読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中国の消費市場雑記 上海駐在があればしたいこと

5年前の中国市場は「西を開拓せよ」だったらしい。東沿岸部の猛烈な成長に翳りが見え、まだまだ発展途上の内陸部がこれからの主戦場であると。さらに飽和しつつある大都市ではなく、地方中都市、小都市を攻略しろ、と。

 

それは今でも一部では有効な攻め方なのだろうがeコマースというかオンラインショッピングが一変させてしまっているらしい。

 f:id:mangokyoto:20170425085347j:plain

2017年現在の20代、30代は大都会にいようが地方の小都市にいようがスマートフォンを持ち、同じコンテンツにアクセスする。PCの画面など見ない。製品ブランドの会社のホームページなど見ない。オンラインショッピングサイトの口コミを参考に一日中、どこでもいつでも親指一本で買い物をする。机で、トイレで、昼飯の食卓で。

 

高級品だとか大衆消費財という区分も意味をなさなくなりつつあるらしい。消費者はかなりの速さで「ステータスシンボルなものを買う」から「私が本当に欲しいものを買う」にシフトしつつある。その変化速度は欧州や日本の比ではなく速い。

  

シャオミンのように中国製という愛国心の追い風を受けたブランドも製品の技術刷新が遅れたら途端に勢いを失った。「誤魔化し」が途端にバレ、農村にまで拡散する。

 f:id:mangokyoto:20170425085445j:plain

 

私の中国人同僚も「今時、街で買い物なんてしない。もう何から何までオンラインショッピング。街でお金を払うのはレストランぐらいかな」と言っていた。属性は地方出身のバイリンガル、独身40代女性。中国製で値段の割に質が高いからという理由でごついベンツに乗っている。

 

13億人のマスマーケットの数%を掠め取ろうという発想より、どんなにニッチなターゲットでも規模が大きいと思って、先鋭化した商品サービスを作っていくべきなのかもしれない。

 

偉大な中華文明を築き、サイコで病的な超絶技巧の工芸品を生み出してきた人達でもある。細部に執着して何にでも世界一を目指したい人達でもある。ガサツで薄っぺらい中国人観光客が溢れかえる時代は終わり、変質的なまでに拘りを持った目の肥えた観光客がわんさか溢れかえる時代が来たら、それは面白いかもしれない。日本人が見向きもしなくなった日本の伝統工芸美術品や何かを好む人もいるかもしれない。生半可な手工芸品は簡単に真似されてしまうだろうけど。

 f:id:mangokyoto:20170425085742j:plain

 

文化大革命は多くの伝統や文化を断絶させたと言われる。良いところを見出そうとするならば因習や固定観念を断絶させた側面もある。中国の購買行動は5年で断絶的な変化をしていく。殆どの人は祖父母の貧しい時代など興味がないし、親世代の昔がどうだったかなど気にしない。自分がこれからどう豊かになれるか未来志向だ。過去への配慮の無さが変化の速さに繋がってるのかもしれない。経済発展の為に文化大革命を見越していたのは慧眼とも言える。数千年の文化因習すら整理の対象と捉えるのはそれはそれでスケールがでかい。

 

こと上海に至ってはパクリを超えて日本と同等、あるいはそれ以上の面白いものが出始めている。安いからではなく、日本にない魅力的な商品があるからという理由で中国商品を買い付けるようになるかもしれない。品質が見合えば金を出す目の肥えた消費者も確実に増えている。

 

目が肥えた裕福な懐古趣味の消費者層を背景に数千年の歴史の中から昔の伝統的な工芸美術品や装飾品のこれまた現代人の感性に合うものがどんどん復刻されていく、そんな潮流が生まれてきたらとても私としては面白い。

 

今まで考えたことがなかったが、上海なら海外駐在もありかな、なんてのは本当に今までは一度も思ったことのない変化。

 f:id:mangokyoto:20170425090132j:plain

  1. 中国の明朝、清朝風レプリカ家具
  2. 陶器、窯元巡り
  3. 世界2位の登録数を誇る世界文化遺産巡り
  4. 古鎮、四合院などの中国古民家巡り
  5. 少数民族の伝統民族衣装探訪

 そういえば、少数民族を油彩で描く画家の高さんは元気にしているだろうか。次回、連絡を取ってみよう。

 

 

 

 

上海 アート街区「田子坊」散策

 

 

 

f:id:mangokyoto:20170422191531j:plain

水郷巡りをしたかったけれども、飛行機に乗る為に19時までには確実にホテルに戻らなければならないことを考えると遠出はできない。代わりに田子坊という上海のお洒落な街区を3時間ほど散策した。

f:id:mangokyoto:20170422193038j:plain

小径の上には植物が繁り爽やかな草陰をつくる。アートギャラリーやその延長にあるような店も多い。

f:id:mangokyoto:20170422191716j:plain

色とりどりの兵馬俑人形が観光客の往来を見上げる。そういや、彩り豊かな小便小僧人形がベルギーで売られていたっけ。

f:id:mangokyoto:20170422192536j:plain

紅茶ブランドなのだがパッケージがとても可愛らしく高級感もあり世界観作りが上手。うまくやればTWGのポジションに入ってアジア各国に進出できそう。

f:id:mangokyoto:20170422192243j:plain

デザイン性の高い商品が多い印象。

 

f:id:mangokyoto:20170422193150j:plain

 こういう安いバラマキ雑貨も売っているが、それすら商品選びになんとなくな美意識を感じる。

f:id:mangokyoto:20170422192214j:plain

路地裏に突き当たるとまた異なる世界観。

 

f:id:mangokyoto:20170422192429j:plain

縦横に張り巡らされた小径を突き進むと、時折、突き当たりとなる。そこから先は住居のようだ。

 

f:id:mangokyoto:20170422192326j:plain

なんだか中国の一角らしい景色。

 

f:id:mangokyoto:20170422191600j:plain

洒落たカフェだけでなく屋台の食べ物もちらほらある。現地の人が行列を作っているのはやはりこういう店。カフェは金持ちそうなカップルや外国人が多い。

 

f:id:mangokyoto:20170422191641j:plain

f:id:mangokyoto:20170422190210j:plain

お腹も減ったのでとある路地角の多国籍料理店に入った。外の喧騒と対照的に静かで落ち着いた空間だった。

 

f:id:mangokyoto:20170422190252j:plain

天井と2面がガラス張りの気持ちの良いテラス席もある。

 

f:id:mangokyoto:20170422190331j:plain

 

f:id:mangokyoto:20170422190606j:plain

 

f:id:mangokyoto:20170422190411j:plain

パイナップルをくり抜き、炒飯が詰まっている。弾力のある蝦、甘さが加わる干し葡萄、カシューナッツ、そしてカレー粉。なかなか複雑に豊かな味で予想外な収穫。インドネシアのチャンプルーに近い。パイナップルは殆ど入っておらず甘過ぎない。絶品。中華料理以外も美味しい。これは家で再現できないものだろうか。

 

f:id:mangokyoto:20170422190444j:plain

また暫く散策し、TASTEという雑貨屋兼カフェに入ったのだがここも非常に洗練度が高い。

f:id:mangokyoto:20170422194819j:plain

 

f:id:mangokyoto:20170422195606j:plain

f:id:mangokyoto:20170422195428j:plain

 

f:id:mangokyoto:20170422194940j:plain

チーズケーキは大層甘さが控えめでスフレのようにふわふわとしている。上部はクリームリュブレのようにキャラメリゼされていて少し甘みが強い。日本人が好みそうな日本にありそうなカフェだと感じた。

f:id:mangokyoto:20170422195511j:plain

静かだし、内装に落ち着きがあるし、また次回に来ても良いかもな。二階から空中通路を渡って反対側の建物の中がとりわけ落ち着く。

 

f:id:mangokyoto:20170422194741j:plain

上海もどこにどんな店があるかを把握したら快適な街なようだ。あれいいな、これいいなと購入衝動に駆られるものも多くある。水の臭さも改善されたように思うし、日本食にも困らない。物価が高いのは難点だがエクスパットなら関係ない。

 

田子坊は駅からのアクセスも良く、こじんまりとしているが好みな一角だった。

 

上海で得た陶芸作品の着想

f:id:mangokyoto:20170423122935j:plain
双頭の山羊鉢。殷の青銅器様式で腹にたっぷりと土が入る形状だ。ゴーラムを植えるに最適な大作になりそうだ。釉薬マンガン結晶釉薬で渋く落ち着いた感じにしよう。

f:id:mangokyoto:20170423123016j:plain

 

f:id:mangokyoto:20170423123038j:plain

 
f:id:mangokyoto:20170422194259j:plain

陶片を繋ぎ合わせて再生されたトルソー。染付にも手を出したい。磁器ではなく、あくまで白土に染付をしたい。

f:id:mangokyoto:20170422194336j:plain
なるほど、お碗の異なる曲面を上手く使い分けているのだな。陶器に割らずに綺麗な穴を開けるのが難しそうだ。
 
陶板に絵を描き木枠に嵌めた飾り。
f:id:mangokyoto:20170422194440j:plain
 

 

青磁に鉄絵で龍が描かれた大皿があった。赤土に青磁、さらに鉄絵の金属光沢と滲み。そんな組み合わせの蓋付き高台鉢を作ろうかと思う。

 

 

f:id:mangokyoto:20170422194411j:plain

蝉茸!欲しい。この細さの脚で体を支える形状は陶器では難しく鉄ならでは。

 

 

 

 

上海人民広場 贅沢マッサージ「伊都按摩」

次回上海に来た際に有用な情報として書き留めておく。


毎朝片道50分かけてホテルからオフィスまでタクシーに乗り、1日に9つ会議が入り、それから会食。根暗で無口で引きこもり気質で皮肉な人間が快活で謙虚でヤル気のある前向き人間を演じなきゃならない。きつい。ありのままの自分を見せたら酷い事になることぐらいは人生で学んだ。儀礼として演じなければならない。


少しぐらい自分にご褒美をあげても良いだろう、と自分を甘やかす口実を見つけるのは得意だ。


盲人按摩に行きたかったが、行き方がよくわからなかったので人民広場駅の近くの「伊都按摩」へ。ここはガイドブックやネットにたくさん紹介されている店で、おそらく日本人御用達。市価よりはだいぶ高いのだろう。

f:id:mangokyoto:20170421004508j:plain

自分でローカル向けの店を開拓せずに、外国人観光客向けの店に安易に飛びつくのもひとつの堕落だろう。昔の自分では考えられなかった。

f:id:mangokyoto:20170421004713j:plain

値段は足裏マッサージ1時間、全身マッサージ1時間の合計2時間で310CNY(5,000円)。物価の高い上海といえどもマッサージは安く、質から比較すると日本の半値、三分の一と言える。


足裏マッサージ用の快適なソファと全身マッサージ用のベッドが置かれた個室に案内される。まずは寝間着のような按摩着に着替える。6種類ぐらいから選んだ生姜とレモンの茶を飲みながら按摩師を待つ。清潔で静かで快適至極。

f:id:mangokyoto:20170421004745j:plain

程よい熱さの足桶に脛まで足を浸しながら肩や背中を揉んでもらう。足を拭いた後はようわからんクリームを刷り込みながら本格的に足裏マッサージへと移行。痛すぎず、弱すぎず。

f:id:mangokyoto:20170421004830j:plain

タイ、フィリピン、中国、バリから欧州の高級スパまで幾度となく試してきたマッサージ好きの自分で言うのだから間違いない。伊都按摩の按摩師は上手だ。少なくとも、今日施術してくれた男性は合格点を軽く超えていった。


按摩師は男性に限る。女性だと指が細く点の刺激が強くなりがちだが、男性だと指の腹の面で押してくれる度合いが強く気持ちがよい。どうせ按摩されている間は大抵、目を瞑っているので綺麗な若いお姉さんに按摩されていると脳内補完置換できるぐらいにはなった。世界は実態がどうかよりも己がどう知覚するかなのだ、と偉い坊さまがどこかで言っていた。確かにその通りだろうが、このスキルを極めると相当な聖人かヤバいやつにしかならないだろうから按摩の時ぐらいにしか活用しないことにしている。


全身マッサージも、そこは強く押されると痛い、という点を痛くなる手前の絶妙さでじんわりと押す。相当気持ちが良い。探るように一二箇所押し、ここぞとばかりに押してもらいたい狭いツボをぐっと押してくると、「そこだよ、そこ。あんたわかってるじゃないか!」と心の内で叫びたくなる。通って指名したい。ホストクラブ通いする女性の気持ちはこんなだろうか。


他の店を開拓するのが面倒になった。もう、毎回ここでよい。しんどい上海出張にも来る楽しみができた。次回は会食を仮病でサボって、一人で伊都按摩にくるかもしれない。


JWマリオットからならばタクシーも拾いやすくて便利。VISAクレジットカード払いもできて安心。


住所上海市黄陂北路227号中区広場1階106単元
電話番号021-6386-3101,
営業時間10:00-翌1:00
休業日年中無休



上海夜景

 

f:id:mangokyoto:20170418235717j:plain

10年前とはあれこれ変わっている。上海タワー周辺の高層ビルやIFCモールなんかが総延長1.3kmの歩道橋で連結されて快適に歩いて移動できるようになっている。

 

 

 

 

f:id:mangokyoto:20170418235758j:plain

それにしても高い。昼間はギュウギュウに人が詰まってるのか。そういや、珊瑚というやつは微細な珊瑚虫の巨大な群棲体なのだよな。無数の人間が蠢いて、創り上げた人間による珊瑚骨格のようなものなのかもしれない。

 

f:id:mangokyoto:20170419000023j:plain

50階建なんて平均以下かもしれない。そしてそんな高層ビルの壁面を全面ネオン化してしまうのだから、60年代に子供向けの空想科学絵本に描かれたような近未来風景。

 

f:id:mangokyoto:20170419000209j:plain

新宿の高層ビル群と違って色彩豊かなのが特徴か。光害への文句が少ないのか、文句を言われても無頓着なのか。中華人は強い色彩を求める。そして行き着いたのは赤、紅、緋、赫。

 

f:id:mangokyoto:20170419000849j:plain

高層ビルが場所によっては壁のよう。

 

f:id:mangokyoto:20170419000523j:plain

折角なので88階まで上がってみる。ここからさらに見上げる建物があるというのだから驚嘆。背比べの柱の傷のように年を経るごとにより高いビルが建っていく。624mの上海タワーを超える次のタワーはいつ建つだろうか。

f:id:mangokyoto:20170419000615j:plain

 

上海の夜景を眺め、陶芸の着想は。。。何も得られない。

 

77階に泊まる

 

f:id:mangokyoto:20170418082548j:plain

ホテルの受付が54階にあり、チェックインを済ませると割り当てられたのは77階の部屋だった。

 

f:id:mangokyoto:20170418075418j:plain

17年前に建てられた88階建ての摩天楼。既にこれよりも高いビルが隣に二棟も建ち、超高層ビル群の賑わいの一つに埋もれてしまった。東京で言うと、池袋のサンシャインはかつて東洋で一番高かったのだよ、と当時の興奮を知る人が熱く語っても、今しか知らない人は醒めた目で古ぼけた少しばかり高い建物を一瞥するだけなのだろう。

 

何が言いたいかというと、十数年前にこの建物を訪れた時には度肝を抜かれ、さらに高いビルを隣に建てる計画があると聞いて呆れたこと。

 

f:id:mangokyoto:20170418075644j:plain

上海は水が臭い記憶が強いが、今回蛇口をひねったところ、昔よりも水質は改善されているように感じた。

 

f:id:mangokyoto:20170418075611j:plain

夜景を眺めながら風呂に入れるようだが、湯を張るとやはり少し黄色いのだろうか。

f:id:mangokyoto:20170418075151j:plain

カーテンを全開にして寝たところ、朝起きるとビル群が広がっていた。

 

f:id:mangokyoto:20170418075536j:plain

 朝靄などではなく、中国基準で言うところの快晴。仕方がない。

 

f:id:mangokyoto:20170418084153j:plain

朝食は54階のロビー階にて。ちょうど似た高さに電波塔の珠が見える。あまりに突出して高いところから見下ろすより周囲の建物より少しばかり高い方が眺めは愉しい。

 

f:id:mangokyoto:20170418082430j:plain

大陸的スケールだな。中華人は壮大さを目指していく本能的な思考があるのかもしれない。


以前マンションの39階に住んで懲りた。土を少量しか置けず、植物には不向きだった。小さな一戸建ての家の猫の額ばかりの花壇でちんまりと植物を育てるほうが好きな自分には異なる価値観なので、たまにはこういうのを味わうのも愉しい。

春紅葉の美しさよ 中国印度出張が億劫

f:id:mangokyoto:20170415090337j:plain

山科疎水、南禅寺大徳寺銀閣寺などから採取した種を実生で育てている株が10ほど混生した鉢。混ぜこぜなので、どの株がどの寺からのものなのかわからなくなっている。

 

「紅爪」品種のように縁が紅く芽吹く伊呂波紅葉は好みだ。

 

f:id:mangokyoto:20170415090405j:plain

これは「乙女桜」という名で、桜ではなくモミジ。紛らわしい。こんな春紅葉が林立してたら、あるいは桜と混生してたら華やかではないだろうか。

 

春は桜、秋はモミジと世間では思われているが春のモミジの美しさをもっと広く知られても良いと思う。

 

上から滝のように枝垂れ咲く桜。その株元に受け止めるように紅く芽吹くモミジ。そんな桜とモミジの競演も美しかろう。


2m丈の枝垂れ桜の大鉢が欲しい。しかし夏秋の桜は東京の住宅密集地には向かないのだよな。悩ましい。

 

f:id:mangokyoto:20170415090454j:plain

土曜の朝、布団から出られない。

 

明後日から2週間、中国とインドを訪ねてこれから数年に渡って仕事をしていくであろう50人近くと会いにいく。

 

普段よりも大きな声を出して、少しばかりに大袈裟なリアクションをして、怒涛のように喋る彼らに負けじとああだ、こうだと喋らないといけない。少しばかりに社交的で明るい日本人を演じないといけない。そんな悪い奴ではありませんよ、こんな考え方してる奴ですよ、こういうこと一緒に頑張りたいですね、と関係構築しなければならない。平常時の素のままだと無表情で何を考えているのかわからない男だと思われてしまうことを、これまでの経験から自覚している。

 

暇があれば郊外の山にマンゴーと散歩に行くか、一人で黙々と土いじりをしていたい。バジルの種蒔きをしたい。そういや、茗荷も芽が出てきたな。作陶のアイデアでも練りたい。自然に体と頭が求めることと、これからやらないといけないことの乖離がしんどい。億劫で億劫で布団から出られない。


ものぐさなだけなのかもしれない。心あらずな働き方をいつまでも続けていて良いのだろうか、と逡巡もする。好きなことだけしたら子供の教育費が捻出できないだろうなと、現実に途端に醒めたりもする。


うだうだ、うだうだ。鄙びた山奥の露天風呂に浸かりに行きたい。