予想外に杭州再び - 洗練されていく中国の飲食店

f:id:mangokyoto:20190514143527j:plain

数週間前に上海出張のついでに週末に杭州を観光したが、今回は仕事で図らずも杭州を再訪することになった。

相変わらず西湖は霞んでいる。

f:id:mangokyoto:20190514143850j:plain

派手だ。金の龍の屋形船で湖上で晩餐。なんてわかりやすい宴。

f:id:mangokyoto:20190514143948j:plain

杭州は上海よりも緑が多く、落ち着きがあり、居心地が良い。

f:id:mangokyoto:20190514152310j:plain

比較的新しいデパートに入ってみたのだが、最近の新しい商業施設の飲食店は観ていて楽しいほどに個性的でオシャレで洗練されてきている。

f:id:mangokyoto:20190514145135j:plain

日本でも昭和初期風のレトロな内装の居酒屋が流行ったように、中国でも似たような懐古趣味がある。色彩を見ていると、中国人の好みは日本人よりも派手で鮮やかな様子。見ていて楽しい、

f:id:mangokyoto:20190514145238j:plain

こちらは正統派な渋さ。

f:id:mangokyoto:20190514145251j:plain

f:id:mangokyoto:20190514145117j:plain

こんなポップで原宿的な雰囲気の店もあった。

f:id:mangokyoto:20190514152453j:plain

これは。「茶の熊本」。Tea of Kumamotoなら「熊本の茶」と本来はなるはずなのだけれども、茶の熊本でも良いような気がしてくる。

f:id:mangokyoto:20190514153623j:plain

デパートを出ると現地人が行列している包屋を発見。きっと美味しいに違いない。

f:id:mangokyoto:20190514153926j:plain

日本で言うところの肉饅、餡饅なのだがなんと一つ2元、30円という安さ。

f:id:mangokyoto:20190514154104j:plain

皮が厚い。中身の豚肉は肉汁が滴り美味。

f:id:mangokyoto:20190514154500j:plain

餡饅も日本人の口に合う、甘すぎない餡。説明しづらいが、大陸の餡は日本のものとどこか違う。色も赤味があるような。


けっこう美味しい饅頭が2元で売られている一方で、ホテルではシャンパンがグラスで一杯100元する。金銭感覚が狂いそうだ。

2元の包を売って生計を立てる人も、2元の包などを頼みにしてる人もいる一方で、かなりのお金を出せる人もいることが察せられる。格差は日本よりも大きいのだろうね。


鋳込み再失敗。これまでの鹿鉢にカンガルーポーをアレンジ。

f:id:mangokyoto:20190512115504j:plain

カンガルーポーを2週間ほど乾かしていた。思ったよりも色褪せせずに黄色が残ってくれたので、角代わりに挿してみたら、なかなかいいんでないか。白よりも黒の頭骨鉢のほうが合うかもしれない。


陽の当たらない廊下やトイレの壁に掛けて良し。甘すぎない男前インテリアではないかと。

f:id:mangokyoto:20190512115904j:plain

小さな枝を鹿鉢に挿してみた。うむ。爽やかになった。

f:id:mangokyoto:20190512121453j:plain

こちらにも挿してみた。室内に飾るとなると、ドライプランツを投げ入れるだけが水遣りや日照から無縁で気楽。

f:id:mangokyoto:20190512121301j:plain

お尻がスースーする。尻には何を挿そうか。

f:id:mangokyoto:20190512121543j:plain

鹿まみれ。この他にも頭骨3つ、鹿鉢1つ。黄花を飾るのは部屋が華やいで良いね。

f:id:mangokyoto:20190512120805j:plain



f:id:mangokyoto:20190512170202j:plain

職業作家ではないので、やはり自分が作りたいものを作りたい。鹿が受け入れやすいのはわかるけれども、冬虫夏草ならぬ陶虫夏草が私の中でここ数年ほど盛り上がっているテーマな訳で全く受け入れられずとも作り続けたい。

今回のは多分、原寸3000倍サイズだと思う団子虫の多肉植木鉢。丸いボウルに丸い発泡スチロール玉を抱かせて成形している。

f:id:mangokyoto:20190512170130j:plain

脚をほんのり作り込んでデフォルメとリアルなグロテスクさの狭間を狙う。バランスが肝心。


本体を黒化粧、脚を白化粧した上でピンクにしてしまおうかと思っている。冒険。



f:id:mangokyoto:20190512172747j:plain

豆鹿頭骨鉢は鋳込みに取り組んだが石膏型から外すことができず二回連続で失敗している。

鋳込み継ぎ足し3回で30分。

中身を流し出してさらに30分。

型外しに失敗して千切れ、潰れてしまった。崩れかけを辛うじて形を復旧したが、次回に復活させられるかは不明。


考えられる原因

泥漿のケイ酸ソーダ濃度が高く、石膏型に染み込んでしまい型離れが悪くなっている。

泥漿濃度が低い。

型外し前の乾燥時間が足りない。


次回は鋳込み継ぎ足し45分、中身を出して45分で外すようにしてみたい。

何回か鋳込みして抜くことを繰り返して石膏に染み込んだケイ酸ソーダを抜けば、まだ何十回かは石膏型は使えるはずだという。そうであってほしい。


f:id:mangokyoto:20190512203523j:plain

金魚水槽のエアポンプカバーは素焼きに出した。はよ、釉掛けして実用したい。


阿佐ヶ谷の個人的イチオシカフェ「ヤゼット」

 阿佐ケ谷駅から高円寺駅方面に300mほど歩いたところに半年ほど前に開店したYazetto(ヤゼット)というアグリカフェ。

 

あまり紹介したくない店。このブログごときで客が増えることはなかろうが、万が一、人気沸騰して気軽に入れなくなったら困る。万難を排して居場所として守りたい店といったら大袈裟か。

f:id:mangokyoto:20181204121927j:plain

 

f:id:mangokyoto:20181204122458j:plain

 チキン南蛮。ボリュームたっぷり、がっつりと腹に溜まる量だった。

f:id:mangokyoto:20181216223703j:plain

 これだけ具沢山なソースもなかろうよ。サラダか。カロリーゼロか。そんなわけないけど。

f:id:mangokyoto:20190501125359j:plain

豚カツは分厚く、柔らかく、美味しい。辛子もきちんと辛くて嬉しい。パセリもちゃんと食べられるやつだ。パセリを散らしながら食べると油で揚げた料理も口の中があっさりとする。案外、パセリは食べないことが多いので豚カツとパセリの組み合わせは実際に食すことの少ない組み合わせ。

 

f:id:mangokyoto:20190501125406j:plain

この定食一式で870円は安い。しかもこのカフェの売りの新鮮な野菜がふんだん。シェフの自宅の農園で育ててらっしゃる季節の野菜が使われる。お新香などの些細なものに丁寧な仕事ぶりが窺える。

 

このクオリティ、都心の商業地の店ならば1300円はしててもおかしくない。若干失礼なもの言いになるかもしれないが、誰かが生計を立て家族を養うための利益を乗せた商いというよりも、子育てなどの縛りのない経営者のお二方の夢の実現であり、質に対してのプライドを感じる。

 

がっつりしたメニューがどうしても美味しそうで食べてしまうが、もっとヘルシーそうなメニューも肉うどんもある。ケーキ類も手作りで美味しい。で、安い。

f:id:mangokyoto:20181216223850j:plain

もともとはカフェとして使われていた場所を居抜きで引き継がれたそうだ。ここ珈琲豆の焙煎機があった場所は半個室の二人がけのソファ席に変わった。

 

紅茶は東京紅茶、珈琲豆はブネイコーヒーの焙煎。

f:id:mangokyoto:20181216224138j:plain

 朝は7時から開店しているというのも珍しいのではなかろうか。

 

f:id:mangokyoto:20181216223931j:plain

陶芸好きな私には嬉しい、陶器の本が置かれていたりする。

 

f:id:mangokyoto:20190501133001j:plain

安い。美味い。そして穴場。残念ながら夜はやっていない。

 

f:id:mangokyoto:20181216223432j:plain

高円寺にできて欲しかった。

 

日曜定休日

7:00~18:00

 

2019年のGWは何をしたっけ

去年、一昨年のゴールデンウィーク連休は何をしていたのだっけ。思い出せないことも多いのでゴールデンウィーク2019の備忘録をつけてみる。

 f:id:mangokyoto:20190425174645j:plain

27 寒、風。親戚で集まり、お祝い、大道芸祭。

f:id:mangokyoto:20190428135550j:plain 


28 晴。水槽の水作り。大道芸祭。鰻土鍋御飯自炊。庭の朝倉山椒の新芽の香りの鮮烈さにささやかな感激。

 f:id:mangokyoto:20190428165908j:plain


29 曇。おにぎり持参で交通公園でピクニック。草毟り、トマト苗を4種類買って2種を花壇、2種を鉢に植えこむ。


 

30 雨。朝御飯にたこ焼き器でパンケーキ三昧。座高円寺。木の芽尽くし自炊。木の芽味噌の鶏グリル、アスパラの白和え木の芽添え、新玉葱と牛肉に木の芽添え、梅といかなごと木の芽と胡麻の混ぜご飯。今年は山椒の実も豊作の予感。

f:id:mangokyoto:20190429131528j:plain

 

1 令和初日。天祖神社御朱印を頂く。朝から夜まで陶芸三昧。白土4kgと透光性磁器土4kgの泥漿作り、エアポンプカバー作り。

f:id:mangokyoto:20190502001047j:plain

 

2 鹿鉢の金継ぎ風修復。小籠包。庭でテント泊。牛カルビ卵掛け御飯、南瓜と茗荷の味噌汁、白和え。手軽に鉄板に安く美味い。

f:id:mangokyoto:20190502171814j:plain 


3 陶芸鋳込み。エアポンプカバー作り継続。団子虫鉢作り。


4 釣堀で金魚を釣る。大きな更紗琉金一匹と小赤が一匹。多肉を4鉢植え替え。午後は座・高円寺で閉館まで過ごす。

f:id:mangokyoto:20190504114740j:plain 

5 快晴。館山へ。苺狩り。館山国民休暇村の前の浜で貝を拾う。館山の休暇村は設備、食事、風呂、海など殆どの点で残念ながら南伊豆の休暇村に大きく劣る。いや、南伊豆が良すぎると言うべきか。

f:id:mangokyoto:20190505125830j:plain

プロの作る苺は形も色も味も芸術的。さちのか、モモコ、紅ほっぺなど5種食べ比べ、どれも美味いがさちのかが甘いだけでなく酸味も感じられて一番好みだった。

f:id:mangokyoto:20190505143510j:plain


6 野島崎灯台へ。千倉の潮風王国で干物を買い、帰宅。

f:id:mangokyoto:20190506104901j:plain

野島崎灯台はほぼ房総最南端。



f:id:mangokyoto:20190429160002j:plain

GWがあっという間に終わった。萌え出づる紅葉は今年も美しく。来年もGWはもっぱら高円寺周辺でのんびりして、終わりの2日間に遠出するパターンが混雑を回避できて良さそうだ。


f:id:mangokyoto:20190425084054j:plain

今年は南高梅はまだ生理落下が起きていない。このまま大きく実ってくれるだろうか。


f:id:mangokyoto:20190504180419j:plain

あれ、この株は黄色い花だったのか。桃色だと思っていた。

金魚飼育に再挑戦。エアポンプカバーを陶器で作る。

もう一度、子供達を連れて阿佐ヶ谷の釣り堀「寿々木園」に連れて行く約束をしていた。朝8時からなのだが、8時半の時点で7割方席は埋まっており、9時半には満席となっていた。

f:id:mangokyoto:20190504114739j:plain

今回は釣果は悪く、二人で1時間かけて二匹しか釣れなかった。しかし二人とも一匹づつ釣ることができ、一匹はなんとも見事な更紗琉金だった。ううむ、立派だ。持ってる。



昨年釣った金魚は死んでしまった。餌のやり過ぎで食べ残りが底に沈殿していたのをグリーンウォーターの視界の悪さで気付かず、水質悪化に気づくのが遅れた。


今回は透明なままの水で素直に育てようと思う。浮かぶタイプの餌を食べきれるだけあげるように気をつけよう。


水を透明に維持するにあたって、エアポンプの見た目が気に食わない。そこでエアポンプカバーを作ることにした。


f:id:mangokyoto:20190503204635j:plain

それがこれ。なんだか中学生の図工の作品みたいだ。いや、中学生でももっと見事なものを作るか。


取り敢えず、フランスのランスで見たゴシックのヴォールトを作ってみたかった。それからかつて訪れ、その後ISISにかなり破壊されてしまったというアレッポ城の城門と橋を作りたくなった。その上には無計画に思いつくままにゴテゴテと違法建築を積み重ねてみた。

f:id:mangokyoto:20190503171524j:plain

階段を作り、入口や出口を作り、窓を作り。ここから上がって、きっとこことここは中で繋がっているに違いない。子供達がそんな想像力を掻き立てるモノにしたかった。

f:id:mangokyoto:20190503171454j:plain

敢えて整え過ぎずに歪んだ感じに作りたい。適当に即興で作った雑さを残したい。

f:id:mangokyoto:20190503171613j:plain

エアポンプから出る空気があちこちの窓や尖塔から泡がブクブクと出るように作ってみた。実際、そのように出てくれるかは試してないのでわからない。


f:id:mangokyoto:20190503171402j:plain

泥鰌を一匹加えたい。このエアポンプカバーを寝床にして、窓から出入りしてくれたら面白い。隠れる障害物がこれしかなければ寝床に選んでくれる公算は高い。


十字架と鳥居と月と六芒星を散りばめてみた。宗教対立が無くなり、調和と平和の時代が来ることを祈って。あ、卍を忘れた。


形状はゴツいので白マットで軽やかに仕上げたい。屋根は渋柿釉薬か。階段は釉掛けすると凹凸が潰れそうなので中央に撥水剤を塗ろう。


子供達が喜んでくれると良いのだが。素焼きするのが面倒だが、壊れやすそうなのでやはり生掛けはやめた方が良さそうだ。


自らモノを作り、売り、お金をいただく。原始的だがらこそ純度の高い幸せ。

MinneやCreemaなどのオンラインハンドメイド販売サイトで豆鹿頭骨鉢を売りにだそうと計画している。

 

いくらで値付けをすればよいのかが悩ましい。


こちらとしても値下げして処分したいわけではなく、現金化に追われているわけでもなく、安いから買うというだけの人に買ってほしいわけでもない。


陶器が好き、鹿が好き、多肉植物やドライプランツが好き。それら要素を全て満たしてくれるモノがなかった。そこに価値を見出してくれて、少し高いけれども買ってくれて大事にしてくれる、という人。そういう人に買ってほしいのだ。売れなくても構わないが、私と同じ好みを共有する人になら手放しても抵抗のない値段で売りたい。そんなニッチな客層に限定された供給の僅かなモノの売り買いだ。

 f:id:mangokyoto:20190414134507j:plain

完全に自己満足で自分の好みに基づいて自分の家に置きたいモノを作っていたので、世間一般のニーズや評価が全くわからない。妻からは「貰っても困るガラクタ」扱いだ。「もう焼いちゃったら土として使えないんでしょ」とは材料以下の価値と見做した物言いだ。

 

 

そんな折、陶芸教室の作陶展でご一緒する方が豆鹿頭骨鉢をまとめて全部買いたいと言ってくれていると聞いた。実際にはその方のお子さん夫婦が欲しいらしい。さらには作陶展を見に来てくれたかつて陶芸教室でご一緒していた方が経営されているカフェレストランで作品を飾りたいので貸してくれないか、と聞かれた。「カフェの客で買いたい人がいたら手放しても良いんですか」とのこと。気に入ってくれる人がいるなら、喜んで、だ。

 f:id:mangokyoto:20190414134539j:plain

 

お金を出してでも買いたいというのは一つの好意の表現だし、売手と買手の共通の価値観の確認行為なのだと気付いた次第

 

 

頭ではわかっていても、この喜びは体感しないとわからない。勤め先で評価され昇給しても嬉しくはあるものの、組織人としてはどこまでが市場や業績の幸運によるものでどれだけが自分の力かは判然としない。自らが作り出したものを売った場合は100%がその作品への評価であり、その作り手への評価だ。それが新鮮でとても嬉しい。


 

自分の作品をお金を出してでも買いたいという人が少なくとも3人以上いたことが、ここ最近で一番嬉しかったこと。陶芸工房の無料の素材だけでなく、身銭を切ってもっと自分の求める表現を探求していきたい。

f:id:mangokyoto:20190503225645j:plain

こちらの鹿もご指名が入った。カフェに置かせてもらおう。

f:id:mangokyoto:20190503225719j:plain


鹿以外に、この百舌も。f:id:mangokyoto:20190503225919j:plain

一冬越えて一回り小さくなった。サイズ感がより合うようになって嬉しい。

f:id:mangokyoto:20190504180225j:plain


4つの豆鹿頭骨鉢の一つに実際に土を入れて植物を植え込んで見ることにした。使用上の不具合がないかは確認しないとな。

f:id:mangokyoto:20190504105700j:plain

鼻先のドアップ。金網を入れて排水しつつも土は出ないように配慮した。


f:id:mangokyoto:20190504110944j:plain

大きな花芽のついた錦晃星を植えてみたのだが、正直に言って微妙。思い描いていたような姿にはならなかった。


f:id:mangokyoto:20190504111042j:plain

ビミョーな顔で横に座るマンゴー殿。花芽に量感が乏しくて、葉の存在感とアンバランス。これが葉もさらに枝分かれして伸びたら良くなるかもしれん。

f:id:mangokyoto:20190504111910j:plain

マンゴー殿「気の長い話ですな。ドッグイヤーって言葉を知ってます?」

f:id:mangokyoto:20190504114422j:plain

壁に吊るしても植木鉢として機能することを確認。植え込む植物は茎が太いものがどうやら似合うようだ。言うならば細長く枝分かれする仙人掌。



 

ミニトマトの家庭栽培の留意点備忘

我が家は子供が大のトマト好き。栄養も豊富な緑黄色野菜なので、ムシャムシャとトマトを齧ってくれると野菜料理を作るのをさぼれて助かる。

 

今年は家庭菜園でミニトマトを育ててみることにした。少しばかり調べてみると、知らないことばかり。

 

二本仕立てで7房まで実をつけるとして一株から最大14房収穫できる計算になる。4株で56房か。しめしめ。取らぬ狸。まるで山話に騙される素人の皮算用

 

2株を花壇に地植えし、2株をポット植えにしてみる。

 f:id:mangokyoto:20190429155859j:plain

南米産のトマトは本来は地這性の植物で寝かせ植えが基本らしい。茎からも発根して根張りが良くなるのだそうだ。株を寝かせて植えるにあたって、地中に埋まる葉は掻き取るとそこからの腐敗を防げる。2株を垂直植え、2株を寝かせ植えにしてみる。

f:id:mangokyoto:20190501091040j:plain

こちらが、ポットの寝かせ植え。茎が10cmほど土を被っている。

 f:id:mangokyoto:20190429155921j:plain

こちらは地植えの垂直植え。

 

第1房は人工授粉させて必ず受粉結実させることが肝心。さもなくば茎葉に栄養が向かい過ぎてしまうそうだ。

 

第1房の下の脇芽を育てて二本仕立てとする。それ以外の脇芽は全て即座に掻き取る。5cmに育つ前に掻き取れと書いている指南書が多い。

 

水のやり過ぎは生育過多になる。雨除けの屋根を掛けると良い。ただし第1房が結実するまでは根張りも弱いので水はしっかりとやる。

 

根元にマルチングと言うビニールの覆いをすると地温が上がり生育が良くなるらしい。梅雨に雨水がかかり過ぎない利点もある。

 

風通しと日照が命。

 

カメムシが付かないことを祈るばかり。いるのだよ、カメムシが。

 

  • ポット植え。寝かせ植え。マルチング。品種「高糖度ミニトマト
  • ポット植え。垂直植え、らマルチング無し。品種「ルビーノ」
  • 地植え、寝かせ植え。品種「アイコ」
  • 地植え、垂直植え。品種「失敗しにくいミニトマト

いらいろ試してみるけれども同一品種の同条件で一部だけ要素を変えないと味や収穫量の成功因子は特定できない。試験設計から失敗しているけど、まあよい。