パリからの日帰り遠足に穴場、シャンパーニュの旧首都プロヴァン。

 f:id:mangokyoto:20190310103925j:plain

Provinsというイル・ド・フランス県の南東部の小さな街へ出掛けた。シャンパーニュ伯爵領の首都として栄えた中世の商業都市だそうだ。プロヴァンというと南仏のプロヴァンスと勘違いされることが多く、パリに住むのが長くとも知らない人は案外、多い。

 f:id:mangokyoto:20190310220841j:plain


11世紀の街並みを残している世界遺産の小さな城塞街なのだと説明しても、ふうん、そんな所があるなんて聞いたことがない、と反応されることが多かった。

 f:id:mangokyoto:20190318223056j:plain

f:id:mangokyoto:20190310224711j:plain

まずは観光客がそもそもまばらにしかこの終着駅では降りなかったこの街で、さらにその数人が向かう方向とは逆の新市街にある古い教会から訪れてみた。

 f:id:mangokyoto:20190310202837j:plain

ルネサンス期を思わせる巨大なフラスコ画を装飾する木製の祭壇。大きく割れることもなく、まだ油分を含んでいるような艶を持っている。このレベルのものが、さほど知名度もない観光地街の外れにある教会にあるのだから全体の美術芸術の裾野の広がりと分厚さを感じさせる。

 f:id:mangokyoto:20190310202943j:plain

f:id:mangokyoto:20190310202955j:plain

浮かし彫りの木彫画も見事なものだ。

 f:id:mangokyoto:20190310202854j:plain

この街中で2、3箇所の教会を回ってみたものの、ここほど立派な装飾や絵画、ステンドグラスを備えた教会はなかった。

 

このステンドグラスの左端の一角だけでも家の大広間の窓にでも掛かっていたらさぞ素晴しかろうに。宗教画を無理に日本の木造住宅に嵌めるぐらいならば、和風柄のステンドグラスを作って家の内庭に向いた窓に嵌めたい。輪郭はさほど細かくないし、顔や細部を画家の友人に描き込んでもらったら見応えのあるものになるのではなかろうか。

 

抽象画のようなステンドグラスも見たが、輪郭だけで描いたこのステンドグラスの作風は初めてかもしれない。精緻に作り込まれたゴシック教会建築に抽象化され過ぎた図案は合わないと思っているのだが、これはその匙加減が丁度良いのではないか。

f:id:mangokyoto:20190310203125j:plain

横廻廊のステンドグラスはこれまた作風がガラリと変わり、並ぶ三窓が連続とした色合いになっていてこれもまた遠目から見て素晴らしかった。


 f:id:mangokyoto:20190310205117j:plain

教会を出て、坂道を登り新市街へ。城壁に囲まれた典型的な城塞都市へ。テラコッタの屋根にはこんもりと苔が群生している。ここまでのコロニーがテラコッタのような無機物の上に育つにはどれだけの年月が必要だったのだろうか。

 f:id:mangokyoto:20190310221649j:plain

丘の上の広場を囲むようにレストランが並んでいた。ここらの家屋は木組みが露出していて、少しドイツやオランダ的雰囲気がある。木組みと土壁の間が剥離して隙間が生じたりしてないところを見ると寒暖差と乾湿差が少ないのか。いや、経年後にメンテナンスを重ねて隙間に壁を詰めたからかもしれない。


f:id:mangokyoto:20190310134847j:plain

サラダ、ガレットとクレープのセットを食べた。12€。ガレットにはほんの少しばかり辛いチョリソーとブリーチーズが挟まっている。ブリーチーズはここら一体の名産らしく、ガレットが一段とクリーミーな味わいになって美味しかった。 f:id:mangokyoto:20190310215714j:plain

f:id:mangokyoto:20190310135701j:plain

クレープもこれまた絶品で、山盛りの生クリームを別で出してくれるのが有り難かった。クレープよりも生クリームのほうが甘みが少なく軽く、たっぷりと生クリームを食べられてしまって危険この上ない。

f:id:mangokyoto:20190310221342j:plain f:id:mangokyoto:20190310221350j:plain

f:id:mangokyoto:20190310221430j:plain

Provinは薔薇の産地として有名だそうで、薔薇を使った土産物が並ぶ。薔薇の香水、薔薇の石鹸、薔薇のコンフィ、薔薇の塩、薔薇のキャンディ。

 f:id:mangokyoto:20190310223417j:plain

思わず薔薇のマスタードを買ってしまった。美味いのかね。帰国したら、低温真空調理したハラミステーキと合わせてみようか。

 f:id:mangokyoto:20190310211100j:plain

城壁の外には緑の穀倉地帯が広がっていて長閑だった。城壁の階段に腰掛けて30分ほど放心する。この頃は誰から身を守っていたのか。

f:id:mangokyoto:20190310211254j:plain

三月のパリ周辺にしては珍しい快晴。


シャンボール城内装。玉座、王冠、鹿の角。

f:id:mangokyoto:20190309175703j:plain

 この窓を見た際に、シャンボール城は居住性が悪かったとの説明が腑に落ちた。こんな窓を毎朝、自分で開けたくはないし、眩しいから閉めたり、寒いから閉めたり、手を加えるのにいちいち誰かに指示をしないといけないなど面倒極まりない。

f:id:mangokyoto:20190309180623j:plain

 見せびらかすには素敵な陶製の暖炉だけれども、このお宝のような暖炉を各部屋に設置して大量に薪をくべないといけないとなると考えもの。

f:id:mangokyoto:20190309180028j:plain

銅製鍋がサイズごとにずらりと並ぶ様は見ていて気持ちが良い。

f:id:mangokyoto:20190309180714j:plain

キャス・キッドソン。Cath Kidston。もう、それにしか見えない。

f:id:mangokyoto:20190309180803j:plain

 こちらもキャス・キッドソン系。見上げると絶妙に甘い濃ピンクと青の乙女の絵が掛かる。童話のような、少女漫画のような城住みの女の子たちの部屋。

f:id:mangokyoto:20190309191623j:plain

そしてこちらは王の間。

f:id:mangokyoto:20190309181440j:plain

こんな形の植木鉢を作ってみようか。金の王冠躯体はラスター光彩釉で、そして赤い布地部分を鉢にしてそこから多肉植物が十字の下から這うように育っていく。

f:id:mangokyoto:20190309180945j:plain

 賑やかな玉座

f:id:mangokyoto:20190309181056j:plain

 これぐらい立派な椅子がやはり玉座に相応しい。鮮烈な紅色のバラードに王家の紋章。金塗りの椅子は肘掛けの先が狩猟犬の顔となっている。多分、手持ち無沙汰に犬の顔を撫で回したくなってしまうのだろうな。

f:id:mangokyoto:20190309191756j:plain

どや。ルイ十四世はここで産まれたそうな。太陽王と言われるとそれらしい派手な出で立ち。

f:id:mangokyoto:20190309181213j:plain

これが玉座ですって?!!ここはお墓よ。あなたとあたしの。」

f:id:mangokyoto:20190309184928j:plain

ワインテイスティングをさせてもらった回廊には狩猟した鹿類のハンティングトロフィーがずらりと飾られていた。

f:id:mangokyoto:20190309184936j:plain

ヘラジカや大角鹿、レイヨウなど様々な種類。年代は1960年代や1970年代のもので、別に礫器的なものでは全く無いようだ。フランソワ1世の時代には狩猟の拠点として使われていたという話なので、かつてもこのように骨が並べられていたのかもしれない。


2時間では足りないぐらい見所に溢れていた。本当は2時間ぐらい持ち込んだ小説を読んだり、カフェでお茶したりしてゆっくりと雰囲気を味わいたかった。 

王の放蕩と見栄の不実用。シャンボール城

 週末にやることがないので世界遺産にもなっているシャンボール城とシャノンソー城を巡るバスツアーに申し込んでみた。片道2時間半。

f:id:mangokyoto:20190309194114j:plain

 

フランスで言うところの京都鎌倉のようなところだろうか。パリに都が移る以前、15世紀の政治の中心地で城が次々と建てられたロワール渓谷地域。その中でも最大の城だそうだ。

 

f:id:mangokyoto:20190309193410j:plain

塔が街のように林立する姿は迫力がある。

f:id:mangokyoto:20190309182848j:plain

シャンボール城は権勢を内外に示すために建てられたものの、フランソワ一世は狩猟の時など数回、在位中合計7週間ほどしか滞在していないのだという。街からも街道からも遠く、その不便さから滞在の度に2000人分の食糧、家具や調度品を運び入れる必要のある不便な代物だったらしい。見栄を重視した高い天井、大きな窓の為に暖房は効かず居住性は悪かったとか。なんだかその「用の美」の無さに興醒めしてしまった。

f:id:mangokyoto:20190309180231j:plain

 あたかも、何百年もの間、壮麗な調度品で彩られて使われてきた城のように思ってしまう。しかし実態は無人の期間が長く、近現代になって美麗に修繕された城とも言える。日本の木造建造物ならば廃墟の間にそれこそ朽ちてしまうが、石造りの建造物はストックとして残る点は何とも羨ましい。

f:id:mangokyoto:20190309181658j:plain

 レオナルド・ダ・ビンチを食客に招き、設計にも関与してもらったと言われるのがこの両者がすれ違うことなく昇降できるという二重螺旋階段。内側が柱だけで目隠しの壁がなければもっとドラマチックになったのではなかろうか。

f:id:mangokyoto:20190309175321j:plain

 

f:id:mangokyoto:20190309191222j:plain

本丸の主塔は黒石で装飾的に作られている。

 

f:id:mangokyoto:20190309182257j:plain

ヴォールトが見事。

f:id:mangokyoto:20190309191230j:plain

 

f:id:mangokyoto:20190309182422j:plain

 

f:id:mangokyoto:20190309191118j:plain

この尖塔の屋根の形には惹かれる。そのまま多肉植物を植えられそうな形をしている。これが数本林立していたら面白いかもな。

 

f:id:mangokyoto:20190309181832j:plain

職人の技を感じさせる整然とした石板葺。凸型に湾曲させながら葺くのは大変そうだ。

 

f:id:mangokyoto:20190309191328j:plain

お前のことも忘れてはいないよ。

 

ギメ東洋美術館からの作陶インスピレーション

f:id:mangokyoto:20190304233943j:plain

 

f:id:mangokyoto:20190304233949j:plain

 

f:id:mangokyoto:20190305001359j:plain

この形を轆轤で挽きたい。

 

f:id:mangokyoto:20190305001258j:plain

やはり多肉植物には原始的で力強い縄文式土器は似合うと思うのだよな。

 

f:id:mangokyoto:20190305001305j:plain

耳はこうなっているのか。三角状になっていて素焼きで紐を通して吊り下げても壊れないように強度が出ている。

f:id:mangokyoto:20190304231145j:plain

この卵型も多肉植物を合わせてみたい造形。

f:id:mangokyoto:20190304232006j:plain

シンプルで荒々しくても不思議な迫力が宿った土偏。こういう類のものを10分で連続10個とか作ってみたい。

f:id:mangokyoto:20190304231850j:plain

青銅のような陶肌を作れるようになりたい。青銅釉、青銅マット釉、トルコ青マット釉、緑青釉、とそれらしき名前の釉薬は数あれど、どれも違うのだよな。均一なケミカル過ぎていて有機的な質感に乏しい。

 

f:id:mangokyoto:20190304231623j:plain

この尻尾の立ち方、耳の立ち方は日本や韓国の犬の特徴のよう。

f:id:mangokyoto:20190304231743j:plain

鹿を作るときに、足回りの参考にしたい。

東洋美術の宝庫、国立ギメ東洋美術館。

巨大なナーガ像やリンガなど石像が林立するギメ東洋美術館。そういえばインドシナはフランス領だったと思い出させる展示の数々。

f:id:mangokyoto:20190304233549j:plain

アンコールトムを彷彿とさせる巨大な顔。

f:id:mangokyoto:20190304233133j:plain

その裏は鉄柱で支えられていてハリボテ状態。石造りの塔の表面を覆うように彫り込まれていた表層を綺麗に剥いできたのだな。カンボジアのどこかには表面を剥がされて無残な塔が残るわけか。痛々しい。

f:id:mangokyoto:20190304231546j:plain

 

f:id:mangokyoto:20190304231401j:plain

素朴で味のある猿。手の長さが良い。

f:id:mangokyoto:20190304230924j:plain

古代中国の青銅製の祭器。牛や鶏、兎は見たことがあるけれども象は初めてだ。古代中国に象は既に南方から連れてこられていたのか。

 

f:id:mangokyoto:20190304225424j:plain

残像。

 

f:id:mangokyoto:20190304225522j:plain

豚か犬か。

 

f:id:mangokyoto:20190304225026j:plain

インドからも石像があれこれ。

f:id:mangokyoto:20190304225043j:plain

表現したいものが清々しいほどに明快。「くびれ」。

 

f:id:mangokyoto:20190304234512j:plain

 

f:id:mangokyoto:20190304233723j:plain

ギメ東洋美術館はガンダーラ美術の質の高さでも有名だそうだ。この頃の仏像はデフォルメもされておらず時代が下った小乗仏教の尊顔よりも写実的。鼻の高さと彫りの深さはまるでアジア人と欧米人のハーフのような塩梅。

 

f:id:mangokyoto:20190304233840j:plain

 

f:id:mangokyoto:20190304233432j:plain

 

丸みを帯びていながら鼻筋は通っていて、なんとも優しげな表情。ガンダーラ美術は好みの一ジャンル。滋賀県のミホ美術館の巨大なガンダーラ石仏も素晴らしかったっけ。

 

f:id:mangokyoto:20190304234010j:plain

アフガニスタンで見つかったとはなかなか信じがたい。ヘレニズム文化だとかガンダーラ美術を知ると、本当に東は中国から西はローマまで繋がっていたのだな、と実感できる。現在よりも遥かに旅程は険しく不便で時間もかかっただろうに、あの長距離を交易が繋いでいたなんて壮大な話だ。そんなシルクロード交易を題材にした面白い小説はないものか。今度探してみよう。

f:id:mangokyoto:20190304233359j:plain

ちょっと待ってくれ、説明してくれ、という像。

 

 

ギメ東洋美術館で国宝級美仏三昧。

ギメ東洋美術館は仏像が衝撃的だった。

f:id:mangokyoto:20190304225650j:plain

f:id:mangokyoto:20190304225701j:plain

f:id:mangokyoto:20190304225801j:plain

f:id:mangokyoto:20190304225813j:plain

f:id:mangokyoto:20190304225943j:plain

f:id:mangokyoto:20190304232934j:plain

等身大よりもさらに大きく、しかも陶仏。焼成時の歪みもなく、釉垂れもなく。3つも4つも焼成して1つ取れるかどうかという難しさだろうに、それでいてこの大きさ、造形。奇跡に近い。

f:id:mangokyoto:20190304233041j:plain

数百年の昔にこんなにもデッサンの正確な写実的な表現の像が作られているなんて。

f:id:mangokyoto:20190304233000j:plain

f:id:mangokyoto:20190304232821j:plain

とびきりの美仏が一画に集められている。この一室だけで30分は動けなくなった。

f:id:mangokyoto:20190304232756j:plain

朽ちて褪せてなお、色彩が素晴らしい。

f:id:mangokyoto:20190304232852j:plain

間違いなく、白眉はこの像だろう。10世紀から11世紀の作と聞いて昏倒しそうになる。

あの時代にこれほどの作品が生み出されていたなんて。

日本では平安時代中期。日本にもこの時期に素晴らしい仏像はあるが、棒立ち姿勢のものが多くこの柔らかな姿勢は別次元な表現かと思う。

f:id:mangokyoto:20190304232725j:plain

この大きさでありながら一切の欠損もなく完璧なままで残っている。

f:id:mangokyoto:20190304234233j:plain

背後からも拝めるように配慮されていて素晴らしい展示。


もう眼福。来てよかったギメ東洋美術館。しかもルーブル美術館と違ってアジアからの観光客はあまり足を向けないので静かにゆっくりと鑑賞できる。貴方達の国の至宝はここにあるんだよ、と叫びたくなる。


ギメ東洋美術の日本美術あれこれ。鷹が秀逸。

 ポンピドゥーセンターが全くの肩透かしで消化不良の気分だったのでギメ東洋美術館をハシゴした。実業家でもあり東洋美術収集家エミール・ギメのコレクションを母体にルーブル美術館の東洋美術部門が統合された国立東洋美術館。実態はルーブル美術館の東洋美術館別館。

 

世界の覇権を争った帝国。アメリカのメトロポリタン美術館しかり、大英帝国博物館しかり、ここフランスもアジアが近代化の混沌期にある中、国宝クラスの美術品を数多く入手している。悲しいかな、ベトナムや中国で見られる以上の作品がメトロポリタン美術館にあった。おそらく、ギメ東洋美術も。

f:id:mangokyoto:20190305000404j:plain

この日はたまたま、日本美術の特別展が催されており興福寺地蔵菩薩と仁王像の計三像が展示されていた。吹き抜けのホールに放射状に展示され、なんともカッコよく収まっている。

f:id:mangokyoto:20190304230459j:plain

ライティングも完璧。暗闇の中に迫力ある筋肉造形が浮かび上がっていた。興福寺美術館の展示よりも上手なのではなかろうか。

f:id:mangokyoto:20190304230536j:plain

 

f:id:mangokyoto:20190305000506j:plain

柱の女人像は美術品として鑑賞したら良いのか、建築装飾として鑑賞したら良いのかわからないほど。造形が同じように思えるので心柱を鋳型で複製した石膏像で覆っているのだろうか。

f:id:mangokyoto:20190305000804j:plain

酒井抱一水墨画があった。

f:id:mangokyoto:20190305000836j:plain

この達磨も好きだな。陶器に象嵌で模写したい。

f:id:mangokyoto:20190305001434j:plain

f:id:mangokyoto:20190305001916j:plain

繊細な絵付けの上から豪快に釉薬を流し掛けるという、小心者には受け入れ難い作風の陶器。垂れすぎて絵が消されたら轆轤も飾りも一連の多大な労力が無駄になってしまう。窯出しの緊張感も格別だろう。もしかしたらその瞬間に高揚と陶酔を覚えるぶっ飛んだ作者なのかもしれない。

f:id:mangokyoto:20190305001639j:plain

絵巻物かと思いきや西陣の着物の帯。

f:id:mangokyoto:20190305001703j:plain

 

f:id:mangokyoto:20190305001651j:plain

この美麗な「かな」が全て織られた意匠だなんて信じがたい。滑らかな曲線が全く損なわれていない。無論、正絹なわけで一体おいくらしたのでしょうか。

f:id:mangokyoto:20190305002219j:plain

展示されていた日本美術のなかで最も気に入ったのはこの鷹だろうか。眼光の鋭さと存在感が格別だった。下地が黄ばまずまだ白かった頃はさらにコントラストが強く迫力があったに違いない。

f:id:mangokyoto:20190305002201j:plain

他にも鎧甲冑や大きな有田焼、印籠、蒔絵箱など見事な作品があった。立派な屏風やら国宝源氏物語絵巻の一巻やら、そういうものもあるかと思ったが日本美術は限定的だった。倉庫には大量に眠っているのだろうか。