多肉植物・サボテン・他

陶蟲夏草鉢「団子虫」 X 一輪挿しの花々

また静かな鉢が出来上がった。これはガラスの瓶に乗せる一輪挿し用の蓋。 横から見ると目立たないが無数の脚が見える。 ミントの花を活けてみる。ダンゴムシが大きく感じられる。 ゼラニウムの花を活けてみた。不思議とゼラニウムの花が大きく感じられるよう…

陶蟲夏草「団子蟲」 x エケベリア「ボンビシナ」

もう3〜4年前に作った陶器鉢が長いこと未使用で空いていたので元気の良いエケベリア「ボンビシナ」を植えつけた。この頃の作品ではいかに陶器で有機的な陶肌を作り出すかを試行錯誤していた。 少ない土、乏しい栄養と乾燥にも強靭な体力で耐えられる多肉植物…

陶蟲夏草鉢「蝉幼虫」x サボテン「銀手鞠」

釉掛けの際に転倒させ破損させて台無しにしてしまった鉢。一番出来上がりが楽しみだっただけに見るのが辛い。 頭部に白い菌糸体のようなものが生えてきているが、元々は3本にょきにょきと生えていた。菌糸体だけ白信楽土を使ってさらに質感を変える手の入れ…

陶蟲夏草鉢「兜虫」 x ハオルチア「氷砂糖」

今はまだ不恰好だけれども1年後に茎立ちした後が狙いの姿。切花ではないので植えて育てて理想の容姿にしていく。 しかもメダカと泥鰌の飼われている日陰の水槽の上で水耕栽培で数年間育っていたハオルチア「氷砂糖」。園芸店で見かける株姿とは大きく違って…

陶蟲夏草「蝉幼虫」 x マミラリア「かぐや姫」「白斜子」

土から出てこようとして果てたような蝉の幼虫。そんな陶器の植木鉢を作った。 白いサボテンを生やしたい。実生から育てているヒョロヒョロと徒長したマミラリアを移植してみた。 難易度は高いが、無事に根を下ろし育ったら最も好みのイメージになるのはこの…

陶蟲夏草鉢「鋸鍬形頭胸部」 X セダム「虹の玉」

もう一つの陶蟲夏草鉢「深山鍬形」だがこちらは頭と胸の部分だけ。森を歩いていて、時々死骸の頭や腹だけ見つかることがある。そんなイメージ。 実を言うと頭は上を向いていたのだが、本焼成中に倒れてしまった。鉢の下に転がり落ちていたら大惨事で隣の鉢に…

触手鉢 X ユーフォルビア「九頭龍」

電気窯での酸化焼成が無事完了した。 生の造形が 焼きあがる。 どうだろうか。白い鉢。触手の内側だけシリコンカーバイドで発泡させた溶岩釉で表情をつけようと思っていたのだが、窯に無理やり詰め込んでその日に焼くために割愛してしまった。 植え込むのは…

陶蟲夏草鉢「団子虫」 X エケベリア「フロスティ」

定番と化してきたこの団子虫の腑から植物が生えてくるスタイルの鉢。 土台の鉢の粉引具合もちょうど良い。 開口部は少し狭いので植える多肉植物は選ばないといけない。茎立ちするタイプになるのだろう。 このぐらいの背丈の七宝樹錦でも良いかもな。 手頃な…

陶蟲夏草鉢「鋸鍬形」 X マミラリア「かぐや姫」

陶蟲夏草鉢「鋸鍬形」が焼きあがった。 土台鉢は鉄分の多い赤2号土、蟲は黒泥土の使い分け。 垂れ下がった脚先や頭と大顎が落下することなく無事に焼きあがってくれるかは不安だったけれども乗り越えてくれた。 黒土の透け具合もちょうど良いのではないか。 …

すべての理不尽を供養したい羊菩薩鉢

5月下旬 造形4時間 こうしてる日々もウクライナでは一般市民が殺されているわけで、それが当たり前の日常になってしまった。 私はルーマニアに住んだことがあり隣国ウクライナでウクライナ人に一宿一飯の恩を受けたこともあるから親近感から心を痛めている。…

高円寺の蓮寺「長善寺」で蓮葉の美枯に出会う

高円寺で一番の蓮寺と聞かれて思い浮かべるのはここ「長善寺」。 もう盛りは過ぎてしまって蜂巣になっている鉢が多かったけれどもいくつか美麗な花を拝めた。 墓地の裏手に回ると蔵の壁に見事な鳳凰の鏝絵。その下に蓮が咲き乱れていたらさぞかし美しい光景…

風船山羊鉢 X アロエ「クリスマスローズ」の開花

私が風船山羊鉢と名付けたよくわからない鉢に植え込んだアロエ「クリスマスローズ」に花が咲いた。秋冬に花を咲かせるアロエが私の家の周りには多いのだが、この冬らしい名前のアロエは夏に花が咲く様子。 背後から見ると変哲のない鉢に南国情緒のある植物と…

アイベックス鉢 X フェルニア「修羅道」

朝の光線を浴びて少しばかり神々しい荒ぶる山羊鉢。雄々しい。 フェルニア「修羅道」を背負っている。土がそんなにたっぷりと入るわけではないのだが元気に育ってくれているようだ。 フェルニアは星型の奇抜な花が咲く。しかも臭い。咲いた位置が肛門のよう…

多肉植物の花々。「カンパニュラータ」「美尼王妃晃」

去年はコチレドン「カンパニュラータ」が咲いたのが6月なので今年は少しばかり遅いらしい。例年以上だった春の寒さが影響しているのだろうか。 なんだか愛着の湧いてきた地味な黄花。十時に開くその形も個性的。 まだまだこれから咲く蕾も控えている。 エケ…

多肉植物の花々 達磨臥牛とセトーサ

ガステリア「達磨臥牛」に花芽が伸びていた。 もう咲いた後かと思った。そういえば臥牛の花ってどんな感じだったっけ。 エケベリアのような鈴蘭型の花が咲くような気がしていたが、ヒョロリと長い花芽に鮮やかな朱色の花が咲いた。 ガステリア、ガスター10、…

紫陽花を愛でて干して

我が家の紫陽花が今年も楽しませてくれた。 なんという品種だったか。確か「卑弥呼」だったと思う。萼の塊一つ一つが花のようで賑やか。花弁のように見える萼片一つ一つの尖った形も好みだ。 赤味が差した紫も綺麗。 これも頃合いを見て干そうかと思う。 「…

身体は壊れるらしい

無職期間を超えて6月から働き始めた。それが思ったよりも忙しくて朝起きて犬の散歩をして着替えたら出社、帰宅したら1人ご飯を食べてシャワーを浴びて着替えて寝る生活。 そうしたら、1ヶ月して突如身体にガタがきた。起き上がれなくなった。首から背中に激…

ギムノカリキウム「獅子王丸」の開花が愛でられない。

今年も花芽が元気に膨らんだギムノカリキウム「獅子王丸」 鉢との相性も良いと思っている。さあ、咲いてくれ。 株とさほど変わらない太さの鉢に植え、サボテンが球から柱へと育っていく。完成形は鉢と柱の長さが半々になった姿なのだがそれを拝めるのは20年…

浮遊するハオルチア「瑠璃殿」

不思議ではないだろうか。浮いているように見えないだろうか。実際浮かせている。 京都時代に作った鉢だと思うが、作った当初は気に入らず庭先に転がされていたのだがしばらく経つと面白みを感じるようになった鉢。信楽白土で作り伊羅保を流しかけて横倒しに…

6月初旬の緑道

月曜日か。月曜日は気が重いが6月は花があちこちで咲いて目を楽しませてくれるのが救い。 青い。 徳川将軍家のやつだね。 クレマチスが星のように咲いている。 葱の臭さ、ギガンチウム。ドライフラワーにはならないことがわかった。 これほど花を咲かせ続け…

鉢作家さんとの物々交換

Instagramを始めて良かったこと。それは作品を購入したいという引き合いが6件ほど来たこと。私は自分が欲しいものが売っていないから作っており、小遣い稼ぎで販売目的に作っているわけではない。なのでお伝えしている「譲っても良いですよ」価格は安くはな…

冬虫夏草界の空也上人

だいぶクラッスラ「玉稚児」が育ってきた。 団子虫らしい黒い甲殻の陶蟲夏草鉢で気に入っている。 実はこの陶鉢は西国三十三カ寺巡礼のひとつ六波羅密寺にある空也上人像に触発されて作っている。 全く似ていないけれども、団子虫を苗床に何本も枝分かれして…

琴爪菊の開花と展望。

無事に琴爪菊が咲き始めてくれたけれども形がなんともよろしくない。横から見て後頭部に日が当たるように置いてしまっていたからだ。 薄桃色の花を咲かせる多肉植物は少なくないだろうか。薄い緑と薄桃色の花の組み合わせもなかなか良いものだ。 これも顔の…

ユーフォルビア「九頭龍」鉢制作備忘録

ユーフォルビア「九頭龍」陶器鉢制作備忘録 仕様 タコモノと呼ばれる触手形状を引き立てる 緑の肌が引き立つコントラストのある釉 根が伸びる適度な深さ 轆轤で挽くだけの幾何的形ではなく有機的な手作りの形状にする よく見てイメージを膨らませる。 5月13…

流泉紅葉玉仕立て

何年か前のこと、大宮盆栽村で優雅な枝垂れ紅葉の大きな苔玉を見かけた。数万円となかなか手の届かない値段だったが記憶に強く残っていた。 オザキフラワーパークで枝垂れ性の流泉紅葉が1株2000円ほどで売られているのを見つけてこれは自作するしかないと思…

日本一の称号を送りたい京都の秘密基地植物園カフェ

多肉植物、サボテン、ドライフラワーの宝庫 草食獣の標本に溢れている 店内装飾と商品を兼ねた構成 絵画やイラストなども好み 食事の味も盛り付けも皿も素晴らしい 芸術的でフォトジェニックな豪華スイーツ 珈琲まで美味しい 夜はバー営業も ひとことで言う…

陶製水耕栽培水槽蓋遺跡 制作備忘録

こんな感じのものを新しく買った水槽の内寸法に収まるように作ろうと思う。 仕様 19cm x 20cm、19cm x 23cmの2ピース フックで水槽の淵に引っ掛けられるように 上段と下段の立体感を出し、上段は水面上、下段は水面下になるように水位調節する 穴を6つほど開…

エケベリア各種 X パキポディウム鉢の開花

たまには多肉植物の記録を残そう。 水少なめに管理したパキポディウム型鉢に植わっているエケベリア各種が彩豊かになっている。 2株が開花。 夏になると似たような緑色になってしまうのだが冬から春にかけては紅葉してそれぞれの異なる個性で色が増す。 また…

かいぼりで清水を取り戻した井の頭公園

無職になると公園に引き寄せられる頻度が上がる。天気が良いとその気持ちよさを味わえそうな所はどこかと考えてどの公園に今日は行こうかと楽しく迷う。 井の頭公園の初夏は気持ちが良い。 かいぼりを定期的に行い、泥を浚い、底を天日に干し、外来生物を駆…

起床してまどろみながら眺められる水槽作り

朝、頭が回るまでぼうっと眺める癒しの水槽作り - 寸法をしっかりと計測し、12%の伸縮率を見込んで陶製遺跡水槽蓋を作る。 - モスクに加えて橋、神社の鳥居、見晴台などを作る - 角に設置する取水口カバーも陶遺跡で作る - 少しお高くても綺麗なメダカを導入…