読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独逸犬にマンゴーを思ふ

三週間の出張中、マンゴーを実家に預けている。朝晩欠かさない散歩に加えて、自宅で行っている英語教室にやってくる子供達、隣のお孫さんが遊んでくれるらしい。今ではしっかり母に懐いて、母がトイレに行く際もトイレの外で待機しているほどの従順ぶりだという。


我が家で飼っている時よりも待遇が数段良いのだろうな。迎えに行った際に、マンゴーはどのような反応をするだろうか。どんなに待遇が良くとも本当の飼主ほうが良かったりするのだろうか。それとも待遇が良い今の生活が良いのだろうか。



犬伯爵。ううむ。欲しいデザインだが、我が家には不要だと頭でわかってはいる。



なぜ鬼のように踏まれてしまっているのだろうか。フランクフルトのカイザードームにて。逸話が知りたい。