読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宴の痕

思索

中国人の同僚が特別な家族の集いにいつも利用するという広東料理店に連れて行ってくれた。さすが食は広州に有りというだけあって上海や北京で食べるよりどれも美味しかった。


しかし後生だから、食べきれる分だけ注文してくれ。


そう言ったにもかかわらず中国人の同僚は食べられる以上の注文をしてしまい、後にはたくさんの料理が皿の上に残された。


本当にやめてほしい。せっかくの美味しい料理が最後で台無しになる。食物への感謝を忘れた傲慢で飽食の醜い人間だと自覚してしまうから。実際にそうなのかもしれないけど、現実から目を逸らしたいのだよ。