子供たちに全霊で尽くした後に、居間の壁に蹴って穴を空けられる悲劇

 

東京は8月一杯まで緊急事態宣言は延長だそうだ。2021年の子供たちの夏休みもコロナ禍に没したまま過ぎてしまうようだ。

 

川遊びして水を掛け合って

川で西瓜を冷やして食べて

滝に打たれて渓流を探検して

子供達に虹鱒を釣ってもらって

晩御飯に自分の釣った虹鱒を美味しく調理して食べて

しっかり期待と感謝の言葉をかけつつ役割分担して

責任感を持ってテント設営や焚火台設営に協力してもらい

監視の元、好きなように好きなだけ薪を火にくべさせて

森林浴しながら草鞋カツ丼を食べて

3人乗り自転車で叫びながら走り回って

虫取り網と虫籠を一人づつ与えて

汗だくになって四つん這いになって倒木の下を潜ったりしながら昆虫を捕まえて

ミヤマクワガタの飼育環境を調べて用意して

自宅中庭でBBQしたりマシュマロ焼いたり

朝7時半に家を出て金魚釣りに行ったり

 

自宅最寄りのスーパーで買い出しは全て済ませ、可能な限り人と接することのない場所を探し、レンタカーやキャンプ場、民宿を予約して、暇せずに過ごせるプランをあれこれ考えて、帰った後はテントを干したりグランドマットを洗ったり。全体として嫌いではないからやってるけれども楽ではない。

 

 

コロナのせいで2021年の夏休みは何も思い出に残る楽しいことがなかった。そうなってしまうとあまりに不憫だし大声ではしゃいで野山を走るのは幼少の数年間しかない。私が考えられる小学生低学年の男児が楽しいであろうことをあれこれ考えて実行した。子供たちはハイテンションでまた行きたい、また行きたいと大喜びだった。

 

なのにだ。

 

翌日に派手に兄弟喧嘩をし、弟は一日中拗ねて泣き喚いて挙句の果てにリビングの壁を蹴って穴を空けた。おいおい。皿を割ったぐらいならまだしも、壁に穴を空けてくれるとは。幅10㎝、高さ4㎝程だが放置するには目立つ穴だ。おそらく壁紙の下の石膏ボードも割れているのだろう。

f:id:mangokyoto:20210802203431j:plain

 

小学生低学年でも穴は開けられるのだな。小学生低学年でこれなのだから中学生になって本気喧嘩をされたら家は確実に破壊される。そういや、私も兄と喧嘩して階段の壁に穴が空いたっけ。私と兄のどちらが開けたのかは覚えていない。

 

ハイテンションで遊びつくしたので疲れが溜まっていたのかもしれない。まだ自分のそういうコンディションを自覚してコントロールできるような年でもない。あまり咎めるべきではないと思いながらも、こちらも一気に体から力が抜ける思いだ。

 

しっかり遊んだらしっかり休んでリセットしないと。良き父たらんと頑張った先の壁の穴。努力は常に報われなくともし続けることが美しい。きっと。

ミヤマクワガタという難物飼育種の学び

灯火採集でこの手で捕まえる機会には恵まれなかったが、交尾済みのメスのミヤマクワガタを2匹頂いた。深い山に住むというので深山鍬形(ミヤマクワガタ)と呼ばれる。深い山とはどういうことかというと標高が高く寒冷な地に生息しているということ。

 

ミヤマクワガタの飼育温度

飼育 20℃前後。上限26℃。

産卵 18〜21℃。上限25℃。

幼虫飼育 16〜20℃

湿度50度以上。60〜80が望ましい。

参考までにノコギリクワガタの飼育適温は25〜28℃。こちらは涼しい部屋での常温管理で十分。

 

なんと常に26℃を超えるようだと衰弱死するそうだ。クールビズのオフィスにおけるクーラー推奨温度28℃ですでに超過。東京23区内で26℃以下を常に維持しないといけないというのは実はかなり難易度が高いことに気づいた。26℃は正直、体調を崩すくらいに冷房が効いた状態だしその環境を夏の間中続けるとなると冷房代も恐ろしい。

 

こうなると旅行中に死なさずに、かつエアコンをつけっぱなしにすることも避けるならば小型冷温庫を買うしかない。ネットで探すと温度調整できるものは1万円以上する。交尾済みのミヤマクワガタのメス2匹を持ち帰りながら金を惜しんで死なすなんてことが子供への教育上、許されるのか。なんてこった。迂闊に難易度の高いものに手を出してしまったらしい。

f:id:mangokyoto:20210801134910j:plain


300円の縦長のプラ容器にクワガタ用の朽木を粉砕して発酵させたマットと水に3時間浸して1晩陰干しした朽木を2本埋めた。それを冷温庫に収めると丁度良くはまってくれた。子供がちょくちょく開けるのでそれで通気も図れる。

f:id:mangokyoto:20210801134919j:plain

外気温32℃、庫内温度23℃。普段、見ることができなくなってしまったが夜行性な彼らはどうせ昼間は殆ど地中に隠れてしまうことも知った。私が子供のころはさほどマットも敷かず、地中に隠れられないような状態だったので1か月程度で死なせてしまっていたように思う。

 

飼育土

木を粉末状に粉砕されたもので幼虫の餌にもなる。発酵の度合いや樹種でクワガタ用やカブトムシ用など種類がある。

産卵に使ったものを最後半年まで使う。発酵マットや菌糸マットは半年以降、徐々に混ぜていく。

水を加えて団子状になるぐらいしめらせてから飼育ケースに突き詰めながら入れていく。

ミヤマクワガタの場合最初から栄養価が高すぎるマットだとうまく育たないそうだ。ここもノコギリクワガタの飼育方法と異なる。

 

産卵環境

カブトムシはマットの中に産卵し、幼虫はマットを食べて育つ。それに対してクワガタムシは朽木が必要となる。朽木を水につけてから日陰干しし、表皮を剥いでからマットの中に設置してあげると、朽木に産卵して孵化した幼虫は朽木を食べて育つ。

ミヤマクワガタは単なる朽木ではなく腐った朽木でないといけないと書かれたサイトもあったがそんなものはないので通常の朽木を使ってみる。

産卵までたどり着いたならばくぬぎマットを突き詰め、菌糸と混ぜたビンで飼育してみたい。菌糸ビンそのままでは栄養価が高すぎてミヤマクワガタは上手く育たないとのこと。

https://stag.tsukiyono.co.jp/products/detail/66

 

 

そして最後に夢のある話。ミヤマクワガタは75mmを超える個体は1万円以上で売れるらしい。さらに78mmを超えると20万円以上の値がつくらしい。

 

取り敢えずミヤマクワガタ型の陶蟲夏草鉢も作ろうか。

秩父ミューズパーク

秩父ミューズパークというところに立ち寄った。

 

  • 3人乗り、2人乗りなどの変形自転車レンタルが小学生低学年には楽しい。
  • レストラン、温泉も併設。
  • 小学生4年以上ならばフィールドアスレチック、さらにはゴーカートなどもある。
  • テントサイトもある。宿泊以外にもアクティビティがたくさん。
  • イチゴ狩りやさくら湖や長泉院などの桜観光、あるいは長瀞川下りなどと合わせても良いかも。
  • 秩父は妻も一緒に部屋付き露天風呂の温泉宿を目当てにここ数年ほど毎年来ているが、たまにはキャンプ泊も良いかもしれない。

 

f:id:mangokyoto:20210728152907j:plain

広大な敷地の一画にPICAが運営するキャンプ場、コテージ群、そして森のレストランがある。

f:id:mangokyoto:20210728152824j:plain

巨大な窓の前には林間のコテージがあり、緑がなんとも美しい。

 

f:id:mangokyoto:20210728152955j:plain

 

f:id:mangokyoto:20210728153110j:plain

秩父といえば草鞋かつ丼

 

 

f:id:mangokyoto:20210728153710j:plain

2時間1000円で借りた3人乗り自転車。汗だくになって漕いだ。車に乗っている時間が長くなりがちなので、体を動かしてくれるのは良い。坂道は下りがなかなかスピードが出る。路面電車のようなものも走っている。

f:id:mangokyoto:20210728153545j:plain

よく分からないがフォトジェニックなスポット。

f:id:mangokyoto:20210728153448j:plain

そして空に突き出た展望台。

 

f:id:mangokyoto:20210728153226j:plain

高い空、立体的な夏の雲、ピラミッドのように段々に削られた武甲山秩父の象徴的な郷土の山でありながら石灰岩採掘の為に毎年削り取られているという風変わりな山。日本屈指の石灰岩の大鉱床で近代化と経済発展の為に消費されている山体でもある。

印象に残る眺めだった。

秩父の茅葺古民家民宿「すぎのこ」に泊まって昆虫採集

 東京檜原村での川沿いキャンプから1日空いて秩父へ。子供達を外に連れ出して疲れさせるのが目的化している。

 

  • 茅葺古民家に泊まれる
  • 天候が良ければミヤマクワガタの灯火採集に参加できる(予約制)
  • 灯火採集ができなくても天気が持てばカブトムシやクワガタムシ採集ができる
  • 家族風呂が2つ。緩和性弱アルカリ鉱泉の檜風呂。
  • 冷房はない。自販機もない。8月は寝苦しい。部屋に鍵はかけられない。隣室の声は聞こえる。そういうのが気にならない人向け。

 

f:id:mangokyoto:20210728213425j:plain

着いた。立派な茅葺の建物があった。

f:id:mangokyoto:20210728213324j:plain

 

犬小屋です。主人が1日で葺いたそうな。

f:id:mangokyoto:20210728213550j:plain

14:30に着いたら15:00のチェックインにはまだ早いものの部屋へと通してくださった。とても綺麗にされている昔からの日本家屋で移築したわけでもなく昔からここにある建物のようだ。

 

f:id:mangokyoto:20210728214412j:plain

さすがに旧式電話機はもう機能してないようだが。トイレは洋式が4つ。

 

f:id:mangokyoto:20210728215620j:plain

昔の蔵にあるような傾斜のきつい階段。これを登った2階の部屋に通して頂いた。

 

f:id:mangokyoto:20210728213643j:plain

20畳の大部屋と12畳の部屋がある。

f:id:mangokyoto:20210728214333j:plain

もう風呂も沸いているというので早速、お風呂を頂いた。全く期待していなかったのだが緩和性弱アルカリ鉱泉だそうで、もしかしたら温泉とまで言えないが温度の低い鉱泉を沸かしてくださっているのかもしれない。

f:id:mangokyoto:20210728214300j:plain

丸いレトロタイルに檜風呂。窓を開けると風が入ってきて、ああこれは時折り出くわす最高な湯温と外気のバランス状態だと感じた。

子供達はまずは持参したドラえもんの漫画本を読んで寛ぐというので父一人でゆっくりと風呂を堪能させてもらった。漫画本、ありがとう。

 

f:id:mangokyoto:20210728220216j:plain

少し早いが17時から部屋で夕食。ちゃぶ台一杯にお皿が並ぶ。トマトと胡瓜の浅漬け、豚の味噌焼き、唐揚げ、山芋、風呂吹き大根、卵スープなどなど。

f:id:mangokyoto:20210728214847j:plain

山女の甘露煮が美味しかった。

 

民宿「すぎのこ」の夏のウリは夜の昆虫採集プランがついていること。もちろん、全く採れないこともあるらしいが、確率の高い場所に宿の人が案内してくれる。これを目当てに宿泊する人も多いのではないだろうか。

 

本来ならばかなり山の上の方まで登って灯火採集でミヤマクワガタを取りに行く予定だったのだが、不幸なことに台風の影響で雨が降る確率が高いので、山には登らず河原の方に下ってカブトムシやノコギリクワガタを捕る計画に変更となった。

f:id:mangokyoto:20210728214935j:plain

河原と言っても川は見えない林というか藪の中をひたすら歩いた。時に斜面に足をとられたり、倒木のしたを四つん這いになってくぐったり、汗だくだく。昨晩に急いで虫取り網を買いに走った努力が報われた。

大きな湾曲した顎をもつ立派なノコギリクワガタのオスを1匹、少し若い細身の顎のノコギリクワガタを1匹。そしてカブトムシのオスメス1匹づつにミヤマカミキリを1匹捕まえることができた。なかなかの収穫ではなかろうか。宿泊客が3組参加したのだが、他の参加者は宿の主人が見つけたものをもらっていたが私たちは自ら見つけて捕まえたものが全てだ。おかげで今のところ、子供達からの父の威厳は高止まりしている。

f:id:mangokyoto:20210730141420j:plain

ノコギリクワガタを手にしたのはもう30年ぶりぐらいかもしれない。改めて見るとこの「水牛」と言われる顎の湾曲具合はかっこいい。赤味を帯びているのもノコギリクワガタならでは。 

f:id:mangokyoto:20210730081023j:plain

 こちらも別種ではなく同種のノコギリクワガタ。幼虫の発育次第で顎の発達度合いの異なる成体になる。大人になってから顎が成長したりはしない。この個体は育った環境が低栄養だったのか、温度環境が厳しかったのか。

f:id:mangokyoto:20210729211430j:plain

 そして大食漢のカブトムシ。頭角がYの字のわれらがヤマトカブト。角は小さめ個体。それとメスも一緒に捕まえることができた。

f:id:mangokyoto:20210729211544j:plain

ついでに捕獲されたミヤマカミキリ。

 

他にノコギリクワガタのメスを2匹捕まえたのだが、メスは逃がしてあげた方がいいかもな、と宿の方がいうので逃がした。後になって、むしろメスを持ち帰って産卵繁殖させたいと思ったが時遅し。

 

そう思っていたら朝食の後に宿のご主人がミヤマクワガタのメスを2匹プレゼントしてくださった。交尾済みなのでうまく飼育すると産卵させられるという。

 

思えば宿の人は後ろを振り返ることもなく山道をズンズンと進んでいき、あそこにノコギリクワガタがいる、こちらにはカブトムシがいるとお客さんに指し示し、帰りも早足で登っていく。悠長に客の話に付き合っていると長引いてしまうし、所要1時間ほどで成果を上げて宿に戻ることを効率的に遂行しているように思えた。おそらく朝食の準備やらいろいろやることはあるが、この昆虫採集が重要な営業集客ツールになっていることも理解してらっしゃるのだろう。ううむ、プロだなあなどと思っていた。

 

結論として子供達をは大喜びだった。また10回ここに泊まりにきて昆虫採集もしたいとのこと。食事もお風呂も気に入ったとのこと。

 

夜通し狭い虫籠の中でカブトムシが暴れていて困った。羽音がうるさいので派手な喧嘩をしていないか気になって確認すると、角の小さいオスのカブトムシがメスに必死にのっかろうとしており、メスは逃れようと逃げ回っているようだった。諦めずに愛を訴え続けているというよりは婦女暴行にしか思えなかったので違う虫篭に強制隔離させていただいた。

 

ホームセンターで大きな飼育ケースとマット、蟲ゼリーを買わなければいけない。蚕を8匹繭まで育て上げて先月に送り出したばかりなのに、また飼育の世話が必要な生き物が7匹も増えてしまった。

日本百名滝 払沢の滝

キャンプ場を発って近くの払沢の滝に寄ってみた。日本百名滝だそうだ。

f:id:mangokyoto:20210728155121j:plain

アプローチも美しい。

f:id:mangokyoto:20210728155016j:plain

全く何もないような滝につながる遊歩道にぽつんと現れる郵便局。

f:id:mangokyoto:20210728154920j:plain

切株の断面に芯を避けるように外周にだけ苔生している。五輪に並べ替えたくなる。

改めて苔が私にとって心惹かれる要素だと再認識。陶器に苔を覆わせたいのだが我が家の乾燥しがちな環境では難しいのだよな。花壇の木陰でかつスプリンクラーで毎日給水される場所で育てればできるかもしれない。

f:id:mangokyoto:20210728155608j:plain

鎖場はいつだってワクワクする。

f:id:mangokyoto:20210728155338j:plain

そしてたどり着いたのが払沢の滝。なるほど、コンパクトだが美しい滝。写真だと見えないがもう一段の滝が上にもある。

f:id:mangokyoto:20210728155506j:plain


f:id:mangokyoto:20210728154541j:plain

この多元的で深い緑色よ。緑色が100色感じられるような複雑な色味の緑の陶肌を作ってみたい。

f:id:mangokyoto:20210728154432j:plain

帰り道に出くわしたカフェの建物の表情。往路は気付かなかったが、復路で裏側に顔があることに気付いた。残念ながらコロナ禍で閉店していた。


県道から払沢の滝に入る道の角にある豆腐屋の豆腐ドーナツは絶品らしい。次回のために覚えておこう。

檜原村「神戸園」で川キャンプ:川遊び、滝行、虹鱒釣り、犬同伴

「神戸園キャンプ場」川辺サイト。4500円/泊

  • 熱帯夜の時期のキャンプに今後の最有力候補地。
  • 膝ほどの深さの川遊び、4mほどの高さの滝に打たれる。シャワークライミング
  • 区画が広く人も少ないのでリラックスできる。
  • 林間サイトで洗い場もトイレも近くて便利。
  • 山女魚や虹鱒釣りができ、管理棟で下拵えもしてくれるので焼くだけ。
  • 犬同伴可。
  • 直火ok。陶器の野焼きが可能かもしれない。
  • 管理人さんが優しくて親切。
  • 帰宅早々、またキャンプに行きたくなる良キャンプ場。

 

9:00 レンタカーを借りて荷積み。テントやらテーブルやら焚火台を購入しているので積み込めるか心配したが日産マーチクラスの小型車で十分だった。

f:id:mangokyoto:20210725093244j:plain

 

10:00  自宅出発。オリンピック期間中だからか、警察車両を頻繁に見かけた。自宅から1時間強の距離は親がフル活動しないといけない親子キャンプにおいて負担が少なくて嬉しい。

 

11:30 老夫婦の経営するパン屋さん「森の風゜(もりのぷう)」で昼御飯のパンを調達。コーンパン、ピザパン、焼き立て葡萄パン。焼き立て葡萄パンは不意打ちの美味しさ。

 

12:00〜12:30 チェックイン。川サイトは杉の木陰で川原から4m近くの斜面を登るので増水時の心配も不要。1組に割り当てられるスペースが広い。かなりの良キャンプ場を引き当てたように思う。テントやテーブルを子供達に手伝ってもらいながら設営。

f:id:mangokyoto:20210725125514j:plain

杉の木が何本か立っていたので、ロープの下に巻いて樹肌を保護できるものがあればハンモックも設置できそう。

 

f:id:mangokyoto:20210725125523j:plain

洗面場に近いので手が汚れたりカトラリーを落とした際に子供達がすぐ手を洗えるので便利。洗剤、スポンジ、タワシも完備。

f:id:mangokyoto:20210725190513j:plain

 

13:00~14:30 川遊び、滝行、シャワークライミングに子供達は大興奮。


f:id:mangokyoto:20210726231609j:image

日向は灼けるように暑いのに水温は冷たい。ヨナヨナエールの燦々と小玉スイカを投入。

f:id:mangokyoto:20210725185358j:plain

滝上は流れも静かで長閑。

f:id:mangokyoto:20210726071416j:plain

滝下は渓流で足を取られながら転びながら渓流を這って進んで子供達は大喜び。


f:id:mangokyoto:20210726231356j:image

「ニンゲンヨ モリカラサレ」

 

 

岩の上に気配がして、山犬に出会ったと思ったらマンゴー殿が勝手に登っていたのかよ。心なしか溌剌としている。

 

滝壺も水深100cmほどで子供でも滝に打たれることができる。f:id:mangokyoto:20210726231510j:image

14:30〜15:00 虹鱒釣り。阿佐ヶ谷寿々木園で金魚の釣果の無かった次男は自分の釣りスキルの低さに自信喪失していたが入れ食いの虹鱒釣りに大興奮。それではつまらない人には玄人向けで簡単には連れない山女魚の釣堀もある。釣堀も池底が見える水の透明度、川藻が茂る見た目に綺麗な景観。

f:id:mangokyoto:20210725144621j:plain

興味津々に匂いを嗅ぐ。いきなりかぶりつかないのは食べ物認定されてないのか。

f:id:mangokyoto:20210725152412j:plain

キャンプサイトの管理人さんが内臓を出して塩を振って下拵えしてくれる。3匹を塩を振って塩焼きに。2匹を塩は振らずに白ワイン蒸しにすることにした。

 

15:00〜 焼きマシュマロ、冷やし胡瓜と味噌。

虹鱒のアクアパッツァ、焼きトウモロコシ、カット野菜のオリーブホイル焼き、虹鱒の姿焼き。「美味しいね。エクシブの1万円のコースみたい」との賛辞を頂いた。そんなわけあるか。

カット野菜も網で焼くよりホイルで蒸し焼きにするほうがパサパサせずに俄然美味しい。

f:id:mangokyoto:20210725155850j:plain

虹鱒のワイン蒸しも塩焼きとは風味が全く異なり美味。

f:id:mangokyoto:20210725162823j:plain

最後に川で冷やした小玉西瓜にかぶりついてお腹いっぱい。

f:id:mangokyoto:20210726203804j:plain

 三つ星にして世界のベストレストラン1位、「エルブジ」の料理長とバルセロナのビールメーカーの共同開発ビールでビール界のドンペリという触れ込みの「イネディット」。どんなものかと飲んでみたら美味しい。足りない。オレンジピールコリアンダーで風味付けされたフレーバービールだ。

 

18:00〜20:00 焚火。監視はしつつも子供達に自由に薪をくべさせる。消えかかっては枯れた杉の葉を取りに行って焚き付けたりしながら2時間も燃やし続けた。まだお腹に隙間があれば子供達はサモア、私は晩酌タイムに入るはずだったが満腹。

f:id:mangokyoto:20210726203651j:plain

 

f:id:mangokyoto:20210726204429j:plain

 

20:00〜子供就寝。海と違って川遊びはさほど体もベタつかない。キャンプ場のシャワーがコロナ禍で使えないが、朝一で川で水浴びをするというので良しとする。

f:id:mangokyoto:20210725200112j:plain

 オキ。野焼きではこれをたくさん作って、器を1時間以上炙って水気を飛ばしてから温度をさらに上げて焼き締めるそうな。

 

22:00〜親就寝。川の音が隣のキャンプ客の雑音も掻き消してくれる。とても自然音で煩くて静か。

暑すぎて眠れない事態を懸念してヒヤロンまで持ってきたのに、夏用寝袋を体にかけないと肌寒いぐらいの快適さ。都会よりも標高が高いのと川沿いのおかげか。

 

06:00〜起床

f:id:mangokyoto:20210725184928j:plain

テントの内側から外の眺めが森林なのは最高。

 

f:id:mangokyoto:20210726071611j:plain

朝の散歩も涼しくて気持ちが良い。軽井沢に一昨年行った際には避暑地感が全く感じられない暑さだったがここは明確な涼しさを感じられる。

 

07:00〜朝食作り

火を起こし、パンを焼き、チーズ入りフランクフルトソーセージを焼いて食べた。デザートに西瓜。暑いだろうと思って準備しなかったが温かい粉末スープや温かい珈琲があっても良かった。粉物は常備しておいても良いかもしれない。

 

08:00〜撤収開始

 

08:30〜チェックアウト

f:id:mangokyoto:20210726071405j:plain

ロッジの秘境感もなかなかのもの。テント泊も快適なので悩ましい。

 

09:00〜払沢の滝

10:00〜野崎酒造

11:30 帰宅

 

夕食: キャンプ場で可能な限り包丁仕事を避けて焼くだけで良いようにする。

虹鱒料理の具材

カット野菜。玉葱、南瓜、人参のホイル焼き

味付け手羽元、

ペットボトル3、4本。2本は保冷剤替わりに冷凍させておく。

ビール。

スモア(マシュマロ、チョコを炙ってビスケットにはさんで食べる)

小玉スイカ(川で冷やす)

 

朝食: 

食パン、チーズ入りソーセージ、西瓜

 

虹鱒のガーリックオイル焼き
・ ニジマス
・ オリーブオイル
・ ガーリックチップ ・ 鷹のツメ
・ 塩 ・ こしょう
・ 乾燥バジル ・ 乾燥パセリ
・ 白ワイン
< 作り方 >
1 ニジマスを3枚におろす
2 ニジマスの切り身に 塩、こしょう、乾燥バジル、乾燥パセリを振りかけてなじませておく
3 フライパンを熱し、オリーブオイル、ガーリックチップ、鷹のツメを入れ、弱火で炒める
4 香りが出たら、2の切り身をフライパンに入れる
5 両面をこんがり焼き、おおむね火が通ったら 白ワインをふりかけ、フタをして蒸し焼きにして完成!

 

虹鱒のアクアパッツァ

  1. 持ち帰ったニジマスは流水でよく洗い、塩こしょうをして、10分ほどしたら、水気をよく拭き取る
  2. BBQ用の厚手のアルミホイルまたは、普通のアルミホイルを2重にしたものを折って「封筒型」にする
  3. そこに、ニジマスミニトマト、あさり、オリーブの実、白ワイン50cc、水50cc、アンチョビペースト大さじ1、にんにくチューブ小さじ1を入れ、アルミホイルを折って完全に閉じる
  4. 200℃で20分ほど。
 
次回への学び
  • 下界では炎天下で寝苦しい暑さでも檜原村の川沿いは寝袋の布団を掛けて寝てちょうど良い暑さで最高の避暑キャンプだった。春秋は寒い場合の対策が必要。
  • 雨が降った場合にはやはりタープがあった方が良い。
  • シープノット以外にもロープの結び方を学んだほうが良い。
  • カトラリーを干すネットが欲しい。
  • イワタニのCB缶バーナーは着火に便利で必須。
  • 100円ショップの火吹き棒、着火剤が活躍。
  • 100円ショップの調味料入れは液漏れする。
  • 樹肌を保護するマットか何かを持参して、ハンモックを吊りたい。
  • 気分や状況によって熱い珈琲やスープは飲みたくなる。粉を常備しておくべき。
  • 虫取り網と虫篭を持参。
  • テントの中で遊べるものをもう少し用意しても良いかも。

野崎酒造 酒蔵訪問


f:id:mangokyoto:20210726211134j:plain

あきるの市の五日市お檜原村の境にある野崎酒造に立ち寄った。

予想以上に建物も風格があり、掃き清められた静謐な佇まい。

f:id:mangokyoto:20210726211939j:plain

酒米を蒸すための煙突も年季が入っている。

f:id:mangokyoto:20210726212038j:plain


f:id:mangokyoto:20210726212017j:plain

貴重な陶器製の酒樽。染付けの出来も素晴らしい。

f:id:mangokyoto:20210726212117j:plain

看板商品の純米吟醸「喜正」。50%磨きなのに純米吟醸酒とはどういうことなのだろう。大吟醸は40%磨きとなっていた。

f:id:mangokyoto:20210726212137j:plain

純米吟醸酒と悩んでいたら女将さんがもう蔵元に6本しか残っていないという夏限定の純米生貯蔵酒を勧めていただいた。


f:id:mangokyoto:20210727215557j:plain

スッキリ軽い味を予想していたが、違った。達磨正宗を思い出す味。こういう味はどのように表現するものなのか。日本酒ボキャブラリーをもっと豊かにしたい。焼鳥が食べたくなる味。