息子陶芸デビューへの助走

息子が陶芸を一緒にやりたいという。


他の生徒さんの作品に大事があってはいけないので幼稚園児には難しいかと思っていた。しかし3時間じっとしていられる集中力も付いてきたし、そろそろ試してみても良いかもしれない。


約束

他の人の作品には絶対に触らない

飽きたら庭に行く

走らない、歩き回らない


まずは自宅で粘土遊びをしてみた。

f:id:mangokyoto:20190114172507j:plain

手捻りのお猪口と、謎の土人形。「お父さん」だそうだ。随分と男前に作ってくれたものだ。しかし私には作れない発想のものかもしれない。いろいろ作ってみてもらったら予想外の面白いものを作ってくれるかもしれない。

f:id:mangokyoto:20190114175213j:plain

なんだか、干支は亥に変わった途端に戌を作るのも捻くれているので素直に猪を作ることにした。息子達の相手をしながら即興で作ること小一時間。

f:id:mangokyoto:20190114163123j:plain

民芸品「あかべこ」のように糸で頭を吊るしてゆらゆらとさせようかと思う。

f:id:mangokyoto:20190116171444j:plain

黒土なので蹄や鼻は黒土のまま、牙と眼は白マット、体全体はマンガン窯変釉にでもしようかね。耳先や尻尾、たてがみにはラスターを塗っても良いかもしれない。

陶芸始め 鹿頭骨三号、狗頭陶仏

 

f:id:mangokyoto:20190113140727j:plain

陶芸始め。先生が今年の干支の盃を持ってきてくださっていた。

 

写真ではわからないが、この盃はとても薄く均一な厚みで作られており、基礎的な技術力の差を嫌という程、思い知らせてくれる。陶器は厚ぼったくて重いから繊細で薄く硬い磁器が良い、なんていう人がいるが、陶器でも技術さえついてくればこの通り。絵も繊細で、それでいて写実的になりすぎず可愛らしい。

f:id:mangokyoto:20190113140748j:plain

いつのまにか、戌年が終わってしまった。マンゴー殿の一生において最初で最後かもしれないのに、戌年にまったくそれらしいものを作っていないことに後ろめたさを感じた。

 f:id:mangokyoto:20190101103056j:plain

いや、今年はまだマンゴー殿生誕10年の記念的年だ。何か作ろう。

f:id:mangokyoto:20190104161603j:plain

そんなわけで狗頭陶仏を自宅で作ってみた。制作時間は40分の即興的産物。ヘタウマを目指している。端正で細かいものよりも、ほんわかとした印象になってくれるのではないかと楽観視している。

f:id:mangokyoto:20190113165419j:plain

薄く筆で釉掛けした。雲と布は信楽白土、黒土の身体には薄く伊羅保を塗った。殆ど飛んでしまって焦げムラとなってくれるのではないかと思う。頭の後ろの輪だけを信楽白土を塗った上にトルコ青釉を塗った。一箇所だけ艶があっても良かろうかと思う。

f:id:mangokyoto:20190113165429j:plain

本来ならば素焼きをしてから本焼きするのが安全なのだろうが、面倒だから一発で本焼成することにした。

f:id:mangokyoto:20190113165436j:plain

無論、植木鉢。後部に穴を二箇所開けてある。ガーベラのようなエケベリアをひょろひょろっと頭上に生やしても良いし、脇の下から多肉かサボテンの群頭株を生やしても良い。

f:id:mangokyoto:20190113165450j:plain

無事に焼けてくれることを祈る。白い壁のニッチにでも置けるものができたら嬉しい。ほかにもマンゴー殿のオヤツ台でも作って差し上げるか。

 

 

年末に水に漬け込んでいた信楽白土1kgを攪拌し60のメッシュで濾し、水ガラスを小匙すりきり一杯加え、泥漿を整えた。

14:13鋳込み。

14:17 補充1回目

14:21 補充2回目

14:35 泥漿排出

15:25 石膏型外し

f:id:mangokyoto:20190113164939j:plain

冬だからか、50分待ったものの持ち上げるだけで歪むほどに柔らかかった。一部、型を外す際に千切れた。もしかしたら泥漿の水分量が多すぎたかもしれない。

f:id:mangokyoto:20190113164946j:plain

今回は眼窩に仕切りを作ってみた。金網か何かを使わずに土が溢れ出ないようにしながら土の入れられる高さを上げられる。

f:id:mangokyoto:20190113165004j:plain

眼窩の周囲を薄く尖らせてみた。頭骨は薄くシャープな方が存在感は増すような気がする。次回、もう少し削っていく。

 

毎回、作るごとに発見があり、改善が見られているのではないかと思う。ほぼ同じものをこれだけ何度も作るのも初めてだ。それもこれも石膏型のお陰か。植え込んで期待通りのものになりますように。

 

今年はどこまで作陶できるだろうか。陶芸が上手くなりたい。容姿が良くなるよりも、話術が上手くなるよりも、人気者になるよりも、作陶が上手くなりたいように思う。なぜ、陶芸なのかはわからない。つまりは好きってことなのだろうよ。

 

高円寺のちょっといい寿司「桃太郎寿司」

f:id:mangokyoto:20190102121541j:plain

1月2日はまだ営業していない飲食店も多い高円寺で、初めて「桃太郎寿司」に行ってみた。ここ最近、同じ場所に新装開店して全面的にとても綺麗になっていた。

f:id:mangokyoto:20190102122648j:plain

「三崎港」や「寿司ざんまい」なんて回転寿司屋は高円寺にもあるが、家族でテーブル席を囲んでゆったりと会話できるような寿司屋というのは案外、高円寺にはすくない。そんなわけで店内年配のご夫婦や4人家族客で満席だった。内装も白木の色で統一され、清潔で爽やかで明るい。

f:id:mangokyoto:20190102125731j:plain

けして安くはない。セットで1500円以上する。しかしそれに見合う味と雰囲気と落ち着きだと感じた。付け合わせに蛸の刺身と梅肉を添えてくれるのも嬉しい。

f:id:mangokyoto:20190102123132j:plain

店の湯呑みに書かれた桃太郎の歌詞もよく読むと、おこしにつけた「きびだんご」ではなく「にぎりずし」であることに気付く。きっと、鬼退治ではなく、猿と雉と犬を率いて鬼に出前でも届けに行くのだろう。

 f:id:mangokyoto:20190102123146j:plain

うまさ一番の旗を掲げた桃太郎。そしてすぐ後ろをついてくる猿の手には「寿し」が握られている。やはり、鬼退治などではなく、鬼へ寿司を届けに行くのだ。鬼鯖寿司だろうか、いや泪巻きだろうか。

 

家に帰った後も子供が「にぎりずし」版歌詞でしきりに歌を歌う。なごむ。

 

 

外国からの友人をもてなすのに、家から近いし「桃太郎寿司」でよいかもな。収穫あり。

 

初詣 堀ノ内妙法寺で干支盃と猿廻し

f:id:mangokyoto:20190103110517j:plain
三ヶ日に近くの厄除け堀ノ内妙法寺へ。逆行のしめ縄飾りの彩りがいかにも正月らしく清々しい。

f:id:mangokyoto:20190103103026j:plain
江戸時代から長く厄除け祖師を祀る「おそっさん」として大衆の信仰を集めたそうな。地下鉄丸の内線の新高円寺駅と東高円寺駅ができて以来、両駅の間になってしまい街の重心から外れてしまった。今でも辛うじて寺前商店街があり、両駅前まで足を運ぶのが億劫な人達の生活の場として続いている。

まだ地下鉄駅ができる前、青梅街道が交通の大動脈だった頃の最盛期の堀ノ内はどのような華やぎだったのだろうか。
f:id:mangokyoto:20190103181629j:plain
今年も三が日に先着で頂けるというお屠蘇を参拝後に頂いた。猪が描かれている。一巡して我が家に干支が十二盃とも揃うまであと10年か。堀ノ内の近辺にすんでらっしゃるご近所さんの自宅には幾つも並んでいるような気がする。

f:id:mangokyoto:20190103105755j:plain
猿回しが日光から来ていた。今年は結成二年の若い女の子と5歳のメス猿のコンビとのこと。新人がまた入ってきているという事実に、喜ばしい。
f:id:mangokyoto:20190103105933j:plain
流石の跳躍力。芸そのものは昨年と比べると簡単なものだったことには違いないが、猿廻し師も実に晴れ晴れとした笑顔で観ていて楽しかった。頑張って欲しい。

f:id:mangokyoto:20190103105141j:plain
どや。私も、今年も努力をして結果に胸を張れる一年にしたいものだ。

2019年の抱負

2019年の抱負。今後5年間の生活拠点と仕事の方向性が左右される決断の年になるかも。自分を追い込み勝負する「秀吉プラン」か忍耐強く遠回りする「家康プラン」か。両者程の偉人でも傑物でもないけれども心境的にわかりやすく言うとそんな感じ。

最低限の家族の時間以外は趣味の時間も捨てて仕事に全振りするか、もしくは家族や趣味の時間も充実させるバランス型で今後も続けるかという選択でもある。悩ましいな。悩ましい。

方向性によって何をどれだけ頑張るかも全て変わってしまう。

 f:id:mangokyoto:20190101103258j:plain

2人の子供の教育費が最も必要であろう、私が50代の時期に安定した収入を得られるようにする為にはどのような仕事や備えをしておいた方が良いのか。本音はその頃までに教育費の貯蓄が終わっているのが理想ではある。そしてその上で自分のしたい仕事をできるようになっているのが目指すべき状態。

 

家族

どんどん息子たちにできることが増えてきた。何か新しい世界を引き続き子供達には見せていきたい。

  • 次男を水泳に連れて行く
  • 月に2回は本気で子供と遊ぶ
  • 息子が小学校に上がったら陶芸教室に連れて行く
  • 英語で喋るように
  • 子供に袴は可愛い。普段着にできる安い袴はないか。
  • 川下り、河原遊び。長瀞

 

旅行、遠出。

どこか遠くの美味しいものを食べて温泉宿に泊まる。それだけではなく何かを体験する旅行をしたい。

  • 夏まで現職を続けられるならばインド出張ついでにヒマラヤ、チベット方面に足を伸ばしたい。
  • フランスに出張に行くならばローヌかどこか、古城に行きたい。いっそ家族でパリ滞在したい。クリニャンクールの蚤の市にも再訪したい。
  • 松本、渋温泉金具屋、野猿公園の猿。
  • 諏訪のマツヤゲストハウス、乗馬。
  • お気に入りのエクシブ箱根離宮に再訪。
  • 木曽路の宿場町に泊まりに。
  • 広島か、有田か、沖縄か。長野のグランピングか。
  • 夏に家族キャンプ。
  • 息子2人と御嶽山。長男は七代の滝まで挑戦。

 

料理

外食を増やさない、あるいは健康的な外食にする努力が必要。低脂質高タンパクの食事を模索したい。

  • 土鍋御飯のメニュー拡充。
  • 低温調理のささみ料理。
  • 豆腐料理。
  • 柚子雑炊。
  • 美味しい珈琲の淹れ方を学ぶ。エスプレッソマシンの使い方を学ぶ。
  • 親子料理

 

健康・身体づくり

昨年に落とした体重を少なくともキープする。週末にアウトドア遊びを楽しむ、それでいて平日に疲れを持ち越さない体力をつけたい。

 

陶芸

陶芸はできるものなら辞めたくない。好きなのだよな。茶道と生花を茶器や花器が繋ぐように料理と園芸趣味を繋ぐ存在でもあり、私にとって唯一のストレス解消手段でもあるのだから。

  • 鋳込み鹿頭骨鉢をあと3点作る。
  • 鹿鉢追加。威嚇、座位。
  • 息子の幼稚園で描いた絵の陶額を作る。
  • 猛犬注意の看板を作る
  • 天目茶碗を制作する。内だけ白マット。
  • 陶蟲夏草

 

映像・写真

撮影スキルは全く向上しないけれど、家族の記録は撮り続けていきたい。もっと何気ない日常の一コマを撮っていきたい。

  • 家族のモノクロ樹形図。
  • 自宅で家族の日常写真をもっと撮る。
  • 成長の家族アルバムを年2冊のペースで作り続ける。
  • 映画20本を観てお気に入り映画100選に加えられる作品を探す。

 

家・庭

  • 椅子を買う
  • 今年こそ藤稔を実らせ食べる
  • 離れの化粧合板の安普請な本棚をもっと好みの本棚に交換したい。
  • トイレの壁を塗り直すか、唐紙を貼る。
  • 書斎の窓枠に和様式の建具を嵌めたい。

 

交友

  • 3月に来日するルーマニア人友人夫婦とその友人をもてなす
  • 仕事を通じて外の人との繋がりを増やす
  • 次男の幼稚園のパパ会に顔を出す

 

高円寺開拓

2018年の総括

2018年を振り返っておく。

 

総じて健康を大きく損ねた上半期。なんとしても下半期で健康な形で体重を落とさねばと思い、7月、8月の夏休みに6kg減量した。春から夏にかけて仕事に週末を割くことが多かったが、秋以降安定したお陰で家族旅行なども行けた。

 

家族 80点

週末に子供達を連れて出かける頻度が下がったように思う。もう年か。いや、ガチャガチャした次男坊を連れ出すのが面倒なのだとわかった。良いことではないけれど。

  • 自転車の練習。90点。長男は完全に乗れるように。次男のストライダー練習も進み、交通公園はお気に入りになっている。信号も守るようになった。。
  • 長男の興味の掘り下げ。90点。ヤマハ音楽教室にはまってくれて家で歌ってばかり。
  • 水泳の練習。90点。長男はバタフライを練習中。自由形、平泳ぎ、背泳ぎは25m泳げるようになった。次男は昇級できず悔しさで泣いた。やる気になったか。週末の市民プールに連れて行こう。
  • 夫婦だけでミラコスタで結婚10周年記念を祝った。100点。

  • 釣り堀に連れて行った。大物を2匹釣ったが、残念ながらその後ご臨終。30点。

  • 兄弟そろってペーパークラフトに嵌っている。

f:id:mangokyoto:20181231100211j:plain

旅・遠出 80点

何だかんだ、忙しくても旅行だけはしてるのだな、と振り返って思う。ふるさと納税制度を利用して、どちらにしろ払わないといけない税金が旅行代に変わるのは有難い。

  • 家族全員旅行。90点。湯西川温泉では子供達に雪橇遊びを満喫させられた。念願の初東照宮
  • 箱根翡翠東急ハーベストクラブで温泉に浸かり彫刻の森へ。
  • 猿ヶ京温泉旅籠屋丸一。谷川岳、天神峠 を楽しんだ。
  • 伊豆の国民休暇村で2泊。弓ヶ浜で海デビュー。
  • 軽井沢の温泉とエクシブ軽井沢パセオを楽しんだ。
  • 箱根の姥子温泉、ゲストハウスに泊まって湯めぐり。
  • 海外。90点。フランスはシャンパーニュ・ランスへ。クリニャンクールは再訪したい。予想外に上海2回、プーケット、ムンバイ、ソウル2回。インドは歴史都市を探訪できなかったのは残念。
  • 夏に妻の実家、年末に私の実家に帰省。
  • 夏のキャンプが台風で流れたこと、塩原温泉にいけなかったのは残念。30点。
  • 塩原温泉、山梨ほったらかし湯なんかは行けなかった。20点。

f:id:mangokyoto:20181231095747j:plain

f:id:mangokyoto:20181231095913j:plain


体作り 80点

この項目の満足度が高いことは例年ないのだが、ついに70kgの大台に達することで逆に減量するきっかけとなってよかった。

  • やけ食いが積もり積もって体重が70㎏の大台を記録した。
  • 7月から減量を始め、9月頭には-6㎏の64kgを記録。そのあと減らし悩んで最終的には63kgで着地。
  • 豆腐を食べて嵩上げしよう。
  • アプリを使って筋トレをしよう。
  • 歯医者に行って歯垢除去とメンテをしないと。未達。
  • ジョギングのお供に快適なコードレスイヤフォンを購入。

f:id:mangokyoto:20180609190948j:plain

 

作陶 70点

出張が多くて休むことが多かった。完成作品が今年は少なかった。石膏づくりに時間を取られすぎたように思う。

  • 新しい技法。70点。フランスで買った豆鹿頭骨の写しの石膏型作りを達成。2作品が焼成待ち。
  • 子供へのモビール。犬版。鹿版。80点。居間で揺れている。
  • 母への贈り物の花器。90点。菊練り鉢は投げ入れの鉢としてかなり喜ばれた。
  • 鹿鉢シリーズ。座位。70点。
  • 自分用の酒器。0点。餃子皿は作れなかった。
  • 唐津 は作れていないが、絵唐津鉢は焼くことができた。
  • 自分の為の珈琲カップはデザインが決まらず。0点。
  • フランスで陶芸家の工房にお邪魔して教えてもらった。

f:id:mangokyoto:20181231095532j:plain

交友 80点

我ながら今のところなかなか頑張ってる方ではなかろうか。

  • 結婚10周年を記念して我が家でホームパーティーを開いた。
  • スロバキア人宇宙物理学者とその友人を吉祥寺でもてなした。
  • スイス人の友人夫婦を下北沢でもてなした。
  • 無計画で新婚旅行に来たルーマニア人夫婦をもてなした。
  • 北朝鮮の近くで食堂を経営する韓国人の友人宅に遊びに行った。
  • 高円寺のバーで社交的な同い年の男に出会った。予定を合わせて焼鳥を食べに行く予定。
  • 東高円寺のバー、高円寺のバーを開拓して常連客化。
  • 前職の同僚と2回ほど飲みに。
  • 中学の同級生と飲みに。
  • 幼稚園のパパ会に参加。
  • 後輩や若手にこちらから声をかけていく。
f:id:mangokyoto:20181231095451j:plain 

料理 40点

  • 土鍋御飯のメニュー拡充。30点。増えず。気に入ったものばかり繰り返し作っている。
  • 低温調理。90点。我が家の定番化した。美味しい。

下半期

  • パンケーキアートに挑戦したが惨敗。もう少し粘性を高めないと描きづらい。
  • 息子兄弟とクリスマスケーキを作ったのは楽しかった。楽しそうだった。そして満足の味だった。 f:id:mangokyoto:20181224163455j:plain

写真 10点

ほぼ未達。不甲斐ない。PowerShot G7xを全く使いこなせていなかった。

  • 高円寺の飲食店のマスターのポートレートを撮らしてもらいたい。
  • 高円寺の変わりゆく街並みを撮って残したい。
  • 子供のアルバム作りは続けよう。
    幼稚園の写真係も必要とあらば。

 

家・庭 30点

  • バルコニーの密林化。50点。増えず。
  • 実生のサボテンの育成。0点。凍死。
  • 施肥して葡萄や南高梅の結実を目指す。0点。台風で全滅。
  • 実山椒を佃煮にした。
  • ジューンベリーをジャムにし、子供に大好評。
  • 茗荷の収穫も順調。
  • 「四海波」の成長の活発化が嬉しい。期待大。
  • 庭に「万年草」が順調に繁茂。
下半期
  • 細工障子を腰高窓に嵌める計画は進まず。
  • 藤稔を収穫して食べたかったが、台風で全て吹き飛ばされてしまった。
  • 「ゴーラム」をようやく植え替えられた。
  • 千日紅を繁殖させた。コロロというムギワラギクの園芸品種を植えた。

 

映画、小説20本が目標だったが数えたら映画は33本観ていたことになる。予想外に出張が増えたおかげか。「グレイテストショーマン」「最強の二人」「Darkest Hour(ウィンストンチャーチル)」「はじめてのおもてなし」「アリー」が収穫。

 

高円寺新規開拓店

カフェ「ノスタルジアカフェ」「Porta Coffee Stand」「ジュールベルヌ」「パンダ珈琲店」「山羊とチーズ」「クウタモ」「ゆすらや」「プロセニアム」「087 Kitchen」

カレー屋「青藍」、「トリコカレー」

ラーメン&麺「山と樹」「なんでんかんでん」「箸とれんげ」「とこ井」「Xinfu」

バー「バーバー」、「色即是空

居酒屋「左利き」

食事「じょんじょん」「黒猫軒」「Smokin Fish」「満州王」「民生食堂天平」「魚き」