旅 遠出

秩父ミューズパーク

秩父ミューズパークというところに立ち寄った。 3人乗り、2人乗りなどの変形自転車レンタルが小学生低学年には楽しい。 レストラン、温泉も併設。 小学生4年以上ならばフィールドアスレチック、さらにはゴーカートなどもある。 テントサイトもある。宿泊以外…

秩父の茅葺古民家民宿「すぎのこ」に泊まって昆虫採集

東京檜原村での川沿いキャンプから1日空いて秩父へ。子供達を外に連れ出して疲れさせるのが目的化している。 茅葺古民家に泊まれる 天候が良ければミヤマクワガタの灯火採集に参加できる(予約制) 灯火採集ができなくても天気が持てばカブトムシやクワガタ…

日本百名滝 払沢の滝

キャンプ場を発って近くの払沢の滝に寄ってみた。日本百名滝だそうだ。アプローチも美しい。全く何もないような滝につながる遊歩道にぽつんと現れる郵便局。切株の断面に芯を避けるように外周にだけ苔生している。五輪に並べ替えたくなる。改めて苔が私にと…

檜原村「神戸園」で川キャンプ:川遊び、滝行、虹鱒釣り、犬同伴

「神戸園キャンプ場」川辺サイト。4500円/泊 熱帯夜の時期のキャンプに今後の最有力候補地。 膝ほどの深さの川遊び、4mほどの高さの滝に打たれる。シャワークライミング。 区画が広く人も少ないのでリラックスできる。 林間サイトで洗い場もトイレも近くて便…

オスマントルコ式「東京ジャミィ」

自宅から息子達と自転車で下北沢の東京ジャミィにサイクリング。4kmほどの距離だった。東京にもこんなに立派なモスクがあるのだね。イスタンブールの通称ブルーモスク、スルタンアフメットジャミィに少し似ている。100人近くのトルコの職人が1年近くかけて内…

箱根日帰り乗物周遊は幼児連れに最高かもしれない

ロマンスカー 展望席 箱根登山鉄道 ケーブルカー ロープウェイ ゴンドラ 豪華遊覧船 白鳥ペダルボート 箱根登山バス こんなに沢山の乗物に1日で乗り継げるなんて、乗物が好きな幼児連れには最高なのではなかろうか。もう1、2年前なら私の子供達もさらに興奮…

芸術溢れる箱根湯本のカフェ「ウタリロ」

帰りのロマンスカーの出発時間までの1時間を潰す場所を探しながら駅から彷徨ってたどり着いたのがこちらのカフェ。途中には美味しそうなジェラート屋や珈琲ソフトクリーム屋もあったが座って食べられる店ではなかったのでここまで流れてきた。 店内は芸術の…

芦ノ湖の海賊船が豪華列車「ななつ星」デザイナーの手により豪華客船になっていた。

5年前に芦ノ湖の遊覧船に乗ったことがある。海賊船と謳われているものの、倒産したテーマパークのそれのような安っぽく古びた印象の船だった。今回もそれに子供を乗せるつもりで連れてきたのだが随分と様子は変わっていた。新しい船が2019年に就航していた。…

「余計な良いもの」考。視線の抜けの効果を学ばせてくれた露天風呂の改悪。「エクシブ箱根離宮」

エクシブ箱根離宮宿泊備忘 向かいの山まで眺望の広がる露天風呂の魅力が紅葉の木とライトアップで台無しになっていた。改悪から「視線の抜け」の効果の絶大さを知る。 単体として良品だが全体構成として不要なものを取り除くのは難しい。 元富士屋ホテルフレ…

上総旅行二日目。菜の花と桜のいすみ鉄道、大多喜城と城下町

菜の花と桜のいすみ鉄道を楽しむ 駅前で自転車を借りてサイクリング 大多喜城と桜 街道沿いの街並みを楽しむ 「豊の鶴」蔵元訪問。名酒を買う 有家のとんかつが美味 甲冑を着てコスプレ撮影 昔の商家や蔵を見学 高速バスで東京駅に直帰が快適 普段は車で遠出…

上総大多喜の地酒 豊の鶴酒造「大多喜城」

地方への旅行の楽しみの一つは地酒を飲むこと、買って帰ること。普段立ち寄る高円寺の酒屋や都心の百貨店で扱っていないような地酒で美味しいものが見つかると嬉しい。 本多忠勝が整備した大多喜の城下町に残る唯一の酒蔵、豊の鶴酒造。 この町で唯一の酒蔵…

養老渓谷温泉「滝見苑」

桜と菜の花の季節に小湊鐵道、いすみ鉄道に乗ること。 養老渓谷を散策すること。 大多喜を散策すること。 部屋風呂で温泉を楽しむこと。 それでいてコロナ感染を懸念しなくて済む感染対策が講じられていること。 これら条件に基づくと養老渓谷温泉の「滝見苑…

桜と菜の花、小湊鉄道と養老渓谷

人生、1年後はどうなってるかもわからんし、自分はぽっくり逝ってるかもしれんし。今、楽しむ余裕があるならば楽しもう。今を生きる。 そう自分を甘やかして有給を取って家族で千葉の上総へ。 気温、湿度ともに快適としか良いようのない晴れに恵まれた。この…

私の中のグルメバーガー最高峰「オールドニューダイナー」

立川にこの店目当てで行きたいと思わせるハンバーガー屋「オールドニューダイナー」写真では違いがわからないし、その良さは伝わらない。薄く浅い知識とこだわりで定期的にグルメバーガーが食べたくなる私がこれまで食べた中で一番美味しいと断言できるグル…

立川Soranoホテル、真冬の富士山眺望インフィニティプール

メンタルがなかなか弱り気味だったところで、妻が1泊の気分転換を予約手配してくれた。 新宿へ快速で30分、立川駅前の高利便性。 昭和記念公園を一望できる緑豊かな眺望ホテル。 真冬も通年で利用できる38℃のインフィニティプール 三鷹のジブリ美術館や吉祥…

鳩の巣渓谷

高円寺から各駅停車で70分。10時前には奥多摩の古里駅に着き、ハイキングコースを歩いて鳩の巣渓谷を経て白丸ダムへ。2時間ほどで歩き終わってしまい、少し物足りない距離ではあった。1時間で新宿新都心のビル街から山だらけの景色へ。あちら側では毎日、コ…

益子の懐古趣味、古道具、珍しい植物備忘録

益子は昭和懐古趣味の人達にとっても魅力的な街なのだそうだ。 古い琺瑯看板もちらほら。熱心な収集家のいるジャンル。私には幼少の懐かしい記憶というには古すぎてどちらかというと映画の中やテーマパークで見るファンタジックな光景だけれども。 昔懐かし…

都道府県魅力ランキング最下位の栃木県。陶芸の聖地、益子を一人旅。続

益子といえば陶器。古くからの陶器の街で浜田庄司が移り住んでからは民藝で盛り返した益子焼き。今も作家が多く移り住み、春秋の陶器市には多くの陶器好きが集まる。本当ならば秋の益子陶器市に来たかったのだが、今年はコロナのせいで開催されない。 益子駅…

都道府県魅力ランキング最下位の栃木県。陶芸の聖地、益子を一人旅。

ありがたいことに有給休暇を10月中に4日ほど取得しないといけないことになり、妻の許しも出たので一泊二日の一人旅に出ることにした。 御嶽山で一人キャンプ。下諏訪のゲストハウスに泊まって酒蔵巡り、温泉巡り、民藝に鰻。あれこれ頭に浮かぶ。滅多にない…

接触をかぎりなく減らした温泉旅館旅行

目的:他人に接触せずに温泉で寛ぐ レンタカーはアルコールスプレーでハンドル、ドアなどを家族を乗せる前に消毒 運転中はエアコンを使わない 行きの昼食は弁当を持参して屋外で食べる 温泉旅館は部屋付き露天風呂のある宿に限定 食事は部屋食か個室がある宿…

DIY棚に並べる捨てられない収集物だらけー世界60か国からの戦利品

外出自粛につき、家での時間は豊富にある週末。コツコツとモノの整理をして、DIYした棚に並べていった。 独身時代に愛読したNEUTRALも捨てられない。今はTRANSIT。異国に想いを馳せ、60ヵ国近くを旅したっけ。創刊号の表紙を飾ったイエメンにはまだ行けてい…

青白く光る近未来上海観光

週末を利用して家族が出張先に遊びに来てくれた。 子供達は76階に泊まるなんて少し怖いなあ、と期待に胸を膨らませてきた。 空中に浮いたかのように青白く光る上海の大都市の夜景を見下ろす湯船。河口近く、流れの蛇行する最も輝かしい一角、外灘や豫園が見…

上海三塔

帰ってきました、上海。霧というか靄のようなものが摩天楼に立ち込めていて、魔都さながら。結界。中心点から異空間が出現しそう。得体の知れないエネルギーをチャージしてるに違いない。カッコいいわい。今となっては三塔の中で一番低い定宿の金茂大厦だけ…

ムンバイでゾロアスター教徒料理専門店へ

インドにはパールシーという特殊階級の人達がいる。カーストなのか、部族なのか、民族なのか。 日本ではゾロアスター教徒、拝火教徒として知られている。イランの第二位の聖火を引き継ぎイランがイスラム化した後はインドに移り、ムンバイやプネーを中心に寺…

韓国人はウンチがお好き

かもしれない。そうに違いない。 韓国滞在中、唯一、受け付けなかったのがこちら。 ウンチみたいな見た目だな、と思ったら本当にウンチを意図しているらしい。カップルセットで2000W割引の7000W、22%オフ。二人してキャッキャ言いながらウンチを頬張れば愛も…

カロスキルよりもインサドン。最新流行スポット仁寺洞アート雑貨散策

仁寺洞は再開発が進む最新流行スポットだそうだ。王宮、ギャラリー街、韓国村という古民家を改装したお洒落なカフェやレストランが密集した地区が相互に徒歩圏にあるので週末を潰すのに至極快適だった。 サンジキルという雑貨店が入った商業施設が大抵のガイ…

韓国の紅葉と昌徳宮と昌慶宮

日本より先に韓国には冬が来ている様子。最高気温7℃、最低気温-4℃。そんな寒さの中、氷雨のソウルを散策した。世界遺産にもなっているソウルの五王宮のうちの昌慶宮、昌徳宮へ。街中で韓国はパステルカラー使いが多い。西洋的な「可愛さ」の模倣かと思ってい…

インスタ映えるソウル、弘大の「サボテンケーキ」

韓国で最もレベルの高い美術大学である弘益大学のある街、通称「弘大」(ホンデ)は若者が集まる街でアート雑貨の店も多いと聞いて行ってみた。とてつもない人、人、人。人の多さは渋谷と変わらない。話題のアート雑貨店が入居するSang Sang Madongとやらに…

来夏も三年連続で来たい南伊豆国民休暇村

同じ宿に3回目もまた泊まりに来たいと思わせる宿はなかなか無い。 2時間半の電車旅もスーパービュー踊り子の展望席だと飽きない 到着日の昼食は伊豆漁港の「金目亭」が美味い 結局、南伊豆の国民休暇村にしかチョコレートファウンテンは無かった。 朝晩無限…

夜に魔法のかかる「朱家角」

水郷の千年古鎮を歩く。あ、いいなと思って眺めていたのは1箇所だけ三階の高楼を持った建物。木造四階建の「金具屋」旅館でも感じたことだが立体積層建築にはワクワク感を刺激する何かがある。何故か木造であることが重要で88階建の金茂タワーに泊まっていて…