多肉植物・サボテン・他

大団子蟲鉢 X クラッスラ「玉稚児」

コロナ禍で陶芸工房が閉鎖されているので新しい作品が何も出来上がらない。結局、5月一杯は工房は閉鎖の見込みだそうだ。そうなると新しい陶器鉢に新しく多肉植物を植え込むこともできなくてつまらない。 ブログに記録していないように思う鉢を取り上げてお…

チューリップもヒヤシンスも実はドライフラワーに向いている説

学び、願望 ヒヤシンスもチューリップもドライフラワーにできる 青いヒヤシンスを水耕栽培、土栽培してドライフラワーを作りたい。 乾燥する際に放射状に形を整える必要あり。 庭に咲いた花を適当に切って数日ほど切り花として楽しみ、そしてそこらへんに吊…

4月下旬の花々

散歩日和が続く。こうして振り返ると4月は花の種類が多い。春だもの。当たり前すぎることをしみじみと感じる。 紫蘭。雑なネーミングだと思う。紫な蘭だから紫蘭だなんて。白薔薇だとか黒猫だとか、そういうのは品種名だとは普通は思わない。もっと粋な名前…

4月下旬の庭仕事備忘録

葡萄の蔓誘引作業。毎日数日ごとに確認。 朝顔水遣り カメムシの捕殺 睡蓮鉢用金網購入。 白メダカ、緋泥鰌購入。 外掛フィルター購入。 作業したことの備忘録 無心に庭の手入れをすると一時、仕事のあれこれを忘れられてよい。 手入れしていると、「いつも…

ブルビネ・メセンブリアントイデス狂い咲き

ブルビネ・メセンブリアントイデスには短命で難物種の印象がある。そんな株がもう2ヶ月近く花を咲かせ続けている。 一つの花穂というか花茎に下から花が咲いてはその先に蕾をつけて伸びることを繰り返しながらもう20輪近くの花が咲いた。それが3茎も伸びてい…

スマホ脳、スマホ認知症の危険。スマホを閉じて感受性を開く。

最高に気持ちの良い晴天が続く。春の黄砂で霞む空ではなく、すかっと青い空。そして温かく湿度も低い。最高だ。そんな行楽日和だというのに長期連休は緊急事態宣言発令で台無しになった。遠出はできなくとも、朝晩の散歩を楽しみたい。窓辺の朝日を逆光にし…

翠晃冠と九頭龍の花が咲いた

棘のある多肉植物は子供が小さいうちは自粛していた。一昨年ぐらいから手を出し始めたのだが、いわゆる「花サボテン」と呼ばれるジャンルのサボテン品種の花の見事さは格別。赤茶色のプラ鉢に植えたままなのが堪え難い。はやく好みの陶鉢に植え替えたい。多…

コロナで市井の人心が荒んでいるのだろうか

緑道の花壇の花を取る人がいる。前からいたし、これを見るのは初めてではない。 高円寺に引っ越してばかりのころ、京都から連れてきた樹齢10年は経っていたと思われる「臥牛」の大株を根こそぎもっていかれた。 植木鉢もいくつか持っていかれた。いくつかは…

碧瑠璃の錦となりけり

我が家の亀甲碧瑠璃鸞鳳玉柱。真上から見下ろすと見事なまでの端正な七つ星。その頂きから8割ほどが橙色と黄色の子株が1つ、5割ほどが橙色と黄色の子株が1つ、完全に碧の子株が1つ生えてきている。もしこの錦の割合のままに3枝に別れて順調に育ってくれた…

4月の緑道

なんだかヒラヒラした名の知らぬ花。カーネーションのようなフリル。スプレーマムも咲き続けている。これもスプレーマムだろうか。亜熱帯極彩色。同じ家の前。なんだか家主の花の好みと傾向が伺える。ここを「亜熱帯極彩色の家」と心の中で読んでいる。桜空…

清酒「鬼剣舞」と花の王

ひれ伏せ。これなるは花の王なるぞ。それが牡丹だそうだ。シルクのような光沢を纏い、薄く繊細だが幾重にも重なって量感豊か。確かに中国人が特別な位置付けを与えたのも納得のできる豪華さ。見事な花ですねえと褒めたら、「ぜひ奥様のために持っていきなさ…

温室解体 多肉仙人掌植替え記録

3月28日、温室解体。日中に20℃を超える日が増え、さすがにもう最低気温が5℃を割り込むことはないのではないか。温室解体日を記録しておく。すっきりと並べるつもりだったのに気づいたら隙間なく鉢が犇めきあってしまった。径の大きな鉢が多すぎる。径の小さ…

サボテンの還元落とし焼成陶器吊り鉢仕立て

焼き上がった吊り鉢に多肉植物を植え込んでみた。 これが一番気に入ったかもしれない。この斜鎬吊鉢には「還元落とし焼成」による炭化効果はあまり出ていないが、少し赤や黄色のニュアンスのある陶肌で植物も引き立つ。これにはエスポストア「幻楽」を植えた…

陶蟲夏草一輪挿し 春の花々

根を生やして育てる鉢植えのほうが良いものだと思っていた。切られた花を店から買ってきて飾るのはなんだか、味気のない消費に思えていた。 しかし庭先で咲いては枯れて移ろう花々を切花として室内に取り込む一輪挿しもアリだと思い始めた今日この頃。 縁の…

双頭山羊鉢 X ハオルチア「ディソアンシー」

今日の願望。山梨の日本一長いというローラー滑り台に息子達を連れて行く。温泉に浸かって帰ってくる。日帰りで十分かな。 両方向ともに頭の付いたドリトル先生的オシツオサレツ山羊鉢の出来上がり。 もっと白い釉薬をしっかりと乗せたかったのだが、再度筆…

3月の緑道

3月になると花が一気に咲き始めて散歩も楽しくなる。著莪は清楚で良いね。暗い日陰でも元気に咲く。椿。侘助っぽい、椿らしい椿。大輪椿。獅子咲椿。椿はあちらこちらで見かける。日本人は椿が好きなんだな。さすが、学名をカメリア・ジャポニカというだけあ…

豆鹿頭骨鉢 X 錦晃星 開花

一年間、露天で風雨に晒して育てた錦晃星。それがまさに咲こうとしているので部屋に取り込んで飾ってみた。この明るく強い橙色は生命力に溢れていてとても元気の出る色だ。枝の先に塊のように密集し四方八方に向いて咲く。何か焔が爆発するかのような。春が…

サボテン実生あれこれ。 恩塚鸞鳳玉V字、ウルトラ亀甲鸞鳳玉、ストロンギロゴヌム、姫春星、かぐや姫、精巧殿

種から育てると精確な樹齢を把握できる。私の手元で生まれ、育つ株というのも格別な愛着がある。ただ、株数が飛躍的に増えてしまう植物愛好家の泥沼とも言える実生。手を出すべきか悩んでいたけれども、ついに手を出した。穴原希望丸だとか、恩塚鸞鳳玉のよ…

陶蟲夏草 蝉幼虫鉢 X クラッスラ「メセンブリアンセモイデス」

今日の願望。書斎をカフェのようにしたい。席を変えながら、気分転換しながら働ける場所を複数作りたい。バルコニーにハンモックチェアを吊るのはどうか。作りっぱなしで何も植えずに半年以上も放置していた陶蟲夏草 蝉幼虫鉢。何かのスイッチが入って、クラ…

陶蟲夏草 蠅取蜘蛛鉢 X クラッスラ「茜の塔」

今日の願望。鹿児島の高千穂渓谷を新緑の季節に川下りしたい。子供達が大人料金を取られるようになる前こそ遠くへ旅行すべきではないのかね。蠅取蜘蛛鉢に衝動買いしたばかりのクラッスラ「茜の塔」を植え込んだ。そういえば冬の間は蠅取蜘蛛をあまり見かけ…

吉祥寺から高円寺まで徘徊する。「カフェ ロシアン」「天文図館」「ビルボード」

突如、思い立って有給休暇を取ることにした。いざ休みを取ろうと思ったのにやりたいことがすぐに思い浮かばないことにショックだった。東京国立博物館も良いが、今は事前予約が必要だったっけ。天気も良いし奥多摩に行こうか。いや、天気は大丈夫だろうか。…

半円扁平吊り鉢 X オプンチア「姫珊瑚」「白桃扇」

今日の願望。高円寺の一番の桜スポットを子供達と探したい。やはりお寺の境内が可能性としては高いのだろうか。街角の隠れた銘木を探したい。真の目的は子供達を外に出して運動させることだけれども。 蚊取り線香吊りにも使えるように作った。こちらもよく…

陶蟲夏草鉢 団子虫 X セネシオ「七宝樹錦」

今日の願望。満開の枝垂れ桜の下を歩く。今年は来年に比べて観光客が少ないなんてことはなかろうか。弘前城の桜を一度は見に行きたいのだよな。 今回植え込んだのは団子虫鉢。実は虫の体を横倒しにしていて、植込み穴は体を貫通していない。 不注意でへし折…

親子協作鉢 X フェロカクタス「日の出丸」

もともと植えていた「希望丸」を別の鉢に植え替えたので、空いた親子協作鉢にはプラ鉢に植わっていたフェロカクタス「日の出丸」を植え付けてお気に入りの組み合わせとなった。子供に作らせると造形が自由で気楽な鉢になる。 少し薄いサーモン色が気に入って…

卓上でヒヤシンスの水耕栽培を楽しむ

10月終わりにヒヤシンスの球根とガラス容器を購入して育て始めた。 水に浸かると数日で白い根を生やし始め、2ヶ月はひたすら白い根が伸びていくのを眺めていた。 年末年始の休みにはここまで伸びた。底に届いた後も撓みながら伸ばし続けている。 そして年末…

コンクリート3鉢に紅鳳丸、白鳩丸、王冠竜

子供達が耐震構造やら地震に強い建築素材やらに興味があって絵本や図鑑を見ながらあれこれ質問してくるので、ホームセンターでセメントを購入して水と混ぜて固まる様を実演した。その際に作った植木鉢が永らくそのままに放置されていたので、ようやく使って…

つれづれ。花と仙人掌。

陶芸教室で一時期は10人ほどいた仲間は転居やら多忙やらいろいろな理由で辞めていき、ついに私だけになってしまった。賑わいの消えた空間は、あの人がいた、この人がいたと思い返すとせつなくなる。皆さん、元気にしているだろうか。 縷々転々。モノゴトは変…

緑土鉢 X マミラリア「希望丸」

今日の願望。鉄道好きな子供達と千葉の「いすみ鉄道」に乗って、菜の花畑を車窓から楽しむ。養老渓谷の一棟貸しの別荘で温泉を楽しみ、BBQを楽しむ。大多喜散策。電車で帰る。運転はしない。 釉掛けした際には、上部は焦茶色に仕上がってくれることを想像し…

陶蟲夏草 大黒黄金 X エケベリア「銘月」

今日の願望。子供のスキー合宿がキャンセルになってしまった埋め合わせに雪山家族旅行に行きたい。スキー学校に入れている間に私は上級コースを攻めて、午後は一緒に滑る。温泉に入って美味しいものを食べて、クタクタになって寝て。 今回、植え込んだのはこ…

ご褒美オザキフラワーパークで獅子王丸を狩る

自分に甘いもんで、少しばかり仕事を頑張った気がしていたので自分へのご褒美を買いに子供達と自転車でオザキフラワーパークへ。片道9km往復18km、片道47分の子供にとって初めての長距離自転車。 もっと写真を撮りたかったけれども、子供に目を配りながらだ…