鳩の巣渓谷

f:id:mangokyoto:20201102131241j:plain

高円寺から各駅停車で70分。10時前には奥多摩古里駅に着き、ハイキングコースを歩いて鳩の巣渓谷を経て白丸ダムへ。2時間ほどで歩き終わってしまい、少し物足りない距離ではあった。

f:id:mangokyoto:20201102104312j:plain

1時間で新宿新都心のビル街から山だらけの景色へ。あちら側では毎日、コロナ感染者数が150人だの200人超えだの騒がしく、10月30日付けの新聞では早期退職を募る企業が72社1万4000人にも上るという。

f:id:mangokyoto:20201102110356j:plain


f:id:mangokyoto:20201102110628j:plain

40階建のビル群に効率よく詰め込まれた人達がコスト削減だの人員減だの巻き返しキャンペーンだの、わあわあやってる間も奥多摩の川は同じ眺めなんだろう。


f:id:mangokyoto:20201102111151j:plain

バブルの時代、日本人が世界中で我儘だった頃も、バブル崩壊後に悲壮感に打ちひしがれて不景気への愚痴が挨拶がわりだった頃も、アベノミクスで実は経済は成長し続けてあるところには金が余ってた時代も、そしてコロナで経済が沈む今も。


それでも世界は終わらない。さほど変わらない、影響を受けにくい生活というのもある。

f:id:mangokyoto:20201102111204j:plain

あの騒々しさの中に身を置くのも、その外に出ていくのも自分の判断なのだよな。

f:id:mangokyoto:20201102103505j:plain

私はなぜ、あの喧騒の中にいるのだっけ。何を求めて、何に喜びを感じてあの中にいるのだっけ。そうではない選択肢がありながら、果たして能動的に選んでいるのだっけ。

f:id:mangokyoto:20201102112236j:plain

数年前にできたという魚道。この高低差を魚が登るとはなんたる苦行か、全く。そんな上流に遡らずとも産卵して繁殖できるように進化できなかったものか。魚たちも射精すること、産卵することへの執着を捨てたら苦しみから解放されるようにも思う。イワナや鮭のような遡上する魚の中にも、他の魚と同じように遡上しない個体もいるらしい。

f:id:mangokyoto:20201102112729j:plain

遡ることを放棄した魚はヒレをボロボロにして登った挙句に力尽きることもなく、より長生きできるのだろう。それが魚本人にとって望むことなのかは知らないが。

f:id:mangokyoto:20201102112532j:plain

人生はすべからく苦しいと仏教は説くそうで、過剰な期待を持つから苦しむとのこと。幸せな人生を送らなきゃという脅迫概念に捉われてるとも考えられないか。


またまた、案の定、諦観と達観の違いがわからないという思考の袋小路にたどり着く。

f:id:mangokyoto:20201102113544j:plain

何に突き動かされて自分はより良い収入、裁量権、仕事のやりがい、住環境、食、趣味、家族を求めているのだろう。私が魚に対して、そんなに頑張って魚道を登らなくてもいいのにと思うように、私自身にも捨てていい執着が沢山あるような気もする。

f:id:mangokyoto:20201102113153j:plain

目的意識を持って働きたい。どうでもいいものは、どうでもいいと再認識しておきたい。求めるものに付随して譲歩すべきことも多いが、流されるのではなくあくまで選択的に譲歩していると自覚しておきたい。

f:id:mangokyoto:20201102124236j:plain

渓谷に架かる吊り橋のたもとにある見晴らしの良いカフェ「ぽっぽ」。鳩の巣渓谷だからぽっぽなんだろうね。

f:id:mangokyoto:20201102115557j:plain

窓際にカウンター席が一列並んでいて、渓谷を見下ろしながら食事ができる。渓流の逆巻く白波をぼーっと眺めるだけで時間が経つ。


炎、波、渦。見るだけで思考停止になれるものたち。

都道府県魅力ランキング最下位の栃木県。陶芸の聖地、益子を一人旅。

ありがたいことに有給休暇を10月中に4日ほど取得しないといけないことになり、妻の許しも出たので一泊二日の一人旅に出ることにした。

 

御嶽山で一人キャンプ。下諏訪のゲストハウスに泊まって酒蔵巡り、温泉巡り、民藝に鰻。あれこれ頭に浮かぶ。滅多にない僥倖を最大限に活かすべく基準に据えたのが

・子供がいると楽しめない

・日帰りではしんどい距離

・一人でじっくり時間を費やせる対象

・財布に優しい

 

都道府県魅力度ランキングなるものが発表され、栃木県が最下位だそうだ。失礼な話だ。多くの人が知らないだけだろう。栃木には日光東照宮那須などの自然景勝地、鬼怒川や塩原を始め魅力的な温泉も多い。栃木はどうだろうかと考えてすぐに選択基準に当て嵌まる最適な目的地が浮かんだ。陶芸の聖地、益子があるではないか。

 

・陶器の店巡りなど幼稚園児がいたら危なくてしょうがない。割れた皿を買い取ることになる。

普通列車で3時間半。日帰りすると滞在時間があまり取れない。

・美術館、カフェ、ギャラリーショップ巡り。私の今後作りたい陶器作品に良い刺激が得られるかもしれない。

・便利な立地に素泊まり2600円の宿を見つけた。築260年の古民家宿。

これ以上のプランはないように思えてきた、一人益子旅。

 

益子で蒸気機関車

f:id:mangokyoto:20201025101720j:plain

新宿から湘南新宿ラインで小山、小山から下館、そして下館から真岡鐵道に乗り換えて益子を目指す。下館駅でやたら幼児連れが多いと思ったら、SLが目当てのようだった。C型が現役で走っているなんて素敵。

f:id:mangokyoto:20201025110134j:plain

3時間半、小説を読みながら電車に揺られて益子へ。駅から徒歩で宿を目指す。

 

益子で藍染布工芸

 

f:id:mangokyoto:20201025205407j:plain

特筆すべきは日下田藍染工房。江戸寛政の時代1789年創業の古い紺屋さん。建物が指定文化財になるのも納得の美麗茅葺屋根。

 

f:id:mangokyoto:20201025210107j:plain

中を覗くと72個の藍甕が並ぶ、惚れ惚れする光景。染色作業の真っ最中だった。

 

f:id:mangokyoto:20201025210147j:plain

藍染を目的として建てられた機能美が素晴らしい。

 

益子で虫標本

 

f:id:mangokyoto:20201025210312j:plain

お次は前後左右を陶器の店に囲まれる中で我が道をゆく「虫や」。ご主人が自らインドネシアなどへ飛び、採集してきた虫の標本が売られている。これまたご主人自ら木枠を作り標本箱に仕立て上げているのだそうだ。

「今年はコロナでインドネシアに行けなかったから在庫が補充できなくて困ってるよ」

「木枠を手作りしないとこの値段では出せないよね。」

「日本の玉虫とインドネシアの玉虫を見比べてご覧な」

「東京からも買いに来る人はけっこういるよ。」

 

f:id:mangokyoto:20201025210348j:plain

オオスズメバチを生きているかのように標本にした作品に目が釘付けになった。この距離でこの数のオオスズメバチと巣を見た日には死を覚悟するだろうね。

 

余談だが、日本蜜蜂は峰球を作るが西洋蜜蜂は作らないものだと思っていた。しかし西洋蜜蜂もすぐ学習して作れるようになるらしい。共通の祖先がすでに峰球を作っていたのだろうとのこと。

f:id:mangokyoto:20201027161234j:plain

宝石象虫のアクリル樹脂標本を買った。800円。値段の問題ではなく、欲しくともなかなか見つからない。

f:id:mangokyoto:20201027161256j:plain

上から下からネチネチと眺めて、次の作陶に活かせる。無駄なおもちゃではなくこれは参考資料だ。カラスアゲハ3500円、ルリオビアゲハ3000円などお宝がいっぱい。

f:id:mangokyoto:20201025210419j:plain

破格の値段で虫の標本が手に入る店がなぜか陶器の店が犇めく城内坂通りにある。別に益子に生まれたからといって陶器産業に就かないといけないこともあるめえ、俺は虫が好きなんだ。同調圧力に屈してたまるか。そう言わんばかりの「虫や」。

 

 

益子で日本酒を楽しむ

そしてGo To Travelの地域クーポンを使うのに最適な場所が外池酒造。陶器店ではクーポンを取り扱っていない店が多い。宿で自転車を借りて15分ほど片道を引き返し、益子駅の反対口へ。

f:id:mangokyoto:20201026074814j:plain

栃木のお酒は「惣誉」は知っていたが「燦爛」は初めて。しかも全国新酒品評会金賞蔵が益子の駅近くにあるなんて素敵すぎる。最近、海外の新しい賞が増えてきているが、世界酒蔵ランキング第4位だそうだ。調べてみるとこれはテニスのATPランキングに似たもので、全国新酒品評会金賞なら70ポイント、などと各種コンテストの賞が格付けによって点数化され、それを年間で合計したもの。どれだけ多くの賞を積み重ねられたかの総合点のようなものだ。1位が「作」の清水清三郎商店、2位が「蓬莱」の蔵、3位が「陸奥八仙」の蔵なので4位の価値は高い。「燦爛」をなぜ今まで知らなかったのだろう。

f:id:mangokyoto:20201025145729j:plain

木造家屋に煙突に倉庫。醸造タンクは近代化しているのだろうが、酒蔵の外見や建物は保存歴史建造物のように立派で清潔に手入れされていて見て楽しい。

 

f:id:mangokyoto:20201025155543j:plain

残念ながらコロナのせいで酒蔵見学は受け付けていないとのこと。幸い、併設カフェはやっているようなので、そちらで試飲させてもらうことに。

f:id:mangokyoto:20201025150950j:plain

全国新酒品評会金賞の大吟醸酒「燦爛」を5勺、ワイングラスで頂く。形容する努力をはなから放棄して「旨い」とだけ言っておく。

f:id:mangokyoto:20201025150430j:plain

何か酒のアテはありませんかね、と我儘を言ったら売物の鶏ささみの燻製ならあるということで、お言葉に甘えてそちらを購入し、切って出してもらった。もう少し飲みたくなり、大吟醸雫酒も頂く。こちらは「責め」をせずに袋から自重で滴らせた大吟醸酒。とりわけ不純物がなくスッキリとしていて、マスカットのような吟醸香

f:id:mangokyoto:20201025153754j:plain

昼から無料試飲、有料試飲の杯を重ねてかなり酩酊、幸せ。

f:id:mangokyoto:20201025152432j:plain

「望」という銘柄は販路をかなり絞った限定酒で蔵元ですら売ってないのだという。幸にして10月30日から池袋東武百貨店で販売するとのこと。ううむ、足を伸ばすか。

 

何を買って帰るか悩ましい。選んだのは「出す品評会で毎回何がしら受賞する、最近とても評判の良いお勧めのお酒です」と紹介してくださった純米吟醸酒。栃木県で作出された「夢ささら」という酒米を用いた酒。評判もよく、目新しさもある。そんな薦め方されたら、買ってしまうがな。飛良泉の丸飛のような味を勝手に想像している。

f:id:mangokyoto:20201025155607j:plain

 

益子でこだわり自家焙煎珈琲とアートを楽しむ

夜は1 1/2(イチトニブンノイチ)という自家焙煎珈琲屋へ。

f:id:mangokyoto:20201026122616j:plain

店内写真は撮っていない。推して図るべし。

店内は宝箱のよう。厳選に厳選を重ねた美術品や蒐集品がとてもセンスよく並べられている。陶器からアンティーク家具からアフリカ民藝まで様々な出自の品々が何故か調和されて並ぶ。

それでもって自家焙煎珈琲がとても美味しい。エルサルバドルキューバのシングルオリジンの珈琲をそれぞれ頂いたのだが初めての味だった。都内に増えているこの手の拘りの自家焙煎珈琲屋だと、酸味が強かったり、苦味が突出していたり、エッジが立ちすぎていると思うことが多い。それを通ぶっているというか、突き放した味にあまり好感を持てないのだよな。この店の珈琲はリラックスして身も心も委ねて味わえる美味しさというかなんというか。

マスターは饒舌な方で、お店の経営方針、理念を熱く語ってくださった。ランチプレートで忙しくお金を稼ぐのはやめて、あくまで珈琲に重心を置いてやっていると。「以前は21時までやってたけれども、コロナ後に営業時間を短くして売上も落ちると心配したけど、そこまで落ちないし閉店後に散歩する余裕もできたのが思いのほかよくてね」「人生において何を目的に店をやるかだよね」

f:id:mangokyoto:20201026122604j:plain

京都にもしばし行くようで寺町や新町、弘法市などの話で盛り上がった。

こんな感じの器が好きなんですと伝えると、「◯◯は店は大きいけど商業的量産品ばかりでつまらないと思うよ。」「小さいけど民芸店ましこはぜひ覗いてご覧」「益子は浜田庄司が有名だけれども天才と言えるのは加守田章二」「その息子さんの作品も良くてどうのこうの」とお勧めの陶器の店や作家さんなどの情報をあれこれ教えてくださった。ここのマスターのセンスは全面的に信用する。もうこの珈琲店を見たら納得。

 

ここまで、益子の核心的魅力とも言える陶器店や窯元には全く触れておらず。それにも関わらず記録しておきたい楽しみ方が沢山ある。益子は私には相当、楽しめる街のようだ。

f:id:mangokyoto:20201025164307j:plain

古い街なのでフォトジェニックな光景も多い。カメラを片手にぶらぶら歩きも楽しめる。

f:id:mangokyoto:20201025164800j:plain

 

陶器好き+蒸気機関車好き

陶器好き+藍染好き

陶器好き+虫好き

陶器好き+日本酒好き

陶器好き+珈琲好き

陶器好き+骨董好き

 

都道府県魅力ランキング最下位ですか、そうですか。人の評価に頼ると人生、損をする。

 

 

リニューアルした杉並区中央図書館が素敵

コロナ禍の子供の運動会が終わった。密になる綱引きや大玉転がし、玉入れのような競技はなし。子供の学年の徒競走や出物の時間帯だけ親は見学し、昼休みは子供達は教室に戻ってお弁当を食べる。あっさりしたものだった。制限の中の数々の工夫が忍ばれる。


コロナ禍へのリスク許容量は家庭や親毎にバラバラで、それこそ学校としては安全側に計画せざるをえないのだろう。


翌日は頑張った息子のわがままを聞く日ということで、日曜日の過ごし方の息子の希望を聞くと9月にリニューアルオープンしたばかりの杉並区中央図書館に行きたい、「すき家の広島焼き乗せ牛丼」を晩ご飯に食べたいとのこと。弟は抜きに父と二人だけで過ごすというのも要望だ。すき家はさておき、図書館に行きたいのは歓迎だ。

f:id:mangokyoto:20201004114520j:plain

自転車を飛ばして荻窪の杉並区立中央図書館へ。

f:id:mangokyoto:20201004123817j:plain

真新しいカフェが併設されている。座面が大きく、少し窮屈だが空席がなければ大人と子供が2人で座ることもできるサイズのシングルソファが並べられているのはとても良い。図書館は一人で来る人が多いが二人組にも対応できる柔軟性を持たせている。


サンドイッチ、スープにドリンクでランチセット1200円。珈琲単品でも500円近くした。一般の飲食店と比べればかなり割高かもしれないが、借りる前の本を持ち込んで読めること、そんな客は比較的長居すること、客回転率の低さを思えば高くはないのだろうな。

f:id:mangokyoto:20201004121729j:plain

出来立てのオムレツサンドイッチ。期待はしていなかったのだが作り置きではなく熱々でしかもマスタードが効いた味で美味。いや、ふわふわとして本当に美味しかった。

席料込みの割高料金とだけ思っていたが、しっかりと値段にふさわしい美味しいサンドイッチで良い意味で期待を裏切られた。アボカドトーストも美味しかった。渋谷の人気カフェ「Ampere」の姉妹店だそうだ。


公共の設備だと皆が利用しやすい低価格にしがちだが、その結果、朝から晩まで長居する学生や御隠居に占拠されて他の利用したい人が利用できないという状況にもなりがちだ。見ているとベビーカー幼児連れや子供連れが食事をしにカフェを利用している例も多く、それなりに客単価が高いので少し待てば席が空くぐらいの混み方。その単価を払っても利用したい人が利用できる単価設定が週末にかんしてはうまく機能しているように思う。平日は平日料金にするような柔軟性があっても良いが日本だと公共の施設は不公平を非難されて難しいのだろうな。


平日は夜の20時まで。仕事帰りでも家の近くで美味しいサンドイッチを食べ、本を読めたら生活が潤うだろうな。平日の夜にもカフェの利用客が十分にいないと図書館から売上保証や補填がされていない限り、1年程度でこのカフェは出て行ってしまう気がする。

f:id:mangokyoto:20201004115841j:plain

毎回、図書館に行くたびに1200円のランチなんて食べられないよ、そうじゃない利用者にも飲食できる休憩所を、という声もあるだろう。外にはガーデンテラス席や公園に面したベンチが豊富にあり、ここには近くのコンビニで買った飲物も持ち込めるようだ。

f:id:mangokyoto:20201004145425j:plain

マハトマガンジーさんの銅像が建つ。杉並区はチャンドラ・ボース氏などインド独立のリーダー達とゆかりが深い。

f:id:mangokyoto:20201004145522j:plain

公園の緑を眺めながら読書したり。春秋は気持ち良いことこの上ない。次はここに座りたい。

f:id:mangokyoto:20201004145541j:plain

雨の日は屋根のある東屋で読書なんてのも乙。蓮の咲く季節に有給休暇を取って、小説を読みにきたい。マスタードの効いたサンドイッチを食べながら。



ワイン屋に陶器を装飾什器として提供

f:id:mangokyoto:20200322224610j:plain

ワイン屋を営んでいる友人が折角だから私の作品を置いておくれと言うので、山羊、羊、鹿を取り揃えて持ち込んだ。

f:id:mangokyoto:20200317102927j:plain

春だし店頭に華やかさを出すためにも花を載せてみた。

f:id:mangokyoto:20200320112115j:plain

ちょうどよく山羊のエチケットのワインがあったのでそれを中心に山羊鉢と植物で囲む。錦晃星の花は1ヶ月は持つだろう。ハオルチアも2週間に1度の水やりで耐えてもらおう。

f:id:mangokyoto:20200322224429j:plain

マグナムボトルを賑わしてみたり。

 

f:id:mangokyoto:20200317103426j:plain

イートインスペースもあるワイン屋なのであまり土モノは置きたくない。何か彩りを添えられないものか。花屋のドライフラワーも物色したが鮮やかなものは染料で染めていて人工的すぎるし、天然のドライはどこか霞んでいた。庭で育てて自分で干したコロロの花が一番鮮やかだという結果に。

 

f:id:mangokyoto:20200320111828j:plain

左のマンクスロフタン山羊の足の開きがどこかイマイチだなあ。こうして人目に晒されることを考慮すると満足できる水準に満たない作品も多い。あれこれ作り直したい。半分は撤収したい。

f:id:mangokyoto:20200322224344j:plain

美味しいロゼのワインをご馳走になった。子供達は橙のジュース、さらにゴルゴンゾーラ・ドルチェを切ってもらったのだが子供達にあっという間に食べられてしまった。大人でも嬉しいほど美味しい食べ物というのを子供は不思議なほどに見分ける。

f:id:mangokyoto:20200322224300j:plain

虫鉢も置いてきた。カウンターに置かれている。うわ、気持ち悪いっと驚く客もいるかもしれない。

 

コロナウイルスのせいでお篭り生活だが飲みに行きたい。

貴重な朝ビストロ「イトマ モーニング&ナイト」

  • 朝8時から営業。
  • 朝のスープが美味しい。これを食べておいて体に悪いことはない安心感。
  • 夜の旅先から集めた料理が美味しい。特にムサカ。
  • こじんまりとした素敵な壁画に包まれた空間。
  • 店主の適度な接客がちょうどよい。
  • あちらこちらに旅先で収集した陶器が飾ってあるのも好み。

f:id:mangokyoto:20200128083311j:plain

 2020年に入ってからみつけた高円寺でお気に入りのビストロ。珈琲を出していないのでカフェではないそうだが、使い勝手は限りなくカフェに近い。オープンは2018年4月だそうだが昼営業をしていないので気づかなかったのだと思う。

 

私が気に入っているのは朝の8時から11時までモーニング営業しているという点。朝に開いている店は高円寺には少なく、味気のない大手チェーン店が多い。ここは地味溢れる体によさそうな野菜スープにパン2枚、そしてオレンジジュース、アップルジュース、チャイ、紅茶から好きなものをセルフで3杯という健康的で美味しい朝食メニューが頂ける。 

f:id:mangokyoto:20200128083246j:plain

カウンター3席、中央のテーブルに4席とこじんまりとした店を女性オーナーが一人で切り盛りしている。気負わず、ざっくばらんに話しかけてくれる緩い接客が私には丁度よい。客と緩く話しながら、それでも4人も客が入るとなかなか忙しそうだ。

 

 

f:id:mangokyoto:20200128083255j:plain

朝は何時間も長居する人はいない。作り置いたスープを手際よく提供し、飲物はセルフサービスで飲んでもらう仕組み。朝食はセットで650円。手が込んでいても利益の出づらいランチから夜の23時まで営業して疲弊するよりも競争の少ない朝に常連を作り、昼はすっぱりと閉店して休息しよる営業に備えるというのも賢いように思う。

夜は18時から23時までの営業で600円前後のレモンハイボールが充実しており、夜はお酒も入ると単価は2500~4000円ぐらいになる。旅行好きの店主が旅した先から集めた多国籍料理を出してくれるのだが、とりわけムサカというギリシャの茄子やトマト、ひき肉が入ったラザニアのようなオーブン焼きが美味しい。

f:id:mangokyoto:20200116090211j:plain

 私にとって味や値段だけでなく店の雰囲気と店員さんもリピートする理由の大きな比重を占める。ここでは絵本作家でもイラストレーターでもあるご友人の作家さんに一面の壁画を描いてもらっている。まだ製作途中で色が塗られていない箇所も多い。徐々に塗られていくのを眺めるのも楽しい。

 

f:id:mangokyoto:20200116083109j:plain

群馬のご両親から新鮮な旬な野菜を毎週送ってもらっているそうで、送られた野菜を観てどんなスープにするか毎週試行錯誤されているそうだ。どろりとした、もう液体野菜と言ってもよいようなスープでお腹にたまる。ポタージュと言ってもよいのか。

 

f:id:mangokyoto:20200201084153j:plain

 

f:id:mangokyoto:20200116090123j:plain

 眺めているといろいろなモチーフを発見して楽しい。

 

f:id:mangokyoto:20200116090104j:plain

 ぼうっと眺めていて楽しい気持ちになってくる。こんな絵付けをした陶器を焼きたくなる。 

f:id:mangokyoto:20200116090045j:plain

創作意欲が湧くお店ってのは私にとって最上級。

高円寺の穴場珈琲「ギャラリールイ」

 

私の中での穴場中の穴場の高円寺の喫茶店

珈琲の味が好み。しかも350円。

朝7時半頃から開店。

おかみさんの亡くなられた画家の作品を眺めてのんびり。

外の席には犬連れで来られる。

 

f:id:mangokyoto:20200207130901j:plain

高円寺駅南口の住宅街の中にある、隠れ家喫茶店「ギャラリー ルイ」

f:id:mangokyoto:20200207125113j:plain

店主の亡くなられたご主人は片岡鶴太郎氏が油絵を習っていたこともあるという画家だそうだ。その当時のインタビューと記事も見せてもらった。

 

絵のことはよくわからないけれども、岡本太郎の絵を思い出した。

 

f:id:mangokyoto:20200207125618j:plain

昨今、美味しいこだわりの自家焙煎珈琲店は至る所にある。酸味を利かせていたり、中深煎りのコクが感じたり、あれこれシングルオリジンの豆を選べたり。

ここでは世間の珈琲の流行など知らぬ顔で何十年も前から新宿の珈琲豆屋から焙煎豆を仕入れて変わらない味を提供しているという。

珈琲一杯350円。値段も四半世紀ほど変わらぬままなのではないか。

 

ここの珈琲は喉に引っかかるところのないとでもいうのか、腑に優しく染み込むような味なのだよな。安心できる味。それを飲みたくなって時折、足が向かう。

 

f:id:mangokyoto:20200207125056j:plain

私にとっては馴染みのないジャンルの油彩画が並ぶ。ぼうっと眺めているとあれこれ想像力を掻き立てられる絵。この店で珈琲を飲んでいるとスマホを弄る気が起きない不思議。

 

f:id:mangokyoto:20200207125139j:plain

この日は雛人形が出ていた。こちらも亡くなられた画家の旦那様が作られたものなのだそう。何でも器用に作れるのだな。

 

娘さんは女優となり、息子さんはプロゴルファーになられたとか。才能溢れる一家だ。

 

西荻窪カフェ巡り:村田商店、珈琲高村

少しばかりお勉強する本を読みにカフェ巡り。気分転換に西荻窪へ。

f:id:mangokyoto:20191229120721j:plain

POTという老舗喫茶店を居抜きで引き継いだ「村田商店」へ。古道具商も併設していて、短い滞在期間の間に何人も客が来てブリキの水差しやらガラスのデザートカップやらを買っていく。

f:id:mangokyoto:20191229120811j:plain

椅子は教会から流れてきたと思しき木製の椅子。

f:id:mangokyoto:20191229122147j:plain

王道な喫茶店ケチャップナポリタンだが、ここではうどん麺を使って作ってくれる。650円也。粉チーズを掛けたり、タバスコを掛けて味変させながらペロリ。うどんは腹に溜まる。

f:id:mangokyoto:20191229120630j:plain

非売品の木彫りの飾り。昔の全国の珈琲の異名が書かれている。

f:id:mangokyoto:20191229120556j:plain

左右対になった招き猫。こういうものを見ると刺激を受けてマンゴー殿の招き犬を作ってみたくなる。




f:id:mangokyoto:20191229133101j:plain

数章を読み、店を移動。お次は珈琲高村へ。雑居ビルのどんつきにある、隠れ家感に溢れた喫茶店で珈琲、酒にケーキ類の軽食主体の店。開店してまだ1年半ほどだという。

f:id:mangokyoto:20191229134045j:plain

深煎りのインドネシアシングルオリジンの豆を使った珈琲が2杯分の大容量で供される。生クリームがたっぷりのシフォンケーキも絶妙。本格的な焙煎珈琲屋で豆の種類も豊富。

f:id:mangokyoto:20191229134836j:plain

なんだかとても居心地の良いカフェだった。天井のランプもインダストリアル風で無骨。LED裸電球。壁には所狭しと今は失われた遺物のようなCDが並ぶ。オアシスやニルヴァーナなんかの懐かしい、煩くない曲が心地よい音量で流れる。

窓際に座れば自然採光が本を読むにはちょうど良く、華が品よく活けられ、窓の外の小さな庭には睡蓮鉢のビオトープや植木が目を楽しませてくれる。


写真では伝わらないだろうな。派手な目を引く何かがあるわけではない。ただ、バランスが良いのだ。自宅の近くに欲しい一軒。


f:id:mangokyoto:20191229123446j:plain

私の好きな植物屋にも立ち寄ると、いつも枯れた草花を置くこの店も正月商戦の賑やかさだった。

f:id:mangokyoto:20191229123804j:plain

迫力のある自然造形に魅せられる。店主に聞くと「ラフィア」という植物の実だという。「松とかそんな針葉樹に似た植物ですかねえ」と言うと「たぶんそんな感じだと思います」とのこと。調べたらラフィア椰子の実だそうだ。全然違うじゃないか。案外、適当なことを言うのだね。

珍しい植物を置いてあるから店主は植生などにも造詣が深いのかと思っていたがお洒落インテリア的興味で取り扱っているだけなのか。まあ、期待値の問題なのでそれはそれで構わないのだけれど。

f:id:mangokyoto:20191229123810j:plain


f:id:mangokyoto:20191229125313j:plain

f:id:mangokyoto:20191229130526j:plain

f:id:mangokyoto:20191229125556j:plain

アンティーク家具屋なんかも多くて、カフェからカフェに歩いて移動する合間も楽しい。

f:id:mangokyoto:20191229131851j:plain

住宅街を歩いていると「坂の上のけやき公園」に出くわした。立派な立派な欅の大樹でどうやらハーネスをつけて本格的な木登り遊びもできる木のようだった。その欅を真正面にしてカフェがあり、こちらも次回、暖かい季節に来てみたい。