読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LaLaLand、手紙は憶えている、ザ・コンサルタント、マリアンヌ、人間の値打ち、聖の青春、永遠の0、

映画

 フランス往復の機中で観た映画備忘録。

 

ララランド La La Land ☆☆☆

ミュージカルなんてものはワザとらしい唄や踊りの挿入に気持ち悪さを覚えるジャンルだった。アカデミー賞をいくつも受賞したという知識がなければ見なかったであろう作品。
 
これから職責がわんさか増えて、引継ぎして問題の多さに目眩がしそうになって、少し弱気になっていた時分、これに勝る強壮剤は無い。勝負を挑んでナンボ。失敗するリスクの無い仕事をこなす為に私は任されたわけでは無い。
 
社歴や人生経験の長い人達が上司になる私を見定めようと距離をとって眺めている居心地の悪さを感じている。自分を出していくしかない。自分が良いと思うものを試していくしかない。話は聞く。意見も尊重する。全ての責任は取る。何に勝負をかけるかは自分が決める。知ったことか。
 
音楽は力だ。映画も力だ。創造的な仕事は素晴らしい。愉しくて励まされて切なくなって、それが人生だと思わせてくれる。良い映画を観れた。
 
巷ではこの映画は賛否両論らしい。結局は平凡な話じゃないか、と。そう言われればそうなのだけれども、平凡な人生の困難に四苦八苦している我が身に少しばかりの力をくれるならばそれで良い。一言でまとめると「挑戦する人生を!」。心が枯れ始めたアラフォーのミッドライフクライシスに刺さる映画なのだと思う。
 
ライアン・ゴスリンの捻くれているくせに口角の上がる微笑が良い。

 

ラ・ラ・ランド (コンプリート・ミュージカル・エクスペリエンス)

ラ・ラ・ランド (コンプリート・ミュージカル・エクスペリエンス)

 

 

 
ザ・コンサルタント The Accountant ☆☆
会計士とコンサルタントの違いを知らない、あるいはザ・アカウンタントだと売れないと判断した配給会社は残念極まりない。
 
自閉症患者の可能性を賛美し偏見を戒めるくせして、会計士なんて一般人の受けが悪そうだからもっと食いつきそうなコンサルタントにしようという浅薄な偏見。自閉症患者に特殊能力を期待するようになるのも困った偏見だと思う。
 
アクション映画のわりに骨太に造られている。しかし気に入った女性は救い、義足で大勢の患者を救う企業のCEOは撃ち殺す。裏世界の資金の洗浄屋会計士である主人公は、凄腕の裏世界の殺し屋の弟を家族だからというこれまたマフィア的価値観で仲間に得て映画は終わる。なんだこりゃ。
 
悪が主役の映画。ベンアフレックが存在感がありすぎて見応え充分なアクションサスペンス映画だが、冷静に考えるととんでもないストーリー。この手の映画に内容なんてどうでも良いということなのだろうね。演技が上手い俳優とスリルのあるアクション、主人公の少しばかり暗い生い立ちと世の中の解った感。
 
観て損したとは思わない娯楽作。
 
手紙は覚えているRemember。☆☆☆☆
妻を亡くしたことを忘れるほど物忘の激しい90歳の老人が一通の手紙だけを頼りに、アウシュビッツ収容所で家族を殺したナチスの逃亡犯を探し出す旅に出る話。
 
眠気が吹き飛んだ。彼は自覚していたのか、操られたのか。
 
予想外の秀作。昭和は遠くなりにけり。それでもまだ作品を生み出し続ける第二次世界大戦の負の熱量の大きさたるや。
 
今のところ、2017年度のベスト映画はこれ。
手紙は憶えている [DVD]

手紙は憶えている [DVD]

 

 

マリアンヌ Allied ☆
ブラピ主演。第二次世界大戦下の諜報員とレジスタンスの恋愛。
 
自分の物事の見方が歪んでしまったのか。素直にストーリーを受け取れなかった。ナチスの諜報員だと発覚した妻。それを信じて二人で逃げる道を選んだ夫の命を救うために自ら犠牲となる道を選ぶ妻。なんだかブラッドピットが都合の良い悲劇のヒーロー過ぎて白けた。
 
真相は知らんがブラッドピットとアンジェリーナジョリーの醜聞や親権争い、離婚騒動を見聞きして自分の中で家族を守る責任感や愛情に溢れた人間としてブラッドピットを認められなくなったからなのだろう。俳優の演じる作品と俳優の私生活を重ねてしまうのは映画鑑賞の仕方として間違えかもしれないが、それを想起させるブラピが悪い。
 
前回のフューリーといい、遠く過ぎた第二次大戦後を舞台に悲劇の皮を被った自己賛美的な作品に続けて出演するブラッドピットにウンザリしている。「A River Runs Through It」の頃のブラッドピットが好きなだけに反動的失望なのかもしれない。

 

 
人間の値打ち Il capitale umano。☆
イタリアアカデミー賞7冠のサスペンスという触れ込み。
 
大富豪と、中所得でギラついた不動産経営者と、恵まれない家庭と。誰もが自分勝手で自分が可愛くて、殺された男の家族に想いを寄せる人は誰もいない。
 
観客の娯楽の為に大富豪を悪者にはしていない。実話に基づいている以上、観客が好む形にはなっておらず。金持ちが腹黒いとは限らず、貧しい者が卑屈で小狡いことも多いわけで、どうせなら私は心の豊かな金持ちになりたい、とどうでもいい感想を浮かばせた作品。
 

これでアカデミー7冠って。。。 ニューシネマパラダイスやイルポスティーノを産み出したイタリアとは思えぬ。

 

 
聖の青春。☆
東の羽生、西の村山と謳われた棋士村山聖松山ケンイチが演じる。
 
村山という人物像が掴めず仕舞いだった。傍若無人に振る舞っているかと思えば羽生名人には終始、敬語。誰に対しても傍若無人なのではなく、自分が認める相手以外はしっかりと見下しているのだな。伏線からすると名人位を獲るのかと思ったが、痛恨の落手で負けて終わる。
 
実在の人物だし故人なのでとやかく言いたくないが、キングカズに語らせれば自己管理できずに何を勝利への執念だ、と。実在の人物だけに村山九段が本当に傍若無人な人だったのか、気になる。観客ウケを良くする為の脚色だとしたら失礼な話だ。 
 
3月のライオン」の主人公のライバルに小肥りの持病持ちの二階堂という青年が出てくるが、村山九段がモデルなのではないかとふと思った。
聖の青春 [DVD]

聖の青春 [DVD]

 

 

 
永遠の0。☆☆
小説と受け止め方が変わった。小説を読んだときはあれだけ家族を愛していた彼がなぜ特攻に志願したのかという疑問を映画ほどには感じなかった。映画を観るとその疑問は深まる。
 
冒頭の玉砕シーンが無かった。飛行機の上で観たから飛行機が墜落するシーンは予めカットされていたのか。他にもあれだけ撃墜シーンをそのまま流しているのだから、物語の起点となるシーンをカットする意味はない。映画版ではあのシーンは描かれていないのか。
 
 戦闘シーンやセットが金かかっていてチープな合成感が少なかった。大ヒットした小説をもとにしているので張り込んだのだろう。

 

 この世界の片隅に ☆☆☆☆

童話絵本のようなタッチの絵で牧羊的に物語は始まる。戦時下でも紡がれる生活が丁寧に描かれる。

 

「夫婦ってこんなものなの」という主人公の旦那への問いかけへの答えを未だ思案している。旦那の深意を計りかねている。

 

天然でぼーっとしている「すず」ですら表情を失い追い詰められていく戦争。牧歌的に描かれて始まるからこそ、その対比も際立つ。

「ぼーっとしている」が英語字幕ではabsentmindedと訳されていた。mindfulnessとは逆の言葉だ。しかし座禅での心構えはmindfulnessではなく、このabsentmindedなのだと思うのだよな。私としては巷の意識の高いmindfulnessではなくabsentmindedを常日頃から習得したい。

 

私の中で「君の名は」よりも評価の高い2016年のベスト映画はこちら。

 

 
 
 
 
 
 

三月の緑道

植物

f:id:mangokyoto:20170325165540j:plain

ハナニラが咲き乱れ

 

 

f:id:mangokyoto:20170325165609j:plain

連翹も爽やかに彩りを添え

 

f:id:mangokyoto:20170325165632j:plain

鈴蘭水仙も可愛らしく

 

 

f:id:mangokyoto:20170325165710j:plain

中東で古代から親しまれるムスカリも帯状に林立した様は壮観で

 

f:id:mangokyoto:20170325165903j:plain

石蕗も紫陽花も瑞々しい緑

 

 

f:id:mangokyoto:20170325175410j:plain

小手毬も蕾を付け4月に向けて備えが進む

 

 

f:id:mangokyoto:20170325170212j:plain

一番の悦びは南高梅が十ほど実を結んでいたこと

 

2週間のフランスは疲れた。安らげる機会が少ない。田舎町で何もしない1日なんかがあれば違うのだろうが、路面は犬の糞やなんかで汚いし、地下鉄や雑踏ではアジア人に対する奇異な視線に多少の緊張感を帯びる。言葉を聞き取るのに神経が磨り減る。

 

f:id:mangokyoto:20170325175528j:plain

我が家周辺で日向ぼっこする猫を眺め、断水気味だった植木に水をやり、愛犬マンゴー殿と緑道を散歩する。そして朝からなみなみと肩まで浸かれる湯船で小説の一冊でも読むとようやく、身も心も弛緩する。

 

日本が好きだな。本音を言えば、もっと静かな地方都市に移り住みたい。それか京都。

 

すっかり春。まだ疲れて、あれこれやりたい気持ちが起きないが、これからさらに草花が萌えていくのは楽しみだ。

 

 

 

フランス 庶民派 食い倒れ備忘録

好みの料理 料理屋 旅 遠出

美味しかったものを次回の為にも備忘録。星付きレストランなんざは行かないけど、手軽で美味しいものを。

 

到着初日はMontparnasse地区のDurocにある日本人シェフが経営するフレンチ。フレンチ食い倒れの知人が絶賛していた店。

 

メニューはフランス語だけだが、お父さんが日本人で日本語の方が得意だという女給さんが懇切丁寧に説明してくれる。フランス産養殖ウナギを使ったメニューなど日本人テイストの品もある。客はもう一組、日本人がいたが殆ど現地の人だった。爺様が一人で本を読みながら食べていると微笑ましい。

f:id:mangokyoto:20170305152543j:plain

日本では見たことない野菜ばかりでカットされずそのままの姿で調理されている野菜のentree。なるほど、これは塩加減がちょうど良いし野菜が甘い。野菜は美味しいものを切らずに丸ごと調理すべきということか。

 

f:id:mangokyoto:20170305152624j:plain

舌平目のグリル、鴨のロースト、子牛の胸腺など魅力的な品ばかりだが、選んだのは乳飲み豚cochonの4つの部位。可哀想に、こんなに美味いとは。ボルドーの赤に合う。肉を食べると肉食文化は欧州に一日の長があるとしみじみ思う。

 

f:id:mangokyoto:20170305154405j:plain

どこの国のホテルでも変わらない品だがMontmartreのTerrasse Hotelは一つ一つが美味しい。特にクロワッサン。違うのは小麦なのかバターなのか。パリ市街とエッフェル塔が一望できるし、定宿となっている。

f:id:mangokyoto:20170305154538j:plain

 

f:id:mangokyoto:20170305154453j:plain

f:id:mangokyoto:20170318165434j:plain

 

ピスタチオペーストが挟まれたタルトは絶品だった。この水準のデザートが朝食ビュッフェで食べ放題なのはすごい。貧乏性の私の体に悪い。ピスタチオペーストというやつが、実はかなり美味しい素材なのかもしれない。

 

 

f:id:mangokyoto:20170306053354j:plain

ホテルの近く、Restaurant Basillicaの鴨。ミディアムだとかなりしっかり火が入っているのでミディアムレアでよかったかも。フランスは若干、火を入れ気味に思うのでミディアムよりミディアムレアで頼む方が好みに合うようだ。

 

f:id:mangokyoto:20170306053424j:plain

 

 

f:id:mangokyoto:20170314075015j:plain

魚介類が売りの宿の近くの料理屋の看板。上半身裸の女性と蝦の下半身を結合させるなんて猟奇的な発想。アルフォンソ・ミュシャアールヌーボー調にすれば済まされるものではない。蝦というよりも蝦蛄か?なかなかのグロテスクさを優雅に誤魔化そうとしている。でも牡蠣とか蟹と結合させるよりはマシか。

 

f:id:mangokyoto:20170314075056j:plain

バケツ一杯のムール貝の白ワイン蒸しを食べた。臭み消しのネギが白ワインとクリームスープを吸って美味い。ムール貝も味が強くなく、あっさりとしてたくさん食べられる。案外、お腹に優しい料理と言えるのではないか。

 

 

f:id:mangokyoto:20170318161756j:plain

ビールグラス収集家としては今となるとこの半ケツ見返りアルザス娘のグラスは手に入れておくべき希少グラスだったように思う。コルマール以外で見かけなかった。新入社員女性の前で売り物じゃないこんな柄のビールグラスをお店の人に強請る姿を見せられなかったのだよな。人間として小さい。もっと自由に生きたいもんだ。。。

f:id:mangokyoto:20170318162120j:plain

アルザス地方は半ばハム化した巨大豚肉片が美味しい。まさにビールのお供のような品。

 

f:id:mangokyoto:20170318162616j:plain

もうひとつ、ここアルザスの郷土料理がタルトフランベと呼ばれる薄いガレットとピザの合いの子のようなもの。ジャガイモや玉ねぎ、ハムが載っていてこれまたビールのお供。ドイツ文化圏の食事はビールと相性の良い印象。

 

 

f:id:mangokyoto:20170318163926j:plain

ストラスブールで食べた牡蠣も美味しかった。やはり檸檬汁を絞るだけより赤ワインビネガーをさらに欠けたほうが美味しい。さらに言えば昨年ボルドーで食べた刻みエシャロットをたくさん載せて食べるのが最高に美味いと思う。

 

 

f:id:mangokyoto:20170318164926j:plain

カロンの魅力は見た目の華やかさ。賞味期限が短いしひとつひとつが高い。もっと安くて美味しいお菓子はいくらでも溢れていると感じてしまう。

 

 

 

f:id:mangokyoto:20170318165029j:plain

宿の近くで食べた鴨の蜂蜜ソース掛けのようなもの。店による当たり外れは鴨肉が一番少ないように思う。牛は案外、当たり外れが多い。

 

 

f:id:mangokyoto:20170318163044j:plain

旅の締めはミシュラン三ツ星店と同じ肉屋から仕入れるというドライエイジングビーフを出す「Le Severo」。ミシュラングルマンの人気店で昨年、西麻布に支店を出したそうな。

 

f:id:mangokyoto:20170318163123j:plain

鰹のタタキのように表層は焼け、中はかなり赤い状態で出されるのだが熟成されているのか生焼け感はない。塩だけで赤身肉の旨味が引き出されており、肉を食べたという満足感はダントツ。ちなみに写真に映っているのは2人分を切り分けた1人分。

 

f:id:mangokyoto:20170323070251j:plain

前菜として頂いた白アスパラガスも美味。店先で売っているのを見かけたが、気軽に調理してこの味が出せるのならば白アスパラガスも買いたいな。日本のアスパラガスとは柔らかさもサイズも別の野菜ぐらい違う。

 

f:id:mangokyoto:20170323070501j:plain

ラファイエットのグルメ館の下にあるフードコートはみっけもん。100g単位で肉を頼める。60日ドライエイジングのステーキ250gが40ユーロは安い。頼んだのは子羊200gで18ユーロ程度だった。表面は焦げ目がつくほどなのだが肉は柔らかく、肉の旨みを存分に楽しめる。2週間滞在中で食べたステーキの中で1、2を争う味だ。ここのグラスワインは赤も3種あり、8ユーロのものはフルボディのローヌワインで好みの味だった。さっくりと美味しい肉にありつきたいならば、ここは穴場だ。そこらのビストロよりは確実に美味い。

 

すぐ横では肉の販売もされている。

f:id:mangokyoto:20170323070932j:plain

 

 

 

フランス企業では会って話さないと物事は動かない

フランスの企業を相手にするようになり、最初はその非効率さに面喰らった。メールを書いても返事はない。電話で話しても返ってきたのは「お前誰だよ?」という言外に滲む警戒感。

一度は直接会うこと。わざわざフランスに出張してでも直接会うことが大事だと。それが大事だとされている。

f:id:mangokyoto:20170322062351j:plain

できるならば食事をするなり、雑談を通じてその人がどんな性格なのか、何に笑い何に苛立ち、何に不安を感じ何に喜ぶのか。仕事の裏の価値観のようなものを知らないといけない。

24時間スマートフォンで会社のメール確認ができるようになっても、大事なことは電話で話せという文化はなんて非効率なのだろうかとも思った。大事なことほどメールという、言質と記録の残らない方法をとることに訝しみ、政治的な匂いを感じた。

f:id:mangokyoto:20170322062540j:plain

さらには電話では飽き足らず、フランスと日本が物理的にこれだけ離れていようとも毎年巨額の予算を組んででも大勢を出張に送り出す。ビデオ会議でも十分ではないか。なんて非効率なのだろう。なんてフランス企業は技術的に遅れているのだろう、なんてフランスの企業文化は非効率なのだろう。そう思った。

面と向かって生で話し合わないと分かり合えない。メールや電話で文字列や音声信号を交換し合うだけでは表層的な連絡事項の伝達はできても信頼関係の構築やまして人として互いに理解することはできない。

f:id:mangokyoto:20170322062631j:plain

フランス人には「楽しく生を全うする」という価値観が根底にあるように思う。(自分の都合の為に他者への配慮が不足しがちな面はある)よって相手が優秀かどうかだけでなく、愉しく働ける相手かを問うように思う。

プロセスやシステムに則ってメールのやり取りだけで物事が進むような効率性の追求された仕事環境。そんな環境でお互いを人間として理解できるのか、そのような環境で働くことが楽しいのか。人間の本質への理解に揺るがないのかもしれない。

フランス企業探訪 職場あれこれ

某一企業の社内文化に対しての感想雑記であって、フランス企業全体に普遍化するつもりもないことを予め断っておく。

1日に5本近く会議が入っているが、開始が15分遅れ、終わりが15分遅れることの繰り返し。基本的に残り時間を見ながら話す内容をコントロールすることをしない。

忙しい中でわざわざ異なるオフィスにとある重役に会いに行ったのに、1時間の話合いを30分に減らされ、さらに時間を15分も過ぎて部屋に通された。軽く怒りを覚えるが、会ったって会わなくたって良い相手だと思って諦めた。

f:id:mangokyoto:20170320185305j:plain

昔からのフランス大企業の文化は入社したら定年するまで勤め上げる終身雇用。終身雇用は日本ならではの特徴ではない。入社したら定年まで約束された。それが自ら退職する人間も転職してくる人間も増えてきたのは時代の変化だという。まさかこの会社を自ら辞める人がいるなんて、という発想。フランス企業の労働組合はかなり強固で保守的でもある。

採用に至っては若者の失業率は25%と言われるフランス。文系職種ですら院卒が標準。理系職は院卒が当たり前、PhD持ちもザラでグランゼコールというエリート大学校卒だと扱いが段違いとなる。社会人歴が4年程度で30歳超えが多い。

f:id:mangokyoto:20170320185343j:plain

昔からの文化は役職の高さだけでなく、個人的ネットワークと情報量がその人の立場を決めるとのこと。合意は口頭でなされ明文化されない。

ヒエラルキーは強い。上には逆らわない。物事が明文化されないのは業務目標も同じで年度末評価は上司の胸三寸。日本よりタチが悪いのは部下の人事権を人事部ではなく上司が強く握っていること。

権謀術数というか、偉い人に対する他部署の貶めや、印象操作、不明瞭な意思決定の背景に苦しむのは日本人だけではなくフランス人も同じらしい。不本意な意見をぶつけられた時に、適切に上に申し開きや弁明ができなくてはならない。瞬発的なコミュニケーションの機知は重要。

フランス人はアメリカ人と異なり、不満や嫌悪感を表すことを厭わない。表面的なフレンドリーさや陽気さを装うアメリカ人を偽善的で嘘くさいと見ている節がある。わからんではない。アメリカ的な八方美人で陽気で友好的に装いつつも、真意は別にある方が陰湿といえば陰湿だ。大人気ないと感じることも多いが不満をわかりやすく表現するフランス人はこれはこれで助かる。

f:id:mangokyoto:20170320185421j:plain

上級管理職の男性は揃いも揃ってノーネクタイながら毎日スーツジャケット。階級色の強いフランスらしい。大きな会議ともなると、スーツの胸ポケットにハンカチーフを差し込むオシャレさんを散見する。敵わんな。

英語が母国語でないこともあり、メールでのやり取りは誤解も生じやすい。彼らから来るぶっきらぼう、高圧的、偉そうなメールも単に英語力が高くないだけで、会えば親切だったりする。
電話で話すほうが相手も安心する。

フランス人の同僚は総じて引っ込み思案が多い。話しかけられるのを待っている印象。フランス人が固まると、外国からの来客がいたとしてもフランス語で話してしまう。

f:id:mangokyoto:20170320185638j:plain

役職が上がってから会うと昔会った時よりも愛想が良くなっているのは気のせいか。

f:id:mangokyoto:20170320223850j:plain

フランスでは宮廷政治は大企業で受け継がれている。。。気がする。

フランス海の幸、陸の幸

あてもなく5km近く歩き回っていたら、歩行者天国の商店街に出くわした。両側に八百屋、魚屋、肉屋、チーズ屋などが並んでいる。海外旅行は食材を眺めてまわるのが愉しい。

f:id:mangokyoto:20170318235024j:plain

アーティチョーク。仏頭華。とてもフランスっぽいのだが、美味しい食べ方は知らない。

f:id:mangokyoto:20170318235216j:plain

こちらは白アスパラガス。なかなかぶっといな。柔らかいのだろうか。Le Severoで出されたやつは柔らかく甘かった。

f:id:mangokyoto:20170318235444j:plain

網傘茸かね。どんな味がするのだろ。トリュフはないのか。

f:id:mangokyoto:20170318235629j:plain

フランス人もウニを食べるとは知らなかった。棘の小さい品種。寿司屋もちらほら見かけるので買い手はいるのかもしれない。

f:id:mangokyoto:20170319023033j:plain

普通に鯛だと思うのだが、釣り上げたばかりのような目の光。パリはたいして海から近くもないと思うのだがこんなに鮮度の良い魚が手に入るのだね。

f:id:mangokyoto:20170319023116j:plain

手長蝦は茹でられて赤いわけではなく、元から赤い。何せこやつら、ワサワサと脚を動かしてまだ生きているのだから。

f:id:mangokyoto:20170319023155j:plain

ここはもう、地元の人達が専ら買物に使う商店街のようだ。店を綺麗に飾り立てて丁寧に陳列するのは別に観光客へのアピールではないようだ。

f:id:mangokyoto:20170319023232j:plain

大物の鮟鱇と遭遇。深海魚ってやつは陸の上だと腑抜けてだらしない。眼はこのようになっていたのか。

f:id:mangokyoto:20170319023304j:plain

続いて肉屋。Lapinラパンらぱん。兎だな。齧歯類は皮を剥ぐと眼が飛び出し気味だから君が悪い。ふわふわもふもふとした毛皮の下のグロテスク。今度、動物園で兎を撫でる時に、このかわいい兎も皮を剥いだ下はこうなってると想起したら今まで通り愛でれるだろうか。昔の処刑人が果たして生きたままの人間を人として見れたのだろうか。猟奇的な妄想。

f:id:mangokyoto:20170319023336j:plain

おそらく我が家の愛犬マンゴー殿と姿形はおよそ一緒なのだよな。

f:id:mangokyoto:20170319023411j:plain

味付け仕込み肉。このまま焼くだけで美味いのだろう。花は飾りでしかないのだが拘りというか造り手の思いがこもっているように感じる。このままハーブとして一緒に焼くのだろうか。
 
半年ぐらいフランスに単身赴任するのも悪くないなあ。フランス語がわからずにフランス人に囲まれて勤務するのは軽い拷問に近いのだが、生活環境には興味がある。

猪の陶製ジビエ鍋

陶芸 旅 遠出

ロアン宮の装飾博物館で見つけた逸品。これを観れただけで入場した価値があった

f:id:mangokyoto:20170316153559j:plain

毛の流れまで表現された写実性に富んだ造形。舌がダラリと横から垂れ下がっている。

 

分類すると、巨大な陶鍋なのだと思う。耳を掴んで蓋を開けたら中から猪肉の煮込みが出てくるのか。それとも猪肉のハーブ焼きの肉片がゴロゴロと出てくるのか。ジビエの為のジビエ鍋。

f:id:mangokyoto:20170316154033j:plain

なんと断面まで忠実に再現。太い脊椎には骨髄。赤肉と脂肪。ここまでする必要があるのか、をここまでするから面白い。猪の断面がここまで三角形だとは知らなんだ。屠殺への理解が浅い。

 

 

f:id:mangokyoto:20170316153728j:plain

涙腺まで表現された、暗く褪せて死んだ目。

 

この鍋で出されたら、「わー 美味しそう!」となるのだろうか。野山を駆け回っていた猪を捕らえ、命を奪い、断首して、解体し、調理したことを改めて意識させられる。

 

食欲増進にはならないようにも思うが、「肉を食べるとはそういうことでしょ?」という問いにも開き直りにも思える。日本人が鯵の活け造りに食欲を失わないのと同じかもしれない。

 

陶磁器としてはボーンチャイナに全て色絵付けをしていると思われる。カオリンがなかなか採取できない欧州では白土に牛骨を混ぜるなどして独自の開発をしたのだそうだ。ボーンチャイナは中国伝来作陶のことだと思っていたが、骨を混ぜて中国陶器風にした欧州の作陶技法のことだとは。

 

制作者は「写実的に作ってやったぜ。うわ、リアル過ぎて気持ち悪い!とか言われんかな(ワクワク)」といった心境だったのではなかろうか。

 

同行した新入社員の若い女性に「これ、すごい悪趣味ですよねー」と同意を求めてるのかわからない感想を吐かれ、「え。。い、良いんじゃない?俺は好きだよ。」と濁しておいた。ストラスブール観光の最高潮がこの瞬間だとは言い出せなくなった。

f:id:mangokyoto:20170316162348j:plain

七面鳥なんかもあったけど、猪ほどの面白味はない。