読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高円寺阿波踊り

高円寺

f:id:mangokyoto:20160827002754j:plain

初めての阿波踊り。高円寺には50ばかりの「連」と呼ばれる団体があり、それぞれの意匠、振り付けで一群となって踊り過ぎていく。大きい連で100人程度、30から40人ぐらいのものが多いらしい。

 

f:id:mangokyoto:20160827002819j:plain

素晴らしいのが、踊り子さんが眩しい笑顔なこと。愉しそうな姿に見ているこちらも愉しくなってくる。息子を連に入れたい。

 

f:id:mangokyoto:20160827002900j:plain

鐘を叩く人は踊り子やお囃子を調和させるオーケストラにおける指揮者にあたる要職なのだそうだ。
 
昔は高円寺の子供達は夏休みに入ってから踊りを覚え始め、毎日1時間の練習で覚えて本番に踊りに出るなんてことが可能だったがPTAが踊り場に入り込めなくなってからはなくなってしまったようだ。

f:id:mangokyoto:20160827004450j:plain

今では普段から練習に出ない人は踊れないなどのルールを設けている連も多く、少なくとも新しく参加して本番に出るには春から4ヶ月の練習は必要だろうとのこと。一応、当日参加のにわか連というのはあり、30人程度の狭き門に入れれば当日参加でも入れるらしい。
 
息子を連に入れるなら、まずは父が入るべきだろうか。