読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茗荷と山椒

植物 好みの料理


着々と花壇の菜園化は進んでおり、朝倉山椒も根付いたとみえて木の芽が吹いてきた。


茗荷も地を割って数本生えてきた。


土鍋御飯にはいつでも木の芽を添えられるし、夏の味噌汁や素麺に付け合わせる準備は整いつつある。


取れすぎるぐらい収穫できたら山椒の佃煮と茗荷の酢漬けを作りたいのだが、それは強欲過ぎるだろうか。もう数年育つまでまたないといけないかもな。