読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桜花の構造

梅は柄が短い為、枝に着くように咲く。桜は柄が長い為、枝から垂れるように咲く。だから桜を楽しむ際には見上げる。


そんな程度の理解しかなかった。


こうして向き合うと今更ながらの発見がある。桜は枝が蛇行するようにうねうねと伸びた先に半球状に花をつける。このあたりは梅などとは似て非なるもの。その枝の細さからは想像もできないほどの花の塊を作り出す。樹全体を見れば違和感はないが、枝のひとつだけを見るとあまりのアンバランスさに驚く。



花びらが重ならないように柄を伸ばし、目一杯に花を四方八方に展開する。「花は桜木」というのもわからんでもない。