すべての理不尽を供養したい羊菩薩鉢

5月下旬 造形4時間

こうしてる日々もウクライナでは一般市民が殺されているわけで、それが当たり前の日常になってしまった。

 

私はルーマニアに住んだことがあり隣国ウクライナウクライナ人に一宿一飯の恩を受けたこともあるから親近感から心を痛めている。リビウの彼女はまだリビウにいるのかもわからないし連絡先も知らない。パレスチナで民間人が殺されても無関心なくせに自国の損得勘定、人種差別、都合の良い正義感だろうと中東の人が憤るのも否定しようがない。パレスチナには行ったことがないし知り合いもいないがウクライナにはいる。想像力が及ばない所に気持ちは動かない。勝手なことだ。

f:id:mangokyoto:20220529201507j:image

某隣国北の国でも、ヒマラヤの方でも、アフリカでも。様々な国で理不尽に人は殺されてきたし、今も殺されている。

 

東日本大地震では多くの聴覚障害者の方々が警報や地震などの音を聞き取れず避難が遅れて亡くなったなんて話は知らなかった。

秀吉に焼き払われた粉河寺、根切りに遭った武田信勝や多くの戦国武将、平泉の藤原家、義経石巻、数多の鹿、廃鶏。ここ最近は大勢のいきものが理不尽に殺された跡地を巡ることが多かった。

理不尽に殺されたすべてを供養したい気持ちから羊頭の観音菩薩っぽい何かを作りたい衝動に駆られた。
f:id:mangokyoto:20220529201500j:image

畜生は悟らないし成仏もしないとも聞く。しかし家畜の供養塔はあるから供養の対象だし仏性はあるのではないかと勝手に思っている。

 

首は長くして体格は擬人化してある。仏の顔は作れる気がしなかったので羊にした。布を纏っているのか、毛皮なのか曖昧にしたい。仏像の印を意図したがキリスト教の聖人のポーズのようにもなった。宗教も曖昧で構わない。

f:id:mangokyoto:20220530085849j:image

支えをつけ、立つようにするつもりだ。水平に置いてあるものの写真を回転させた姿を見ると、壁掛けにするのも有りかもしれないとも思う。静謐な雰囲気になりそうだ。中はくり抜いてあるのでエケベリアなんかを葉が正面を向くように植え込んで育てたいと思う。

f:id:mangokyoto:20220529203120j:image

衝動に駆られて作る時は速い。4時間ほど没頭して一気呵成に造形が終わった。中をくり抜かないともっと速く作れるのだろうけれども、少し乾いて固くなってからくり抜くと時間がかかる。まだ細かいところをいくらでもいじれるが、敢えてもうこれ以上は触らないことにする。しっかり乾燥させ、素焼きして白い釉薬を掛けて焼こう。

 

f:id:mangokyoto:20220604194908j:image

翌週、乾燥加減を確認。脚が適度に乾いて立てるようになった。
f:id:mangokyoto:20220604194912j:image

後ろに寄りかかれる台が必要。ここに光輪を嵌めれるようにしようと思うのだが光輪は木に彩色するか、陶器で作るか悩みどころ。

 

6月初旬 作業時間1時間。

f:id:mangokyoto:20220612184412j:image

肩を左右ともに撫で肩に修正。さらに下部に水抜き穴をポンスで開け、土台の表面も岩のように荒らす細工を施した。

腰から下だけに鎬を入れて毛並みのようにした。しかし服を着ているようにしたいわけでもない。曖昧にしたい。
f:id:mangokyoto:20220612184416j:image

S字。もう少し顎を引いた感じでも良かったかもしれない。もう遅い。
f:id:mangokyoto:20220612184420j:image

腕の下に穴を開けてそこから多肉植物を植えられるようにした。土を入れずに一輪挿しのように小さな野花を入れるのでも良い。

 

7月下旬

f:id:mangokyoto:20220730181045j:image

素焼きするのに1ヶ月近く窯待ち。印象が少し変わる。
f:id:mangokyoto:20220730181039j:image

無事に素焼きできた、と言いたいところだが右の角がかなり下がってしまった。こうなるともうどうしようもない。その歪みも受け入れて愛するしかない。
f:id:mangokyoto:20220730181042j:image

マグネシヤマット釉薬を筆塗り。連結部分には塗らないように注意。
f:id:mangokyoto:20220730181049j:image

そして油断して小窯の高さを考慮していなかった。手前左側が子窯の天井が一番高いのでギリギリそこならば入ることが判明。危なかった。

 

8月初旬

無事に窯出し。2cm近くも縮んだだろうか。

f:id:mangokyoto:20220806154450j:image
f:id:mangokyoto:20220806154501j:image

顔まわりの釉薬が薄かったとみえて、あまり白く釉が発色しなかった。筆塗りは雑に急いで塗るとこうなる。どこを2度塗りしたのか忘れたのだろう。また釉薬を塗って2度目の本焼成をするかどうか微妙なところ。
f:id:mangokyoto:20220806154505j:image

ゼラニウムの花を摘んで差してみた。ちょうど左前脚で花束を抱え持つように見える。
f:id:mangokyoto:20220806154453j:image

やはり多肉植物を植え込みたい。小さなロゼッタ型のエケベリアが合うのではなかろうか。
f:id:mangokyoto:20220806154457j:image

背中の穴にフックを引っ掛けると壁なんかにも取り付けられる。なんだか壁掛けの方が良いかもな。
f:id:mangokyoto:20220806154445j:image

庭の樹にさりげなくぶら下げたり、室内のどこかの壁に掛けたり。立たせるよりも壁にかけたい鉢だ。

 

全ての理不尽の供養に祈りを込めた羊菩薩鉢。技術力が拙過ぎて思い描くものの40%の仕上がりにしかならなかった。それでも造る。技術力を磨いてまた後年造る。

高円寺の蓮寺「長善寺」で蓮葉の美枯に出会う

f:id:mangokyoto:20220724092637j:image

高円寺で一番の蓮寺と聞かれて思い浮かべるのはここ「長善寺」。
f:id:mangokyoto:20220724092632j:image

もう盛りは過ぎてしまって蜂巣になっている鉢が多かったけれどもいくつか美麗な花を拝めた。
f:id:mangokyoto:20220724092649j:image

墓地の裏手に回ると蔵の壁に見事な鳳凰の鏝絵。その下に蓮が咲き乱れていたらさぞかし美しい光景だったに違いない。
f:id:mangokyoto:20220724092646j:image

苦手な人には苦手らしい。
f:id:mangokyoto:20220724092634j:image

近景
f:id:mangokyoto:20220724092643j:image

遠景
f:id:mangokyoto:20220724092640j:image

今回、心動かされたのが葉の美しい枯れ方。緑から葉脈の構造を想像させるような形で浸食するように黄色に、そして茶色に変色していく。
f:id:mangokyoto:20220724092626j:image

こんな蓮の葉の移ろいを6枚の連皿、組皿に落とし込んだら面白そうに思う。
f:id:mangokyoto:20220724092629j:image

ここまで周辺が枯れながらもそんなことも気に留めないように生命力を保つ中心部。葉が全て黄色になり、茶色になっていく訳ではない。全面が緑の葉よりも印象的で美しく思えた。

 

蓮は仏教で人生の例えに使われる。泥の中から葉を茂らせ美しい花を咲かせ枯れてゆく。

 

葉を一つとっても「枯れ」が「老い」だとしたら広範囲の葉の緑が失われようとも芯となる葉の美しさは失われることなくむしろその対比からより輝き引き立つ。若さに根ざした能力は失われていってもその人を特徴付ける中心的な能力や魅力のようなものはむしろ引き立つ。そうなるように生きろ。そういうことを暗示しているのか。

風船山羊鉢 X アロエ「クリスマスローズ」の開花

f:id:mangokyoto:20220724074531j:image

私が風船山羊鉢と名付けたよくわからない鉢に植え込んだアロエクリスマスローズ」に花が咲いた。秋冬に花を咲かせるアロエが私の家の周りには多いのだが、この冬らしい名前のアロエは夏に花が咲く様子。
f:id:mangokyoto:20220724074521j:image

背後から見ると変哲のない鉢に南国情緒のある植物と花の姿。「クリスマスローズ」という名前がアロエにとっての季節はずれの名前なのだ。
f:id:mangokyoto:20220724074518j:image

膨らませられたかのような山羊。
f:id:mangokyoto:20220724074528j:image

秋冬にはもっと紅くなるのだが夏でも葉の縁の禾が紅い。

f:id:mangokyoto:20220724074524j:image

我が家に来て3年ほど経つが、初めての開花ではなかろうか。しかも完全に夏型開花株。

アイベックス鉢 X フェルニア「修羅道」

f:id:mangokyoto:20220716221016j:image

朝の光線を浴びて少しばかり神々しい荒ぶる山羊鉢。雄々しい。
f:id:mangokyoto:20220716221020j:image

フェルニア「修羅道」を背負っている。土がそんなにたっぷりと入るわけではないのだが元気に育ってくれているようだ。
f:id:mangokyoto:20220716221013j:image

フェルニアは星型の奇抜な花が咲く。しかも臭い。咲いた位置が肛門のようで苦笑。

 

毒々しい魔界の花のような品種が欲しい。スタペリア・ヒルスタが私にとっての憧れの魔界の花。

f:id:mangokyoto:20220716234609j:image

いかつい。妖しい。美しい。そして多分、臭い。その臭さもやみつきになるクセのある臭さかもしれない。

多肉植物の花々。「カンパニュラータ」「美尼王妃晃」

f:id:mangokyoto:20220716213854j:image

去年はコチレドン「カンパニュラータ」が咲いたのが6月なので今年は少しばかり遅いらしい。例年以上だった春の寒さが影響しているのだろうか。
f:id:mangokyoto:20220716213904j:image

なんだか愛着の湧いてきた地味な黄花。十時に開くその形も個性的。
f:id:mangokyoto:20220716213907j:image

まだまだこれから咲く蕾も控えている。
f:id:mangokyoto:20220716213857j:image

エケベリア「美尼王妃晃」も元気な色の鈴蘭状の花を咲かせてくれた。
f:id:mangokyoto:20220716213901j:image

去年の花芽を切らずに残している。5年ぐらいしたら10本ぐらいの枯れた花芽が飛び出た姿になってくれるか。
f:id:mangokyoto:20220716213851j:image

コロナがまた感染拡大しているので転職先でも在宅勤務を増やしていこうかと思う。在宅でないと多肉植物の花が日中に咲いている様を存分に楽しめない。

多肉植物の花々 達磨臥牛とセトーサ

f:id:mangokyoto:20220702094450j:image

ガステリア「達磨臥牛」に花芽が伸びていた。
f:id:mangokyoto:20220702094434j:image

もう咲いた後かと思った。そういえば臥牛の花ってどんな感じだったっけ。
f:id:mangokyoto:20220702094429j:image

エケベリアのような鈴蘭型の花が咲くような気がしていたが、ヒョロリと長い花芽に鮮やかな朱色の花が咲いた。
f:id:mangokyoto:20220702094446j:image

ガステリア、ガスター10、ガストロノミー。「胃」の形の花を咲かせるからガステリアではないか。そんな基礎的なことを花の形を眺めながらなるほどな、と思う。僅かな短い花期の花の形から属名を付けるほどに命名者には胃の形の印象が強かったのだろう。
f:id:mangokyoto:20220702094438j:image

陶器鉢に植える間もなく今年も咲いてしまった。鉢の土量は少ないのだが立派に咲くものよ。
f:id:mangokyoto:20220702094454j:image

ようやく数点ほど陶器鉢が焼きあがったがこの熱帯夜の日々に植え替えは避けたい。
f:id:mangokyoto:20220702094441j:image

 

多肉植物の花は総じて大輪ではなくいじらしい小さな花が多いけれども、咲くと嬉しい。同属同科の仲間が少なすぎて繁殖させられない空撃ちで申し訳ない。

紫陽花を愛でて干して

f:id:mangokyoto:20220702091902j:image

我が家の紫陽花が今年も楽しませてくれた。
f:id:mangokyoto:20220702091937j:image

なんという品種だったか。確か「卑弥呼」だったと思う。萼の塊一つ一つが花のようで賑やか。花弁のように見える萼片一つ一つの尖った形も好みだ。
f:id:mangokyoto:20220702091928j:image

赤味が差した紫も綺麗。
f:id:mangokyoto:20220702091933j:image

これも頃合いを見て干そうかと思う。
f:id:mangokyoto:20220702091918j:image

「墨田の花火」もかなりあちこちの花壇で見るようになった。

f:id:mangokyoto:20220702093315j:image

手鞠状に咲く西洋紫陽花の青さが目を引く。
f:id:mangokyoto:20220702093325j:image

f:id:mangokyoto:20220702093342j:image

なんとも極彩色な一景。日本画的美しさは西洋紫陽花よりもむしろ原種紫陽花に感じる。
f:id:mangokyoto:20220702091858j:image

垂らし込み技法で滲ませたような山紫陽花の原種らしさも良さが感じられるようになってきた。
f:id:mangokyoto:20220702091924j:image

額の立派な紫陽花。
f:id:mangokyoto:20220702091908j:image

白く豪勢な柏葉紫陽花。ドライにしてやろうと目をつけて待つこと3週間。
f:id:mangokyoto:20220702091914j:image

かなり緑になってきたのでそろそろ良さそうだ。これを吊るして乾かす。ここ数日の熱波で水分が抜け気味の良いタイミングで収穫できたと思う。
f:id:mangokyoto:20220702091942j:image

洗面所が爽やかになった。

 

例年より早い梅雨明け、渇水、猛暑。足掻くように目で涼をとる。