酔鯨酒造 酔鯨純米生詰原酒

1872年から続く土佐、高知の酒蔵で「酔鯨」の名前は藩主山内容堂が自ら名乗っていた鯨海酔侯からきているとのこと。


引用-“旨みが有りながらもキレが良く”、“香りおだやかな”お酒が目標です。吟醸酒においても、おだやかな香りと後味のキレ(ほどよい酸味)を大切にし、お料理の良さを引き出しながら杯を重ねられるお酒に仕上げております。-酔鯨酒造


日々の晩酌の友、食前酒を目指しているだけあって幅広い料理に合わせやすかった。流石。料理と喧嘩する強い芳香もなく、辛口で好み。迷ったら酔鯨、常備しておきたい銘柄とも言える。一升瓶を購入して我が家であれこれ楽しんだ。


美味しく合わせられた

  • 真子鰈の煮付けなどの甘辛い醤油味の料理
  • 若鶏のカシューナッツ炒め
  • スペアリブのマーマレード煮
  • ほうれん草や隠元豆の白和えなどの惣菜
  • 鮭の京風粕汁
  • 泥鰌の柳川鍋
  • 蛸と梅干しの土鍋御飯
  • 白米と味噌汁

よりけり

  • 刺身も合うが、相性が悪い時もある。魚が生臭いとそれを引き立ててしまう時もあり。