双頭山羊鉢と釉掛け、新素材で実験的試み

f:id:mangokyoto:20200906150056j:plain

先週作った頭の部品。夏場はムロの中に入れていても乾燥が速く、翌週には作業を続けないと乾きすぎて組み立てられなくなってしまう。

f:id:mangokyoto:20200906145956j:plain

前脚が4本。

f:id:mangokyoto:20200913120639j:plain

それを組み立てた。両方が前。

子供の頃に好きだったドリトル先生という児童書に「オシツオサレツ」という両方ともが前の珍奇な動物が出てくる。Pushme-Pullyouという名前なのだが、日本語名だと押して押されて両方から押す名前だが、片方が前に進むともう片方は後ろに引っ張られるから「オシツヒカレツ」にすべきだったのだろうな。作りながらそんなどうでも良いことを思った。

作品の発表当時は問題がなかった黒人表現がその後、問題視されて「ドリトル先生」はいくつかのシリーズが絶版となったと聞く。

f:id:mangokyoto:20200913120606j:plain

蹄と角、眼には黒土を塗った。巻き角の山羊は巻いた紙を口に挟んでいる。山羊なわけだし、書斎に置く予定なのでなんとなく。

f:id:mangokyoto:20200913120845j:plain

捻れ角の側は前脚が細く、おそらく雌。雌雄鉢ということになった。

f:id:mangokyoto:20200913120756j:plain

もう2時間もかからずして完了。細部をいじり続けたい思いはあるが、雑さ、粗さの残る指跡を感じる造形にしたいので打ち止め。

f:id:mangokyoto:20200913120710j:plain

もっと胴を長くすることも、胴を太く土容量も大きくすることも考えたが、硬葉ハオルチアをこんもりと植え付けるバランスを考えてこうなった。


f:id:mangokyoto:20200913153236j:plain

素焼きした山羊もマグネシヤマットを筆で塗る。角は金ラスター。蹄は黒土をそのまま露出させる。

肋骨や足廻りをもっと肉付けする予定だったのだが、作業途中で日数が開いてしまい、ムロの中で乾燥しすぎてしまい修正できず。そんなわけで不本意な造形となっている。もったいない。砕いて溶かして作り直すのも億劫でそのまま仕上げることにした。

f:id:mangokyoto:20200913153323j:plain

目が細い。

f:id:mangokyoto:20200913153256j:plain

後ろからのシルエットはまずまず。角を見てくれと言わんばかりに顔を傾げている。

f:id:mangokyoto:20200913153305j:plain

尻尾もやたら立派なのに足廻りと胴が貧相な山羊になってしまった。


f:id:mangokyoto:20200913153557j:plain

蚕蛾。無事、素焼きできたのによりによって釉掛けする際に触覚を折ってしまった。不注意なんだよな。ミスが多くて調子が出ない。そんなわけで未だに完全体の蚕蛾が造れていない。

f:id:mangokyoto:20200913154528j:plain

蠅取蜘蛛と団子虫、再び。


f:id:mangokyoto:20200913154644j:plain

実験的な作品その一。歯車を象って何か作ってみたかった。

f:id:mangokyoto:20200913154631j:plain

これを窯場で立体的に組み立てて焼こうと思っている。金属質にしたかったのでここはやはり、金ラスター釉の筆塗り。

f:id:mangokyoto:20200913154711j:plain

こちらは余剰に作った歯車。辰砂にドブ漬けした。小さな足がついているのでコースター、あるいは鉢置きに使えるかもしれない。


実験的な作品その二。

f:id:mangokyoto:20200913154817j:plain

ホコリカビのような形状の植木鉢。常盤忍を植え込むか、サボテンを植え込むかは思案中。辰砂をドブ漬けした後に特殊なこれまで使ったことのない釉薬を掛けている。黒く網目状に表出し、その隙間から下地の釉薬が現れるという不思議な素材。さあ、どんな焼き上がりになるのか戦々恐々。祈るような気持ち。

f:id:mangokyoto:20200913210951j:plain

新しい釉薬なのであれこれ探究してみる。左から黒土に辰砂、赤土に辰砂、赤土に金ラスター、黒土に金ラスターを釉掛けし、さらに黒い網目が表出する特殊釉薬を筆塗りした。どぎつくなって使い物にならない可能性も高い。こういうのは本来、テストピースを焼いて望む表現を確認してから作品に施釉すべきなのだろう。手間をかけた酒杯型テストピースでハイリスクな一発勝負。ここら辺が手間暇を惜しみ時間のない素人陶芸。

f:id:mangokyoto:20200913211037j:plain

造形は悪くないと思うので、まともに焼き上がって常用の酒器に仕上がって欲しい。

f:id:mangokyoto:20200913155120j:plain

釉薬目は黄伊羅保ドブ漬けに黒網目の特殊釉薬を筆塗り。


今日は長く6時間も工房にいた。作業の合間、合間に明日からの仕事のやることリストをメモしており、日も暮れる頃には制作は進み、仕事の準備も進んでいる。日常の全てを忘れて作陶に没頭するのが理想だけれども、今の私には必要なやりくりなのだろう。



自由研究 豚は美脚だった

子供の夏休みの自由研究に並走して私も何か取り組んでみようと思い、豚足標本を作ることにした。仕事がえらく忙しかったのだが、親とて仕事を言い訳にして自由研究から逃げてはいけないと思い、自分に追い込みをかける。

f:id:mangokyoto:20200906183436j:plain

いざ、出来上がってみると、えもしれぬ満足感。豚足を甘くみていた。骨だけになるとほっそりとした造詣はなんとも美しい。


f:id:mangokyoto:20200809202820j:plain

豚足を肉屋で購入。2本で298円という安さ。豚足を素人が見ても前脚か後脚か、左か右かもわからない。この丸くぼってりとした肉塊を見ても標本の姿は想像し難い。

f:id:mangokyoto:20200906184033j:plain

味醂と醤油、生姜で甘辛煮にする。美味い。ナイフで取り分けた。

f:id:mangokyoto:20200810084750j:plain

骨周りにまだ肉はついているが、それを3時間ほどグツグツと弱火で煮込む。まさしく豚骨スープだ。

f:id:mangokyoto:20200810121022j:plain

盛り付けがよろしくないけれども、豚足コラーゲン入り豚骨ラーメンはあっさりとしつつ味の濃い豚足もアクセントになって美味しかった。

f:id:mangokyoto:20200810104737j:plain

豚骨スープを取った後も、再度自ら煮込むこと1時間。歯ブラシで残りの肉をこそぎ取ることにしたのだが、なかなか作業は捗らず。口の中に入れてしゃぶっては出し、しゃぶっては出すほうが遥かに捗る。

f:id:mangokyoto:20200906183756j:plain

そして肉がある程度取れたところでガラス瓶の中に入れてポリデント投入。ポリデントは微温湯で活性するそうなので、ヨーグルトメーカーで40℃近くに温めながら一晩。

f:id:mangokyoto:20200906183720j:plain

さらに翌日、ポリデント溶液を捨てて軽く水洗いし、骨の脂を抜くためにアセトンの中に漬ける。アセトンは100円ショップの化粧品売場で売られているネイル落としで代用できる。200円の葡萄の香りのアセトンを購入したのだが、これが良かった。3日ほど漬けた。ちなみに脱脂するだけで骨はだいぶ白くなる。黄色いのは脂が原因だったようだ。

f:id:mangokyoto:20200816135435j:plain

乾燥中もアセトンの匂いがきつい。幸にして葡萄の香りのアセトンだったのでそれがしばらく臭うだけだったが、シンナー臭がしばらく続くとなるとしんどい。

f:id:mangokyoto:20200816142422j:plain

骨の配置を確かめる。指はパズルのようだが、唯一無二、ピタリとハマるので間違える心配はない。むしろ指よりも手根骨が向きや並びを特定するのが困難。


f:id:mangokyoto:20200906183518j:plain

石タイルの上に置くのも組み合わせとしては悪くない。静物としての存在が引き立つ。右脚豚足と判明。

f:id:mangokyoto:20200828150123j:plain

f:id:mangokyoto:20200906225044j:plain

骨同士がうまく噛み合った際に、なんとも言えない爽快感が得られる。

f:id:mangokyoto:20200906183558j:plain

こちらは前脚豚足と判明。ドリルで骨に穴を開け、針金を通しているのでバラける心配がない。棒の支え無くして副蹄が浮いたままの形状が保持されるので、手間はかかるが針金を通したほうが良い。


製作費は1200円もかからない。豚足は2つで298円。ポリデントが698円もしたが、40個入りのうち38個も残ってしまっている。ほかにアセトン200円、部屋に転がっていた2×4端材、余っていた名札金具。ただし手間は8時間ほどかかった。

f:id:mangokyoto:20200906225301j:plain

惚れ惚れする。次は手羽元の標本を作ってみようか。首無しの鶏を丸ごといってみようか。クリスマスを豪華に七面鳥丸ごとオーブン焼きにして、それを標本にしてみるというのもコロナが続く在宅の余暇には面白いかも。


素焼き窯入れ手順。

小窯の素焼き手順備忘録。


棚板は裏表をハケで綺麗にする。

f:id:mangokyoto:20200906181436j:plain

思ったより山羊の角が高さがあり、小窯内寸ギリギリだった。

f:id:mangokyoto:20200906181458j:plain

ツクを3点立てて、棚板を載せてさらに二段目を詰め込む。

f:id:mangokyoto:20200906181526j:plain

詰め込む。

f:id:mangokyoto:20200906181552j:plain

ぎっちぎちまで詰める。素焼きは互いに接触しても問題ない。最悪、倒れた場合にも電熱線に接触して破損しないように気をつける。


ワッシャーに挟まるようにドアロックを閉める。

コンセントを2つ挿す。

窯右手のスイッチを2つともONに。

プログラム、800℃ボタンを押しスタート。

開始時間と温度を記録。

11:30 28℃。

12:30 116℃

13:30 230℃

14:30 320℃

15:30 420℃

16:30 540℃

500℃を超えたら窯上部の開口部に鏡をかざす。水蒸気で曇るとまだ窯内に水分があるということ。

水蒸気が出ないことを確認して窯上部と正面の開口部に栓をする。

栓をした後はプログラム任せ。


窯の番をしながら手捻りで羊鉢を造る。

f:id:mangokyoto:20200906145906j:plain

手紙を口に咥えた羊の頭。f:id:mangokyoto:20200906150030j:plain

彫りの浅い、のっぺりとした顔つきの羊。

f:id:mangokyoto:20200906145942j:plain

山羊の頭。この角、この耳、軽くぶつけただけで折れそう。釉掛けして焼き終わるまで油断できない。

f:id:mangokyoto:20200906145955j:plain

全て前脚。意図はある。

f:id:mangokyoto:20200906150055j:plain

1週間ばかりムロで緩やかに乾燥させてからでないと柔らかすぎて上手く胴と脚を組めないので続きはまた次回。

牛虻と蜻蛉の混合体

コロナ禍で数ヶ月、作陶から遠ざかっていた後に初めて作ったのがこれ。

 

f:id:mangokyoto:20200906184650j:plain

蜻蛉を作り始めて、やがてウシアブとボウフラのイメージが流れ込んできた。

 

f:id:mangokyoto:20200906184607j:plain

水面から立ち上がるように羽化するイメージに従ってぼんやりと作り続けた。水面に見立てた盆は轆轤で水挽きした。

 

f:id:mangokyoto:20200906184316j:plain

なんだか、禍々しくなってしまったように思う。ウシアブやボウフラは嫌われ者だが、たまには主役にしてあげてもいいじゃないか、害虫にもある自然美を表現できないものか。そう思っていたのだが。

f:id:mangokyoto:20200906121636j:plain

やはり、禍々しい。何でだろう。なんだかんだ、荒んだ心が投影されていたりするのだろうか。これを見るとコロナの頃を思い出すようになるのか。とりあえず最後まで仕上げたい。

 

水面の下に台座をつけて軽さを出すべきだろうか。それとも置いた状態で水面から立ち上がっている様を強調すべきか。

 

 

 

コロナ禍に心身痛めつけられた

あまりの忙しさに2ヶ月以上もブログから離れていた。


リーマンショックの際にはニュースでは見聞きするものの、実感はなく過ぎ去った。しかしこのコロナは感染せずとも私の実生活に少なからぬ影響をもたらしている。


勤め先が随分と大変なことになった。それにより業務が激増、なにより仕事量以上に対策立案の精神的負荷が重たい。懸念事項が頭から離れず、夜中に何度も起きることなど今までなかったように思う。週末などなくなった。ガラにもないことだ。


子供も妻もみな、ストレスが溜まる。時折、みんな爆発する。有難いことに家族全員、新型コロナに感染することもなく過ごせている。これが誰かが感染して看病ものしかかっていたら、あるいは完全に失業する事態にでもなっていたら大変さは全く異なる次元になっていただろう。まだ私らなどは恵まれた環境で、もっと大変な思いをされている方々が大勢いる。まだ恵まれた環境だと頭ではわかっているが、それでも心に余裕を持てない時間が増えた。新型コロナはそんな災禍。


常に家族が在宅している環境を甘受していたであろうマンゴー殿にも禍はあった。12年かれこれ、大病することもなく元気にやってきたけれども、夜中などに咳が止まらなくなって動物病院へ。

f:id:mangokyoto:20200906201940j:plain


レントゲンを撮ると、輪っかに写っている血管が僅かに見られた。肺炎などを起こしたあと、血管の壁が修復され分厚くなるとたまたまレントゲンに血管の断面図が写ると輪っか状に見えるとのこと。そんなに症状がなくとも、肺炎を起こしては治癒を繰り返していることもあるとのこと。気管支が弱い犬、関節が弱い犬、それぞれ個体差はある。マンゴー殿も12歳生きて流石に完全健康体とはいかなくなった。

f:id:mangokyoto:20200906181159j:plain

咳が止まらないのは気管支炎が原因らしい。抗生物質、咳止めの薬をもらった。これまで薬を飲むこともなかったので薬はよく効くのではないかとのこと。コロナではなくて良かった。

f:id:mangokyoto:20200906181134j:plain

薬を飲むようになってだいぶ咳は治った。

f:id:mangokyoto:20200906181243j:plain

コロナ禍が始まり半年。最初の数ヶ月はある種、この困難を乗り越えよう、うまく楽しむ方法を見つけて克服しようとの高揚感があった。しかし状況が長引き、悪化していくにつれ無意識にあれこれ削られていったのだと思う。

f:id:mangokyoto:20200906203807j:plain

緊急事態、非常事態と捉えて臨んでいては心身ともに続かなくなってきた。現状が続くことを想定して日々に遊びと憩いと楽しみを見出していかないといけない。作陶も再開しよう。仕事も開き直ろう。


マンゴー殿はトリミングに出して2週間後ぐらいが一番可愛いと思うのだがどうだろうか。

f:id:mangokyoto:20200906203853j:plain


多肉植物を衝動買いしてしまった

買物はストレスを解消するという、時に抗えないお話。


少し前は店外まで大行列していた中野駅前の島忠ホームセンター 。空いているようだったので立ち寄ってしまった。あきらかに目的地との移動経路から外れた寄り道。


超希少ユーフォルビア「アブドゥルクリ」を売る多肉偏愛の強いバイヤーがいると思しきホームセンターなので、定期的にチェックしたくなってしまう。

f:id:mangokyoto:20200621142029j:plain

どうやら、あれこれ入荷したばかりの「アタリ日」だった様子。多肉植物農家から届いたばかりで徒長もしていない新鮮な時期に物色できると嬉しい。


ユーフォルビア株がどれも498円か。ううむ。悩むな、と思いながら腕はすでに右の球体に手を伸ばしていた。科学的にも脳は「意識」で判断を下したと認識するコンマ数秒前にすでに筋肉を動かす命令を出しているらしい。つまり、「意識」は脳の反応と指令の後追いであることが脳科学の常識になってしまっている。

f:id:mangokyoto:20200621141852j:plain

かなり大きなアエオニウムやエケベリアも498円。まあ、案外、我が家に定着すると小型化してしまう。

f:id:mangokyoto:20200621141708j:plain

なぜ、おまえがここに、と驚くほどのセレウス・スピラリスという螺旋サボテン。お値段7980円。この美形からするとお安いぐらいなのだけれども、ホームセンター に並べられると胸騒ぎがする。


f:id:mangokyoto:20200621144539j:plain

無意識に籠に入った貴青玉498円也。こうしてみると、ほんのり枯れて残った花穂が螺旋状。

f:id:mangokyoto:20200621144553j:plain

琴糸丸が598円だなんて、買うだろ。なにせ琴糸丸でもこんなに天然パーマ刺型はあまり見かけない。マミラリア 属ならではの疣突起が顕著なのも良い。

f:id:mangokyoto:20200623162813j:plain

九頭竜が売られており、こちらも衝動的に連れ帰ってしまった。九頭竜は「タコモノ」などと呼ばれる人気種で点対称に広く均等に腕を広げている美形株ならば1万円近くになるだろう。この株はアンバランスな株ではある。しかしこのサイズの九頭竜が948円で売られているのだから、私は悪くない。多肉植物に理解のある人ならば買うのも仕方がないと同情してくれるのではないか。

f:id:mangokyoto:20200623192551j:plain

枝や葉が折れてユーフォルビア特有の白い樹液が出てるわけでもないのにこの白い斑点は不思議。隠れオシャレだな。おまえさん。

f:id:mangokyoto:20200623163152j:plain

まさしく愛すべきタコモノだ。

f:id:mangokyoto:20200621144430j:plain

まだ入金されていないけれども、購入費はコロナ給付金10万円から支出されたという認識。経済に貢献した。グッジョブ自分。

f:id:mangokyoto:20200623152828j:plain

窓際にタコモノ、そして旬の紫陽花を飾る。まだまだ続く在宅勤務にもPC上に変化をつけて。。。