多肉植物を衝動買いしてしまった

買物はストレスを解消するという、時に抗えないお話。


少し前は店外まで大行列していた中野駅前の島忠ホームセンター 。空いているようだったので立ち寄ってしまった。あきらかに目的地との移動経路から外れた寄り道。


超希少ユーフォルビア「アブドゥルクリ」を売る多肉偏愛の強いバイヤーがいると思しきホームセンターなので、定期的にチェックしたくなってしまう。

f:id:mangokyoto:20200621142029j:plain

どうやら、あれこれ入荷したばかりの「アタリ日」だった様子。多肉植物農家から届いたばかりで徒長もしていない新鮮な時期に物色できると嬉しい。


ユーフォルビア株がどれも498円か。ううむ。悩むな、と思いながら腕はすでに右の球体に手を伸ばしていた。科学的にも脳は「意識」で判断を下したと認識するコンマ数秒前にすでに筋肉を動かす命令を出しているらしい。つまり、「意識」は脳の反応と指令の後追いであることが脳科学の常識になってしまっている。

f:id:mangokyoto:20200621141852j:plain

かなり大きなアエオニウムやエケベリアも498円。まあ、案外、我が家に定着すると小型化してしまう。

f:id:mangokyoto:20200621141708j:plain

なぜ、おまえがここに、と驚くほどのセレウス・スピラリスという螺旋サボテン。お値段7980円。この美形からするとお安いぐらいなのだけれども、ホームセンター に並べられると胸騒ぎがする。


f:id:mangokyoto:20200621144539j:plain

無意識に籠に入った貴青玉498円也。こうしてみると、ほんのり枯れて残った花穂が螺旋状。

f:id:mangokyoto:20200621144553j:plain

琴糸丸が598円だなんて、買うだろ。なにせ琴糸丸でもこんなに天然パーマ刺型はあまり見かけない。マミラリア 属ならではの疣突起が顕著なのも良い。

f:id:mangokyoto:20200623162813j:plain

九頭竜が売られており、こちらも衝動的に連れ帰ってしまった。九頭竜は「タコモノ」などと呼ばれる人気種で点対称に広く均等に腕を広げている美形株ならば1万円近くになるだろう。この株はアンバランスな株ではある。しかしこのサイズの九頭竜が948円で売られているのだから、私は悪くない。多肉植物に理解のある人ならば買うのも仕方がないと同情してくれるのではないか。

f:id:mangokyoto:20200623192551j:plain

枝や葉が折れてユーフォルビア特有の白い樹液が出てるわけでもないのにこの白い斑点は不思議。隠れオシャレだな。おまえさん。

f:id:mangokyoto:20200623163152j:plain

まさしく愛すべきタコモノだ。

f:id:mangokyoto:20200621144430j:plain

まだ入金されていないけれども、購入費はコロナ給付金10万円から支出されたという認識。経済に貢献した。グッジョブ自分。

f:id:mangokyoto:20200623152828j:plain

窓際にタコモノ、そして旬の紫陽花を飾る。まだまだ続く在宅勤務にもPC上に変化をつけて。。。



高円寺の紫陽花 六月

コロナ禍は収まらないまま六月に入ってしまった。ここまでの長期戦になるとは。

f:id:mangokyoto:20200604175302j:plain

なんという品種か、よう知らんけれども好きな形。額紫陽花で星のような形。白の中央が青というのも涼やかで好みだ。

f:id:mangokyoto:20200604175646j:plain

そう、お前が花なのだよな。周囲の鮮やかなガクではなく。

f:id:mangokyoto:20200604175658j:plain

青と名前に付きつつも実際には青紫が多い花々。真正に青いのは露草、デルフィニウム、紫陽花。しかし青陽花ではなく紫陽花と表記するところを見ると紫と記憶されている花なのかもしれない。

f:id:mangokyoto:20200605073134j:plain

内部から覗くと逆光で透過した紫陽花は静かな異世界。例えば観光苺狩りの苺栽培棚のように高さのある棚に紫陽花を植え、見上げる紫陽花のトンネルを作ったらさぞや幻想的ではないだろうか。青、赤紫、青紫の透過した花のトンネル。

f:id:mangokyoto:20200605073117j:plain

花塊の中の空間の広がりを想像すると、虫にとっては快適な雨避け避難所なのかもしれない。

f:id:mangokyoto:20200607101502j:plain

白い縁の額紫陽花なんてものもあるのだね。


人は幸せにも不幸にも驚くほど慣れるものだなと思う。新型コロナで昨日も10万人が感染し数千人が亡くなられた。ニューノーマルで片付けてしまわれる。

どうやって売上を取り戻していくかを考えていかないといけない現実に戸惑う。世の中で亡くなり続ける人のことで、自分が何かできないことで思考停止して立ち止まってもしょうがないとはわかっている。

浮世だ。

f:id:mangokyoto:20200608090243j:plain

蒸し暑く雨の続く梅雨。紫陽花がせめてもの気休め。

f:id:mangokyoto:20200613171412j:plain

高円寺で紫陽花といえばネルケンですよね。



MLB黒人暴行騒動を起因して吹き荒れるデモと暴動。ホラーコメディーの傑作「帰ってきたヒトラー」

最近のニュースをみるのがしんどい。アメリカでのコロナ禍が止まらない中で起きた警察官による黒人市民の不当殺人、その犯人の警察官の名字が盲目的愛国主義、排斥主義者を意味するショービニストのモデルとなったフランス人と同じ苗字であるCHAUVINというのはタチの悪い冗談か。日本人の名字が「攘夷」みたいなもんか。その名字で生まれるのは辛いことだけれども。そして理解し難いのが便乗する略奪、略奪品をSNSで自慢する輩。

 

息子に、なぜこんなことが起きているのかと聞かれて言葉に詰まった。「クラスのお友達みんなと仲良くしないといけないよ」なんて言えない。大人は手本になれておらず少なからず誤った考えを再生産している。

  

 一番、心に刺さった部分をさらに少しだけ細かく訳す。

「新しい世代にもっと良い解決策を生み出して欲しい。今のうちらの世代のやり方ではうまくいかないんだ。」

 

アメリカの状況を機に自国内の治安維持の正当性を強調する中国。

コロナ感染拡大と死者増に頓着しないブラジル大統領。ブラジルが感染者数と死者数の公表をやめるというニュースは本当か。

麻生太郎氏の「日本人は民度が違う」発言にも危うさを感じた。日本人こそは一級市民で他のアジア人を導く存在だとの優位主義観はその後、どこへ日本を導いたのか。

国連機関は瓦解し始め、各国が自国優先を強め、相互に排他性が増していく様を見ると大きな後退を感じる。

 

そんな胸騒ぎと失望感に包まれた情勢下で観た映画「帰ってきたヒトラー」は私の中でここ20年で1番のホラーコメディーの傑作だと思う。

帰ってきたヒトラー(字幕版)

帰ってきたヒトラー(字幕版)

  • 発売日: 2016/12/23
  • メディア: Prime Video
 

 

自殺したはずのアドルフ・ヒトラーが現代に蘇るという一見、B級映画臭のするあらすじ。道行く人に「役者かコスプレ芸人?」とおもしろがられ、テレビディレクターに見いだされてバラエティー番組に出始めると、巧みな発声や間合いで既存政治や貧困の蔓延を批判、テレビやネットで人気者に――。

 

実際に「ヒトラー」が一般の人たちと街中で接する場面の大半は台本なしでゲリラ的に撮影し、仕込みのない一般の人たちの生の反応を写し取っているそうだ。ヒトラーのモノマネをタブー視はしないよ、私は度量が広いから、とばかりにみんな無警戒。大勢がセルフィーを一緒に撮りたがる。

「いつまで謝罪しなければいけないのか」「移民を自国に追い返すべき」「みんな外国人のせい」人々の生の声が溢れ出てくる。

アドルフヒトラーの役者自身も驚いたことに、「撮影されていることがわかっていても、外国人排斥や人種差別を口にする人がいたんだ」

 

アドルフ・ヒトラーは作品中、極悪人でもサイコパスでもなく、父性と包容力を感じさせる実に穏やかな一面もみせる人間味溢れた男として描かれる。実際にもそのような側面があったらしい。アドルフ・ヒトラーをドイツへの愛と使命感に基づいた「善人」のように描いているのは彼を賛美することも肯定することも目的ではなく、実際に彼は有能な政治家で時に父性あふれる包容力のある男に見えたリアルを描くため。明らかな異常者として描くのはむしろヒトラーの危険性を過小評価してしまう。

 

人々が再び洗脳されてしまうリスクを持っているのかを試した作品とのことだが、答えは明らかだった。

 

ヒトラーを絶対悪として議論すら受け付けないのも思考停止で危うく映る。

 

自分の頭で考え、きちんと選挙に行って投票しないといけない。そうは言うけれども、生半可に政治意識を高めて彼らの主張に耳を貸すことこそがヒトラーのような指導者を民主主義の制度下で生み出すことに繋がったのではないのか。そこに恐怖を感じる。

 

国難をいくつか救ってしまえる巨悪に私達はまともな思考力で立ち止まって判断できるだろうか。例えば少子化を解消し、経済成長率も大幅な改善を達成し、底上げにより所得格差も縮小させるような有能な政権及び首相が現れ、そんな政権がある日、「日本国の主権と自律を守るために早急な核軍備を進める」だとか「◯◯人の入国を規制し、◯◯国からの投資の引き上げを推し進める」などと言い出した場合はどう反応するだろうか。未だかつて過去の政権がなし得なかった問題を鮮やかに解決してきたし、確実に私達の社会を良くしてきたように思える。今度の新しい施策や方向性も私にはよくわからないが彼らを信じようと、そう思ってしまわないだろうか。

 

不謹慎かもしれないが、マスク2枚を国民に配ることすら巨額を投じても迅速にこなせず、コロナの感染拡大が抑えられていることを「民度の高さ」などと言って政府の無策を開き直れる無能さに安堵する。無能の害は有能が方向を間違える害よりもマシに思える。

 

あまりに酷すぎると有権者の不満や危機感が高まりすぎて有能な指導者を求めるばかりに有能な巨悪が台頭しかねない。適度に無能な指導者が惨事とまでは言えないしょっぱい成果を出しているぐらいが安心できるのではないか。

 

 

果たしてコロナ禍の自粛生活を有意義に過ごせたか

緊急事態宣言に基づく外出自粛生活にも終わりが見えてきた。思えば怠惰な自粛生活を送った気がする。

 

「忙しいことを理由にできていなかったことは、暇になってもやらない」とはよく言ったものだ。

 

  • 映画もありあまる時間にたくさん観るかと思いきや、さほどでもない。Huluのラインアップがアメコミ実写だとかアクション映画ばかりで骨太なヒューマンドラマなどが少ない。
  • 本。読む時間はたくさんあったはずなのに。おかしい。数冊、今後の仕事に必要となりそうなビジネス書は読んだけれども期間に対して圧倒的に少ない。
  • オンライン飲み。5回ぐらいやったが、音声がとぎれたりするのは案外、ストレス。同時に複数の会話が並行するようなライブ感のある会話ができない。
  • 太った。筋トレも忘れてばかりでさほどせず、座ってばかりいるので太った。一応5月単月で120㎞以上はジョギングしたのだが、増えた酒量で相殺された様子。

自宅で陶芸などの創作活動ができる環境がもっと整っていたらもっと充実していたのではないだろうか。忙しい時でも寸暇を惜しんでやる対象こそが本心からやりたいことだとしたら、自分にとっては「陶芸」だし自由に移動できる環境においては「旅行」「飲食店めぐり」「美術館・博物館などのスポットめぐり」なのかもしれない。

 

毎日3時間もの通勤時間とその前後の身だしなみの時間、家についてからの着替えなどおそらく自由になった合計4時間はどこへ消えたのか。

  • だらだら漫然とネットサーフィンする時間が増えていた気がする。
  • 睡眠時間も毎日平均で1時間ほど増えたのではないだろうか。
  • どうぶつの森。時間を無限に吸収する闇の物体。
  • 無料オンライン漫画。毎日、無料で1話よめる作品を並行で20作品ぐらい追ってしまっている。
  • 料理。週末は食事を作ることが多かった。昼ご飯を子供たちに食べさせながら、夕ご飯は何が食べたいか聞いてしまう。私が子供の頃は、食べてる最中に聞かれても知らんがな、と思ったが本当にそう。
  • 仕事が案外と大変で今後のモチベーションを立て直すことに有象無象の労力と時間をとられた。

あまり立派な志も高い意識も持ち合わせていないことが証明されてしまったようでなさけない。コロナ禍の自粛生活を機に自分の価値観や人生観を見つめ直すといった何か有意義な時間の使い方はついぞすることがなかった。

 

ダメ人間を自覚するとともに、謙虚に生きていこうと思った。

植物の造形美

f:id:mangokyoto:20200515113608j:plain

かっこよかばい。だんだん、愛着が湧いてきたサボテンオブジェ。立派なフェロカクタスを枯らした自分への戒めのはずが、これはこれで良いじゃないかと反省が薄れてきた。

 

f:id:mangokyoto:20200428164752j:plain

このネジレ具合。緻密な毛。子供たちには「ナニコレ?」と聞かれた。

 

単なる筍の皮なのだけれども机の前に飾っている。カッコいいのだから皮だけど飾るさ。

f:id:mangokyoto:20200515113753j:plain

巨大な碧瑠璃鸞鳳玉柱はもう花を咲かせることを諦めた様子で昨年から頭頂部に子を吹いている。

f:id:mangokyoto:20200515113810j:plain

3頭のうち2頭は何故か斑入りの「錦」に変異しており黄や赤色が混ざっている。不思議。

 

f:id:mangokyoto:20200514122650j:plain

暖かくなり、蝉に植わった老楽も成長点から純白の綿毛を吐き出している。

 

f:id:mangokyoto:20200514122730j:plain

フワフワっと白毛を広げて伸ばしている柱もあれば先端をコヨリのようにフェルトのように固めた柱もあり、同一株なのに違いがあるのが興味深い。この純白な毛を純白なままに維持するのが難しいのだよね。日照を十分確保するために屋外に出せば黄砂やら土埃やらがついてしまう。いっそのこと髪の手入れのようにシャンプーしてドライヤーをかけて櫛で梳かしたら良いのだろうか。

 f:id:mangokyoto:20200523162009j:plain

エケベリア「青の渚」の花穂を切った。多肉植物の切花は1ヶ月ぐらい色褪せずに持つので繁殖交配させる予定がないので咲いたら切っている。

f:id:mangokyoto:20200523160505j:plain

謎オブジェ 。黒い板によく映える。

 

f:id:mangokyoto:20200523155026j:plain

ちいさな小さな陶器の

一輪挿しに差すも良し。

 

 

上腕骨肉鉢に枯草を神経接続端子に見立てて

 道端にだれも見向きもされなくなった種の鞘がにょきにょきと群生していたので刈り取ってみた。

f:id:mangokyoto:20200601084111j:plain

それをどういう気分で作ったのか思い出せない上腕骨肉鉢に植え込む。横から見るとまるで浮遊しているかのようにみえる鉢で、強度を考えると土を入れて多肉植物を植え込むと水遣りするのがハラハラする。水の重量も加わると指の接合部が折れてしまうのではないか。一度折れると、このアンバランスさだとどんな接着剤でもくっつく気がしない。 そこでこの鉢は重量のないドライプランツを飾る専用の鉢にした。

f:id:mangokyoto:20200601084258j:plain

種の鞘の中に0.5mmほどの種が無数に入っていた。それを15分近く逆さに振り続けて既に取り出している。

f:id:mangokyoto:20200601084311j:plain

種の鞘の先の真っ平な面が、私にはまるで腕の神経線維の接続端子のように見えてしまう。腕の接続手術で筋繊維だけでなく神経の縫合もするので、神経はそれなりに太いのではないか。 

f:id:mangokyoto:20200601084527j:plain

朝の自然光のもとでの再撮影。接続先を失った神経の束のようなイメージ。

f:id:mangokyoto:20200601085151j:plain

それを書斎の窓際に飾った。水遣りの必要のない、ドライのオブジェだ。気が楽でよい。重力を感じない造形の鉢にはこれまた重力に乏しいドライプランツがやはり合うように思う。

彩度があまりに乏しいので、掌に帝王貝細工の花を一輪置いてみた。遠くから全体をみると、その紅に造形上も色彩上も重力を感じる。

 

「ナニコレ、変なの。。。」そう言われたらそれまでなんだけれども。

f:id:mangokyoto:20200601085512j:plain

この花もカサカサに完全に乾燥しきっていて直射日光に当たっても退色しづらく、放置したまま長く楽しめる。