ムンバイでゾロアスター教徒料理専門店へ

インドにはパールシーという特殊階級の人達がいる。カーストなのか、部族なのか、民族なのか。


日本ではゾロアスター教徒拝火教徒として知られている。イランの第二位の聖火を引き継ぎイランがイスラム化した後はインドに移り、ムンバイやプネーを中心に寺院を建立し住んでいるらしい。


パールシーの語源はペルシア。

世界最古の一神教

父親がパールシーでなければならない。

娘が異教徒と結婚すると棄教せねばならない。

インド人と混血していない純血アーリア人である。

少数ながら相互扶助が強く非常に裕福で教養の高い人達が多い。

鳥葬の習慣がある。

タタ財閥はパールシーである。

インディラガンディーの夫もパールシー。

肉食である。



てなわけで、ムンバイの同僚が「ボス、あんたこういうの好きでしょう?辛いものが食べられないフランス人が来る前に食べに行きやせんか?」とインド門のある旧市街地のパールシー御用達のレストランへ連れて行ってくれた。


レストランの外壁にあるレリーフがもうアッシリアというかアケメネスというか、たまらん。

f:id:mangokyoto:20191114012641j:plain

パールシーは菜食主義ではなく、肉をよく食べる。今までのインド人同僚は皆、菜食主義者だったのでパールシーのレストランに連れてきてくれる人はいなかった。

f:id:mangokyoto:20191114001522j:plain

Pallonji'sパロンジというパールシーの飲食店以外ではなかなか見かけないというインド産コーラのようなもの。ジンジャーエールとコーラの中間のような味なのだが、強烈に甘い。

f:id:mangokyoto:20191114002453j:plain

バナナの皮に包んで焼いたハーブ魚蒸し。全く辛くない。臭みも無く美味しい。


f:id:mangokyoto:20191114003042j:plain

名前を一瞬で忘れた。スパイシーな卵焼き乗せ何か。これがまた食べたい。


f:id:mangokyoto:20191114004404j:plain

パールシー式ビリヤニ。鶏肉入りのインド炒飯。ベジタリアンビリヤニより美味しいのは肉と旨味とこのイランの木の実。


ちなみにビリヤニはインターネットで調べると世界三大炊き込みご飯なんだと出てくるけれども、では他の二つは何かというとパエリアと松茸ご飯だと。そんなわけあるか。中華料理が怒るだろう。biryani、paellaと検索してもそこにMatsutakeなんて出てこない。日本人が吹いてるだけだろう。


f:id:mangokyoto:20191114012124j:plain

脱線したがパールシー料理はとても美味しかった。同僚曰く、パールシーの連中は見た目ですぐわかるよね、と言われたが全く容姿の違いがわからない。

f:id:mangokyoto:20191114012649j:plain

貴重な経験ができた。多謝。



韓国人はウンチがお好き

かもしれない。そうに違いない。

 

韓国滞在中、唯一、受け付けなかったのがこちら。

f:id:mangokyoto:20191117130511j:plain

ウンチみたいな見た目だな、と思ったら本当にウンチを意図しているらしい。カップルセットで2000W割引の7000W、22%オフ。二人してキャッキャ言いながらウンチを頬張れば愛も深まるに違いない。そんなわけない。

 

f:id:mangokyoto:20191117130603j:plain

話題作り先行の店が一つあるわけではなく、何店舗も散在しているところを見ると、それなりに支持されて定着していることになる。和式便器型の皿にウンチ型のワッフル。洋式便器型の碗にあるまじき写実性を持ち込んだとぐろウンチ型の何か。洋式便器型の碗に注がれたカフェオレに至っては酷い下痢としか思えない。

 

「トンパン」と言い、少なくとも2014年6月には「匂いも食感も申し分ない逸品」として話題になっていることがRocket Newsで確認できる。つまり5年以上も人気を博していることになる。タピオカブームは5年以上も続くだろうか。換言するならばタピオカよりも長く愛されているのが韓国でのウンチ焼きだと言える。

 

息子たちにお土産で買っていったら絶対喜ぶと思う。鉄板。ウンチ、ウンチ、連呼して私と妻に何回も「やめなさい」と怒られることになると思う。だから買わない。

f:id:mangokyoto:20191116175647j:plain

そういえば弘大にアラレちゃんの壁画があってみんな、写真を撮っていた。この2019年の世に、若者が集まる街になぜワンピースでもナルトでもなく、ドラゴンボールですらなくアラレちゃんなのか。道ゆく若者は生まれてないだろうが。

 

合理的に思いつく理由。アラレちゃんといえば、棒の先に刺さったトグロをまいたウンチ。韓国人はとぐろを巻いたウンチが好きなのか。生まれてもない若者にもウンチの象徴漫画として次世代に引き継がれたわけか。

 

韓国人のチームメンバーに「韓国人はとぐろウンチが好きなのか、あなたも好きなのか」と聞いてみたかったが、いつも韓流アイドル並みに隙のないオシャレをしている彼女は下手したら口を聞いてくれなくなりそうなので聞けなかった。疑問は解消されずに終わった。

 

12回もウンチと書くことになるとは思わなかった。

カロスキルよりもインサドン。最新流行スポット仁寺洞アート雑貨散策

仁寺洞は再開発が進む最新流行スポットだそうだ。王宮、ギャラリー街、韓国村という古民家を改装したお洒落なカフェやレストランが密集した地区が相互に徒歩圏にあるので週末を潰すのに至極快適だった。

f:id:mangokyoto:20191117130422j:plain

サンジキルという雑貨店が入った商業施設が大抵のガイドブックには載っているここ数年の流行スポットらしい。ガイドブックの写真からは気づかなかったのだが、廊下が5階まで螺旋状になっており、しかも廊下に面した店舗は全て全面ガラスなので歩きながら興味のある店を見つけたら入ることができ、右往左往せずに全ての店を見られるのでとても便利な構造と言える。

f:id:mangokyoto:20191117130044j:plain

1階の片隅にあるアンティーク風なデザイン画を印刷したグッズを売る店へ入った。特に韓国らしさがあるわけではないのだけれども、昆虫、鹿、サボテン、犬を辞書の頁に重ねた印刷物が私の好みのど真中だったので買ってしまった。

f:id:mangokyoto:20191117133225j:plain

ネットの画像をコラージュしている安易なものではなく、わざわざ店主が被写体の写真を撮っているのだという。他に数人、デザイナーがいるとのこと。印刷も近く見ても粗がない品質。

 

最初は冷やかし客と思ったのか、店主は鈍い反応しかみせなかった。私が見本帳から、これとこれを見せてくれ、と頼むと少し売る気が出てきたようだ。

「3枚買ったら1枚サービスする」とディスカウントショップの情報のようなことを言い出した。

「虫が好きなんだよね」と店主が言う。私も好きだ、と返して陶器で虫の植木鉢を作っていると伝えスマホに保存している写真を見せた。

「おー 売ってるのか?」

「売ってない?売りなよ。売れるぞ」

「何、趣味の作品だし数が作れないって?そうか、しゃあないな」

「インスタ登録したらうちの最新の商品情報を見れるぞ」

f:id:mangokyoto:20191117132954j:plain

「ああ、写真も撮ってくれていいぞ」

「今度、カンナムに移転するんだ。3倍の広さになるんだ」

「俺もサボテンが好きでな。これを見てくれ」

 

f:id:mangokyoto:20191117133726j:plain

「2年でこんなに育ったんだ。すごいだろう。」

「ユーフォルビアは水が好きっぽくて水抜き穴がなくても問題ないな」

「ここにはそんなにないけど、サボテンをモチーフにしたやつも実はたくさんあるんだ」

 

話が止まらなくなった。このおっちゃんとかなり気が合いそうな気がする。最初の朴訥な印象は単なる客あしらいの無愛想に過ぎず、いざ私の興味関心に共通点があるとみるや饒舌になった。思った以上に英語が流暢だしユーフォルビアだとかエケベリアだとか多肉植物の種類もわかる。もっと仲良くなって日韓多肉植物陶器交流したい。

 

サボテンや多肉植物のサンプル写真を送れば、デザインに落としこんで背景を辞書風に加工して制作してくれるそうな。受注制作も多いとのこと。

 

おっちゃんと話したら、早く帰国して作陶したくなった。こういう、良い刺激を受けられる友人が高円寺に欲しい。

 

 

通仁カゲという5階までギャラリーの入っている建物があり、1階の陶器店が素晴らしかった。先端の作家ものの陶器が並ぶ。白磁青磁、枯れた風合い、歪みや割れの偶然を愛でるもの、やはり日本人の美意識との近さを感じる。写真を撮ることが憚られたがアンティークの皿の高台に薄く挽いた白磁を重ねた陶器が目を惹いた。 


f:id:mangokyoto:20191119155415j:plain

巨大な筆を含めありとあらゆる書道具が売られる専門店もあった。

f:id:mangokyoto:20191117135036j:plain

ムキムキ韓流イケメンが巨大な筆を肩に乗せてイキっている巨大広告なんかもあって、さすが韓国。韓流であれこれ解決するのだ、きっと。

 

周辺にはギャラリーや作家モノの作品を売る雑貨屋が多くて街歩きが楽しかった。

f:id:mangokyoto:20191117134520j:plain

木製の幾何学模様の部品がクルクルと回っているのだが、ぼうっと眺めていられる。

 

f:id:mangokyoto:20191117234709j:plain

徒歩数分の距離に益善洞と呼ばれる流行スポットがある。韓国村という古民家街で家屋を改修してお洒落なカフェ、レストラン、スイーツ屋、バーに転用している。

f:id:mangokyoto:20191117160358j:plain

こちらのカフェ「トゥルアン」はカフェソウルという斎藤工出演の日韓合作映画のロケ地になったそうで、日本人の観光客も多いのだそうだ。靴を脱いで寛ぐ小上がりもある。

f:id:mangokyoto:20191117155148j:plain

柿の葉茶に干柿の中にクルミを詰めたお菓子。 

f:id:mangokyoto:20191117154853j:plain

 なかなか素朴で美味しい。

f:id:mangokyoto:20191117152056j:plain

本当に街並みは洗練されたカフェやレストランだらけで感心した。もっと写真を撮っていたかと思ったが全然撮っていなかった。

f:id:mangokyoto:20191117152911j:plain 

f:id:mangokyoto:20191117152758j:plain

 

 

f:id:mangokyoto:20191117150250j:plain 

私は若い女子やカップルだらけのカフェで食べるよりも美味い韓国大衆料理が食べたい。益善洞を出た小さな食堂に入った。

f:id:mangokyoto:20191117150259j:plain

蛸のビビンバを頼んだ。

f:id:mangokyoto:20191117150523j:plain

混ぜて、混ぜて。辛くて美味しい。


芸能人が集まるというシンサ、カロスキルよりもインサドンの方が私の好みかもしれない。

仁寺洞

昌慶宮

昌徳宮

サムジキル デパート

通仁カゲ ギャラリー店 工芸

益善洞 トゥルアン 伝統家屋のオンドルカフェ


 

 

韓国の紅葉と昌徳宮と昌慶宮


日本より先に韓国には冬が来ている様子。最高気温7℃、最低気温-4℃。そんな寒さの中、氷雨のソウルを散策した。世界遺産にもなっているソウルの五王宮のうちの昌慶宮、昌徳宮へ。

f:id:mangokyoto:20191117115619j:plain

街中で韓国はパステルカラー使いが多い。西洋的な「可愛さ」の模倣かと思っていたのだが、王宮の色使いを見るとパステルカラーは韓国で古くから好まれてきた色彩なのかもしれない。

f:id:mangokyoto:20191117114956j:plain

気候が日本と近い韓国では植生も似ていて、この通り紅葉も美しい。

f:id:mangokyoto:20191117122517j:plain

雨の中、人影もなく棄宮の佇まい。大人ならば容易に乗り越えられそうな壁の高さが平和な時代の王宮の造りだ。最初の宮殿は600年前の1419年に建造され、豊臣秀吉が攻めた折に消失した。日本の軍勢が焼き払ったのかと思ったが、実際は豊臣秀吉軍が入城する直前に民衆が略奪し放火したらしい。韓国人からしたら、日本のせいで焼失したことには変わらないだろうけれども。

f:id:mangokyoto:20191117123400j:plain

黄色から朱色へと錦状に移ろう葉。

f:id:mangokyoto:20191117115908j:plain

全体的に霞んだ抑制の効いた淡い色の中で鮮やかに引き立つ模様。

f:id:mangokyoto:20191117123112j:plain

立ち入れない柵の中の紅葉の株元は赤一面だった。

f:id:mangokyoto:20191117122446j:plain

扉の色は和名で言えば「水浅葱」あたりだろうか。

f:id:mangokyoto:20191117123555j:plain

人工の建造物の色彩よりも植物の色の方が遥かに色彩が強いとは。

f:id:mangokyoto:20191117115259j:plain

魔除守護の霊獣だろうか。とぼけた顔をしている。紫禁城の最高位に格の高い建物には十の像が乗るのだったっけ。

f:id:mangokyoto:20191117113044j:plain

韓国の紅葉も以呂波のような切れ目の深い葉で葉脈が一際鮮やか。素晴らしい。

f:id:mangokyoto:20191117121451j:plain

昌慶宮の玉座の背後の衝立に描かれた山と日月が気になる。京都の西陣に「松翠閣」という西陣織工芸美術館があって、そこにも見事な日月山水図の西陣織が展示されていたのを覚えている。閉鎖してしまっていたが、今年、あさぎ美術館として開館され展示されるらしい。

f:id:mangokyoto:20191117114033j:plain

昌慶宮の池の片側にガラス宮を模した植民地時代に造られた温室がある。その中でも様々な植物が紅葉していた。

f:id:mangokyoto:20191117114100j:plain

この流し込みのような赤と緑の滲んだ混ざり合いは見ていて飽きない。

f:id:mangokyoto:20191117114131j:plain

錦木のような葉の鮮烈さ。

f:id:mangokyoto:20191117113920j:plain

寒い季節に一際、目立っていたのは山茶花

f:id:mangokyoto:20191117113927j:plain

Camellia Sasanquaだそうだ。椿をCamellia Japonicaと命名した後、花弁がひらひらと散る椿に似た花はまとめて日本語のササンカを転用してしまったのか。

f:id:mangokyoto:20191117114242j:plain

Sedum takeshimense。私の愛する多肉植物セダムのようだが、竹島の名を冠してしまっている。さすがに学名は政治的理由では変えられないのか。日本ではタケシマキリンソウと呼ばれているやつだ。

f:id:mangokyoto:20191117114311j:plain

こちらはCirsum nipponicum、和名はナンブアザミ。Cirsum japonicumだとノアザミのこと。いずれも日本の固有種ではなく、朝鮮半島や中国大陸でも自生しているらしい。昔は名付けに政治的な側面は無頓着だったのだな。その頃は植物学者は朝鮮半島にさほど目を向けなかったのだろうか。


日本にいると右傾化した報道ばかりで日本の植民地の名残は須く目の仇にされているかのように書かれているが、こうしてtakeshimenseなどと書かれた札が目立つ場所に置かれているところを見ると韓国は至って平和だ。


紅葉を愛でる文化も、建物も、日韓の美意識は多くの点で近いことが多い。それでいて明確な違いもあちらこちらに感じるからこそ、お互いに魅力にも感じやすいのではないかと思う。本来、もっともお互いの良さがわかる文化同士なのではないか。


インスタ映えるソウル、弘大の「サボテンケーキ」

韓国で最もレベルの高い美術大学である弘益大学のある街、通称「弘大」(ホンデ)は若者が集まる街でアート雑貨の店も多いと聞いて行ってみた。

f:id:mangokyoto:20191116172937j:plain

とてつもない人、人、人。人の多さは渋谷と変わらない。


話題のアート雑貨店が入居するSang Sang Madongとやらに行ってみたけれども、せいぜいロフトやハンズぐらいの印象でイマイチだった。土曜日に開かれるという弘大公園の手作りアートマーケットも机大のスペースの店が20店舗もない閑散とした雰囲気で、何やら観光ガイドの煽りに肩透かしに遭った様子。

f:id:mangokyoto:20191116175646j:plain

時折、写真を撮りたくさせる壁アートがある。

f:id:mangokyoto:20191116175724j:plain

さすが韓国、自撮りしてもらう為の工夫が街のあちらこちらにある。おっさん一人で歩くのはしんどい街だ。

f:id:mangokyoto:20191116184550j:plain

歩き疲れてカフェに入った。これまたパステルピンク尽くしで引き返して出ようと思ったが、メニューだけでも見てみることにした。


f:id:mangokyoto:20191116185506j:plain

サボテンケーキか。多肉植物愛好家としては試してみたい。

f:id:mangokyoto:20191116184342j:plain

アメリカンコーヒーとサボテンケーキを頼んで1200円ぐらいだったか。

サボテンはプラスチックというか、蝋がかかったような緑色をしていて見た目は美味しそうではない。

f:id:mangokyoto:20191116184454j:plain

サボテンの上の帽子は砂糖菓子だった。

f:id:mangokyoto:20191116184643j:plain

中はアイスクリームのような硬いクリームのようなシロモノで少し甘すぎる。

土はチョコレート、土の中はラズベリームースのようなものが詰まっていた。

地上部分は完全に見た目ありきで美味しくないのだが、土中のムースは普通に美味しかった。

f:id:mangokyoto:20191116185211j:plain

容器は素焼きの駄温鉢で底には水抜き穴もそのままある。よく見るとMade In Germanyと書かれていた。


自分が作るならば、碧瑠璃鸞鳳玉にして、天辺にエディブルフラワーを置く方が作りやすいし、チャチさも無くなるのではないかと思う。

緑のよくわからんワックスのようなシロモノより、薄い飴細工で殻を作った方が良くないだろうか。


土がチョコレートなのも、土中をムースにするのも面白いアイディア。

他の類似店では、スプーンの代わりに小さなスコップを使って食べるらしい。


流石、視覚的楽しさを追求しているのが韓国だよな。

f:id:mangokyoto:20191116184527j:plain


誰か、店内がサボテンや多肉植物に溢れた多肉植物カフェを作ってくれないものか。



気が乗らない印韓中国行脚を乗り越えるための年末したいことリスト

「今、〇〇空港ナウ。(死語)これからXXに行きます!」とSNSに投稿する人をエアポートおじさんと呼ぶらしい。海外出張に行くことの自慢のニュアンスもあるそうだ。LCCもなく海外出張がとても高価だった時代の感覚を引き摺っているところに「おじさん」臭がするからか。エアポートおじさんと聞くと空港で暮らす羽目になった男を描く「ターミナル」という映画を思い出す。いいじゃないか、空港男。

 

私も普段ならば大抵、2泊ほど延泊して遊んで帰るので海外出張は歓迎なのだが今回に限っては全く気が乗らない。

  • 2週間分の荷物を詰め込んだ大きなスーツケースを早朝の満員電車に持ち込まないといけない。
  • 羽田発ではなく成田発。
  • ムンバイに10時間かけて着いたら即、仕事相手と夕食会。
  • 延泊なし。仕事後に空港直行、深夜2時半の便でムンバイからソウルへ。
  • チベット亡命政府のあるダラムサラか、シーク教徒の聖地アムリトサルに行く予定で宿も飛行機も調べたのに。
  • 週末をせめてインドで過ごしたかったが、香港の騒動で経由便がキャンセルされてしまったのでソウルで過ごすことに。
  • ソウルはなんと夜には氷点下-6℃まで冷え込む見込み。昼の最高気温4℃って寒すぎやしないか。
  • ダウンジャケットやらセーターやら防寒具が必要となり荷物が嵩む。
  • 週末にソウルで行きたい観光地は特にない。買いたいものもない。
  • 仕事後にこれまた空港に直行して夜の便で上海へ。もう、上海で行きたい所はほとんどないのだよな。

年に一度のインド出張が楽しみだったのに、最も短い滞在になってしまい、観光要素も全くなくなってしまった。遊びに行くのではない、仕事への真面目さが足りないと言われるかもしれない。しかし私は遊び要素を糧にして仕事を頑張ろうとしてきた。その活力源が失われたのはしんどい。本当にしんどい。気力不足での強行軍は体調を崩す可能性が高い。

 

せめて気力を励起するために年末にやりたいことを列記する。

  • マッサージ屋に行って身体をほぐす。
  • 高円寺で見つけた美味しくて劇安フレンチビストロに妻と再訪する。
  • 蕎麦割烹に行く。
  • 夜、ジムに行って阿佐ヶ谷で新規店開拓。
  • 豆腐料理を探究。
  • 子供達とどら焼きを作る。
  • 子供達とクリスマスケーキを作る。
  • 子供と縄跳の練習。
  • 次男と公園でサッカー。
  • 一眼レフを引っ張り出してきて家族を撮影。
  • 代休をとって丸一日、作陶三昧。
  • 素焼きに鉄絵を描く。
  • 水槽の角に掛ける遺跡風多肉植物水耕栽培鉢の作陶。
  • 鹿鉢の作陶。制作過程をまとめる。
  • 聖杯の作陶。
  • バルコニー温室化改造。防寒ビニールシートをつける。
  • 庭の手入れ。ミニトマトの撤去。
  • 柵の補修。
  • チューリップを植えまくってみる。
  • GOT最終章を一気に観る。
  • 自転車を買う。
  • レモングラスを収穫して馴染みの店に届ける。
  • 気の合う友人と忘年会。
  • 高円寺のボルダリング教室に体験参加。
  • ラテアート教室に参加してみる。
  • https://icotto.jp/presses/5366?page=2
 
f:id:mangokyoto:20191113095400j:plain
空港の屋上緑化多肉植物の松葉菊が一面を覆っていた。多肉植物は世界を救うよ、全く。水が少なくて済むし太陽光を吸収して屋根の温度を下げてくれる。霜にも強い。
 
成田空港を今まで敬遠していたが、長距離便、ビジネスクラス利用時はありかもしれないと認識を改めた。
  • 新宿からの成田エキスプレスもネット事前予約可能で券売機や窓口によらなくて楽になった。
  • 羽田よりも全体的に空いている。広々としている。
  • 改修や近代化が進んでチェックインからラウンジまで15分しかかからなかった。
  • SKY PRIORITYの迅速な優先手荷物検査
  • 自動化されたパスポートコントロール
  • ANAラウンジのドラフトビールサーバーが良い
  • ANAラウンジのカレーが辛めでJALに負けじと美味しい
  • ANAラウンジの窓際の席数が多くて快適
  • 滑走路も多く出発地理由の離陸遅延は少ないかも
f:id:mangokyoto:20191113104957j:plain 
 

上腕骨肉鉢 X「赤鬼城」「火祭」

f:id:mangokyoto:20191110083337j:plain

赤味の強い赤土4号と信楽白土を使い分け、下半分にだけマグネシヤ釉を掛けて酸化焼成した。


土台を水彩メタリック塗料で黒く塗ったら印象が引き締まった。


誰のウケも気にせずに自分が作りたいように作る作品は楽しい。全く用途のないオブジェのようでありながら植木鉢という目的を持っているのが自分なりのこだわり。何が主目的か曖昧な存在。

f:id:mangokyoto:20191110083406j:plain

上腕二頭筋と三頭筋のパンプアップぶりはゴールドジム通いのゴリラタンク着たビルダー水準だよな。

f:id:mangokyoto:20191110083306j:plain

薬指だけ軽く曲げて動きを出したのは頭の片隅に観音像の手のイメージがあったからかもしれない。

f:id:mangokyoto:20191111073255j:plain

ハンギングプランター用の軽量土を入れ、クラッスラ「赤鬼城」を腕橈骨筋、「火祭」の切苗を上腕二頭筋、三頭筋に植え込む。

f:id:mangokyoto:20191110181725j:plain

「赤鬼城」も「火祭」も似た品種だが、「赤鬼城」のほうが葉が肉厚、葉が細く、耐寒性も強いとされている。


秋冬にかけて気温が下がると真っ赤に紅葉する美しい多肉植物なのだが、11月に入ってから植え替えるのは遅すぎる。寒さに当てようにも根が張っていない。無理をすると越冬できない。

f:id:mangokyoto:20191110181857j:plain

今年は我慢して来年の紅葉に向けてじっくり育てていくべきだろうな。

f:id:mangokyoto:20191110181713j:plain

夜の蛍光灯下よりも朝の自然光のほうが植物は魅力的に写る。

f:id:mangokyoto:20191111073248j:plain

全体が浮いて見えるようになったことで、アクの強い骨肉の存在感がとても軽くなった。陶器の造形力は凄い。


「赤鬼城」と「火祭」が真っ赤に紅葉すると、まるで血飛沫のようになる。来年の秋が楽しみだ。悪趣味という意見は受け付けない。ほっておけ。


骨格標本的な「静」と紅葉の「動」。

白土と赤土。

骨と血肉。