊3日で泊まりに行った。
f:id:mangokyoto:20240209221930j:image

家を出てすぐ田圃と白馬の山々の光景。空気は寒く凛として実に清々しい。
f:id:mangokyoto:20240209221903j:image

パグがめちゃカワイイ。12kgの重量級のおばあさま。
f:id:mangokyoto:20240209221906j:image

愛犬と共に岩岳に登った。肉付きの良いお婆ちゃまは寒さはさほど気にしないようだった。
f:id:mangokyoto:20240209221934j:image

氷を敷いて上を橇で滑られる遊具なんてのもある。さすが、氷だととんでもなく滑る。
f:id:mangokyoto:20240209221922j:image

五竜スキー場は上から下まで8kmノンストップで滑れるそうだ。
ガツガツ滑らないバケーションモードの欧米人、とくにオーストラリア人が多くて1000円のカレー屋とオシャレな3000円のカレーを出すカフェが混在する。なんだか上級市民と下級市民それぞれのレストランのように客層が分かれている。

フレンチアルプスと比べると3000円でも高くないし、せっかくの限られた時間ならよさそうな雰囲気の店を楽しみたいという感覚なのだろうな。私が何十年前にタイで相場1時間600円のタイマッサージ屋が溢れる中で2000円の生活で雰囲気の良いマッサージ屋に入った時のような感覚なのだろうな。
f:id:mangokyoto:20240209221937j:image

空が晴れ上がると素晴らしい光景が広がる。あいにくこの日は重たい雲が被さっていたが、瞬間、山肌が陽に照らされて素晴らしかった。
f:id:mangokyoto:20240209221919j:image

ニセコはオーストラリア人のリゾート地化したことで有名だが、ここ白馬も一泊何十万円の高級別荘を2週間や1ヶ月借りるような海外からの富裕層も多く、白馬の後に金沢や京都に抜けて行きたい人はニセコではなく白馬を選ぶらしい。
f:id:mangokyoto:20240209221916j:imagef:id:mangokyoto:20240209221912j:image

山頂のドッグパークは雪の中をボール拾いに夢中に駆け回る長毛の犬が沢山いた。

f:id:mangokyoto:20240209221909j:image

枝につく雪が美しい。

陶蟲夏草生産計画

群馬の蟲菓舗「灯螂舎」さん

6月出品分 7個のうち5個販売

1月追加納品 2個のうち1個初日販売

 

三重の植木鉢屋「HACHI8」さん

8月出品分 3個8月中に完売

手元に3個ほど納品準備ができている鉢がある。

 

博物雑貨屋「ウサギノネドコ」さん 京都店

オンライン 

12月1日出品分12月中に4個完売。

1月20日出品分4個のうち3個販売。

 

把握できているだけで昨年夏以降20個のうち16個、80%が売れていることになる。なおかつ13個が1週間~1ヶ月程で売れている。全て一点ものなので売れない作品はいつまで経っても売れない可能性があるが、単価2万円以上のけして安くはない商品の棚回転率としては悪くないのではないか。作品にそれなりの需要はあると言っても良いのかもしれない。もうすこし作品供給を増やしてもその分だけ売れそうな気はする。

 

ウサギノネドコ東京店で4ヶ月の企画展示がある。作品がない。開始時点で10個は必要。途中追加10個は備える必要があるか。せっかくの東京店では在廊販売して蟲、陶、植好きな人と話したい。

夏の博物フェスティバルに1日参加してみたい。抽選が通ったら10個は持っていきたい。何百とお店と他の作家さんの素晴らしい作品がある中で、限られた予算から2万円を即断即決で私の作品に割くのはかなりハードルが高いと思われる。作品を見てもらう、冬虫夏草の世界を知ってもらうことを目標にすべきかもしれない。

別の原宿の1ヶ月限定の展示販売に誘われていて参加することになったら集客はかなり多いと思われるので20個は仕込みたい。

群馬の蟲菓舗にシリーズ7個を追加したい気もするが完売してないから待ってもらうか。

これだけで57個か。夏の博物フェスティバルは即日販売なので10個はあまり売れない可能性も高いので残った分を次の原宿の企画で再度出せるかもしれない。

 

今のところ東京、群馬、三重、京都のお店に置かせてもらっている。福岡、札幌、仙台あたりに販売してもらえるお店を開拓してお店視察旅行したいと思っている。しかし供給する作品の生産力が全くついていかない。

f:id:mangokyoto:20240209222624j:image

生産計画

4月からの東京店展示販売用作品を10個3月中に急いで作る。

5月末までに追加納品10個を制作。

7月末までに20個を制作して博物フェスティバル用に出品、そして残りは原宿の1ヶ月展示販売にも回す。

8月以降に群馬の蟲菓舗と三重の植木鉢屋さんへの追加納品分を制作する。

冬にお誘い頂いた原宿の展示販売会に出品することにした。ウサギノネドコと博物フェスティバルから多少作品を持っていけることを想定。とはいえ新作を11月までにもう10個は作りたい。

 

ウサギノネドコオンライン店で予想外にタランチュラ鉢が残っている。自分の中でのお気に入り度は高いので8個のうちこれだけが残っているのが意外。このまま戻ってきてくれて構わないぞ。

 

白馬の白雪に白団子蟲鉢

f:id:mangokyoto:20240205143202j:image

長野のとある山頂の凍てついた世界。
f:id:mangokyoto:20240205143104j:image

フィルター編集することなくモノクロームの世界。
f:id:mangokyoto:20240205143054j:image

ここに福寿草や雪割草の鮮やかな花の色が挿さったら素敵なのではないか。
f:id:mangokyoto:20240205143057j:image

樹氷が美しい。
f:id:mangokyoto:20240205143050j:image

寒い。身が引き締まる。美しい。

地震 陶器

帰国したら、棚の上からいろいろ落ちていて破損していてショックだった。

f:id:mangokyoto:20240207193839j:image

こんなに細かく割れてくれるかよ。
f:id:mangokyoto:20240207193842j:image

能登地震九谷焼の窯元のことを思うと心が締め付けられる。制作途中でも完成品でもなかなかしんどい。

 

さあ、どうやって修復しようか。接着剤でつけて継ぎ目に金箔を貼ったなんちゃって金継ぎかな。

海外世界遺産行脚 100カ所達成

人生でこれまで訪ねたことのある海外の世界遺産をカウントしてみた。やはり独身時代にかなりの数を訪れて以降は出張時に延泊して訪れることが多かったのでフランス、中国、インド、ベトナムなどが多かった。2020年にインドのハンピ遺跡を旅する計画を立てていたのがコロナ禍に入ってすべてキャンセル。それ以降はしばらく空いてしまっていた。

1 ☆☆☆ イギリス ウェストミンスター宮殿ウェストミンスター大寺院及び聖マーガレット教会
2 イギリス ロンドン塔
3 ☆☆ スペイン コルドバ歴史地区
4 ☆☆☆ スペイン グラナダアルハンブラ、ヘネラリーフェ、アルバイシン地区
5 スペイン マドリードのエル・エスコリアル修道院とその遺跡
6 ☆☆ スペイン アントニ・ガウディの作品群
7 ☆☆ スペイン セゴビア旧市街とローマ水道
8 スペイン 古都トレド
9 スペイン バルセロナのカタルーニャ音楽堂とサン・パウ病院
10 フランス ヴェルサイユの宮殿と庭園
11 フランス ランスのノートル-ダム大聖堂、サン-レミ旧大修道院及びト宮殿
12 フランス セーヌ川
13 ベルギー ブリュッセルのグラン-プラス
14 ☆☆ ベルギー ブリュージュ歴史地区
15 ルクセンブルク ルクセンブルク市:その古い街並みと要塞群
16   ウクライナ リヴィフ歴史地区
17 ☆☆ エストニア タリン歴史地区(旧市街)
18 オランダ アムステルダムのディフェンス・ライン
19 ☆☆ チェコ プラハ歴史地区
20   ポーランド クラクフ歴史地区
21 ☆☆☆ ポーランド アウシュヴィッツ・ビルケナウ ナチスドイツの強制絶滅収容所(1940-1945)
22   ポーランド ワルシャワ歴史地区
23 ラトビア リガ歴史地区
24 イタリア ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂
25 ☆☆☆ イタリア フィレンツェ歴史地区
26 ☆☆ イタリア ヴェネツィアとその潟
27 イタリア ピサのドゥオモ広場
28 ☆☆☆ イタリア アッシージ、聖フランチェスコ聖堂と関連遺跡群
29 オーストリア シェーンブルン宮殿と庭園群
30 オーストリア ウィーン歴史地区
31   ギリシャ サモス島のピュタゴリオンとヘラ神殿
32 ☆☆☆ トルコ イスタンブール歴史地域
33 トルコ ギョレメ国立公園カッパドキアの岩窟群
34 トルコ ヒエラポリス-パムッカレ
35   トルコ サフランボル市街
36   トルコ トロイの古代遺跡
37 バチカン ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂
38 ☆☆ バチカン バチカン市国
39 ☆☆ ハンガリー ドナウ河岸、ブダ城地区及びアンドラーシ通りを含むブダペスト
40 ルーマニア ドナウ・デルタ
41 ルーマニア ホレズ修道院
42 ルーマニア シギショアラ歴史地区
43 ☆☆ エジプト メンフィスとその墓地遺跡-ギーザからダハシュールまでのピラミッド地帯
44 エジプト 古代都市テーベとその墓地遺跡
45 エジプト カイロ歴史地区
46 ☆☆☆ ロッコ フェス旧市街
47 ☆☆ ロッコ マラケシ旧市街
48 ロッコ アイット-ベン-ハドゥの集落
49 インド アーグラ城塞
50 ☆☆ インド タージ・マハル
51 インド サーンチーの仏教建造物群
52 インド デリーのフマユーン廟
53   インド デリーのクトゥブ・ミナールとその建造物群
54 インド レッド・フォートの建造物群
55 ☆☆☆ インド ファティープル・シークリー
56   インド チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅
57   インド ビームベートカーの岩陰遺跡
58 シリア 古都ダマスクス
59 ☆☆ シリア パルミラの遺跡
60 ☆☆ シリア 古都アレッポ
61 ☆☆ ヨルダン ペトラ
62 ☆☆ インドネシア バリ州の文化的景観:トリ・ヒタ・カラナ哲学に基づくスバック灌漑システム
63 ☆☆☆ カンボジア アンコール
64 ☆☆☆ タイ 古代都市スコタイと周辺の古代都市群
65 タイ 古都アユタヤ
66 韓国 昌徳宮
67 中国 万里の長城
68 中国 北京と瀋陽の明・清朝の皇宮群
69 ☆☆☆ 中国 天壇:北京の皇帝の廟壇
70 中国 蘇州古典園林
71 中国 マカオ歴史地区
72 フィリピン フィリピンのバロック様式教会群
73 フィリピン プエルト-プリンセサ地下河川国立公園
74 ☆☆ オーストラリア グレート・バリア・リーフ
75 ☆☆ オーストラリア ウルル-カタ・ジュタ国立公園
76   オーストラリア 王立展示館とカールトン庭園
77   オーストラリア シドニー・オペラハウス
78   オーストラリア オーストラリア囚人遺跡群
79 オーストラリア グレーター・ブルー・マウンテンズ地域
80 アメリ グランド・キャニオン国立公園
81 アメリ ハワイ火山国立公園
82 メキシコ メキシコ・シティ歴史地区とソチミルコ
83 ☆☆ メキシコ 古代都市テオティワカン
84 ☆☆☆ メキシコ 古都グアナフアトとその銀鉱群
85 メキシコ グアダラハラオスピシオ・カバーニャス
86 ☆☆ アルゼンチン イグアス国立公園
87 ☆☆ ブラジル 古都オウロ・プレト
88 フランス ボルドー 月の港
89 ☆☆ フランス ストラスブールのグラン・ディル
90 ☆☆ インド エローラ石窟群
91 ☆☆☆ インド アジャンタ石窟群
92 ☆☆ インド ラージャスターンの丘陵城塞群
93 インド ジャイプルのジャンタル・マンタル
94 フランス シャンパーニュの丘陵・家屋・地下貯蔵庫群
95 ☆☆ フランス シュリー=シュル=ロワールとシャロンヌ間のロワール渓谷
96 フランス 中世市場都市プロヴァン
97 中国 杭州西湖の文化的景観
98 ベトナム フエの建造物群
99 ☆☆ ベトナム

古都ホイアン

そして栄えある記念すべき100か所目はスペインの「歴史的城壁都市クエンカ」となった。

f:id:mangokyoto:20240202104618j:image
f:id:mangokyoto:20240202104621j:image