南北ベトナム縦断列車の車窓から

古都フエからダナンへはベトナムを南北に縦断する列車に乗ってみることにした。

 

事前にインターネットで予約支払い済みで8USDほど。タクシーに比べて6分の1だ。

 f:id:mangokyoto:20190713085041j:plain

9:34分発のダナン終点SE19号。その他の列車はホーチミンまで南下していくのに対し、これだとダナンが終点なので寝過ごしても安心だ。

 f:id:mangokyoto:20190713095103j:plain

乗る手続きがどのようなものかもわからないので30分近く前に駅舎に着いた。しばらく待っていると、「障害物があった為、到着は10:00に遅延します」と放送があった。

f:id:mangokyoto:20190713095348j:plain

ハノイから688km、サイゴン、今の呼称でいうところのホーチミンまで1041km。サイゴンからホーチミンまで45時間以上かかるそうな。時速300km/hで走る高速鉄道を南北に通す計画があるらしいが、ハノイホーチミンの両側から作っていけば早いものを、何故か計画はハノイから一方行にホーチミンまで敷いていくそうで、完成は2050年だとか。

f:id:mangokyoto:20190713095415j:plain

色褪せて簡素な駅長室のような部屋は味わいがある。


そんなこんなで最終的に列車の到着は10:10だった。まあ、想定内だ。のんびり行こう。

 f:id:mangokyoto:20190713100828j:plain

紫に青のなかなかエキセントリックな配色の列車だった。

f:id:mangokyoto:20190713103202j:plain

エアコンの効いた2等客席という話だったが、駅員さんに案内されて充てがわれたのは寝台車両の最下段。反対側ではオバチャンが昼寝をしていた。薄眼を開けてこちらに一目くれ、めんどくさそうにまた瞼を閉じた。

 f:id:mangokyoto:20190713102717j:plain

誰かが寝ていたようで、シーツは乱れていたが汚くはない。エアコンも多少効いており、カビくささもない。枕を使うのは気が引けたが、寝転がってダナンまでの道中を寛げるのは悪くない。窓際には赤い造花の入った花瓶が置かれていた。一目見て安物とわかるような造花はルーマニアブルガリアウクライナを思い出させる。何故か、共産主義の国々は枯れることのない陳腐な造花で飾るのが好きだ。

 f:id:mangokyoto:20190713101731j:plain

列車はゆっくりと走り始めた。手を伸ばせば何かに届きそうな距離感で家屋が迫っている中を進む。

 f:id:mangokyoto:20190713115202j:plain

左手に田園風景と海を眺めながら速度を上げていく。最高速度はたった時速80kmしか出ないとフエの運転手さんは言っていた。それでも十分な速さだとは思う。フエからダナンまでおよそ80kmの距離を走るので平均速度は26km/h強か。そう考えると平坦な道をロードバイクなどのスポーツ型自転車で走るのと変わらない速度ではある。

 f:id:mangokyoto:20190713102718j:plain

ごろりと横になると、最上段でごそごそと人の動きがあり、足がベッドから飛び出してきた。寝台車は三段式だった。最上段には左右ともに若者が乗っていた。最上段は高さが60cmほどしかなく、座ることもままならない。上は暑いらしく、エアコンの通気口にしきりに足をかざす。そんなことされたら、足の臭いが直接こちらに。。。来ない。臭さは嗅ぎとれなかったので良しとしよう。

 

列車が止まった。10分ほど停車してから再び動き出すと、ゆっくり、ゆっくりと山の上へと登り出した。車でダナンからフエまで向かう際にはいくつものトンネルを潜り抜けた。列車はその山の上を行く。

 f:id:mangokyoto:20190713120218j:plain

車窓からの眺め全てが山腹の緑となったり、尾根へと出れば水平線を一望したり。絶景だ。

 f:id:mangokyoto:20190713120326j:plain

この国でかつてアメリカと中ソの代理戦争が南北ベトナムで激しく行われたことなど、想像し難い。成長の早い蔦やヤシが50年前の傷跡をすっかり隠してしまった。戦争の傷跡は建物の壁跡など人工物にしか残っているようには見えない。人工物すらも熱帯の植物は経年変化を推し進め、痕跡は消えていく。

 

さらに遡れば、ベトナム戦争の20年ほど前には日本軍がヒルに血を吸われ、蚊にくわれ、病と飢餓に倒れながら東南アジアのあちこちを行軍した。祖父はビルマ戦線へと出向いた。兵站輸送だったおかげで生還した。

 

じっと座っているだけで汗を掻き、体力を消耗する環境で何十キロの装備を担いで行軍した。馬鹿らしい。争った挙句何を失い何を得たのか。茹だる暑さの中、テラス席で扇風機の風を浴びながらビールを飲む。日が暮れたら砂浜に海水に浸かりに行く。そんな楽しみ方で過ごすべき場だ。

 

日韓で政治家が勇ましいことをお互い言い合ってるようだが、何十キロの荷物を担がせて半日登らせた山の上で会談をさせたらいい。冷房の効いた快適な部屋で上げる気焔など政治パフォーマンスでしかない。ボクシングを観戦しているかのように「もっとやれやれ」と煽る人達も、自分らが当事者となって戦地に出向き殺し合い、自らの家族や友人を失う覚悟など無かろうに。想像力の欠如。

 f:id:mangokyoto:20190713121837j:plain

3時間弱でダナンの街並みに入っていくと最上段にいた若い男が下に降りてきた。とても綺麗な発音の英語で「ここに座ってもいいか」と私に聞いてきた。さらに最下段のオバチャンともベトナム語で雑談を始めた。2つのベッドの上で見知らぬ3組が列車に揺られていく。不思議な穏やかな空間と時間だった。

f:id:mangokyoto:20190713130004j:plain

ダナン到着。いざ、タクシーを捕まえてホイアンへ。列車旅は快適でかなり楽しめた。

f:id:mangokyoto:20190713130404j:plain



こんなカフェを開きたいと思うフエ「ゲッコーカフェ 」

入った瞬間、ああ、この構造はいいな、と思った。

f:id:mangokyoto:20190712190623j:plain

日本にこんなカフェがあるとしたら、しかも多肉植物・仙人掌カフェだとしたら、という視点で夢想しながら寛いだ。

 

道に面して全面のシャッターがついている。それをガラガラと閉めたら店仕舞いも防犯も完了。日本ならば冬の寒さを考えると窓は必要だろうか。シャッターを解放すると、軒先のパーゴラから陽を透かせた新緑が眩しい。遮光がわりに「玉綴り」や「ルビーネックレス」のような多肉が垂れ下がっていたら目に楽しいかもしれない。

 

屋根の下は陽射しを避けたい人の客席。ティランジアやリプサリスなどの紐サボテンをちりばめたい。コンクリートや煉瓦壁を廃墟風に仕上げるのではなく、白の漆喰壁に濃茶の柱や梁を剥き出させた和風の室礼にしたい。

 f:id:mangokyoto:20190712191409j:plain

道路に面した二階建ての客席棟があり、その先には中庭がある。吹き抜けで見上げると天井がない。雨天時には丈夫な天幕シートをかけられるようになっているようだ。

 f:id:mangokyoto:20190712190805j:plain

大きな柱サボテンなんぞが聳えていたら素敵だろうな。せめて、サボテンの骨格を置きたい。

f:id:mangokyoto:20190712191313j:plain 

階段には踏み込み板を空間に飛び出させ、鉢を嵌めるための穴を開け、それぞれの段に多肉鉢を飾りたい。中庭は最高の温室となる。

 f:id:mangokyoto:20190712190737j:plain

階段を登った先は陽射しを厭わない多肉愛好者の特等席だ。両側の壁をマミラリアで埋めたい。窓側の席は一列の奥行きのあるカウンター席にし、カウンター席のガラス板の下に販売用サボテンを並べられるようにしたい。

 f:id:mangokyoto:20190712190856j:plain

中庭と母屋の間仕切りには横長の水槽を置きたい。理想的には奥行きのない薄い水槽に挟まれるように仙人掌を並べ、あたかも仙人掌の合間を魚が泳いでいるかのように演出したい。水槽の上には水耕サボテンを並べて育てる。母屋の中にも、この水槽に対面するようにカウンター席を設けられる。

 f:id:mangokyoto:20190712190845j:plain

母屋は厨房であり、居室棟。二階の屋上は全面「銘月」で緑化したい。痩せた軽い土壌でも育つし、熱を吸収してくれる。真夏の直射日光をものともしないし、冬の寒さにも耐える。夏の夜に自動給水できる仕組みは必要だろうな。そして何より「銘月」はサラダとして食べられる。

 f:id:mangokyoto:20190712190837j:plain

せいぜい2部屋ほどの客室を設けたい。客室の窓からは中庭を望めるようにし、窓辺に多肉植物。二人がけのカフェテーブル。

 

シャワー室は天井を含め曇りガラスを多く配置し、ティランジアを配置したい。日々のシャワーの湿気を取り込めるようにしたい。

 f:id:mangokyoto:20190712190645j:plain

店の全ての仙人掌は室内装飾であり、売り物だ。利益が出ても全て新しい鉢や株の購入に充てて利益を消し込みたい。そうやって貯金を取り壊さずに日々を穏やかに陶器と植物に囲まれながら過ごしていきたい。

 f:id:mangokyoto:20190712191013j:plain

 

上物の建築だけで1500万円は必要か。ううむ。

 


 

 

見たことのない妖艶で珍奇な仏花

ティエンムー寺院をのんびりと歩いていたら、ふと視線が惹き寄せられた。木陰に妖艶なただならぬ雰囲気。

f:id:mangokyoto:20190712180321j:plain

木蓮の最も色の濃い部分のような臙脂紫色の花が椿のように塊で落ちている。椿の雌蕊のように見える部分が真横に向いている。踏まれたわけでもなく、一方行を向いている。

f:id:mangokyoto:20190712180410j:plain

株元には無数の花が落ちているのだが、ひっくり返った花の塊は中央に穴が空いており、それがコントラストの強烈な目のようで、これまた普通ならざる気配。

f:id:mangokyoto:20190712180332j:plain

それが無数に地を埋めている。

f:id:mangokyoto:20190712180510j:plain

花の塊を手に取って眺めると、花芯は完全に真横を向いている。カスタネットのような形だ。

f:id:mangokyoto:20190712180706j:plain

別の花の塊を手に取ると、こちらも同様。

f:id:mangokyoto:20190712180610j:plain

どうやらカスタネットで言うところの上側に雄蕊、下側に雌蕊が生えている。自家受粉性の花のようだ。

f:id:mangokyoto:20190712180527j:plain

さして葡萄状の花枝の根元から先に向けて花が咲いていくのも面白い。

f:id:mangokyoto:20190712180347j:plain

非点対称な花は枝の先端に向かって指向性を持って咲いていることがわかった。

f:id:mangokyoto:20190712180847j:plain

花が落ちる前に、茎が雌蕊を貫通していた。虫などに頼らずとも、物理作用で受粉するようだ。落ちていた花の中央の穴は茎が付いていた箇所らしい。


バレーボールほどの褐色の大きな実をつけていた。近くのベトナム人曰く、名前も知らないワイルドフラワーのワイルドフルーツだと。この実は食べないので名前は知らないそうだ。


ティエンムー寺院の僧房の庭にある今まで見たこともない形態の花だった。


フエ王宮の盆栽園

朝7時にダナンのホテルを出て、フエへ3時間移動した後にカイディーン帝廟やミンマン帝廟を回り、王宮へ来た。流石に腹が減った。

f:id:mangokyoto:20190712160645j:plain

王宮を入って右手奥に軽食を食べられる東屋があった。炒め飯を頼む。200円ほど。

f:id:mangokyoto:20190712160919j:plain

具材も何も入っていない黄色の炒め飯だった。よく見ると、炒めた玉葱のチップスが混ざっているように見える。ヌクマムという魚醤やトゥオンオットというチリソースで味に変化をつけながら楽しむ。

f:id:mangokyoto:20190712160931j:plain

黄金に輝くような200円。

f:id:mangokyoto:20190712163054j:plain

腹ごなしを終えて周囲を見渡すと無数の盆栽が並ぶ盆栽園にいることがわかった。1000年続いた阮朝の時代からここで盆栽が並べられていたのだろうか。ベトナムでも盆栽は歴史があるのか、現代になってから中国や日本から入ってきたのか。

f:id:mangokyoto:20190712161855j:plain

巨大な石卓には水が張られ、中央の岩を覆うように木が植わっている。榕樹のような根の張りかたをしているが、葉を見ると日本にもありそうな広葉樹だ。


私の自宅の中庭にこんな石卓とそこに植わる「乙女桜」もみじがあったならばどんなに風流だろうか。流石にこの巨大な鉢は運び込めないが、水を張った盆栽鉢は灌水の手間を減らし、もみじの葉を美しく発色させる名案に思える。

f:id:mangokyoto:20190712161834j:plain

水の中にはグッピーのような熱帯目高が泳ぐ。強烈な暑さのベトナムで広大な盆栽園の鉢鉢に水をやって回るのは大変だろうから、こうして水を張った鉢があれば降雨任せにできるのかもしれない。


f:id:mangokyoto:20190712162040j:plain

20年前の昔にアユタヤで見てからずっと実現させてみたかったことの一つがこれ。陶器の作品を木の根に抱かせること。降雨と陽射しに恵まれて成長が速い東南アジアならではかもしれないが、2倍、3倍の時間がかかっても良いので我が家でも取り組んでみたい。


f:id:mangokyoto:20190712162617j:plain

この盆栽園で一番多く植わっていたのはこのアデニウムではないだろうか。酷暑に耐性があり、根や幹に水を溜めて肥大化するので乾燥にも強い。

f:id:mangokyoto:20190712162437j:plain

懸崖仕立ての柘植を手入れしていた庭師さん。この庭の鉢を全て一人で手入れしているのだそうだ。これはボンサイかと尋ねると、そうだ、ボンサイ、ボンサイと嬉しそうに答えてくれた。

f:id:mangokyoto:20190712142636j:plain

f:id:mangokyoto:20190712162834j:plain

盆栽園の隅に築山がある。石段を抱え込むように榕樹が根を張っているその一景が何度も訪れたいものだった。自分の街にこんな場所があったら、犬の散歩に、何か嫌なことがあるたびに足を向けてしまいそう。

f:id:mangokyoto:20190712163004j:plain

小さな祠。

f:id:mangokyoto:20190712163025j:plain

掠れて輪郭を失いかけた龍の絵が一層、迫力を宿す。

f:id:mangokyoto:20190712163124j:plain

あれ、お前さんは印度菩提樹ではないか。素知らぬ顔して異なる樹の根元に守られるように生えている。

f:id:mangokyoto:20190712163441j:plain

築山全体が樹の根に抱え込まれたよう。



f:id:mangokyoto:20190712172446j:plain

王宮の出口へ向かう途中でもう一株、素晴らしい榕樹を見た。

f:id:mangokyoto:20190712152258j:plain

f:id:mangokyoto:20190712172457j:plain

何か生命力に溢れている。腐敗と再生のめまぐるしい中で仙人掌が成長点変異を起こして綴化するように暴走したかのような根張り。

f:id:mangokyoto:20190712172618j:plain


植物好きには楽しいフエ王宮だった。


ベトナム フエのあらゆる点で満足度の高いThe Scarlett Hotel

 ベトナムはカフェやホテルのデザインの洗練度合いがとても高いと思う。フエに泊まることがあるならば再訪したいと思う宿に出会った。

  • 繁華街から徒歩数分の好立地
  • それでいて喧騒から離れて静か
  • 朝10時に着いたら無料で朝食と珈琲をくれた
  • 統一感のあるフォトジェニックな調度品
  • 質の高いアメニティ
  • 豪華な無料フルーツ盛り
  • 清潔で水流の多いシャワー
  • 迅速な手頃な値段でのチャーター手配
  • 全ての従業員の好サービス
  • 破格の5000円

 

f:id:mangokyoto:20190712114357j:plain

チェックインは午後からなのだろうが、10時に着いてしまった私に対してウェルカムフルーツをどうぞ、とフルーツや珈琲を出してくれた。部屋も用意できるという。窓辺の背もたれ付きのやたら豪華な椅子の席でチェックインの手続きをのんびりと寛ぎながらさせてくれた。

 

f:id:mangokyoto:20190712114410j:plain

ベトナムのホテルはこんなにサービスが洗練されているのか、と大いに感心。

 

f:id:mangokyoto:20190712120207j:plain

通された部屋はキングサイズベッドが1つ。ベッドには薔薇の花びらが添えられていて、中年男が一人で泊まるのが恐縮してしまう。

 

f:id:mangokyoto:20190712120251j:plain

真っ白なリネン。

 

f:id:mangokyoto:20190712120551j:plain

室内の椅子もベルベット地の肌触りの良い布。クッションもカーテンも同素材。

f:id:mangokyoto:20190713091631j:plain

シャワーは天井から出せ、シャワーヘッドにも切り替えられるもので、蛇口を捻ってすぐに熱いお湯が出た。水流も強くて嬉しい。清涼感のある青いタイルも気持ちが良い。

f:id:mangokyoto:20190713091652j:plain

 

f:id:mangokyoto:20190712120646j:plain

さりげなく置かれた陶器の箱すら、安物には見えない。

f:id:mangokyoto:20190712121712j:plain

コンプリメンタリー、つまり無料のサービスとして果物の盛り合わせが置かれていた。見事なマンゴー。

 

f:id:mangokyoto:20190713091914j:plain

朝食は7時から。クラブサンドイッチやマンゴー、ランブータン、ドラゴンフルーツ、パパイヤ、マンゴスチンなど熱帯の果物がたくさん。

 

f:id:mangokyoto:20190713091926j:plain

トマトなどサラダ類も豊富で嬉しい。でも、せっかくなら欧風ではなく、ベトナムらしいものも食べられたら良いのにな、と思っているところに給仕さんが来た。

 

f:id:mangokyoto:20190713093044j:plain

注文を聞きにきてくれて、熱々のフォーを出してくれた。最高かよ。

f:id:mangokyoto:20190713092404j:plain

このホテルの名前は「風と共に去りぬ」のスカーレット・オハラから来ている様子。なるほど。この調度品の様式は当時のアメリカの豪邸なのだろうか。

f:id:mangokyoto:20190713092240j:plain

カイディーン帝廟やミンマン帝廟、王宮、西のティエンムー寺院を11時から4時まで半日かけてまわってくれ、最後は寺院から新市街へボートで送ってくれるというプランを50$でアレンジしてくれた。英語の話せる感じの良い運転手さんをつけてくれたばかりか、ツアー料金をホテルの支払いと一括してくれるという。とても安心で、現金を繰り返し降ろさずに済むので助かる。

f:id:mangokyoto:20190713092246j:plain

ベルボーイさんやコンシェルジュも事あるごとに、全て問題ないですか、と声をかけてくれる。観光から帰ってきたら、早速、「観光はどうでしたか。運転手さんは問題ありませんでしたか」と声をかけてくれた。満点だ。

 

全てにおいて隙のない素晴らしいホテルだった。