Neigeの絢爛シュークリーム

 

f:id:mangokyoto:20160811225833j:plain東高円寺新高円寺の間、青梅通り沿いに2016年にできた店。

 

f:id:mangokyoto:20160811225914j:plain

若いお兄さんが、ケーキを焼き、パスタを麺から作り、酒を作ってくれる。注文から提供まで少し時間はかかるが、とても丁寧に作っている印象。お兄さんの接客も、適度な距離感がある。客の話に適当に合わせるあしらいではなく、たまに声をかけてくれるが少し素人っぽいというか話題を膨らませるのが少し苦手そうで、むしろ純朴で好印象。
 
奥に3卓ほど。カウンターが2席のこじんまりとした店。持ち帰りでケーキや焼き菓子を買っていく人がちらほらいる。

f:id:mangokyoto:20160811225706j:plain

夜も22時までやっていて、カフェ使いもできる。ブレンドコーヒー400円。しかし、高円寺界隈で最高だと讃えたいのがシュークリーム。持ち帰りでもその場で食べても200円なのだが、店内で食べると生クリームや果物、果実のソースなどで装飾してくれる。

f:id:mangokyoto:20160811225734j:plain

シュークリーム自体も200円で十分すぎるほど美味しいのに、このシュークリームプレートにコーヒーを合わせて600円というのは例え物価の安い飲食店激戦地の高円寺といえど、やり過ぎではないか。やっていけるのか。有り難すぎるが、店が潰れるくらいならもう少し値段を取ってくれと余計な心配をしたくなる。

f:id:mangokyoto:20160811225758j:plain

もう、サクサクのシュー生地の間にこれでもかと生クリームが詰まっていてクリームをはみ出させずに綺麗に食べるのは不可能。

 

ショートケーキやモンブランを買っていく客も多い。人気に火がついて席に座れなくなるのも時間の問題か。