高円寺にスチームパンク愛好者の聖地的店を発見「レヴェリー エンポリウム」

  • スチームパンクをテーマにしたプロショップ
  • 計測機やパイプ、雑貨が充実。
  • ドレスやパンツ、帽子、ゴーグル、アクセサリーなども1点ものばかり
  • 単なる海外からの持ち込みではなく、和柄や着物を取り込んだり和スチームパンクなどの個性的なアレンジ
  • 店長が自分でも制作しているので知識豊富。
  • 本格的な店なのに素人にも優しい接客。
  • 隣のカフェに珈琲やケーキを注文してこの濃厚空間で頂ける。
  • 英語対応可能。外国人を連れてきても良さそう。
  • 店長がイケメン。衣装がすごい。写真映えする。
  • ネット販売もしている。現物を見て、後でネット注文するのも可。http://reverieemp.base.shop
  • 作家さんにオーダーメイドも可能
  • 値段は良心的だと思う
  • #船長のお店

 

なんだか全身が正月休みの終わりを受け入れられないでいる最終日曜日。ギックリ腰とともにどこかに消えてしまった労働意欲を励起させるべく高円寺を徘徊パトロールした。

f:id:mangokyoto:20200105150444j:plain

高円寺駅に近い長仙寺も正月の装いで門松が飾られている。

f:id:mangokyoto:20200105150605j:plain

いつ観てもここの鬼瓦は迫力がある。左側は口を閉じていて左右の対で阿吽形となっているのだが、やはり阿形は夜に光る歯が怖い。ここ以外に般若の鬼瓦を知らない。

f:id:mangokyoto:20200105111559j:plain

チーズ喫茶「吾輩ハ山羊デアル」の看板山羊。ヤフーショッピングで8200円で同じものが売られている。こんな立派で大きいのに安いな。

f:id:mangokyoto:20200105120444j:plain

高円寺らしからぬ高貴な紋章を掲げた店があったり、

f:id:mangokyoto:20200105121059j:plain

シャッターが閉まっている間は関わってくるなと言わんばかりの緩いイラストが描かれただけの古着屋があったり。高円寺は地方出身の独身者が多いといわれており帰省している人が多いからか、年末年始は至って静かだ。

 

イラン人の親父が作る名物ラーメン屋「BiaBia」が年末に閉店していた。「Meat Market」という焼肉屋も閉店して「東京のへそ」という居酒屋になっていた。目を配ると店がひっそりと消え、新しい店ができている。南大通には「itoma morning&night」という地中海料理屋ができていた。8:00〜11:00, 18:00〜23:00という昼をやらない代わりに朝をやる変則営業時間。朝の競合は少ないし、だらだら11:00〜18:00まで開けるよりも効率は良いのかもしれない。

 

流れに流れて、ルック商店街の郵便局の近く、「マッチングモヲル」というカフェの向かいに知らない店があることを発見。

f:id:mangokyoto:20200105125042j:plain

この標識が目印。これがなければ知ることはなかったと思うし、これを見て路地に入ったアパートの3階まで足を運ぶ人がどれだけいるのだろうか。高円寺の真価は路地裏と二階にあるのだぞ、と声高に言いたい。

f:id:mangokyoto:20200105124930j:plain

てっきり前衛喫茶「マッチングモヲル」が変わったのかと思ったが、その向かいに新たに2019年4月にできた店だそうだ。鉄製の昭和な集合住宅にありがちな金属ドアを開けると濃厚な空間が広がる。

 

なんでも「Reverie Emporium(レヴェリー エンポリウム)」はスチームパンク専門店だそうだ。スチームパンクと聞けば大友克洋のアニメ映画「スチームボーイ」を思い出す。そしてなんといっても2020年の東京オリンピックを1982年時点で予言していた「AKIRA」を思い出す。また観たい。

f:id:mangokyoto:20200105122602j:plain

見よ、この世界観と作り込み。素晴らしいね。しかもマッチングモヲルにコーヒーやケーキを注文してこちらで頂くことも可能らしい。スチームパンク愛好者には夢のようなカフェ。

 

黒いシャカパンに黒ダウンジャケットのファッション性ゼロのおっさんの入店は場違いに思えたが、とてもフレンドリーなオーナー店長が気さくに迎え入れてくれた。嬉しい。

f:id:mangokyoto:20200105122623j:plain

パイプ、計測機の造形美。ファッションに興味はないけれども、雑貨やインテリアは好きだ。メカニカルパーツとか最高。

f:id:mangokyoto:20200105122638j:plain

オーナーが自ら組んだモノらしい。しかも、どれでも売物で買うならば外してくれるそうな。値段も数千円ととてもリーズナブル。

店内装飾は全てオーナーの手によるモノで、レザーや溶接した雑貨などの商品もオーナーの手によるモノらしい。

f:id:mangokyoto:20200105122659j:plain

新品の真鍮性のガスメーターも売られていた。そのうち、金属製のガス管でパイプシェルフを作りたいと思っている。そこにこの真鍮のメーターを付けられたらカッコいいに違いない。中のピンを抜いて、時計のユニットに入れ替えてスチームパンク風時計にする案なんかも提案してくれた。

 

バルコニーの多肉植物棚に改造した温度計と湿度計をパイプに連結して取り付けられたら実用的で最高だな。要検討。

 

600番のヤスリで表面を磨いた後に自動車の塗装用のプライマーを塗ると塗料のノリが良いだとか、実践的な助言を沢山くれる。オーナーがガチで物作りもされていることが伝わってくる。


f:id:mangokyoto:20200105122921j:plain

山羊の頭に乗せようと思って探していたLED裸電球が見つかった。同じモノはAmazonでも買えるが、ここに買いに来ることにしよう。近所の商店街で可能な限り買い物をしてお金を落とすようにしたい。そうすることが多様性と面白みのある店を残す1番の道だから。

 

f:id:mangokyoto:20200105123632j:plain

もちろん、パイプやメーターだけでなく服も沢山。コルセットやゴーグル、ガスマスク、仮面などスチームパンクコスプレ趣味のある人にはたまらない専門店なのだと思う。

f:id:mangokyoto:20200106160539j:plain

誰もがしっかりとした造りの一点ものに見える。

 

f:id:mangokyoto:20200106160554j:plain

単なる海外からの文化の持ち込みではなく、スリットの間に和柄が覗いたりと和風アレンジされたスチームパンク。しかもオーナーは英語対応も可能なようだ。どう認知されるかが勝負かね。

 

f:id:mangokyoto:20200106160611j:plain

上記三枚はネットショッブから拝借。

http://reverieemp.base.shop

 

しかもオーナーさんがえらく男前で、ジャニーズにいそうな顔立ち。それが綺麗で清潔なジャックスパロウみたいな豪華な格好をしている。一緒に記念撮影してほしいと言えば気軽に応じてくれそうな人だ。違う日にいけば違う格好をしているのかもしれない。

 

f:id:mangokyoto:20200105124110j:plain

映画の世界から出てきたよう。どれもこれもジョニーデップに似合いそうな勝手なイメージ。シザーハンズの。

 

f:id:mangokyoto:20200105123616j:plain

これぞ、高円寺という店だ。ノーモア・タピオカ店。こういう個性の光る店が増えてほしい。

「Reverie Emporium」

火曜定休日13:00〜21:00

金、土曜は13:00〜23:00

 

ちなみにここで珈琲やケーキを頂きたいならマッチングモヲルの営業時間は月火定休日の14:00〜22:00なので水〜日の14:00〜21:00がオススメということになる。