身体は壊れるらしい

無職期間を超えて6月から働き始めた。それが思ったよりも忙しくて朝起きて犬の散歩をして着替えたら出社、帰宅したら1人ご飯を食べてシャワーを浴びて着替えて寝る生活。

f:id:mangokyoto:20220702152012j:image

そうしたら、1ヶ月して突如身体にガタがきた。起き上がれなくなった。首から背中に激痛が走って寝返りをうつことができなくなった。仰向けに寝た状態から頭を持ち上げることができない。痛さに身を捩りながら天井を睨みつける。やってしまった。

 

労働時間そのものではないのだろうな。新しい職場、全く異なる業種、異なる専門用語、異なるシステム。右も左もわからず、どの程度の時間でタスクが終わるかも予測がつかず、心配事は尽きず、ストレスで硬直した肩のまま前屈みで長時間座っていたせいで頚椎をやってしまったらしい。

 

これまでは殆どのメールは英語で書いていた。それが馬鹿丁寧な日本語のメールを書くようになった。「平仄を合わせて」なんて日本語を初めて知った。些細なことも新しい。

 

レントゲン写真を前に「ほらね、ここが。、」と先生が指を差した。悪い姿勢で、ストレスで血流も悪くなって、第五、第六頚椎の神経が圧迫されて引っ張られてるんだろね、と。筋弛緩薬やら鎮痛剤やらをもらって帰った。週末が台無しだ。

f:id:mangokyoto:20220702152015j:image

このぐらいの働き方でガタがくるとは。身体のメンテナンスを欠かさずに働くペースをコントロールしないといけない。深酒を飲んだり変な姿勢で寝たりも慎まなけばならない。ようは歳をとったのだ。

 

紫陽花の全盛期の美しさも良いけれども、盛りを過ぎ、花も色が抜け緑に戻りつつある枯れの滋味溢れる美しさ。そういうのを発揮すべきライフステージにいるのだ、きっと。健康で痛みのない状態は当たり前ではなくなっていく。

ギムノカリキウム「獅子王丸」の開花が愛でられない。

f:id:mangokyoto:20220604134841j:image

今年も花芽が元気に膨らんだギムノカリキウム「獅子王丸」
f:id:mangokyoto:20220604134852j:image

鉢との相性も良いと思っている。
f:id:mangokyoto:20220604134844j:image
f:id:mangokyoto:20220604134838j:image
さあ、咲いてくれ。
f:id:mangokyoto:20220604134850j:image

株とさほど変わらない太さの鉢に植え、サボテンが球から柱へと育っていく。完成形は鉢と柱の長さが半々になった姿なのだがそれを拝めるのは20年後か30年後か。気の長い話だ。それまでに枯らさないように気をつけないといけないので出来る限り頑健な品種を選んだ。

f:id:mangokyoto:20220618174226j:image

悲しいことに無職の期間が終わり新参者としては花の開く前に出社し、日が暮れてから帰るので昼間の姿を見られないことに気づいた。
f:id:mangokyoto:20220618174221j:image

確かに昼間には咲いているだろうに。

 

浮遊するハオルチア「瑠璃殿」

f:id:mangokyoto:20220618184437j:image

不思議ではないだろうか。浮いているように見えないだろうか。実際浮かせている。
f:id:mangokyoto:20220618184432j:image

京都時代に作った鉢だと思うが、作った当初は気に入らず庭先に転がされていたのだがしばらく経つと面白みを感じるようになった鉢。信楽白土で作り伊羅保を流しかけて横倒しに焼成したのだと思う。
f:id:mangokyoto:20220618184442j:image

瑠璃殿は風車のように幾何学的に渦巻き状に育つ葉が面白い。
f:id:mangokyoto:20220618184447j:image

子株も地中からポコポコと湧き出てきた。そろそろどれかを切り離しても良いかもしれない。

 

ふと気に留めた鉢が思わぬ成長をしていると嬉しい。

 

 

6月初旬の緑道

月曜日か。月曜日は気が重いが6月は花があちこちで咲いて目を楽しませてくれるのが救い。

f:id:mangokyoto:20220613002858j:image

青い。
f:id:mangokyoto:20220613003028j:image

徳川将軍家のやつだね。
f:id:mangokyoto:20220613003035j:image

クレマチスが星のように咲いている。
f:id:mangokyoto:20220613003030j:image

葱の臭さ、ギガンチウム。ドライフラワーにはならないことがわかった。
f:id:mangokyoto:20220613003025j:image

これほど花を咲かせ続ける多肉植物もないというぐらいの松葉菊。
f:id:mangokyoto:20220613003033j:image

f:id:mangokyoto:20220613002856j:image

なんだろう。怪しげな催眠をかけてくるよう。
f:id:mangokyoto:20220613002901j:image
f:id:mangokyoto:20220613002853j:image
知らない花が多い。

f:id:mangokyoto:20220618183815j:image

半夏生
f:id:mangokyoto:20220618183825j:image

食べれるのだろうか。ナスタチウム
f:id:mangokyoto:20220618183818j:image
f:id:mangokyoto:20220618183810j:image

ギボウシの爽やかな紫の花に夢中な熊蜂。
f:id:mangokyoto:20220618183821j:image

もうひたむきに花粉まみれになって花の奥へと突撃を繰り返す。この姿勢を少し見習わないとな。

 

鉢作家さんとの物々交換

Instagramを始めて良かったこと。それは作品を購入したいという引き合いが6件ほど来たこと。私は自分が欲しいものが売っていないから作っており、小遣い稼ぎで販売目的に作っているわけではない。なのでお伝えしている「譲っても良いですよ」価格は安くはない。それぐらい払っても欲しいぐらい私の鉢を気に入ってくれる人には譲ります価格だ。

 

だから「趣味の素人作家がえらく強気な値段だな」「そんな値段なら買わないよ」と少し気分を害している人もいるのだと思う。申し訳ない。既に所有している私物を手放す際にはそのモノへの評価が高くなる心理バイアスが人間にはあるのだ。自分が欲しくて時間をかけて作っているならばなおさら。

f:id:mangokyoto:20220614081429j:image

強気に思われる値段を伝えても、それでも欲しいと言ってくださる人が何人かいる。そのうちの1人にこの蝉幼虫陶蟲夏草鉢をお譲りすることにした。「一点一点造形しているからけして高いとは思わない。むしろかなり安いのでは」と言ってくれている。多肉植物は抜いてからの状態で鉢だけ送って欲しいとのこと。
f:id:mangokyoto:20220614081438j:image

相手がプラスチックの造形鉢を製造販売しているお店の方だったので主力としているディッキアを植えて私の伝えていた金額と同等ぐらいの商品と物々交換したいと伝えた。繰り返すが自分の作品を積極的に現金化したいわけではないので、現金が届くよりモノづくりしているもの同士、相手の制作物をもらえる方が嬉しい。
f:id:mangokyoto:20220614081434j:image

そして届いたのがこちら。初めてのディッキアというパイナップル科の植物。サボテンや多肉植物ではないが乾燥にえらく強いので一緒に育てやすい。なんだか巨大なハオルチアやアロエのようなものか。
f:id:mangokyoto:20220614081441j:image

Dyckia Delicata Pink&Gold(ディッキアデリカータピンク&ゴールド)という園芸品種だそうだ。
f:id:mangokyoto:20220614081420j:image

私の好みを察して最も百足のような蟲っぽい株を選んでくださったとのこと。確かに中心から八方に飛び出す百足蟲のようだ。
f:id:mangokyoto:20220614081445j:image

鉢も素晴らしい。最近は3Dプリントのプラスチック鉢が増えていて人気だ。しかし私はあの積層痕が好きになれない。形は個性的なれど工業製品と化してしまっているように思う。

こちらのプラ鉢は塊から造形するらしくて無論積層痕はない。しかも釉垂れした様を見事に表現していて、かつ素地と釉垂れの表面の質感が異なっている。作陶する者としてはなんとも嬉しいプラスチック鉢だ。ちなみにサボテンを育てるならば温まりやすく排水性に優れたプラスチック鉢が最適だ。施釉した陶器鉢よりも。
f:id:mangokyoto:20220614081425j:image

ディッキア、そして一体成形プラスチック鉢の魅力的な世界へと案内してくれたD.I.P.fukuokaさんには感謝感激。それぞれ得意分野が異なりつつも植物を愛する共通点で作品交換をするのはなんとも楽しい。等価交換という原則上、自分の作品の他者評価が上がればより良いモノと交換できるというのも励みになる。

 

私の趣味を理解しない妻は、「せっかく陶器鉢を減らしても代わりにプラスチック鉢をもらうとか意味がわかりません。次回からは現金とか美味しいお菓子と交換して下さい」とのこと。わかってない。

 

 

冬虫夏草界の空也上人

f:id:mangokyoto:20220527131434j:image

だいぶクラッスラ「玉稚児」が育ってきた。
f:id:mangokyoto:20220527131428j:image

団子虫らしい黒い甲殻の陶蟲夏草鉢で気に入っている。
f:id:mangokyoto:20220527131413j:image

実はこの陶鉢は西国三十三カ寺巡礼のひとつ六波羅密寺にある空也上人像に触発されて作っている。
f:id:mangokyoto:20220527131423j:image

全く似ていないけれども、団子虫を苗床に何本も枝分かれして天に向かって生える多肉植物の姿が空也上人の内側から口に出た阿弥陀仏のように育ってくれないかと思っていた。残念ながら玉稚児は自重で垂れ下がってしまって空也上人の念仏のように水平には伸びてくれなかった。それでも団子虫が腑を苗床に絞り出すように多肉植物を育んでいるようで気に入っている。
f:id:mangokyoto:20220527131420j:image

実物の団子虫に寄せた黒メタリックな陶肌。直射日光を浴びると少し金色が差す。
f:id:mangokyoto:20220527131417j:image

これはこれで有りだと思っている。
f:id:mangokyoto:20220527131431j:image

玉稚児が触手のように動き、花を咲かせ、枯れる。

 

寺社仏閣を訪ねることが多かった5月。陶蟲夏草で立体曼荼羅を作ってみようかと壮大な構想を描いてみたり、まずは福禄龍神木を仏に見立てた植木鉢を試作してみようと思ったり。

琴爪菊の開花と展望。

f:id:mangokyoto:20220513175001j:image

無事に琴爪菊が咲き始めてくれたけれども形がなんともよろしくない。横から見て後頭部に日が当たるように置いてしまっていたからだ。

f:id:mangokyoto:20220520092914j:image

薄桃色の花を咲かせる多肉植物は少なくないだろうか。薄い緑と薄桃色の花の組み合わせもなかなか良いものだ。

これも顔の正面から日が当たるように育てていれば花も正面を向いて咲いてくれただろうに。

f:id:mangokyoto:20220520093000j:image

不恰好だ。なんとかしたい。鉢を立てて正面から日が当たるように育てたら2年後ぐらいに見応えのある株になってくれるような気がする。
f:id:mangokyoto:20220520092858j:image

盆栽と一緒か。気を長くして待たないといけない。

f:id:mangokyoto:20220520092846j:image

うまく枝を整えられれば春らしい桃色と薄緑の爽やかな鉢になってくれそうに思う。


f:id:mangokyoto:20220513175006j:image

触手のように光を求める花穂もある。
f:id:mangokyoto:20220513174958j:image

これこそ1朶、2朶と数えるべきなのだろうね。
f:id:mangokyoto:20220513175004j:image

ようわからん芸術。欲しいところに枝が行かないもどかしさを愉しむ。