読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鮭ちらす寿司に鮭粕汁

秋田の親戚から鮭とイクラを頂いた。親戚の家はすぐ目の前が海で、朝に揚がった魚介が昼の卓上に並ぶような家だった。そこで出される魚はスーパーに並ばない種類も多く、知らないものもあったがどれも美味だった記憶がある。


スーパーで上等な酒粕を見つけたものだから、鮭粕汁にすることにした。メインはイクラのちらし寿司。鮭を湯通しして、醤油、砂糖、塩でフレーク状に炒る。酢飯は手を抜いて具材も入った酢飯の素を使ってしまった。そしてイクラを頂きにかけて食べる。




冷凍で届いたイクラを融けてすぐのキンキンに冷えた状態で食べるのが美味い。漬けではなく、醤油の塩気が少ないほうがイクラの味が愉しめる。これは鮮度の良いイクラの贅沢ということか。本日の食事の満足度の9割はこのイクラに依存していた。感謝。


粕汁は酒臭さが少し強過ぎた。粕の香りをつけた粕味噌汁程度にした方が良いかもしれない。次回は白味噌酒粕に麩を入れて軽く仕上げよう。


粕汁と一緒に煮込んだ南瓜、人参を息子に食べさせたが気に入った様子。粕汁そのものはアルコールが飛びきらないのであまりよくないらしい。鮭ちらし寿司も完食した。


横浜に越してきて以来、料理をする頻度がかなり減った。調理場が狭くなってしまい、いまいち気が乗らない。広い調理場のある家に引っ越したい。そしたら料理を作る頻度も増え、嫁も喜ぶのではなかろうか。