植物天国 晩秋のオザキフラワーパーク

鬱々とした時に来たくなる植物好きの天国、オザキフラワーパーク。西武新宿線武蔵関駅から1kmというなかなか辺鄙な場所にあり、自家用車がない人にはアクセスは悪いのだが、目的地として目指すだけの価値のある店。ロードバイクで10kmばかし走って汗を流し、辿り着く。

f:id:mangokyoto:20181118133138j:plain

晩秋ともなると球根が多種多様。一球98円は安くはない。島忠ならば48円だった。そのかわり種類はとても多い。チューリップの他にもクレマチスが豊富だった。

f:id:mangokyoto:20181118133642j:plain

実は今回の目当ては椿。ざっと見渡しただけでも20種類はあるか。「菱唐糸」のような華やかな桃色系、白椿系、さらには紅い「友の浦」や「玉の浦」など。一重侘助、八重、獅子咲きなど花の形も様々。

f:id:mangokyoto:20181118133651j:plain

「月の輪」なんて紅白の変わり品種もあった。庭先に咲いていると、珍しくて目を惹くに違いないが希少性ではなく鑑賞性で見直すと果たして自分の好みかはわからなかった。

f:id:mangokyoto:20181118133732j:plain

京都の友人が、椿が好きだと言っていた。その頃は椿なんて地味な花のどこが良いのだろうか、と全く興味がなかった。葉も厚ぼったく暗い緑で華やかさがないと思っていた。ふと気付くと、自分も一回り年上の友人の当時の年齢になりつつある。四十にして魅力に気付くのが椿なのだろうか。

f:id:mangokyoto:20181118195704j:plain

華やかな品種が増えているけれども、一番の目当てはこの「出雲大社藪椿」。筒咲の濃い紅。この至って潔い簡潔な形の椿の元気な苗木がなかなか手に入らない。ネットでも見つかるのだが、貧弱で小さな苗木ばかり。ここオザキフラワーパークでは背丈が30cmほどに育ち、蕾を沢山つけた株がどの品種も980円で売られている。葉も元気で茎は太く勢いがある。商業的には背丈で測られるので光量管理して徒長気味に背丈を早く伸ばして売っている株は多いと思うが、オザキフラワーパークには仕入れる苗木への品質のこだわりを感じ、信用している。

f:id:mangokyoto:20181118133343j:plain

盆栽販売区画。ブルーベリーコーナー、紅葉コーナー、柑橘コーナーと何でも揃う。

f:id:mangokyoto:20181118133414j:plain

こんな大きな松が2万3千円は安くないだろうか。樹形がそこまで美しくないのかもしれないが、樹齢を重ねた迫力が出ている。

f:id:mangokyoto:20181118134611j:plain

 

f:id:mangokyoto:20181118134729j:plain

トライポフォビアの人には気持ち悪く感じそうな花。名前を忘れてしまった。私の陶器鉢には合いそうなヤツだ。

f:id:mangokyoto:20181118134900j:plain

店内にはドライフラワー、プランツが所狭し。博物館的な雰囲気は楽しい。

f:id:mangokyoto:20181118134952j:plain

カナダのものか、40cm近い巨大松ぼっくりは値段も一個4000円と存在感があった。クリスマスツリーの根元に一つでも転がしておくだけでも雰囲気が変わるのだろうよ。

f:id:mangokyoto:20181118135001j:plain

綿花が流行りらしい。

f:id:mangokyoto:20181118142136j:plain

さて、店内の植物コーナーへ。ダイオウインコの置物が馴染む巨大温室。

f:id:mangokyoto:20181118142152j:plain

そこらのホームセンターの植木コーナーとは背丈が違う。鬱蒼と茂るジャングル然としていて、植木も同一種があちこちに置かれていて自分の好みの株を探して歩く楽しさがある。

f:id:mangokyoto:20181118142045j:plain

オザキフラワーパークがスゴイのが、滅多に見かけない種類の植物苗が手の届く値段で置かれていること。リグナムバイタは世界で最も重量が重い樹木でかつては木造船舶の建造に重宝したというもの。

f:id:mangokyoto:20181118141540j:plain

樹高2mはあろうかという巨大なセローム

f:id:mangokyoto:20181118141530j:plain

気根の太さたるや。この巨大で聳えるセロームが12,000円なのは破格ではないだろうか。吹き抜けの階段廊下の脇に置いたら存在感を放ちそうだ。残念ながらそんな空間は我が家にはないけれども。

f:id:mangokyoto:20181118135735j:plain

蘭コーナーも面白かった。腐敗臭フェチな蘭コレクターにはたまらない逸品。

f:id:mangokyoto:20181118135741j:plain

 茗荷のような色合いの蘭。 

f:id:mangokyoto:20181118135532j:plain

名前の思い出せないサボテン。轆轤で挽いたような曲線美。

f:id:mangokyoto:20181118142536j:plain

塊根モノも見事な株が並ぶ。値段は付いていなかったが、5桁、あるいは6桁はすると思われる。根上がり株は一つの憧れでもある。

f:id:mangokyoto:20181118143340j:plain

つい買ってしまったのが、こちら。アポニア・パピラケア。白蛇のような風貌。

f:id:mangokyoto:20181118135714j:plain

寒さに弱そうなサボテンの冬のシェルターに使えそうなガラスドームは2400円。

f:id:mangokyoto:20181118144801j:plain

外に戻る。今年から店外でお洒落なカフェレストランが営業している。今回は食べる時間がなかったが、また来たい。

f:id:mangokyoto:20181118144755j:plain

全ての販売コーナーが進化し続けるオザキフラワーパーク。魅力的すぎて衝動買いしてしまうからあまり近所に無いほうが良いのかもしれない。たまに自転車で汗かくほどに走っていくのに丁度良い。

金のない若いビオ・ベジ志向者にこそ日本酒を

f:id:mangokyoto:20181031200330j:plain

この純米大吟醸「花の香」桜花が720mlで1420円か。華やかで食前酒としても楽しめる爽やかな果物香だが食中酒として楽しむにも食べ物を邪魔しない淡麗さ。1420円はショックな低価格だな。適正価格付けを間違えているとしか思えないのだけれども。熊本のお酒。

f:id:mangokyoto:20181014235503j:plain

そこそこのワインが2000円、3000円はしてしまうことを考えると日本酒のコストパフォーマンスは驚異的だ。どうあがいても合わないフランスの食材にワインやシャンパンで四苦八苦するよりも、そこは素直に日本酒と合わせておけ、という場合も少なからずある。

f:id:mangokyoto:20181025203026j:plain

日本酒がさらに広まっていく時代は来るのではなかろうか。一人晩酌には開封しても酸化しづらく長く楽しめる日本酒のほうが確実に合う。生活様式に合う醸造酒は断然、日本酒だ。

f:id:mangokyoto:20181025200730j:plain

個人的には、ビオ認証のようなものを作ってビオ日本酒をフランスで売り出したら商機があるのではないかと思う。新しい物好きで、ベジでビオ好きな若い人達の食生活により合わせられるのは酸味や苦味の強いワインよりも淡麗な日本酒だと密かに思っている。


そういう仕事も楽しいかもな。


試飲した七賢の「絹の味」も美味かったな。比較的沢山の店に置いているお酒で珍しさはないけれども、改めて飲んで爽やかながら旨味も感じられて美味しいな、と。

鹿頭骨鉢を素焼きへ

f:id:mangokyoto:20181111130802j:plain

白化粧土を塗れば白くなる。当たり前の話だ。蝉の脱皮鉢の素焼きが終わった。特に割れることもなく、安心した。下は柿渋釉、上はトルコ青結晶釉で無難にまとめるか。それとも上体は白マットを主体にしながらトルコ青結晶釉が厚く溜まって発色しそうなところにだけトルコ青結晶を加えるスタイルにしようか。

 

f:id:mangokyoto:20181111142140j:plain

柿渋釉にどぶ漬けする際の指跡に藁灰釉薬をかけてみた。藁灰釉薬の下には鬼板で篆書体の文字をいくつか書いてみた。綺麗に出るかは焼き上がりのお楽しみ。

 

 

さて、壁にかけられるようになった鹿の頭骨鉢。なんだかな。自分が想像していたようなクオリティにならず、少し興が削がれた。自分の造形力の無さが悪いだけなのだけれども、もう少し上手くできるかと自分に過信していた。目の形と角の穴の形が雑でイマイチ。

f:id:mangokyoto:20181111153953j:plain

少し虚ろで寂しげで、かつては命を宿していたと思わせるわずかに残る存在感。そんな頭骨から生命力溢れる植物が生えてほしいのに。

 

これを量産するのは自分にとって正解なのかわからなくなってきた。釉薬を掛けて焼成し、植物を植え込めばまた見え方は変わるだろうか。登り窯に放り込んで、灰釉が偶然に掛かるに任せて焼いたら化けるのかもしれない。どこか登り窯で焼かせてくれる場所はないものだろうか。

 

期待通りに行くことの方が稀なのが陶器。

子連れには有難い杉並土建祭

高円寺のよく趣旨のわからない祭の一つに杉並第十小学校で催される杉並土建祭がある。

 

趣旨は判然としないのだけれども、ここら周辺の幼児連れは悉くお世話になっている、取り敢えずは子供を連れて行く定番祭になっているようだ。

f:id:mangokyoto:20181111100853j:plain

鉄腕アトムの股下から入る無料のふわふわトランポリン。レンタルして発電機で膨らませ、誘導員を2人配置して運営するシロモノで経費はウン十万はかかるのではないか。

 

祭会場の真ん中に配された目玉。

f:id:mangokyoto:20181111110540j:plain

ほかに材料を既に全て用意してくれている親子ジャンボ工作。がっしりとした背もたれ付きの椅子を作ることができる。

f:id:mangokyoto:20181111103325j:plain

幼児に人気なのは木の車作りで一つ300円。釘でホイールシャフトを打ち込み、組み立てて滑り台のような坂のコースを走らせて遊ぶ。未就学児童はみんな夢中だ。

 

f:id:mangokyoto:20181111110732j:plain

阿波踊り、太鼓など見世物もある。御老人がたに人気な様子。杉並第二のブラスバンドの演奏も。

 

焼そば250円、フランクフルト100円、たこ焼き400円、豚汁200円、クレープ150円。昼御飯が安上がりに済ませられる価格設定で地味に大助かり。

 

f:id:mangokyoto:20181111105805j:plain

佐官塗り体験なんてのもやっていて、大きな壁に鏝でモルタルを塗らせてもらえる。私たちは木の枠板に手形を押してみた。500円也。装飾用の小さなタイルも好きに使えて、釘で文字を書いて好みに装飾できる。これが私としては一番嬉しかったかな。

 

なぜ小学校で土建祭なのか。値段設定も随分と良心的で利益を上げるための商業祭ではない。何を目的とした祭なのだろう。

 

運営母体は東京土建という日本最大の土建労働組合の杉並支部。地域社会貢献がてら、土建に親しんでもらって将来的には土建業に若い人材に来てもらいたいという話なのか。住宅相談、耐震相談などでは新規客も取りたいのかもしれない。効率性のほどはわからない。

 

まあ、祭で世話になった世帯の親や子供からしたら東京土建に悪い印象は持たないだろうな。

 

 

北朝鮮国境に近い韓国人友人宅訪問

何か韓国から買ってきてもらいたいお土産がないかと妻に聞いたのだが、特に無いとのこと。あー、良さげなビジネスホテルに泊まるなら使い捨てスリッパでももらってきて、だと。自分でも韓国から強いて何か買ってきたいものは思い浮かばない。しかしだからといって韓国に魅力的なものが無いわけではなく、単に知らないだけなのだろう。

f:id:mangokyoto:20181104115603j:plain

韓国の友人と会えることになったので、日本から買ってきて欲しいものを聞いた。「うーん、特に無いや。強いて言うなら抹茶かな」とのこと。韓国でも大抵の日本のものは買えてしまうし、逆もまた然りなのだよな。

韓国人は日本のものを比較的よく知っているし、好きなものは自分で買う。欧米人だとそもそも日本に住んでいた人でもなければ何を買ってきて欲しいかイメージが湧かない人も多いのではなかろうか。ここ何回か、欧米人から日本からの土産に「抹茶」を依頼されることが多い。しかしそれがダントツに抹茶が好きだからなのか、さして抹茶ぐらいしか無難なものが思いつかなかったからなのか判じかねている。

  1. 酒は香りが鼻につくし(醸造アルコールの香り)酸味とボディがワインに比べて弱くて物足りない。
  2. 餡子は苦手だし(好みは仕方がない)
  3. 日本食材は自宅で日本食を作るほどでもないし、日本料理屋に行けば十分かな。
  4. フジヤマ、キモノの小物は実用性が低い。
  5. アニメのような子供向けか小児愛じみたものには興味ない。
  6. 服も靴もサイズが合わないし。
  7. うーん、当たり障りのない抹茶キットカットでいいや。

そんな思考を経て「私、抹茶が好きなの。何か抹茶を買ってきて」となっているのではないか。無論、上記のような偏見や誤解には全力で突っ込みたい次第。

 

 

空港に友人に迎えにきてもらった。友人宅はソウルの北部。道中、向かって左手に大きな川が見えて、物々しいフェンスで区切られていた。川向こうは建物もなく、葉を落とした木々が茂るだけ。雁や野鳥が群れて飛んでいく。自然保護区か何かだと思ったら北朝鮮とのこと。こんなに近かったとは。

f:id:mangokyoto:20181104214654p:plain

ソウルから友人宅は28kmほど。北朝鮮国境に最も近いのは平壌からの幹線道路が伸びてきているらへんでその地点でソウルから24kmほど。この距離は東京駅と浦安駅の距離間と変わらない。もし鼠国という100万の陸軍を有する敵対国の国境があって、ある日、突如侵攻を開始されたら浦安と東京の間のどれだけ手前で食い止められるというのだろう。韓国の経済機能の大半が集中したソウルが北朝鮮国境に近接していることの不都合さを改めて実感した。

 

韓国人は北朝鮮には観光では行けない。日本人やアメリカ人のほうが簡単に観光に行けるなんておかしなもんね、とのこと。

f:id:mangokyoto:20181104165039j:plain

途中、マイクロブルーワリーに立ち寄った。小さなクラフトビール醸造所が韓国でも増えているらしい。

 

f:id:mangokyoto:20181104165032j:plain

 

f:id:mangokyoto:20181104173149j:plain

そして友人が商う料理屋に到着。今日は店を閉じていて、私の為に貸切だそうだ。ここら辺には工場も多く、そこの工員が昼晩に沢山来てくれるのだという。

 

f:id:mangokyoto:20181104175233j:plain

手作りネギのキムチ。

 

f:id:mangokyoto:20181104175413j:plain

手作り蕪のキムチ。日本の甘くしたキムチと違い、ガツンとした辛さがある。

f:id:mangokyoto:20181104173736j:plain

出た。サムギョプサル。

 

f:id:mangokyoto:20181104174056j:plain

美味いのはわかっているのだが、ダイエット中の私には壊滅的な脂肪量。しかしもてなしを断るような育てられ方はしていない。もう腹をくくってリバウンドを乗り越えていくしかない。

f:id:mangokyoto:20181104174519j:plain

丘のような鍋の淵に脂が垂れていく。そしてその溜まった脂を吸わせるかのようにエノキを投入する。もう、エノキの豚油揚げ。恐ろしや。

 

f:id:mangokyoto:20181104174007j:plain

胡麻の葉とチャプチェを重ねてその上に脂の乗った熱々の豚、さらに味噌やらを乗せて食べると、なんとも美味しい。とまらん。たまらん。

 

f:id:mangokyoto:20181104175814j:plain

渡蟹の入った豆腐チゲも寒くなってきた季節には嬉しい一品。

 

米や味噌の値段はこの2年で40%近くも上がってクレイジーだと言っていた。キムチやナウルも作るのに手がかかるわりに無料で出されることが当然の期待値だから大変。

 

文大統領の政策で最低賃金は大幅に引き上げられたはずだけれども、非正規雇用は増え、残業時間も厳しく制限され、近郊都市の労働者の平均所得は下がっている。

 

ソウル中心部は賃料が高騰し続けて二世帯同居でなければ家を持てなくなってきている。

 

狭い団地の中の遊び場で息子や娘と遊んでいる他の子に対して、あなたはどこの棟に住んでるの?お父さんは何の車に乗っているの?なんて聞く人もいるのだとか。「狭い世界の中での背比べとマウンティングにうんざりする。私の友人の周囲の多くの人が韓国では子育てをしたくないと感じるようになっている」と嘆く。日本でタワーマンションのマウンティングに通じる話だな、と思った。

 

あれこれ、お互いの近況をアップデートし合って3時間が過ぎた。景気や世間の話となると文句も多くなるが、家族やパートナーの話、お互いが若かった頃の話は前向きで楽しい。

料理が好きな友人は多いが、自ら料理屋を開く人は少ない。生計を立てられるように利益を出して繁盛させて。大したもんだ。学生からの友人に料理屋がいるのは嬉しいし誇らしい。

 

f:id:mangokyoto:20181104224317j:plain

ちなみに韓国の友人には抹茶攻め。茶道用の上等な抹茶、甘くない粉末緑茶、ミルクと砂糖の入った甘い粉末抹茶、抹茶キットカットに抹茶メルティーキッス。そして物産展で買えた大島産椿油を利かせた大島椿どら焼き。さらに京都の「玉乃光」大吟醸酒と升に硝子酒器。韓国の友人は私達が美味しいと思うものを大抵、喜んでくれる。そういえば、私の家で振る舞った鰻の炊き込み土鍋御飯が美味しかったと言ってくれていたものな。

 

 

ピカピカのランドセルと想像の及ばぬ小学校

ランドセルを買いに行ったら、ランドセルが私の想像を超えていた。

f:id:mangokyoto:20181103144223j:plain

なんだこのスティッチ。レースのような装飾的刺繍。夏までに注文していれば、好みの糸の色と革の色を任意に組み合わせたりもできたらしい。他のメーカーからも様々なデザインのものが売られている。

f:id:mangokyoto:20181103144208j:plain

もう、赤と黒の二色は昔々の話。

  • 二色の組み合わせも多様。
  • A4が入る。
  • 本革もウレタン塗装されて強度が高い。
  • 反射板で夜間も安全向上。
  • クラリーノという軽くて丈夫な合成皮革がある。質感も安っぽくない。
  • マチが広く潰れにくい構造。
  • 教科書はゆとり教育時代から25%もページ数が増え、教科書のサイズもB5からA4に大きくなった。それに対応してサイズアップしながらも本体重量は1.2kg~1.4kgと変わらずに軽量化で相殺している。
  • 体が大きくなった場合、冬に嵩張る服を着る場合にも背負いやすいベルトの水平調整機能付き。
  • 家の鍵を外さずに解錠できる伸縮式のワイヤーを内蔵。

素晴らしい機能進化。そして中心的な価格帯が5万〜7万円だということにも驚いた。メーカー問わずに探しても3万円は下らない。もう、れっきとした私が手にしたことのないような高級機能鞄だ。中学の鞄、高校の鞄を含めて学生鞄としてはランドセルが最も高価なのではないだろうか。そして多くの男性にとって人生で最も高価な鞄はランドセルだったなんてことになっているのかもしれない。

f:id:mangokyoto:20181103144003j:plain

 上から手で持つハンドルは編み込まれたような仕様。ハンガーにかける際の金属製フックは別に付いている。

f:id:mangokyoto:20181103143953j:plain

昔のようなテカテカではない。落ち着きのある艶。

f:id:mangokyoto:20181103143943j:plain

内布も縞々でなんだか高級感があるというか。

f:id:mangokyoto:20181103143925j:plain

カチャリと留め具を嵌めると、鍵となる回転金具が勝手に回転する。手で捻る必要がない。細かいながらも様々な進歩。

卒業までの6年間、使い倒してくれないと困る。注文するだけで現物を今日は持ち帰れないことに、息子が言葉少なに、名残惜しそうにしていた。案外、気に入ってくれてたようだ。大事にしてくれよ。そして何より、こんな上等なシロモノを購入して頂いた姑様に多謝。祖父母が入学祝いに孫のランドセルを買ってくれるのが一つの潮流というのも初めて知ったことだった。

 

将来、自分に孫が6人ぐらい生まれてもし奥さんの方の祖父母が亡くなられていたらなかなかすごい出費になりそう。いや、これからの20年で小学校の教材は全てクラウド化してキンドルのような電子ブックを持ち運ぶだけにランドセルの容量も小型化していくかも知れない。そうしたらこんな複雑で耐久性の高い高価な鞄ではなくなる。その一方で標準でGPS搭載など電子化の道へ進んで値段は安くはならない可能性もある。

 

夜、「女王の教室」という小学校を舞台にした13年前のドラマを見始めた。幸せになれるのは6%だけだとか、会社でまともに働いているのは30%だけだとか、20%が足を引っ張るだとか、台詞がしんどい。

f:id:mangokyoto:20181103161213j:plainf:id:mangokyoto:20181103233112j:plain

小学生も高学年にもなると、もう大人の世界の虚構も感じ取り始めるのだろう。子供にあれこれ取り繕わないといけないようにはなりたくないもんだが、別に子供だからといって親が万能ヅラをしなくても良いのかもな。子供にも人付き合いのストレスや気苦労もある。避けれない競争もある。その点、大人と変わらない世界で生き始めてるのかな。

兎にも角にも心身ともに健やかに育ってほしいもんだ。

f:id:mangokyoto:20181103233206j:plain

鋳込み1号鹿頭骨鉢

前回の鋳込みは時間不足で固まるまで待つ時間がなかったので潰してしまった。仕切り直しての鋳込み初号。

 

f:id:mangokyoto:20181028123654j:plain

石膏も乾いていて状態も良い。

f:id:mangokyoto:20181028140109j:plain

先生から頂いた泥漿の処方。

 

f:id:mangokyoto:20181028144348j:plain

前回の要領で粘土をメッシュで濾し、粘度を調整した。少しドロドロとした状態で水ガラスを混ぜるとトロトロと流動性が増して丁度良くなる。

 

流し込むのに注ぎ口のついたプラスチック椀を使ったのだが、それが酷く垂れる。漏斗を使えばよかった。

f:id:mangokyoto:20181028153431j:plain

今回は注ぎ込んで合計40分。途中、継ぎ足すこと2回。さらに中を零し出してから40分ほど待った。

注ぎ口の状態をみて中の状態を判断する。注ぎ口の断面を見ればおよそ何ミリの厚さになっているか予測がつく。今回は6〜7ミリほど。内側に水気がなくなるまで待ち、粘度の塊を漏斗状の注ぎ口の粘土に押し付けて、引っ付いて剥がれるぐらいに乾くと型剥がし

 

f:id:mangokyoto:20181028162530j:plain

型から外す前に強めに石膏を叩くと外れやすくなる。どこも切れることなく、完全な形で型から外すことができた。

f:id:mangokyoto:20181028162523j:plain

 

f:id:mangokyoto:20181028172214j:plain

角を成形してやり、鼻先と眼窩をくり抜く。まだ全体が柔らかくてナイフを入れると歪みそうで怖い。次回、さらに細部に手を加えていきたい。このサイズと形状のものを自力で同寸法で複製するのは流石に難しいので型を作った甲斐はある。


酸化チタン釉に呉須で加飾

渋柿釉

和文様を鬼板で描いて酸化辰砂

そんなのが3つ並んだら良いな。


そろそろ、植えこむ植物も探し始めないといけない。どうせなら同じ種類のものを双角に生やしたい。

f:id:mangokyoto:20181028144423j:plain

待ち時間の長い鋳込み作業の合間に釉掛けをいくつかこなした。